地獄のゾンビ劇場 ~ZOMBIE THEATER~

「地獄の血みどろマッスルビルダー」監督深沢真一によるホラー映画ブログ!
「地獄の血みどろマッスルビルダー 完全版」DVD好評発売中!!!

MENU

ゾンビ映画レビュー (141作品)

地獄のホラー劇場 (43作品)

ホラー映画研究&雑談 (92無駄話)NEW

ゾンビ映画秘宝館 (38ガラクタ)

自爆ホラー劇場 (3自爆)


地獄の血みどろマッスルビルダー 完全版 [DVD]/有限会社フォワード

¥2,138
Amazon.co.jp

「地獄の血みどろマッスルビルダー」

 初回限定オリジナル版2枚組!(インディーズ版DVD-R)

完売いたしました。

マッスルビルダー記念館


テーマ:

「レクイエム 外道の中の外道2」

(2017年 日本 71分)

 

 

凶悪な異常者ヤクザによる凄惨な殺戮と、

最愛の息子を殺された男の血みどろの報復を描いた前作。

そのホラー・テイストなラストからの後日談は、

ヤクザ映画の枠を遥か飛び越え、予測不可能な展開を見せる猟奇スリラーの新境地へ。

海外の映画祭で観客を沸かせた異色バイオレンスの続編。

ストーリー

 ↓※注意! 前作「レクイエム 外道の中の外道」のネタばれを含みます。

 

狂気のヤクザ山嵜に息子を惨殺された暴力団幹部の樋口は、

激しい闘いの末、ついに復讐を遂げる。

しかし確かにトドメを刺したはずの山嵜の死体は、忽然とその姿を消していた。

樋口は山嵜の死を確信出来ず、組を抜けて行方を追う。

その一方で樋口は、彼を逆恨みする頭のおかしい一家に命をつけ狙われることに。

その一家に元妻を誘拐された樋口は、

郊外に佇む一軒家に乗り込む。

そこで待ち受けていたのは、復讐に燃える異常者一家と、

殺したはずの宿敵山嵜だった。

かくして静かな郊外の屋敷を舞台に、烈しい報復戦の幕が切って落とされる。

解説

「ミートボールマシン」「口裂け女リターンズ」、「ブタカリ」等を手掛けたホラーの名手であり、

「武蔵野線の姉妹」等、非ホラー・ジャンルでもその手腕に定評のある山本淳一脚本・監督作品。

前作に引き続き、主演に加藤晴彦、敵役に三又又三、

他、本宮泰風、元モーニング娘の飯田圭織、つまみ枝豆、原田龍二ら、豪華キャストが脇を固める。

 

ヤクザ映画の体裁を取りつつも、実はジャーロ(イタリア製猟奇スリラー)のような、
残忍なスラッシャーの血筋だった前作。

続編でもその路線をそのまま引き継ぐかと思いきや、

偏執狂的な一家の登場で、殺戮合戦は混戦の様相を呈して行く。

コミカルな要素も加わり、もはやジャンルの特定は困難。

海外では「ヤクザ・ジャーロ」と呼ばれた「レクイエム」前・後編2部作。

ヤクザ映画の枠から弾け飛んでしまったこの後編は、

J・ホラーならぬ、J・ジャーロとも呼ぶべき独特な世界観を見せる怪作!

感想!

昨年夏、東京、渋谷HUMAXシネマにて前後編二部作一気に鑑賞。

 

前編は、ヤクザ映画のような顔をして始まっておきながら、

臆面も無くスラッシャーとして怒濤の展開を見せ、

私のホラーマニア心を予想以上に楽しませてくれました。

そしてラスト、主人公が壮絶な報復を遂げ、凄惨な物語は終結。

私的には収まり良く終わってくれました。

その筈なのに実は・・・というエンディングも、まあ、前後編二部作と分かっていましたし、

「ハロウィン」チックで良いのです。

 

続いて後編、

狂気のヤクザと謎の殺人者、

そこへ合流する復讐に燃える異常者一家。

対するは家族の命を奪われた2人の男。

その闘いと駆け引きが興味を惹きます。

合間を縫っての謎の男の殺戮も不可解で不気味。

 

