秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

「明日はAが千歳烏山のイベントに行くから送りに行く。そのまま待っててだって。千歳烏山ってどこだー」

「イベントって何時から?」
「6時半かな」
「すごいなぁ、私、明日府中6時終わり。デートだー\(^o^)/狙ってもなかなかこうは行かないぞー」

「千歳烏山は京王線なんだね」


娘の送迎をするたかしが待っている間に丁度合う時間と場所。

お祭りをやっている府中を早足で通り過ぎ千歳烏山に向かう。


「車はどこにとめてあるの?」
「今日は電車ー」
「えぇ?珍しい、電車なんだ」


千歳烏山の駅前はごちゃごちゃしていた。

二人で串焼き屋に入る。こんなことは珍しい。なんだか気分が変わる。Aちゃんは自分を送迎しているパパが、ちゃっかりデートを楽しんでいるなんて思わないだろう。


水曜日たかしが電話を忘れた。朝から全くメールが来なくて私はたかしが死んだか事故にあったのではないかとパニックになった。
多分少し寝坊して慌てて電話でも忘れたのだろうと頭では判断できた。ところが一方で足が震えてしまうのだ。
それをねじ伏せて夜まで待ったが、9時半を回って再びパニックになった。神奈川県警に電話をかけて、事故がなかったか聞こうとさえ思った。


「死んでたらどうしようって」
「そんなに簡単に死なないよ」
「でも今までなんともなかったのに、二度と目を覚まさないなんて、よくある話だよ」
「大丈夫だって」
「だっていつも家を出るときにメールしてくれてるんでしょ」
「違うよ、メールするもっと前に出るんだ」
「えーーっ、何時に家を出るの?」
「6時15分」
「そんなに早いの?」
「うん」
「それは車が混むから?」
「電車でも大体同じ」
「そんなに早く行ってどうするの?」
「どうもしないけど、遅刻したりするといやじゃん」
「電車が止まったら遅刻しても仕方なくない?」
「でも遅刻することには変わりないでしょ、それに朝自然に目が覚めない?」
「覚める、でもまた寝る」
「どうせ会社には毎日行かないとならないんだよ、早めにいったっていいじゃん。ぎゅうぎゅうの電車に乗ったり、渋滞でイライラするよりよっぽどいい」


たかしと結婚を考えたりするような立場でなくて本当に良かった。私には理解できないし、一緒に暮らしたり出来ない。たかしはどう考えているのだろうか。自分が電話を忘れたぐらいでパニックになる私を。



8時を過ぎて店を出た。二人で夜の街を少し歩いていると電話が鳴ってたかしがパパになる。
娘と一緒にいるたかしを内緒で見ようとホームで少し待っていたけれど、食事をさせているらしくすぐには来なかった。
知らん顔して電車に一緒に乗ってみようかと思ったのに、寒さに阻まれてイタズラは中止になった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

080926_2100~001.jpg 仕事帰りに立川でレイトシヨー。こういう時は食事に困る。
一人でちょっとどこかで軽くというのがしんどくなる年齢になってきた。 男性なら立ち食い蕎麦やカウンターの店などに気軽に入れるのだろうに。

夕食にバーガーというのも悲しいし、ファミレスに一人もなんだか…
人目が気になるほうではないけれど、どうにも間が持たない感じがする。
それに一人で食べるからこそ、美味しいものじゃないと辛い。そこで立川のエキュートに先日見つけた信州鬼無里いろは堂 のおやきを3つ買って映画館の中で上映前に食べることにした。

先日試しに4つ買ってたかしと一緒に食べようと思ったのだ。翌日来る予定だったから、ひとつ味見をして美味しかったら自分でひとつ、たかしに2つ食べさせようと思った。それほどでもなかったら自分で全部食べるつもりだったのだが、余りの美味しさに前夜2つ食べてしまい、結局翌日二人で1つずつ食べることに。
そう、結局一人で3つ食べたの。

外側はカリッとして香ばしく、内側はもっちりとして、なんとも美味しい。いろいろな味を試してみたいのに、野菜とねぎ味噌がどうしても食べたくて同じ物をまた買ってしまう。

