秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

ブログネタ:星座・血液型の相性は気にする? 参加中

血液型占いって余り信じていない。
私はよく「B型でしょ」と言われるけど、両親共にA型の当然A型だ。
だけどB型と言われて当然だと思う。
B型の詩 を読むと自分のことが書いてあるような気がするのだもの。


たかしは「B型」だけど、性格的にはどこからどう見ても「A型」にしか見えない。
だから相性占いもB型女性とA型男性で見たほうがしっくりする。


思うに血液型判断は統計的に処理して4つに分けたものだから、そこから洩れる人がでてきても不思議じゃない気がする。
そして人っていろんな要素を持ち合わせていて、相手や立場で使い分けている。


でも結局のところ「地」はあるのね。
「美学」というか、どういう自分でありたいかという志向のようなもの。
そんな大切なものが血液型なんぞで決まるわけないや。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
諦めか、悲しみか、怒りか、無念さか、
どれでもなく、どれでもある
自分でも言葉に出来ない、
まとわり付くやり切れなさを
丁寧にたたんで
引き出しにしまおう
あれだけの涙で洗い流せないのなら
またいつの間にか出てきてしまうのだろうけど
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

土曜日の深夜、記事をアップしたあと吸い込まれるように眠り、起きると5時半だった。
「薔薇フェスタ」をやっている神代植物園に行くつもりだったから是が非とも晴れてもらわなければ困る。
そして薔薇はピーカンでないほうが綺麗に写る。
空が明るかったので安心して少しブログ徘徊したあと再び眠りに付いて、
10時過ぎに家を出るたかしがメールをよこしたのを知らずに寝ていた。
「おーい、起きてるかー」
というメールに返信がなかったので
「おーい、生きてるかー」
というメールも来ていた。
前の日に私も朝起きられたら行こうと思っているところのことを伝えていた。
「出先からそのまま合流するかも」
どちらに向けて出発したら良いか迷ったらしい。結局迎えにきてもらう。

「深大寺蕎麦♪」
と、なんだか彼は楽しみにしていた。東八道路は野川公園、ICUと緑の中を抜けていく。


駐車場から神代植物園に着いた頃にはポツリポツリとぱらつき始めた。植物園の前には風情のあるお蕎麦屋が並んでいる。
「お腹空いたー」

朝からお菓子のようなものしか食べていなかった。
「蕎麦は後回し、晴れ女どうしたんだー」
「大丈夫、ぱらつくぐらいでそんなに降らないから」
「凄い自信だな」
080524_1432~001.jpg 薔薇は全く美しかったけど、手入れが少し不十分に感じられる。あんなにたくさんあるのだから仕方がないのだろうか。
それでもなんともいえない薫りに包まれて私たちは美しい薔薇を楽しんだ。
ここのところ気を張っていた疲れが出たせいか、体質に合わない麦茶を飲んだせいか、たぶん両方の原因で身体が浮腫みだるかった。しゃがんで撮影したり立ち上がったりするうちにフラフラしてくる。
「ごめん、今日はもう疲れた。フラフラする」
「ナンダ貧血かー」
「血は濃いのよ。でもめぐりが悪いの」
「晴れにするのにパワーを使い果たしたんだな」

植物園を出たところでお蕎麦とお饅頭を頂いた。美味しかった。逢うまではそんなでもないのに、たかしのそばに居ると沸々と彼が欲しくなってくる。
体力の配分を考えるなんて情けない話だけど、限りがあるのだもの。

こんな日は優しくして欲しい。



40代ブロガーの皆様、これも季節の変わり目なんでしょうかね

ご自愛ください

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

布団の中でたかしの喉仏を見ていた。時々動くのが面白くて触った。
「上げてみて」
たかしの喉仏が上がった。
「今度は下げてみて」
喉仏が下がった。
「好きに動かせるのか。面白いなー、何で女にはないのかなー」
たかしは私の喉に手を当てた。
「つば飲んでごらん」
微かに動くのが私にも判った。
「おお、これかぁ」
私は自分の喉に手を当てて喉仏を上下させてみようと頑張ってみた。
たかしは笑い出した。
「変な女だと思ってるでしょ」
たかしは頷いた。
「でも面白がってるでしょ」
再び頷いた。
また二人で笑った後、私たちはずっと真っ直ぐに見詰め合っていた。
「引き止めちゃってごめんね。もう帰る時間でしょ」
たかしが帰る先に居る2人のお嬢さんたちに少しだけ嫉妬を感じる。
父親がそこに居るのは当然で、何の疑問も持っていないに違いない。
それが羨ましい。