敵役の一家の変態的で滑稽なキャラクターゆえか、

前編に比べ陽のムードが漂うも、容赦無い殺戮描写は変わらず。

 

そして後半、舞台となる郊外の一軒家へ全員集合。

なんだか「いけにえ」チックな展開でホラー映画的に盛り上がります。

死んだり生きたりな意外性のある展開は、

やはりジャーロな趣を強く感じましたね。

「ヤクザ・ジャーロ」というドイツ人の命名はやはり秀逸。
 

人間離れした山嵜のキャラクターなど、

この後編になっていろいろな要素が加わり、

ジャンルの分類が難しい独創的な作品となりました。

報復合戦のボルテージが最高潮に達するクライマックスでは、

常軌を逸した者たちによるバイオレンスを存分に楽しめます。

 

で、最後。

まさかの展開からのエンディング!

多分こう終わる!

私は単純明快、簡単スッキリな結末を予想しました。

 

ところが!

映画は私の予測を超えた着地点へたどり着き、意外な終焉を迎えました。

不気味な幕切れ。

そしてこのラスト、賛否両論ありそう!

 

実は劇場公開の後、監督から直接作品についてお話を訊くことが出来ました。

後編のラストはこうなると思ったんですが・・・

と私の予測した結末を話すと、

何と監督が執筆した脚本でも、実はそうなっていたとのこと!

やっぱり!

映画の内容というのは製作開始後も、諸事情で変わることがあります。

この作品も、とある事情からエンディングを変更していたのでした。

 

で、最終決定されたラストは・・・、

またその先を思ってしまうような感じ、とだけ言っておきますか。

更なる続編が製作されるかどうかは判りませんが。

 

 

 


にほんブログ村



映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます!

 

 

昨年、私深沢真一の唯一の商業リリース映画、

「地獄の血みどろマッスルビルダー」が、

正式に海外進出を果たしました。

(非公式には世界各国の字幕付きで無断配信されてりしておりましたが・・・)

 

配給会社は更なる展開を目指し、動いてくれています。

結果、海外で私と私の作品の名は多少知られるようになり、

私が映画製作者、監督として新たな作品に取り掛かるのに、

今年2018年は間違いなく最適の年です。

 

私個人を取り巻く状況に、実はまだ大きな変化は無く、

相変わらず家族と組織のために働く会社員という立場のままです。

それでも出来る範囲で動き始めてしまおうと決めました。

 

考えてみれば「マッスルビルダー」だってそんな状況のもと、

「えいっ!」と仕上げてしまった手作りのフィルムです。

 

先ずは5~10分のミニ・スプラッター映画から。

自分のペースで、自分のやり方で、楽しんで自分の映画を撮って行きたいです。

 

この新しい年を、昨年以上に特別な一年にしたいと思います。

 

ここを訪れてくださっている皆様、

本年もよろしくお願い申し上げます!

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

 


オカルト・ホラーランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

2017年!

とても良い年でした!

私や私の映画に多少なりとも興味を持ってくださった皆様、

様々な場所で絡んでくださった皆様、

誠にありがとうございました!

 

「地獄の血みどろマッスルビルダー」、

英題「Bloody Muscle Body Builder jn Hell」、

この小さな血みどろのフィルムにとって、今年は飛躍の年となりました!

 

アメリカ、テキサスでの劇場公開。

イギリスでのDVD(及び限定版VHS!)リリース。

イギリス、ロンドンでの劇場公開。

ドイツ「ハンブルク日本映画祭」招待上映。

カナダ「WHAT THE FILM FESTIVAL」招待上映。

 

他にも付随して様々な良いことが!

有名画家や有名漫画家の方々にジャケットを描いていただけたり、

ドイツ・リリースが決定して12000字以上に及ぶ製作秘話を執筆させていただいたり、

ポストカード800枚にサインしたり、

インタビュー撮影なんかもありましたね。

 

またマッスルビルダーがご縁となって、

映画監督の山本淳一さんと親しくさせていただくようになり、

貴重なお話をいろいろと聞かせていただきました。

監督の新作ホラー映画の現場にお邪魔させていただき、

図々しく出演までしてしまいました。

これは私にとって本当に貴重な経験となりました。

 

このご縁で、映画に携わる多くの方々と知り合い、生の声を聞くことも出来ました。

 

この勢いに乗って、

来年は更に大きく飛躍する年にしたいです。

手始めに自作のショートフィルムを製作する予定ですが、

実は他にもホラー映画企画のお話をいただいております。

 

先ずはドイツ版DVDの元旦リリースで、

幸先良く新年をスタートさせたいと思います。

 

それでは、

本年は誠にありがとうございました!

