秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

ハリポタ読んで夜更かししてないかなー?
今日は午後から外出だから電車で通勤~


へー どこへ行くの?


東京方面


そっか痴漢に気を付けてね
昨日は早く寝ちゃったみたい


どんな痴漢だー


えっちな人 東京に多い
痴漢に間違われるっていう危険にも気をつけるんだー


それより刺されないように気をつけなくちゃー


国分寺は危険だよ 今朝も蚊に3箇所も刺されたー



東京方面だなんて言い回しにちょっと引っかかった。いつもは駅名や場所名を伝えてくるのに、これは何かある。いつもとても不思議に思うけれど、男というものはなぜこんなに嘘が下手なのだろうか。


たかしも私も仕事が忙しくて朝の通勤時間、メール会話だけの日々が続いている。
逢いたいなんて言えないくらい忙しそう。休日疲れて寝ているだけにしても、お嬢さんたちには一人しかいない親なのだから家にいてあげて欲しいと思う反面、自分が逢えない物足りなさを噛み締める。


それでも先週は私の子どもが寝た夜に、ひっそりとやってきて外で1時間。たかしはシンデレラのように慌しく帰っていった。 週末まで押し寄せてくる雑事。土曜日と日曜日の空き予定がどうしても合わない。

金曜日、仕事から帰って来て週末を父親のところで過ごす息子を駅まで送っていく途中に2件メールが入った。見ている暇もない。


doorどこにいるー


まだ仕事かー?


今子ども送ったところ、駅


それだけ送って、私は住まいの更新のために不動産屋に書類を持っていった。私も毎日慌しいのだ。
不動産屋と話をしているとまたメールが入った。


今新宿 逢えるかなー


全く。やっぱりそうだったか。新宿からだったら20分か30分で着いてしまう。私の身体は汗まみれで首の周りなどはチリチリと汗疹の前兆を浮かべていた。着ているシャツもべっとりだ。それでもノーと言えなかった。


ちょとだけ手が離せないから向かって


急いで家に戻り、髪を直し服を着替えた。ドロドロの顔を洗って化粧をしなおしたところで


例の飲み屋で一杯やろう 


とメールが入った。また慌しく駅に向かってお目当ての店の手前、私の前に進んできたのがYシャツ姿のたかしだった。どういうわけか私はいつもたかしを見つけられない。


「店混んでるー」


「えぇ~、ここはいつもそうだよ」


店の奥を覗くとスペースはあったけれど、この時期の特等席は外だ。そして外は一杯だった。


「じゃ、なんか買って帰ってうちで飲む?」


コンビニでビールとおつまみを買って帰った。庭のトマトが赤くなっていて、それがその日のご馳走。
開け放った窓から涼しい風が入ってくる。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

ブログネタ:七夕の日に何をお願い事する? 参加中


Image531_r.jpg

本当にささやかな願い事だけど
私たちの今がずっと続きますように

いろんなことが移り変わるって
充分過ぎる程わかっているから
余計そう思う

余計そう思う
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

「明日は何着てくる?」
「えっとリクエストは何かある?」
「なにがいいかなー、何着てくる予定だったー」
「この間のワンピースが、ニットだからしわにならなくて良いかなって」
「うん それがいい」
「そうぉ?街中だけど嫌じゃない?」
「うんうんうん」
「なんで3回のうん」
「なんとなくー、力を込めてー
うん
カーディガンとセットのニットのワンピースは丈が短い。たかしは自分と一緒の時は短いスカートでも良いが、そうでない時は感心しないというようなことを言っていたことがあった。自分の娘が短いスカートをはいていても
「お腹がスースーするぞー」
としか言わないくせに、なんで私にはそんなことを言うのかわからなかった。自分でもいい年してちょっとねと引け目を感じているぐらいだからそこは争わなかったけれど。自分ではまだいけると思っている脚も、ちょっと痛い感じに見えるのかしらと思って寂しかった。
でも純粋に自分と一緒の時は短いスカートがいいらしい。もう絶対に痴漢に襲われたりしないからと何度言い聞かせても理解できないみたいだ。



ここのところ本当に二人とも仕事が忙しくて朝の通勤のひと時と、昼休みにちょこっとのメールのやり取りだけだった。気がつくとたかしの顎が尖っていて、
「痩せた?」
と聞くと頷く。

ろくな物食べていないんだろうなと気の毒になる。


本当にしんどいのは私も同じで、神経が高ぶって眠れなかったりし始めて、また眠剤が必要になった。

私には安心できる場所が必要で、つまりはそれは誰かの腕の中だったりする。
ホンのひと時だけ。
渇きに耐えられなくなって飲む一口のビールのようにそれは甘く、少しだけ苦い。


「帰っちゃダメ」

と、私が言うと

「でも帰らなくちゃいけないんだよ」と小さな声で言う。

そんなことわかってる。わかりきっている。

それでも言いたかった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)


asa
気がつけばいつの間にか曇っている窓ガラスのように、ドレッサーの上に積もる埃のように何かが溜まってしまった。満月の頃、メールで彼に絡んでしまう。


滓のように溜まってしまった気持ちを整理してみたら、ゆっくりと二人で過ごす時間が欲しかったことに気がついた。そこで眺めの素晴らしい部屋を予約した。


ところが情け無いことに私はあっさりと眠くなってしまった。いつも飲めないからと二人で飲んだビールが原因。夜中過ぎに目覚めて、たかしの腕の中にもぐりこんでまた寝た。目覚めた時に手を伸ばしてそこに温もりがあるのが嬉しい。包んでもらえるのが嬉しい。
ごくたまのご褒美として。


朝、目が覚めたらちゃんと仕度をしたたかしが座って港を眺めていた。
たかし、そんなにちゃんとしようとしなくても良いんだよ。
刻んだ時と共に想いもまた刻まれるから、私は座っているたかしの足を両腕で抱きしめた。
いつも言えない言葉を口にしてみる。
「帰っちゃダメ」

「帰りたくない」


幸せに生きるコツをわかっているハズなのに時々逆戻りしてしまう。
今その瞬間を味わうこと。
だけどやっぱりついつい飴のように砕けた過去を思い出してみたり、タバコの煙のような未来を描いてみたりする。

今という時間を留めて置こうとしてはいけない。わかっているのにね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。