いいね!した人  |  リブログ(0)
ブログネタ:寂しいと思う瞬間は? 参加中


電車に乗っている間、メールの整理をしていた。ちょうどひと月前出張していた、たかしからのメール。
ほぼベッドで占められている狭いシングルルーム。

door
一緒に寝たいよー

その返事

うん、一緒に寝たいね
そんなこと言うなぃ
寂しくなっちゃうじゃんかーToT

翌朝

おはよー
door
今日もがんばるよー

なんだか読み返していて泣きそうになった。ついひと月前、でもその間のメールは合計500通だ。自分で言うのがおかしいのは判っている。
でも私たちは実に健気だ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

ブログネタ:あなたの「座右の銘」教えて 参加中


もう4年近く前に「凛々しくありたい」とこのブログに書いたように記憶している。
凛々しいとはきりりと引き締まって勇ましいさまとでも言うのだろうか。


Courage is resistance to fear,

mastery of fear, not absence of fear.


勇気とは恐怖に抵抗すること、不安が無いことではなく、不安を支配すること。



特に座右の銘というのは無いけれど、この言葉に出会ったときに勇気が湧いた。
怖いことなんて、不安なんていくらでもあるけれど、私は退路を絶つことで乗り越えてきた。
自分の弱さなんて良く知っている。
逃げたくなる逃げ道を塞ぐことで前に進んできた。


そしてこれからも
前に進み続ける。
ありたい自分で在り続ける。

いいね!した人  |  リブログ(0)
ブログネタ:起きづらい朝の眠気ざましの方法は? 参加中

朝起きたらとりあえず布団から出てコーヒー2杯。
朝から食欲があって、起きたら日中と同じでいられる人が羨ましいと思う。
たかしにはよくからかわれる「お寝坊」「夜更かし」も低血圧症状の故。「低血圧だから」と言っても、準怠け者扱い。楊貴妃まで引いて「美女だから仕方が無い!」と自分でも苦しいと思う説明をして納得?してもらっている。

最近は少しでも早く寝るように心がけている。それでも朝が辛いのは同じ。
朝、余裕を持った時間に身体を起こしても、結局のところギリギリの時間になるまでぼうっとしてる。
うわ、ギリギリだ!
と、思わないと実質目が覚めないのだ。小走りで駅まで向かい電車に乗ってホッと一息。
それじゃぁ、早く起きる意味なんてあんまり無い。

血圧が低いことで日常生活に支障をきたしても、身体への負担は無いのだという。医者に訴えても病気扱いしてもらえない。うつ病と低血圧は身体症状がかなり似ているから気をつけなくては。
年齢が上がれば少しは楽になるという言葉を信じてこの20年耐えてきたけれど、
症状はどんどんひどくなるばかり。うっかりすると立ちくらんでしまう。

これから夏に向けてだるくなる前に考えないと。
多めの塩分、適度な運動。
あぁ、マドンナになるのは億劫だこと。

Ameba×TBS アナCAN 連動ブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
ブログネタ:あなたのプチ贅沢品は? 参加中

ランタン
2ヶ月くらい前に衝動買いしてしまったランタン。
こういうものは一点ものだから欲しいと思ったときに買わないと無くなってしまう。
これは少し高かったけど。



これにろうそくを入れて灯すホンのひと時が私のプチ贅沢。

蛍光灯や電灯にはないパワーが生の火にはあると思う。
私は一人の時よくロウソクを灯す。


単に明るさを求めているわけではないなら、こんな灯りに癒される。
いいね!した人  |  リブログ(0)

ブログネタ:今、疲れてる? 参加中

「で、そのお店を借りて何しようと考えてたんだー」
小さなテーブルの上には蕎麦茶と羊羹。洗い立てのソファカヴァー。
「立地がいいから××××を。
 自分が便利だし、競合するお店が無いし、みんな困っていると思うよ」
「おぉ、それはいい考えだ。
 doorは、いろんなこと考えてるんだねー」
たかしの手が組み変わる。
「だから自分だったら何が欲しいかってことを考えて、それが商売ってことでしょ」
「そんなこと考えて眠れなくなっちゃうのかなー」
商売人の娘には身体に染み付いていることでも、技術畑一筋の彼には想像も付かない世界なんだろう。

