秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

「今夜はまだ終わらないんだ」
いつものメッセの時間にたかしはそう書いてよこした。
「うん、疲れているだろうから無理しなくて良いよ。どうしたの?」
「期末試験の数学」
「はっは~懐かしい響きだな~、数Ⅰは今何をやっているの?」
「サイン、コサイン、タンジェント」
「うぎゃ~私には無理。たかしは教えられるの?」
「もうわかんないから、一緒に勉強するって感じで
 だから、途中で抜けるかも。ごめんね」
「気にしなくて良いよ~私はせいぜい中学生どまりだな」
「そうなったらどうする?」
「ごめんって謝るしかないでしょ。数Ⅰなんて無理だもん」
「うん、昨日何食べたかも覚えてないのに、そんな20年前のことなんて脳みそのどこにあるかもわかんない」
「私は完全に消滅している」

私も夕食が終わってひと息つくと、子供の宿題を見る。机から離れないように、見張っている感じだ。宿題は毎日出て、一時間前後の時間がそれだけにのみ割かれる。
たかしにメールでも出そうと携帯でピコピコ始めると、息子は遊び始めてしまう。だから私は全く何も出来ない。それはやはり根気の要る時間だ。内心のイライラを抑えながら、宥めたり賺したりしながら辛抱強く見守る。


071129_2311~001.jpg

日曜日の買い物の途中で思いついてメールを書いた。
「ねぇ、たかしは正ちゃん帽みたいなやつかぶる?もし持ってなかったら編むけど」
たかしは仕事にカジュアルで行くから、電車での通勤の時に暖かくて良いかもしれないと思った。
すぐに返事が来て
「え~、doorが編んでくれるの?そういう帽子持ってないからうれしい~
 だけど大変じゃない?」
「大丈夫、凝った編み方するつもりは無いから。
じゃぁ適当に毛糸選んで編むね」


先日たかしが着ていた黒のダウンジャケットに合うようにモノトーンの段染めの毛糸を選んだ。ちょうどたかしの髪と同じくらいの比率で濃いグレーから白のグラデーションの毛糸だ。帽子を被っても普段のたかしとそう違和感が無いだろう。

百目作ってざくざくと二目ゴム編みに編んでいく。表編み、表編み、裏編み、裏編み。その繰り返しだから見なくても勝手に手が動いていく。息子の宿題を見ながら、帽子は毎日どんどん編みあがっていく。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

「ねぇ、今日はなんて言って出てきたの?」
「うん?釣りに行くって言ってきた」
「ねぇ、それっていつも?」
「うん、いつも。今日だって車につり道具が入っているよ」
「あれ、ホントだ~~」
「じゃ、私ってお魚ってこと?」
「うん、ピチピチ跳ねてる」
ブロガーだからそれって竿が違うじゃんと突っ込もうとしたけど、余りにお下品すぎてさすがに口に出して言えなかった。



声がでる。恥ずかしいぐらいみっともなく声がでてしまう。声は意味を成さないで快感と、その歓びを伝えてる。
たかしの荒い息遣い。低いうめき声がなぜか遠くに聞こえる。
隣のおばあちゃんは耳が遠いことにしておこう。
「たかし、たかし、たかしぃ」
私の身体は動いているうちに何度も布団からはみ出して、気が付くとたかしにずるずると引き戻されている。
「気持ちいいいいいいい」
頭の中は快楽を辿ることでいっぱいになっていた。
メッセでのやり取りの中でたかしは
「セックスがこんなに気持ちのいいものだなんて、なんだか今まで損してた気がするー」と書いてよこした。
純粋に繋がることの喜びを心でも身体でも感じている。
体温、肌触り、匂い、声、体中で彼を感じる。そして私を伝える。
体中にキスをして。



