秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

6日午前中、
「今週は体調を崩して中通りの家に帰れないと思う」とスカイプに連絡が入った。
「調整がうまくいかなくて寝不足が続いてた」
私は仕事中ですぐに対応できなかった。がっかりしながら午後、チャットウインドウに連絡を貼り付けた。
「そうか、米を送るのに電話番号が必要だから教えてくれる?
 エッセンスが先に届いていれば良かったんだけどね
徹ちゃんの身体のことは気になるけど、私なにも出来ないので、向こうのおうちに甘えて大事にしてください」

向こうのおうちというのは浜辺にある「おばちゃんち」で、徹の父親の親友の家だ。徹の父親の死後20年経ち、その友人も昨年亡くなったらしいが、未だに徹の第2の家として機能している。それから私の仕事で苦戦していることを書き送った。
チャットウインドウに文字が現れて繋がった。

「こっちももう少し苦戦かな」
「 まぁ、ぼちぼちやっていくしかないから、お互いがんばろう」
「ここまできたらコツコツだよ」
徹は「がんばろう」という言葉を使わない。聞きたくも無いのだろう。それでもついつい私はいつものクセで「頑張ろう」と言ってしまうのを、彼はかたくなに修正する。

「おばちゃんにカツオ買ってもらった(笑)子供以下の会話だね」
「あと30分ぐらいしか話せないけど、通話でもイイよ」
「隣の部屋で近所のばばちゃんとおばちゃんがお茶飲みしてるんだよ」
照れくさいのと、iPhoneの電波状況がいまひとつらしい。
ブツブツと回線を途切れさせながら、それでも徹の仕事の話や、私の仕事の話をしていると
「徹ちゃん何してるの?」と、福島のおばちゃんらしい声が聞こえた。
「ハイ!あ、ちょっと友達と話してたんで、ハイ、ハイ」
私と話す時とは違うワントーン高い声、かしこまった口調が聞こえてきて密かに笑った。
「いきなりおばちゃんきた!ごめんね」
「年上の女にもてるから。未亡人じゃん」
「79歳ですけど」
「あははっは」

「 関西が台風で被災して友達の町工場流されたって連絡きて、全国の友達まで被災者になったよ。先日の新潟水害の時も友達、被災したし」
「被災者だらけ、今年は本当に酷い」
「東日本大震災での職を失ったものが7万人を超えるって、言われたね」
「へぇ~、そうなんだ」私は知らなかった。そして徹もその一人だ。
「自殺者も過去最高になるみたいだし」
「なのに円高で益々逼迫してくる。悪循環だなぁ」
「良いニュース無いね、最悪だ」

2012年に何かがあるとか無いとか、息子が騒いでいる。1999年7の月も、世界は滅びず無事越えた。大きな戦争や災害もいくつも越えて来たのが人類の歴史だけど、俯瞰することと、その渦中にいることは全く違って、芥子粒のような存在である私達はそれに翻弄されて泣いたり絶望したりしている。いつか私達の苦悩も単なる歴史のひとコマになる時がくるのだろう。それを見届ける間も無く死んでいく芥子粒だからこそ、一瞬がきらめくのだ。


徹はそれ以来あまり中通りに帰らなくなった。いろいろな事情が絡み合っていて、納得のできるものだったけど、長い不在の後でそれを聞かされた私には、いかにも唐突だった。

「俺も周りに色々諭されてさ、一度病気をちゃんと治せって言われたんだ。心の重荷になっているものを全部いったん整理してみようかなって」
徹は夢の殆どを捨てる決意をしていた。自分が本当にやりたい仕事だった、福島に居ては上手くいかないことが分かっている夢。今まで積み上げてきたもの、義理で徹に押し付けられたものに押しつぶされていて、余裕の無い今の自分の負担を減らす決意だった。

「まぁ、そんなわけでしばらくこっちにかかりきりだから、中通りの家にはあんまり帰れないんだ
 いったんリセットしないと再出発できねーべ」
それらの事柄を話す徹の声はいつもと違っていて先日おばちゃんに返事をしていた時に似ていた。少し金属味のする聞きなれない声に私は驚いた。
「うん、そうだね」
相槌を打ちながら、何か決定的なことが起こったことを実感した。結局たった一日のタイミングの差で逢えなくなってしまったことになる。浜通りで暮らせば、仲間達とワイワイやりながら過ごすのだろう。私と無為に過ごすより徹のプラスになる。そのうち自然と連絡を取らなくなるに違いない。
「徹ちゃん、いつもと声が違うけど、大丈夫?無理してない?」今回徹が捨てるものはあまりにも大きくて、慰めの言葉も出なかった。
「いやぁ、今まで元気が無かったけど、なんかふっきれたんじゃね?元々こんなしゃべり方だぁ」
「まぁ、そんなわけでPCから遠くなるけど、また連絡すっから」
私も一緒に切り捨てられてしまうのだろう。私は心の中で縁が無かったのだと諦めた。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

もう12年も逢ってないね。

年賀状のやり取りするって約束したのに、すっぽかしちゃってゴメン。

いろいろ大変だったんだ。


世間では9.11って同時多発テロの日になっちゃった。

でも私の中ではいまでも幸ちゃんの誕生日だなって思います。


元気でやっているみたいね

どうして知っているかって?