「うん、たかしは毎日なに考えてる?」
「なにも考えてないところが問題だ」
「何も問題ないじゃん」
私にはたかしが羨ましく感じる。
「問題だよ」
「なんでー」
「ボケるもん」
「おぉ、それは困った。でも試験にも受かったし、大丈夫だよ。たかしは」
「doorの…」
言いかけて止める。
「なに?」
たかしは笑いながら突然キスする。
「なんか誤魔化してるな」
たかしの眼がうろたえた。男ってホントに分かりやすい。
「だから何も考えてないんだー、これがボケの始まりだったらどうしよう」
たかしは視線をわざとずらしている。何を言おうとしたのだろう。

「じゃぁ本当にボケると困るから、また試験勉強でもすれば?」
不安な気持ちを誤魔化すように私も笑ってみせる。
「もう試験勉強はヤダー」
ねぇ、何を言おうとしたの?何を誤魔化したの?

私の頭の中はいつも宛ての無い答えを求めて小賢しく動いている。そんな自分にずっと付き合い続けて、それが自分だとようやく受け入れても、やっぱりたまに疲れてしまう。
なぜ、どうして、なんで…
頭が休まるのは肌を合わせているときだけ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
ブログネタ:6時間以内に10万円使わなくてはいけなかったら何に使う? 参加中

「たかしー、今日はこのまま府中の○ン・キに行こう」
「○ン・キ?何買うの」
「CDコンポ」
「○ン・キで?」
「CDコンポは○ン・キじゃなくても良いんだけど、ちょっと○ン・キで見なくちゃならないものがあって、ついでにー」


車がなくてやっぱり不便だ。○ン・キみたいに車で行くような立地の場所がひたすら遠い。オデッセイは府中街道を下ってあっという間に○ン・キに着いた。黄色に黒文字の看板。
「うわ、やっぱりこの店下品だよね」
「ははは」
「ダメやっぱり独りじゃ入れない。私○ン・キって苦手なの、たかしはどう?」
「doorでも一人で行けない場所があるのか~」
「大抵は大丈夫だけど、ここは…」
「うん、僕も好きじゃないな」
「やっぱり?良かった~私も2年振りだよ。車がないと行けないし。
 前はさ~香港の友達が。ほら忙しいから変な時間にお土産を買わなくちゃいけなくて、それで夜中に連れて行ったらそれ以来○ン・キが気に入っちゃってさ~」
「へぇ~」
「3時間で10万くらい買い物するんだよ、信じられないよ」
「向こうの人好みなのかな~」
「ツボにはまっちゃったみたいね」


手を繋いで店内に入る、と何もかもが襲い掛かってくるようだ。CDコンポは種類がなく、目的のものを見た後は早く帰りたくて仕方が無くなった。その間たったの10分。
「くる途中にコジマ電気があったでしょ。あっちで買おう
 やっぱりここで電化製品買う気がしない」
たかしは私について周りの品物を見ていた。熱帯雨林方式だかで嫌でも品物が顔の前に来る。
「30分までなら駐車料金無料だから何も買わないで帰ろう、もう疲れた」
「僕も疲れた」
そう言いながらたかしの眼はあちこちを見て引っかかっている。
そうなのだ。友達に付き合ってしばらく店内にいると棚にあるへんてこなものを買ってもいいような気になってくるのだ。
過剰な色、大量の物量、ごちゃごちゃとある中に引きずり込まれる、○ン・キホーテの罠。


結局コジマ電気でネットで下見しておいたCDコンポを買う。いつもお譲さんたちの買い物につき合わされているたかしは、私の買い物が余りにあっさりしているので拍子抜けした様子。

CDコンポを運んでもらって配線をしてもらう。

「こういうのが楽しみなんじゃないの?」

私にもそれぐらいは簡単に出来るって知っているからたかしはそう言う。

「出来るけど、楽しみってわけじゃないし」

花を持たせているつもりだったのだけど。




10万円くらい使うのは簡単だ。デパートに入って良い靴とバッグを選んだらそれでおしまい。食器を全部入れ替えても良い。多分3時間。

これで100万となると少しは楽しくなってくるんだけど。

この間から買い物をしたくてたまらない。でも必要なものは全てあるし、買い物に費やす時間が今は惜しい。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。