「doorの高校生時代はどんな?」
「どんなって?」
「性的興味」
「ヤキモチ焼くから言わない」
「ははは」
「早熟だったかも」
「ヤキモチ焼きそうだ」
「普通にエッチなことには興味があっても今みたいにネットがあるわけじゃないから情報源が無いでしょ。ビデオとかも無いし」
「そりゃそうだ」
「普通の目立たない男子高校生はどんなだった?」
「高校は帰宅部」
「何してたの?」
「あまり思い出がないんだな
  ほんとに普通に暗かった。なんかそういうのに縁がなかったし」
「初めてHしたのは いつ?」
「ずっと遅くて大学生」
「doorは?」
「17歳かな」
「はやっ
ぴちぴちでHかー」
「うん まぁ、相手もぴちぴちだ」
「いっぱいHしてたの?」
「いっぱいって …相手も高校生だからな」
「毎日とか」
「まぁそんな勢いだね
 ……ヤキモチ焼いてる?」
「うん めちゃくちゃ」


たかしの早かった結婚と、大学生の時の初体験の相手は同一人物なのだろうか。
だとしたらあまりそこには突っ込めない。
「ねぇ、まえにそういうお店に行ったことがあるって言ってたでしょ」
「うん」
「それっていつ?」
「2年ぐらい前かな」
「どういうお店?」
「うんと、こういうのはしなかった」
「手とかお口とかでしてもらうようなお店?」
「うん」
「お店の人ぴちぴちだったでしょう」
「うん」
「くやし~ぃ」
たかしの身体の上に乗って繋がったままだというのに私は身悶えして嫉妬した。何にだろう。私だってぴちぴちだった頃はある。恋愛ホルモンのせいか、このところお肌の調子も上がってきたと思える。
そんなことじゃない。


「どうしてそんな、そんなお店に行ったの?」
「ん、なんとなく…寂しくて」
2年前、多分彼の新しい生活が落ち着いて無我夢中から一歩抜け出した時。このまま働くだけで年老いていくのかとふと虚しくなる時。そんな時が彼にもあったんだろう。私にも在った様に。
仕事でそれをしている娘には何の興味もない。でもたかしがそんな気持ちになったことが可哀想で辛かった。その娘はたかしに優しくしてくれたのだろうかと気に掛かる。彼は私自身をも投影している。私が感じたくやしさは自分への哀れみでもあるのだ。やりきれなさ、虚しさ、寂しさ。
だけど今がある。今は寂しくも虚しくもない。たかしの体温が暖めてくれる。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

夢のように愛し合ったあとでたかしに
「今日は何時まで良いの?」と聞いた。
「ん~6時」
「えぇっ!もう6時だよ、帰らなきゃ」
私は少し寂しかった。いつもはもっと遅くまで一緒にいるのに。
だけど、お嬢さんたちと一緒に過ごす時間も大切なのだ。この所彼は忙しかったから帰宅時間も遅かった。たかしだって疲れてもいるだろう。
でももう少しだけ一緒にいたい。
ぐずぐずしているたかしに急いで服を着せた。
「ねぇ、帰りたかしの家の近くまで一緒に行っちゃダメ?」
「ダメ」
「途中まででいいから」
「だめ」
「お願いよ、もうちょっとだけ一緒にいたいの」
私は強引に車に乗り込んだ。
「どうしたの、今日は珍しくわがままだね」
「たかしと一緒に居たいんだもの、それになんか電車に乗りたい気分」
「えぇっ?」
「たくさん乗り換えして、いろんな電車に乗りたいの」
「なんか変だなぁ」


車の中で話しているうちにお互いに勘違いに気が付いた。
「えぇっ、今何時って聞いたんじゃないの?」
「えーっ、いつもみたいにゆっくり出来たの?てっきりお嬢さんたちと夕ご飯を食べるんだと思ってた」
「そうか、それでか……ありがとね」
「え~、そうと決まったらお腹が空いたよ~、今日はてんぷらを食べるはずだったのにぃ」
「僕もお腹がてんぷらだったんだ」
「てんぷら♪てんぷら♪」
「多摩センターで何かやっていたはずだ」
オデッセイは左に曲がった。
071124_1930~001.jpg
駅近くの駐車場に車を止めると、イルミネーションの光が覗いた。
三越に行けばてんぷらは食べられるだろうと、そのまま階段を上がろうとした私をたかしが留める。
「door、あっちからのほうが良さそうだ」
改めて駅のほうから回り込むと青い光のトンネルがあってみんなが記念撮影をしていた。そこを潜り抜けて中央のツリーを望む。
「すっごく綺麗」
「素敵な勘違いになったね」
「うん、間違えてよかったよ」