新しい住所も知ってるよ。相変わらず引越し好きだこと

偶然って怖いねって思った


まぁ、個人情報保護法なんていうのがあるからってことで推測してくださいな

業務上知りえたことだから、特別なにもしていないけど

無事に生きていることが確認できて嬉しかった


Jr達の記念撮影で偶然逢ったり…いろいろあったよね

こんなに縁が深くて

結局、赤い糸にはならなかったけど。

だってあんなに束縛されたら…あの時はちょっと怖かった

あの事件があって本当に怖かったんだ


今の奥さんまだ大切にしてますか?

今好きな人は幸ちゃんに似てるよ、ふふふ


遠いここから、幸ちゃんの幸せを本当に本当に心から願っています

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
「そうか。平日だったらこっちに居るから会えるけど、例の仕事の件でガタガタしてて、まだスケジュールわからないから、はっきりしたらすぐ教える!じゃぁ、また来週!」
渋るかと思われた徹の返事はあっけなく明るかった。


私は月曜日に高幡不動まで行って念誦を買い、徹用のエッセンスを取り寄せた。
徹は実家に帰って来ると、ただいまのメールを私に打つ。
その夕方私は手が離せなかった。
しかし翌日の夜まで今度は徹に連絡が取れなかった。
「急遽でめちゃくちゃ大変… 例のヤツいきなり明日くるんだ!えと、今後の予定について!」
「今後の予定って?」
「今まで一週間のうち4日こっちで3日向こうだったのが、逆になるってこと」
「うん、わかった。そうだよね」
徹は仕事のことで舞い上がっていた。しばらくはお金にならない、成功するかは全く未知数だった。しかし無為に時を過ごすよりよっぽど良いことで、仕事のことを事細かに話す声が弾んでいて私は嬉しかった。
しかしそれは同時に私達の関係の消滅を感じさせた。
実家で3日しか過ごさないなら、私と話す時間もろくに取れまい。

いつだったか徹は言っていた。「このまま自然消滅になるのであろうかぁ…、俺の気分次第か…」
全くそうだった。おそらく長いこと私の気持ちは変わらないだろう。だから私達の関係は徹次第だった。ただ快楽の予感に酔っていただけで、私達の関係に展望も発展もなく、あるとしたら最後に残る穏やかな友情とも言うべきものだろう。
私の想いなど知ってか知らずか徹は「来週の火曜日に帰って来るから」と、いつものように一方的にまくし立てて出かけていく。私の想いだけが取り残されていた。


徹のエッセンスを調合し、罹災証明を見ながら定形外郵便のあて先を書く。そこに書き込んだ徹の本名をつぶやいてみた。取ってつけたような響きを何度もつぶやく。念誦も一緒に入れて膨らんだ封筒をポストに無理無理押し込んだ。
先の見えない中途半端な気持ちのまま、あっという間に季節が変わっていく、再び台風が来てコオロギが秋の気配をにじませている。

私の街から徹の街まで2時間と少し。遠いと思っていた福島は思いのほか近く、後は徹の予定次第だ。きっと私はまた愚かな選択をするのだろう。それで仕方がない。そのようにしか生きられないのだから。
火曜日まで彼のことを考えないように、想いを引きずらないようにするために今これを記している。
アップしたらしばらく徹のことなど忘れてしまおう。おそらく難しいだろうが。


変動 1から読む
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
「doorちゃん、そっちに有名なお寺とかある?」
徹の話が飛ぶのはいつものことだ。いったい何のことだろう。
「私は国分寺だから武蔵国分寺があるよ」
「国分寺ってあれ?全国に造ったとかいうやつ?」
「うん、あれの武蔵の国に立てたやつ」
「念珠を頼みたくてさ。お寺で売ってるやつあるでしょぉ。ブレスレットタイプの木でできたやつ。500円くらいだから」
「えっ、武蔵国分寺にそんなヤツ売ってたかな?
 それとさ、どうせ送るんだったらそんな安いのじゃなくて、石でできたもうちょっといいヤツの方が…」
「お寺の安いみやげ物でも念を込めてあるからそれでいいんだよ
 普通に買って、お寺で念を込めてもらうと祈祷料を払わなくちゃなんねぇから」
「あ、そう。私そういうの分からなくて。国分寺に無かったらどこが近いかなぁ…高幡不動かなぁ」
「高幡不動?お不動さんか。よし、そりゃいい、そこにしよう」
「うん」


