1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年09月30日(金) 09時18分41秒

【問題発言録】鈴虫君とのディベート(究論)PartⅡ-①

テーマ:問題発言録

鈴虫君とのディベート(究論)Part  Ⅱ (スズムシ荘で40分で書き上げた)


M: もうこれで3年目になるのかな、松川村へ来て。

   この想い、気に通じるかな。

   君が交尾が終わるまで、遠慮して待っていたんだが、今なら話しかけてもいいかい。



S:  いいよ、いつでも。


M: 君は、メスと交尾しながらも、翅を震わせて歌っているんだもの。

   脱帽しちゃう。


S:  その言い方はなんだ、松本君。歌も交尾も真剣なんだねって言え。


   人間の言語はすべて「快」と「不快」というように二元論で考えるんだから、

   話が通じないよ。


M:  だから通じるように、普遍的な真理を、

   つまり窮理を求めて君とディベート(究論)しようとしている。


S:  だが人間のディベートは、Yes No というダイコトミーの延長だ。

   二元論の通じない世界もあるということも知らないから不幸なんだ。

   人間ってのは難儀な生き物だ、ロジックの犠牲になっている。


   可哀相に。


M:  ちょっと待ってよ、スズムシ君。

   君に同情される筋合いはないよ。

   君だって、交尾のあと弱っている、メスに食われるだ。

   ナスかキュウリが近くになければね。 気の毒なものだ。


   君たちの生命は一年間。


   そのうち、歌って、セックスする期間がわずか数カ月・・・

   日本で住んでいるぼくたちの世界では百歳以上生きた人がいっぱいいる というのに


S:  ほおー。100歳と1歳。

   長生きした方がしあわせといえるのかね。

   その価値観はどこにあるのか、おぬしの考えじゃ


M:  まるで老人のような口のきき方。


   私はこれでも71歳。

   しかも、英語界では名を馳せた、人生道の達人。その人物に向かって何という・・・


S:  ほら、君まで私の口調を真似ている。


   空気に流されやすい人間など信用できない。


   その点、スズムシの世界はたとえ一年といえども、

   伝統(石 )を守って、誇りをもって生きている。


続く!


明日もお楽しみに!!

クリック!ありがとう! にほんブログ村 英語ブログへ

現在時事英語ランキング位!!

にほんブログ村

NONES CHANNEL




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。