来年もまたよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年を!

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

地獄の血みどろマッスルビルダー 完全版 [DVD]/有限会社フォワード
¥2,138
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

12月9日、土曜日。

英国、ロンドンのDEPTFORD CIMNEMAにて、

「地獄の血みどろマッスルビルダー」(Bloody Muscle Body Builder in Hell)

が劇場公開されます!

https://www.ticketsource.co.uk/event/FEGHLE

 

午後5時45分開場、

午後6時15分上映開始です!

 

お近くのかた!当日お暇なかたはぜひ劇場へ!

 

尚、18歳未満のかたはご覧になれません。

 

ちなみに・・・

監督の舞台挨拶はございません。

私、監督深沢は、

今回もネットのエゴサーチでこの情報を知りましたので!

 

・・・・・・

 

誰か一言連絡ちょうだい。

気付かないまま終わっちゃうとこじゃん。

 

ちなみに4月1日にも同じくロンドン中心地の劇場で公開はされています。

この時は英国の発売元、テラコッタ社の担当の方から連絡がありました。

ただ、前回はたぶんプレス向けのプレミア上映だったと思うので、

今回が、観客から入場料をいただいての英国初劇場公開になると思います。

 

そこのマッスルファンのあなた!

この歴史的1日の目撃者にぜひなってみられてはいかがでしょう!

上記サイトにてチケット絶賛発売中です!

 

私は当日ちょっと忙しいので行けませんが。

多忙なもので。

部屋の片付けとか。

蛍光灯の交換とか。

洗車とか。

・・・・・

 

呼んでくれたら舞台挨拶とか、全然OKなんですけどねえ。

 

ちなみに上記公開告知サイトの下の方、

プレスの「地獄の血みどろマッスルビルダー」レビュー。

翻訳エンジンで和訳してみました!

「深沢真一による8ミリフィルムの宝石は、

CG以前の時代へ逆行しているが、

腎臓、肝臓、腸、脳はもちろんのこと、本物のハート(心臓)がある」 

 ~リトルホワイトライズ


「血みどろで、狂っていて、楽しい!」」

 ~インファーナルシネマ


「カルト・クラシックを際立たせる」

  ~The Rotting Zombie


「深沢真一のスプラッター・マスターピース」 

 ~Attack From Planet B

 

適当な訳ですが、絶賛されてるっぽい!

まあ告知ページなので当然良い評ばかり集めてるんだとは思いますが。

でもありがたい!

イギリスありがとう!

 


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

Dear horror film fans in the UK

I am Shinichi Fukazawa, the producer of a horror film called

 “Bloody Muscle Body Builder in Hell .”

I am so glad that my work is accepted in the UK, a country where a lot of horror masterpieces have historically been created.
I would like to thank all who watched my film.
Thank you.

Every time I find an English webpage where my film is introduced, I realize that my dream of releasing 

a film overseas has come true.
.
I also thank people who introduced my work in an article or a video.
Thank you.

I would also express my deepest gratitude to the staff of Terrorcotta Distribution, who made grate efforts for the release in the UK, and Clare, who contacted me many times.
.Thank you so much.

I will work hard to see you again with a new film someday.

Thank you again.