「新潟行ってから体調がきつくてぇ、やっぱ長距離走るのが無理になってきたのかなぁって。
何かね、運転する事が恐怖な時あるの。3.11の津波のトラウマなのか…
今回新潟から物凄いスピードで帰ってきたのもぉ、倒れる前に帰らないとって考えて飛ばせるだけ飛ばしたのがホントなんだ。
1人で運転してれば、自分のペースで走れるでしょぉ。だけど、仲の良い友達でも、話したり、いきなりトイレだのお腹すいただのぉ、ペースを乱されるでしょ。
俺の病気話してる連中なんだけど、いまいち通じてないかなぁって事を考えると、もし倒れたらどうしようって考えるようになりぃ、色々無意識で考え出す俺がいるんだよ、
それをパニック障害と言うらしいんだけどね」
お不動さんの念誦が欲しいのも、何か神頼みのところがあるのだろう。

「一昨日は物凄い恐怖が、伝わってきていたよ」
「簡単には治らないんだよね…申し訳ない事してごめんね…」
「申し訳ないことって?」
「無意識で恐怖を与えてたらぁ、謝るのは当然だから」

「これは徹ちゃんの感じてた恐怖だってわかってたから大丈夫」
「被災前はこんな事無かったんだけどね。海は見れるようになったけどぉ、海の音がいまだにきつくて。
海を嫌いになりたくないから、海が好きだから、なおさらそのトラウマが大きいのかも知れないし。
まさか車の運転にも支障が出ると思わなかった…」
「必ず乗り越えられるから」

「人には強がり言うけど、俺は小さい男なんだよ…自分でわかるから、それをまたカモフラージュして生きてるのかも知れないね…」
私に対して自分の小ささを認められるだけ徹は強いのだけれど。
「そこ、触れないでおくから、あははは」
「お願いします!!! 触れないで下さい」徹も笑った。
「いちおう男だから」
「いちおう言うなよっ」
「一般的に男は弱い、これはあくまでも一般論!
まぁ、吐き出すだけ吐き出しなさいって言っても難しいかもしれないけど、徹ちゃんは、男にしては強いから大丈夫。治るよ」

徹はパニック障害の診断を受けた後、その件では病院に通っていなかった。
「こういう病気って、ああいうところに通えば通うほど薬から逃れられなくなるって聞いて…
ガキの頃から身体弱かったからぁ、病院ばかり行ってて病院はそもそも嫌いだから。俺は自分で、海行ってリハビリみたいな事してるんだよ。そのほうが落ち着く気がする。
海が好きだから、船にも乗ってライセンスも取ったその矢先の被災でしょぉ」
「泳げないくせに」
「泳げなくても船長になれるの驚きでしょ。うふふん、doorちゃん、安心して俺の船に乗れないよね。
明日も海と向き合うよ。まだまだそばでは無理だから高台からだけどね。

…俺、震災以来涙もろくなっちゃって…うふふん、俺、ジジイになったんかなぁ。
前は、ほら話したろ、世話になった寺の住職が亡くなった時以外は、泣いたりしなかったんだよ。
あの時津波で壊れていく街とか、流されていく人とかも見ていて、何も出来なくて…どうしようもなくて。あの時の写真とかテレビとか全く見られない。不意に眼に入ったりすると涙が出てくる」
「…男の人でも泣いて良いんだよ。あれだけのことがあったんだから。
 ちっともおかしいことじゃないし、むしろあんな目にあってショックが残るのは当然だし」
「寝る前もね、今はこうして話して笑っていられるけど、いつもこれからどうしようって不安になって泣きながら寝る感じで、こんなんでやっていけるのかなぁって…」

彼に恋している一方で、彼の心の動きを冷静に分析している私が居た。女に向かってここまでの弱音を素直に表現できる男というのも稀だろう。もしかしたら「女」としてではなくカウンセラーとか「姉」と見られているのかもしれないし、余りの辛さに飾っている余裕がないのかもしれない。
パニック障害のことでは私にも助けられる手立てがあった。それはフラワーエッセンスで、そのことについて説明した。説明するとすぐにちゃちゃが入って、うっかりすると徹に話を持っていかれてしまう。それでも徹は飲んでくれることになった。

「変なこと言っていると思うかもしれないけど」
「変じゃねーよ」

「それともうひとつ、私そっちに行く用事ができたの。アパートの件で。徹ちゃんに合わせるから、都合つけてくれないかな。9月の上旬か月末前後。せっかくそっちまで行くんだもの。顔ぐらい見たいじゃん」


変動 1へ
http://ameblo.jp/door/entry-10965892952.html
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。