秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

徹はあまりにも真っ直ぐな発言でひんしゅくを買っていた。
「俺は福島産のものは食べない、知り合いにも食べるなといっている」
「原発周辺被災民は人間のクズだ」

会津など放射線量の低い地域のものまで「福島産」と括られる。そういう雑駁さが、復興を妨げている。私はその現実をどうにかしたかった。
浜通り、中通りはもうダメだろう。しかし会津はまだ安全を保っていた。ダメなものはある程度の見切りをつけ、やっていけるところで支える、それが今回の復興だと思う。彼のように福島産のものは食べないと、言い切ってしまうのは少々納得がいかなかった。

原発周辺の被災民の多くは早々に避難を命じられ、県内周辺の温泉地で避難生活を送っている。そろそろ仮設住宅に入らなければならないだろうが、徹によると原発周辺の被災民は、元々原発があることで恵まれた生活を送っていたのだそうだ。

「俺は毎日6号線を通って通勤してたんだ。あそこの小学校は子供が転ぶと危ないからって、元々芝生が敷いてあるんだぜ。」

「避難するったって、どこ行くの。被災民受け入れ、就職の斡旋なんていったって、全部原発周辺の被災民だけだぜ。住まい、食費、全部ただで145万円も仮払金受け取って、会津の温泉地で朝から酒かっくらって大騒ぎして、他県から来た人が怖がってるんだよ。飲み屋、パチンコ、風俗に金が流れ込んでる。金がなくなったらまた東電強請れば良いと考えてるやつらだ」

そういう細かい現実を私は知らなかった。もちろん全ての原発被災民を彼のようにひと括りにして語るのも乱暴だ。状況や事情は個々にあるだろうに。

それに比べて中通りの被災者の現実は厳しかった。地震で建物の多くは壊れ、放射線濃度は高く、他県に移住するにも自費で賄わなければならないのだという。中通りに住み、仕事を南相馬に持ち、再開の目途も立てられない状況の彼からすれば、当然の発言だったのだろうが。

しかしそういう現実はどのように変えられるのだろう。彼のような非難の仕方では、動くものも動かない。そんな醜い現実は誰も聞きたがらなかった。悪いのは全て東電と国で、被災民はすべからく善意の被害者だ。外から見る私たちはそういう単純化をしてしまいがちだし、徹のような非難は復興を妨げる内輪もめに見える。

溢れる情熱を非難に充てるより、現実を建設的に動かすべきだ。彼にはその熱意があるのだから。私は懐柔を始めるため、間合いを図ることにしてスカイプを繋いだ。

「ど~も~」
耳に飛び込んできた柔らかなイントネーションに虚を突かれた。あまりに私の好みドストライクのこんな声は反則だ。画面の向こうに激しい発言から推し量った私のイメージとは真逆の照れた童顔があって、私は一瞬うろたえた。

「どした、あんまりいい男で惚れたか」
「や、福島の男がレベル高いのは知ってるから」
うろたえた表情を見られたに違いないが、私は取り繕った。
「一般論で語るな」
私の知っている限りの福島の男は皆それなりの顔立ちをしていて、惜しむらくは全員脚が短かった。画面の向こうの徹の脚の長さは知れなかった。どうなのだろう。

やり取りの中で私は中通りの菓子の名前を出した。
「○○が、食べたい。大好きだった」
「へぇ~、食べたことあるんだ」
「うん、もう亡くなったけど伯父さんが○○大学で教えてた」
「ウソ、俺そこに通っていた」

伯父の娘2人とも障害を持っていて働くことが出来ない。伯父の自宅を潰してアパートを建て、その家賃収入で彼女達は我が家の近所に暮らしている。おそらくそのアパートもじき住む人が居なくなるだろう。従姉妹たちの暮らしも成り立たなくなる。
とても経済的な面倒まで見きれないけれど、そのうちあれこれの手配は最終的に私がすることになるだろう。決して対岸の火事ではない、私にもプレッシャーがあった。

震災、そして原発事故が私達の暮らしを破壊していて、その衝撃からどう立ち直れば良いのか見当も付かないでいた。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

doorさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。