Shinichi Fukazawa

 

 

☆ 日本語訳 ☆

 

親愛なる英国ホラー映画ファンの皆様。

ホラー映画「地獄の血みどろマッスルビルダー」を製作いたしました、深沢真一と申します。
多くの名作ホラー映画を生み出して来た由緒ある英国で、私の作品を受け入れていただけたこと、

大変嬉しく思っております。
ご鑑賞いただいた皆様には心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

ネット上で私の作品が紹介されている英文ページに出会う度に、

海外リリースという大きな夢が実現した喜びを実感しております。
サイトの記事や動画で紹介してくださった皆様にも深くお礼申し上げます。
ありがとうございました。

また、英国でのリリースにご尽力いただいたテラコッタ社の皆様、

リリースに向け何度も連絡をいただいたクレアさん、

本当にありがとうございました。

また新作で皆様にお会い出来るよう、今後の製作活動に力を入れたいと思います。

英国の皆様、誠にありがとうございました。

深沢真一


 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

「地獄の血みどろマッスルビルダー」ドイツ版DVDの発売日が、

2018年1月1日に決定しました!

ジャケット・デザインは既にお知らせしました通り3種類!

それぞれ数量限定でのリリースです。

 

カバーAタイプ

イギリス・ホラー・ジャケット界の大家、

グラハム・ハンフリーズ師匠デザイン版。

限定500セット

 

カバーBタイプ

奇想漫画家・駕籠真太郎師匠デザイン版。

限定250セット。

 

カバーCタイプ

筋肉&血みどろバカ・マッスル師匠デザイン版。

限定250セット。

 

・・・てな感じでして、

当初の予定より少々遅れまして、

2018年元旦リリースと相成りました。

 

入手方法は・・・

例によって私も良く分りません。

配給会社に確認中です。

 

サンプル版、監督特権で貰えるのかな?

貰えなかったら買わなきゃ。

ちなみに下記リンク先が各タイプ別販売ページです。

ドイツのサイトなんでここからの購入はハードル高そうですが。

 

https://mediabookdb.de/mediabook/2467/bloody-muscle-body-builder-in-hell/
https://mediabookdb.de/mediabook/2468/bloody-muscle-body-builder-in-hell/
https://mediabookdb.de/mediabook/2469/bloody-muscle-body-builder-in-hell/

 

仕様については、

ドイツの方で詳細な情報を出してないみたいなんで、

私が勝手に言っていいのか判りませんが、

言える範囲で。

 

先ず過去バージョン中では最良のマスター・データを使用しております。

 

ドイツ向けに最新版監督インタビューを撮影しておりますので、

多分、映像特典に入っているはずです。

 

他、豪華な封入特典があるかも?・・・あるらしいと聞いております。

 

すみません。私もこのくらいしか分かんないです。

配給会社の連絡待ちな状況なんで。

 

購入方法など、分かりましたらまたお知らせいたします。

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

日本国内では2014年にDVD発売されました、我が「地獄の血みどろマッスルビルダー」。

今年2017年4月にはイギリス、テラコッタ社から初の海外リリースが実現。

そして近日、ドイツの映画配給会社Midori‐Impuls社より、

過去最高の豪華仕様でドイツ版DVDがリリースされます!!!

 

さて、注目の発売日は!?

 

・・・すみません。私知りません。

当初10月って聞いてたんですが、どうも遅れてるみたいで・・・

その後連絡が無いので分からないんです。

 

・・・なのですが、

発売元のフェイスブックにてジャケットのデザインが公開されてましたので、

とりあえずお見せしときます!

なぜか3種類!!!

なんで!?

ジャケット3種類でリリースされるんですかね!?

ならば全部欲しい!

私、一応監督さんなので、まあ、貰えるとは思うんですが・・・

もし貰えなかったら3本買わないと!

 

ちなみにイギリス版は貰えました。

DVDを何枚かと限定版VHS1本。

 

国内版は・・・

私、自分の分、アマゾンでポチりましたねえ。

 


にほんブログ村



映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

「案山子男2 復讐の雄叫び」

(SCARECROW SLAYER)

(2003年 アメリカ 87分)

ブックオフでDVDが税込み250円だったので買って来ました。

なのでいきなり2作目から鑑賞。

 

呪われた案山子を盗み出そうとした大学生が銃で撃たれ死亡。

その魂が案山子に憑依し、案山子男となって次々に人をブチ殺しながら、

生前の恋人を追い掛け回します。

 

お化け案山子が元気に追いかけて来て人を殺しまくるだけ、という、

モンスター+スラッシャー映画。

人はいっぱい死ぬけど、決して重くはならず、軽めのノリで展開するので、

まあ、気楽に観れちゃいますね。

 

血飛沫多めなのは良いのですが、

殺しの決めの画がちょっと弱いかな?