今週末は逢わない予定だった。私の仕事が詰めだし、たかしが子供たちと過ごす時間も必要だろうと特に約束もしていなかった。それなのに突然明日逢えるという偶然に驚く。

映画を楽しんだ後、外に出ると、もう風は涼しさを通り越して上着がないと寒いくらいだった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
好きなディズニーキャラクターは? ブログネタ:好きなディズニーキャラクターは? 参加中

物凄くマイナーだけど、スージーを紹介してみたい。

子供の頃伯父に買ってもらった講談社のディズニーの本。自分の子を持たなかった伯父は私をとても可愛がってくれた。本が好きだった小さな私を連れて書店へ行き、1冊2センチほどある大判の講談社のディズニーの本を
「棚買い」してくれた。その中の一冊。

新しく発売されたピカピカの新車スージー。ショーウインドウに飾られ、ある一家に買われる。
一家を乗せて幾年か過ぎ、やがて少し調子が悪くなりはじめ、ガレージに置かれたまま、月に話しかけるだけの日々。

ようやく中古車屋に売り払われたのだが、今度のご主人は車庫を持っておらず、路上に震えながら寝て居たある日泥棒に盗まれる。

逃走のため無理に走らされたあと遂に力尽きて止まり、乗り捨てられたあと廃車置場に連れて行かれ、自動車の墓場のように見えるそこでしばらく過ごすのだ。
そこでトムと出会う。

トムは鉄くずの値段でスージーを買い取り、エンジンからオーバーホールしてスージーをピカピカに直すのだ。
再び野山を駆け回ることが出来て喜ぶスージー。

寒さに震えるスージーや、ご主人様に怒られるスージーや、墓場で恐怖に震えるスージーの絵を見て子供心に哀れに思った。

ディズニーランドに行ってもお目にかかることの出来ないキャラクターだ。
カーズのような派手さは全然ない。古き良きアメリカの名残。
ままならぬ運命に翻弄されつつ最後はハッピーエンドになるのは、ディズニーのお姫様モノと代わらない。私は物語はハッピーエンドで終わって欲しいといつも思っている。


今調べたら、youtubeで見つけた。動くスージーは初めて見る。さて、どんなだろう。


あ、あれ…絵本に書いてあったのと微妙にストーリーが違うけど…(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
お金は貯める派?使ってしまう派? ブログネタ:お金は貯める派?使ってしまう派? 参加中

貯めてる意識はないのだけれど、お金を全然使わなくなった。使っている暇もない。
だから少しずつ貯まっている。この間久しぶりに通帳を記帳したらビックリしてしまった。
いつの間にこんなに貯まっているのだ?

いや、どっちにしろ微々たる金額だけど。

二年前の引越しの時、服を整理したら随分あって、それでもだいぶ処分したのだけど、極貧を予定していたので5年ぐらい買うまいと決意した。
下着などは10年分ぐらいあるし、ジーンズは10本以上。自分でも呆れた。
それでも細々何やかやと買ってるが…これは女の性だろう。

たまにフラワーエッセンスやCDを買うぐらい。本は読まなくなったから買わなくなった。
花や野菜の苗を買ってもたかが知れている。
平日昼ごはんを食べに行くところがないので、お弁当を持って行くか、昼少し過ぎになじみのお店でサンドイッチ。おばちゃんはなぜか私に好意的でいつもまけてくれる。


以前は何に消えていたのだろう…物凄く不思議だ。


一時極貧だったから必要なものは安物で済ませていたのを、最近は気に入ったものを選んで少しずつ揃えている。またそういう生活が出来るようになってとても嬉しい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
好きなお茶は? ブログネタ:好きなお茶は? 参加中

たかしが家へ来ると私は大抵ほうじ茶を入れる。
初めてうちに来た時に緑茶が切れていたので、代わりにほうじ茶を入れたのを気に入ったらしい様子で、なんだかそれが決まりごとのようになってしまった。彼はコーヒーより紅茶党のようだ。

いつかホテルに泊まった折、何を飲む?と聞いたら緑茶だった。
「日本人ならやっぱりお茶でしょう」
私はたかしのために緑茶のティーバック、自分のためにコーヒーのパックを開けた。
「doorはいつもコーヒーだね」
コーヒーばかりでなく、気分で緑茶も飲むし、紅茶も、ハーブティーも飲む。
だけどやっぱり気がつくと、コーヒーを飲んでいることが多い。
「何でだろうね」

