秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

恋愛状態になると相手に理解して欲しい、相手を理解したい。ずっとそんな風に思っていたが、もうそんな風に思うのは止めにした。下手に相手を理解した等と思いこんでしまうことがすれ違いの原因になるなら。所詮どこまで行っても分かり合うことが出来ないのなら、謎は謎のままに楽しくやっていこうと思いながらたかしと付き合っている。
なんと無神経と思うときもあれば、暖かな細やかさを見せる時もあり、それは彼にとって私もまた同じなのだろう。


ずっと無理を続けていて一度崩した体調がなかなか元に戻らなかった。

そして今朝。
「おはよー
 無理するなよー休んで病院へ行くのもありだよー」
自分が風邪の時は私が医者に行けと言っても行かなかったクセして。


そして私の出勤時間直前にもう一通。
「急に気温が下がったから、温かくして出掛けるんだよー」
半袖で出かけようとしていた私は、慌てて上着を羽織りながら家を出たところで感謝する。有難い。


この間はメッセでデートの計画を練っていた。
「上野をぶらぶらする?
 何とか博物館とか雨でも大丈夫かなーって」とたかし。
「そうだね」
「上野は小学生のときにパンダ見に行った以来だなー
 きっと迷子になるかもー」
「上野に何時くらいになりそう?」
「12時くらいかなー」
「なに食べようかな
 何がいい?」
「なんでもー」
「コリアンストリートもあるし、何か和食のお店でも」
タイプしながら思わず唾液が出てくる。久しぶりのテグタンスープ、辛いのがダメなのならサムゲタンでも。第一物産のカクテキを買って帰ろう。
私と一緒にいたら上野で迷子になんかなるわけが無い。


「そっかー詳しいんだね」

あら。反応が今ひとつ。
文字だけだからわかりづらいけど、私の過去をいろいろ考えてしまったのかしら。今更過去のことを拘っても仕方が無いってたかしにも分かっているだろうに。でもごめんと心の中で謝る。


結局私の体調が悪くて上野は延期になった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

私にとってセックスは眼を瞑って感じるものだった。他人の身体の絡み合いなら二次元で時に目にすることもあるけれど、自分が写った写真を見るなんて思わなかった。
それからセックスは基本的に夜にするものだった。余り光の届かない中でひっそり秘めて行われるもの。
年頃の娘のいる家庭だから余り遅くまで引き止めるのも…と思い、なんだか明るいうちに仮初の闇の中で愛し合う。闇を作り出す作業がなんだか後ろめたい感じを引き起こすのもまた一興か。


たかしは私の写真を撮りたがる。
服を着てても着ていなくても。
タバコの箱半分ほどの軽いデジカメを操ってこそっと音も無く、しかもしっかりと撮っていたりするのだ。きわどい写真も撮っているらしいが私には見せない。ところがたまにそれなりの写真が撮れると見せてくれるのだ。


そして私は自分の行為を目にすることになった。
デジタルの恩恵だ!と、妙に感心してしまう。こんな風に自分たちのセックスを外側から見ることが出来るようになったのだ。


しかももっと驚いたことに、私はその写真を携帯に入れてしばらく暇があれば始終見入っていた。
眼鏡を外したたかしの横顔が写っているからと自分に言い訳しながらじっくり見入っているのだ。


「doorはそれを見て何を思うの?」
とっさに答えられなくて私は聞き返した。
「たかしは何を思う?」
「doorの体温かな」
そうなのだ。写真を見ながら追体験するのは快感ではなくて、ぬくもりとか感触。

デジタルから一番遠いところ。


裸になって抱きしめられている時の安心感や満たされた気持ちがあればいい。挿入も快感も無ければ無くて構わない。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ラジオから歌が流れてきた。初めて聞く曲。
「周りがみんな大人に見えて、僕一人が子供のままみたいな気がする」
そんな内容。
隣に座っているたかしに聞いてみた。
「ねぇ、たかしは自分のこと大人だと思う?」
「思わない」
「たかしでもそうか
  私も自分のこと大人だと思わない」


よくわからないが歌を作った人は若いんだろう。その人から見れば私たちは十分大人に見えるのだと思う。
「大人の年齢だから大人として行動してるけど、根っこのところではすごい子供のときのまま。たかしは自分のこといくつぐらいだと思う?」
「中学生?」
「こんなー、下の毛にまで白髪が生えてる中学生居ないよ」
車の中で二人で笑った。


「doorは?」
「小学校入る前の幼稚園生かな…」
自分の自意識というのか、核になるものはずっと変わらないと、人生の半分まできてようやく悟った。結婚して子供が生まれて親になって、ついでに離婚までして。性懲りもなくまた男と付き合って。


親である、社会人である、○才の人間である。
自分の付属物を一つ一つ外していくと、表面上を取り繕っているだけで自分の本質的なものは、まるきり変わっていないような気がする。いろんな経験をしている。いろんなものを見ている。それだって付属物だ。

時々冒頭の歌のような気持ちになる時もある。
「たかしは大人なんだと思ってたよ。安心した」


だけど幼稚園生から見れば、中学生は立派な大人だ。

ひょっとしたら頭の中がエッチなことでいっぱいと言う意味かも。

そうだ、そうに違いない。全くオトコってやつは。


15年前、当時のボスが捨てたゴミを分別しようとしたら、かなりわいせつな雑誌が入っていた。

ショックを受けると共に、見てはいけない物を見てしまったことに気が付いて、慌てて分別を戻した。今のたかしより10歳は年長だったなぁ。

窓の外を老夫婦が歩いている。今でも尊敬しているあのボスは今あのおじいちゃんぐらいの年令。


「あの人たち、自分のことを何歳くらいだと思っているのかなぁ」
と、呟いた。
「そんなこと考えてもいないよ」

考えたとしたら何歳だと思うんだろう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
ブログネタ:幸せってなんですか? 参加中
幸せは心から笑っていられること。

その瞬間こそが幸せなんだと私は思う。
心から笑うって一人じゃ無理なんだよね。誰かと一緒に笑わないと、本当には笑えない。
友達でも、家族でも恋人でも誰でもいい。

だからやっぱり人は一人では幸せになれない。
その幸せな瞬間を膨らませていくのが幸せなんだと思う。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。