二人で写真を撮ったりしながら三越に行き、席を待つ間に冷えたのでトイレに入った。

あぁ、そうだ、慌てて素っぴんのまま出て来ちゃったんだと鏡を見ると、先ほどのセックスで上気したままの顔。
顔のあちこちにシーツで擦れた赤みがまだらになっていた。
たった今セックスしましたって顔に書いてある。慌てて化粧をして席に戻った。
「もう顔がまだらになっていたよ。知ってた?」
「うん」
「はずかしいったらありゃしない、言ってよ~」
たかしはニヤニヤしながら私の顔を見ていた。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)


071118_1203~001.jpg 宮が瀬ダムに紅葉を観にいこうね。
ずっと前にした約束。

たかしと二人で宮が瀬のあちらこちらをそぞろ歩いて紅葉や黄葉や、まるで絵の具を流したようなグリーンの湖面を楽しんだ。

イチョウの木のところまで来ると、風が落ち葉に染められて黄色く変わっていく。

私たちはダムの上からエレベーターで下って、その落差と規模の大きさに驚いたあと、インクライン というケーブルカーに乗った。


「このチケットで往復もできますよ」

威勢のいい案内のおばちゃんが親切に声を掛けてくれた。
とても急な角度。これを下っていくのはさぞかしスリルがあるだろう。
たかしと話してインクラインから降りないでそのまままた下ることにした。
別に急いでるわけじゃない。帰りはまたエレベーターで昇っていけばいい話だ。
案内のおばちゃんによると、紅葉は来週が本番でしょうとのこと。
でも今日だってとても綺麗。
ダムの上手のほうから見る紅葉は素晴らしかった。

「このダムは新しいんだね、私知らなかったもの」
「うん、そうだね、完成は比較的新しいみたいね」
ケーブルカーの先頭に立って飲み込まれそうな絶壁から眼下を望んでいると、脇から聞き覚えの無い声がした。


「あれ?どっかで聞いたような声がすると思ったら…」
「おぉ、どうしたのー」
たかしの応える声。
先ほどから脇に立っていた家族連れだった。
「お父さんの会社の人だよ」と、自分の子供に言い聞かせている。
(えぇーっ!会社の人?)一瞬パニックになるけれど、曖昧に笑顔で対応するしかない。胸がドキドキする。イチャイチャしているときじゃなかったのが、せめてもの救いだ。


「今日は、お子さんは?」
「いや」

短く応えるたかしの声。
「二人で来たんだぁ」
「うん、そう」


誰に後ろ指を指されるような関係ではないけれど、やっぱりドキドキしてしまう。
私って奥さんに思われているんだろうか。そしてこの人は私の知らないたかしを知っているんだろうなと思う。
男の人同士の会話はそこで止まって、私たちは外の光景に集中した。
下に降りると、そのままエレベーターに向かう。


「見つかっちゃったね」
「うん、あの人は営業の人で××の人じゃないから大丈夫ー、いつもおかしなところで逢うんだよ。ディズニーランドとかさぁ」
「そう、それなら良かった」

いいね!した人  |  リブログ(0)