いや、凄いイメージの画もあるにはあるんですが、

そういうとこに限ってCG使用。

2003年製の低予算映画のCGは正直スカスカで軽い仕上がり。

アナログのダミーでやれば、下手でももっと見応えあったんじゃないかな?

 

ところどころ人物の反応、リアクションがおかしいです。

展開もところどころ何か変です。

でもお化けが襲って来て人殺しまくるだけなので、楽しい映画ではあります。

細かい点はまあ、良しとしましょうよ。

お化け案山子のデザインもなかなか良いですし。

 

クライマックスの展開は面白いと思いますが、

ジャケ裏の解説でも、日本版予告編でもすっかりバラしちゃってて、ダメじゃん。

 

ジャケ写から「ヘル・ゴースト 悪魔のスケアクロウ」のリメイク的作品かと思い込んでいたんですが、

全然違うトーン。

ジェイソンがゾンビ化して以降の13金シリーズみたいな作品ですね。

 

安いホラー好きにはお薦め。

私的には250円でお化け映画のDVDコレクションが1本増えたので十分満足です。

 

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

10分ほどのミニ・スプラッター映画を撮ろうと目論んでます。

やってみたい設定と、ぜひロケに使わせて欲しい場所があり、交渉はこれからですが、

撮影許可をいただけたら3日ほどで本編を撮り上げたい意向です。

本編を・・・と言うのは、僕の映画の場合、

その後別撮りで大量のアナログ特殊効果撮影が残る、というパターンが常なもので。

CGは基本使わない予定。

 

予算は全然無いので出演は実力あるアマチュアの知人へお願いしたいと思います。

スタッフも多分、ほとんどの役割を僕が自分でこなすことになるでしょう。

「マッスルビルダー」の時以上に、凄く狭い場所での撮影を予定していますし、

人件費の予算もありませんので。

 

10分では単体での公開や商品化は無理なので、発表方法は未定ですが、

「マッスルビルダー2」の特典映像とかに出来れば最高だな、なんて思ったり・・・

 

取り敢えず、シナリオがまとまったら、彼に連絡してみよう。

彼とは「地獄の血みどろマッスルビルダー」で一番はじけてくれた功労者であるあの役者です。

映画科出身の彼なら、カメラを代わって貰うことも可能なので、自分もちょっと出演したいと企んでます。

 

今度こそは本当にやりますよ。

お金が無いのを理由にずっと動けずにいましたが、

それではいつになっても前へ進めないので、

「お金は無いけど、お金をかけずに、アマチュアとして撮るよ」

と宣言してしまうことにしました。

 

なので声をかけられた役者さんは、まあ、貧乏神にでも取り憑かれたようなもので、

とんだ災難でお気の毒様なわけですが、

僕と一緒に地獄を見たいと思っていただけるようなら、ぜひご参加いただけると嬉しいです。

多分、楽しい地獄です。

かなりいい加減でテキトーな監督なので、全然厳しくないし。

 

また頼むぜ。

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村

 


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「地獄の血みどろマッスルビルダー」の英国版DVD、

「Bloody Muscle Body Builder In Hell」!!!

とっくの昔の4月に発売されておりましたが、今頃になってチェックしました。

サンプル盤の受取りが遅れたもので。

 

で、手前味噌でございますが、監督自ら中身をご紹介。

 

先ずジャケットのアートワークですが、もう最強ですね。

英国の有名画家グラハム・ハンフリーズ氏による力作。

これは快挙です。

何しろ「エルム街の悪夢」や、

「サンゲリア」や、

そしてそして、かの「死霊のはらわた」まで、

英国ではこの画伯がアートワークを担当されておるのですよ!

本家「はらわた」のポスターを描いた画家が、分家の我が「マッスルビルダー」を描いてくれるなんて。

とても感慨深いですよ。

 

で、特典映像のひとつ目は、このデザインが下絵から完成するまでのダイジェスト。

これデジタル画像じゃなくて、キャンバスに描かれた油絵なんですよ!