コーヒーは刺激物だ。そうしてある程度刺激を与えないと、血圧の低い私は何か身体を保っていられない気がする。

ここのところ何もやる気がしないのは変化の多い数年を過ごしたからだろう。
前のように憂鬱な気分はしない。でもじっとしてうずくまっていたい。
ブラック・コーヒー/ペギー・リー
¥1,795
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  リブログ(0)

性交後出血があったので婦人科に行って検査をしてもらった。今までにそんなことはなかった。そんなに激しかったわけでもないのに。


当初、診察の所見は問題無しだったが、細胞診の結果がクラスⅢa と出て、少なからずショックを受けた。まだ異形成の段階だから、クラスⅡに戻るまで、これから3ヶ月に一度の検診ということになった。


狭山湖へのドライブ。不安で一杯になる。


「なんか自分が死ぬとか、病気になるなんて私あんまり実感してなかった」
「まだ病気じゃないよ」
「うん」
ドライブの途中ずっと手を握っていてくれた。


「仮にがんになっても、そうやって検診していればすぐにわかるわけだから大丈夫だって頭ではわかっているの」
「うん」
「でもなんか、やっぱり不安」

狭山湖を望む公園をたかしと歩く。3,4ヶ月前もここに来た。
「うわ~まだセミが鳴いてるね」

さすがに盛りの頃とは違うがあちこちから聞こえてくる。


3年前、ここには他の男性と来た。日にちまで覚えている。11月3日だ。あの時寒空の下、季節外れのセミが1匹だけ、死んだように鳴くこともせずじっと木の切り株にしがみついていた。
そのセミと自分を重ね合わせて哀れに感じたものだ。

前は「死」は怖くなかった。今は「生きたい」と強く思うゆえに「死」を恐れる。



帰りのドライブも痛いほど手を握ってくれた。
「door、大丈夫だから」


不安に対処するやり方は自分でもわかっている。


たかしの父親も先週倒れた。幸い処置が早くてそれほど深刻ではない模様だ。


私たちの周りも少しずつ変わっていく。そして私たちも。

いいね!した人  |  リブログ(0)

仕事が終わらないと言うべきか進まないと言うべきか、私はこのところ土曜日も仕事をしている。たかしも忙しかったから今週のデートは気が進まなかった。

「土曜日は午前中用事があるんだ」

たかしもすこし休んだほうがいいし、忙しかった分娘たちと過ごしてあげて欲しい。慌しく交わるだけなんて悲しすぎるもの。

安心して仕事をしようと決めたけれど、金曜の夜気分転換をしたくて一人でレイトショーの映画に出かけた。


寝ようと思った土曜の深夜、いつも早寝のたかしから珍しくメールが来た。

急いでメッセに移る。

「今日はどうしてたの?」

「マンションの管理組合があって、午後は車の点検、夕方からdoorの観た映画観てきた」

「みんなで観たの?」

「一人」

「えええええええええええ」

「Mは文化祭、Aは塾」

「明日みんなで観にいけば良いのに」

「明日はAはともだちとカラオケだって」

「じゃぁ、明日デートしてくれる女の子はいないの?」

「うん、どうせMは遊びに行くだろうし」

「明日は空いてる?」

「うん、Aが出かければ空いてる」
「何時にカラオケに行くんだろう」
「お昼食べてからだと思う」

「えへー」

「じゃゆっくり出来るように私がそっちに行こうか」

「いいよ、雨らしいから車で行くよ。doorは明日ゆっくりお寝坊してな」

「そうと決まればおやすみっ」


朝、9時過ぎにメールが来た。

「これからそっちに出かける」

え~、まだ9時なのに。寝坊できるはずだったのに。部屋の掃除もしていないのに。

中学生のカラオケはそんなに早いのだろうか。

「どうも朝から行くとフリータイムで飲み物も無料らしい」

中学生、しっかりしている。

そして中学生の親もちゃっかりと隙間に楽しんでいる。


いいね!した人  |  リブログ(0)

2,、3日前に見た夢のせいか、過去のことが思い出されて、感情の波の中にどっぷり浸かっている。

それは悲しみに似ているけれど、悔やみかも知れず、切なさの陰りも見せて自分でも訳がわからない。

突き上げてくる怒りや悲しみの感情をただ黙って感じている。

随分と処理したつもりになっていたのに、厄介なものだ。


過ぎていく時間はいつだって気持ちだけを置き去りにしていく。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。