幻のツリー
感謝祭すらまだなのに、街のあちらこちらで見かけるようになったツリー。


ベツレヘムに木なんてないし、在ったとしてもナツメヤシか百歩譲ってせいぜい糸杉。

それなのにモミの木の形を模してこんな風にガラスのツリーが作られる。
もはや本来の意味を何もかも置き去りにして。


たかしが
「きれいだー」という。
「そうね、ホントに綺麗」


心の中にある交錯する様々な気持ち、想いにガラスの蓋をして。
スワロフスキーのクリスマスツリーの形の美しさ、光の美しさを、それでも私は愛でる。


目の前にあるツリーは見事に美しく、そんなものに意味を持たせるなんて馬鹿らしいと思うから。

意味なんて、私の中でしか価値の無い幻。
どうせ私の幻でしかないのなら楽しい幻影を見たいと想う。


たかし、手を繋いで。

その手を温めてあげるから。
この温もりは幻じゃないよ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

日曜日にinodaくんに 車で迎えに来てもらってROSE CAFEでランチ。


出かける前たかしに
「今日は29歳の男の子とデート」と言ったら
「ええええええええええええーっ」
「女の子ならいい?」
「どっちなんだ~」
「とりあえず恋は芽生えないから」
inodaくんごめん!っていうか、芽生えちゃったらinodaくんが困るでしょ。


「なんの関係の人?」
「友達としか言いようが無いなぁ」
「ネット?」
「そうかも」
アメブロの私を彼は知らない。だからinoda君のことも言えない。


「そっかー、まぁ いいや」
「どうしたの?」
私は判っていてわざと聞いてみる。結構サディストかもしれない。
「ヤキモチ。若い男の子とデート…」
「女の子だよ」
「だからどっち~」


出掛けにたかしに貰ったペンダントをして写真を撮って送った。
「ペンダントしてくれているから、良いことにする」
と返事が来た。


inodaくんとは楽しく話した。

アクエリオンの話とか。

似通っているところ、違っているところ。人それぞれ違うから面白いと思う。
帰りまで送ってもらってありがとう。


電車に乗って移動中、もし、たかしが29歳の女の子と一緒にランチを食べていたらと想像して、かなり凹んだ。在り得ないと思いたい。でももしそんなことがあったら、その子がたかしのことを好きになったら、どう考えても勝ち目は無いような気がする。とたんに心の中は不安で塗りつぶされていく。


そうか、こんな気持ちになるんだ。
これからは自分が後ろめたく無くても隠密行動にしないといけないなぁ…

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

夜中に眼が覚める。浅い眠りの中で私は夢を見ていた。


もうすっかり忘れたつもりでいても、私の夢にするりと忍び込み、登場する人物。


その人に軽く殺意を覚える。殺す値打ちもない、考える時間すら惜しい。それなのに、まだ。

憎しみがふつふつと泡だってくる。煮詰まってくる。


止めてよ、ねぇ、これ以上私の時間を奪うのは。

オマエナンカニ使ウ時間ガ惜シインダ
憎ム時間スラ与エタクナイ


しかし、それでも。
忘れようとすればする程、絡み付いてきて、再び眠ることが出来なくなってしまう。


ダッタラ徹底的ニ自分ノ気ガ済ムマデ呪ッテヤル


自分の中にある憎しみを押さえ込むことはもうしない。
私は自分がこんなに人を憎むことが出来ることを認める。こんな風に、こみ上げてくる怒りを無いことにはしない。


怒りを放出する方法だけ考えたらそのうちに寝入ったようだった。多分午前4時半頃に…

いいね!した人  |  リブログ(0)

今週は疲れていたので地元でデートってことにしてもらった。

この店 はたかしと初めてデートしたお店。そのときの服を着て行った。国分寺の駅で11時半に待ち合わせ。
二人で手を繋いでゆっくりと坂道を登っていった。


「あの時はこんなに親しくなれるなんて想像もしていなかったね」
バラは先週の台風で少し傷んでいたけれど、これからが開花期。
蕾がたくさん出ていた。


「最近良く眠れないの?」
「うん、どうしても明け方、眼が覚めちゃう。4時半とか」
「そのあと眠れないの?」
「また眠れるし、最近は眠りが浅いのを時間で補っているから大丈夫」
「そうか」
「こんなに毎日楽しいけど、子供の父親との問題がやっぱりあるからなのかな」
「うん」
「たかしは離婚する時に話し合えた?」
「……もう、そういう状態じゃなかったね」
「うん、話せるくらいだったら、子供がいるのに離婚なんて出来ないよね」
「……僕が帰ってくると出かけている。僕が会社に出かけると戻って来るって感じで」
「そっか、お嬢さんたちも可哀想だったんだね」
「……僕もこのごろ途中で眼が覚めたりするな」
「そうなの、年とってくると早く眼が覚めるみたいな感じなのかなって」
「うん」
「とにかく鬱の前歴があるから、念のため薬を飲んでおきましょうってそれだけのことなんだけど」