驚き&感激です。

 

次の特典、予告編2種は日本版と一緒ですが、

実は日本版のマスターには一部バグがあり、こちら英国版は修正完全版。

(日本版お買い上げいただいた皆様、申し訳ありません)

 

ビハインド・ザ・シーン・フォト・ギャラリーでは、製作の裏側を思いっきり見せてます。

本当に少人数の現場だったのがよくお分かりいただけると思います。

関係者全員の写真を提供したつもりが、声優さん2名を忘れていたことに気付きました。

録音風景の写真、あったのに・・・

お二人、申し訳ないです。

 

あと粗編集フィルムクリップ2種。

最終編集前のOK&キープのテイクを2シーン分収録。

実は本作「マッスルビルダー」は一度全体の8割ほど撮り終えた時点で、

撮影済みフィルムの大半を破棄し、最初から撮り直しています。

(なので異常に製作期間が長い)

その破棄された初期テイクを数カットお見せしています。

今見るとそっちの方が雑だけど荒々しくて迫力あったような・・・

 

ちなみにフォトギャラリーとフィルムクリップ集は音声無し。

なんとなく発売元様がBGMを付けてくれるような気がしてましたが、

考えてみれば曲も渡してないし、私が編集した映像に勝手に音は付け辛いですね。

私の詰めが甘かったようです。

まあ、ラッシュなので無音が普通だからいいや。

 

あとは同じレーベルからリリースされる他作品の予告編を3本収録。

どれも面白そう。

鑑賞したことがあるのは「巨乳ドラゴン」のみ。

この映画、私、本当に大好きですよ。

出てくるお化けのアナログ感、手作り感がもう最高!

ゆらゆら宙に浮かぶろくろっ首の、頭を吊ってる糸を消さないこの潔さ!

観る者各自が脳内で消せ!ってことですよ。多分。

 

そう言えばもう1本、中国産スリラーっぽい作品が入ってるけど、

そっちも「巨乳ドラゴン」主演の蒼井そらちゃんが出演してますね。

 

残りの1本「TIKTIK」という映画は本当に凄そう。

センスの良い画の連続。

ゲーム映像風のCG満載な、良く出来た最近のホラー、って感じですが。

 

まあ、他人様の作品についてはこんなところで。

 

で、本編ですが・・・

 

先ずクレジットなどの書体、実は今回日本版と変えてます。

ちょっとだけカッコ良い字になってると思います。

ただエンドロールは、日本版と同様に文字が少しブレます。

ブレないのは私が最初に出したインディーズ版のみ。

私はDVD1枚分のビットレートを、62分の本編に目一杯割り当て、最大限高画質に仕上げました。

なので速めに上がるエンドロールの文字もブレることなく再生。

でも普通、DVDビデオでそこまで高画質にしてはいけなかったようです。

今回の英国版も画質を抑えているのでロールの字が少しブレました。

 

最後に本編の映像ですが、

フィルムの粗い画質をソフトにする処理が施されているようです。

これは日本国内版でもやってくれてました。

シャープで荒々しかった画が、全体に少しやわらかく、見やすくなってます。

 

また、日本版発売後に発見した細かいノイズを、今回デジタル処理で消しています。

 

ただ・・・

今回1箇所だけ、

フィルムからのデジタル変換をやり直したカットがあったのですが、

その部分、差し替え済みの新マスターを提出してあったにもかかわらず、

日本版と同じ再変換前の従来のマスターを使用されてしまったようです。

ちゃんと締め切りに間に合わせて修正マスターを送ったのに無念。

英語でのやり取りなうえ、間に人を挟んだりしているため、

差し替えの指示が上手く伝わらなかった模様。

 

まあ、差し替え前の画でも全く問題は無いんですけどね。

日本版と同じだから。

ちょっとハイライトがとび気味なだけです。

1カットだけですし。

 

なのでその部分に関しては、

今月発売されるドイツ版から修正済み新マスターが採用されています。

 

全体としてはアートワークもカッコ良いし、

良いソフトに仕上げていただきました。

最初のインディーズ版からだんだん良くなってきたと思います。

 

次はドイツ版がいよいよ今月リリースです!

特典とかいろいろ協力したので、どんな仕上がりになるか非常に楽しみ。

 

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村



映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。