「今日はケーキ食べないの?」
「うん、だってこんなに食べてお腹いっぱい
 …もしかして私大食いだって思われている?」
「ははっは、ちょっと」
笑いながらたかしの眉毛が持ち上がった。

曇っていた空は外で食事をしているうちに晴れてきた。陽が差してバラの色が輝きを放ち始める。
席をそのままに、下の庭園のほうに降りていく。一つ一つのバラを見ながら二人で香りを確かめた。


たかしはいつも車で移動するからお酒が飲めない。今日は特別電車で来てもらった。
私は朝からおでんを仕込んでおいた。帰り道のお豆腐やさんでがんもどきとおからの炒め物を買う。
父が良くこの店まで買いに来るから、おいしいのは知っていたけど、来たのは初めて。
おからの炒め物は金曜日の売れ残りのようで、おばちゃんはただでくれた。
そうして二人で手を繋いで家に戻ってきた。


「恋ヶ窪」私のかつてのHNでもあるこのお酒をたかしは気に入ってくれた。たかしの口から「恋ヶ窪」と出ると自分が呼ばれているようで内心ドキドキしてしまう。
でも3年近く使ったこのHNはもう使わない。

私は酔うと一段と声が上ずって、ひたすら笑い続ける。全身が真っ赤に染まる。
「おでんと恋ヶ窪とdoor、最高だな」
たかしはいつもと変わらない。赤くもならない。
「たかしは酔うとどうなるの?」
「突然眼がうつろになって、そのまま寝ちゃう」
「うつろな眼が見た~い、飲んで飲んで」
私たちはとても気持ちよく酔って、そのまま寝入った。ふわふわと漂う中、たかしが私をベッドに連れて行って布団を掛けてくれたみたい。


「なんかー甘いもの食べたーい、アイス買って来て」
「何のアイスが良いの?」
「ガリガリ君はいやだ~、ガリガリ君以外なら何でもいい」


覚えているのはそこまでで、あとはキスの感触。たかしが帰った気配。おやすみなさいのメール。
眼が覚めたら、少し淋しかった。


また来週まで逢えない…

いいね!した人  |  リブログ(0)


誕生日の朝に来たメール。


付き合っていてもどうしても平日は逢えない。それはそれぞれの家庭があるから。
10月の私の誕生日の朝、こんな写真が届いた。


とても嬉しかった。
最近の誕生日の中で、それはとても素敵なプレゼントだった。


大好きなたかしの手のひらの上に可愛い熊が乗っていて、それがなんだか女の子のいる家庭の雰囲気。

写メのやり取りの中でリラックマのぬいぐるみがあったり、チェックの赤い布地がもう女の子っぽくて、そんな中で暮らしているたかしを想像してみるけれど、やっぱりたかし本人とは結びつかない。


そこでたかしのお嬢さんたちの写真をねだった。高校生と中学生の女の子二人との生活が私には想像できない。下のお嬢さんでさえ私より身長が高いと聞くと、どんな雰囲気の家庭なのか気になってしまう。


聞いたことにたかしは何でも答えてくれるけれど、雰囲気や感覚がつかめなかった。

写真の情報量は凄い。一枚の写真で二人の雰囲気が伝わってくる。でもそこにたかしを当てはめてみるとどんな家庭なのかやっぱり良く分からないのだ。
家では真面目にお父さんなのだろう。でも私の前では生々しく男だし、それはチラッと激しさを覗かせつつあくまでも柔らかだ。


彼女たちの顔を見てやはりいろいろな想像をしてしまう。彼とは違う顔の形。私の方がたかしに似ているぐらいだ。
だけど彼の大切なお嬢さんたちを私はやはり心から愛しいと思う。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。