秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして

服を脱いでいる私を、たかしは背後から抱きしめた。私のお尻にたかしの熱が伝わる。
伝わる。
伝わる。


薄いTバックはもう濡れていて牝っぽい匂いがしていた。立ったまま。そのまま。愛撫もそこそこに、私の入り口で二三度逡巡した後たかしが入ってきて、私も爪先立ちになって位置を合わせた。
頭の向こうを掠めるのは「思ったとおり」ってこと。
その日たかしは二度三度私に挑んでくるだろうって、もう分かっていた。今回は前戯に2日もかけているのだもの。


木曜日仕事を休んだ私は電車の中からこんなタイトルのメールを送った。午前中不快な所用を終えたばかりだった。昼に来たメールでは午前中たかしもストレスフルだったようなので、リラックスできるようにと少々えっちなことを書いて送ったら
「ちょっと興奮したー」と返事が来た。
「ちょっと」の文字が引っかかる。「door」としての意地がムクムクと湧いて出る。
仕事中に一応悪いと思ったから、注意書きとスクロールのスペースを添えた。もちろん、彼が読むのは確信していたし、それを読んだらどんな風に困るのか想像して私は一人でくすくす笑いながら書いた。


「キケン! スイッチのはいるメール 」

(生々しいので前略)
たかしのが私の中にはいって
いっぱいになって溢れ出しそうで
それでもそれを全部包み込んでゆくよ
熱い熱い私のなかでとろけて
迸るたかしを全部受け止めさせて



私の趣味はいい大人(男)をからかうことで、それがたかしには至極楽しいらしい。
「いい趣味してる」
私がおふざけを考える時の「悪戯っ子の目」が好きなんだそうだ。


なんと危険なメールなんだ
仕事中にヤバイよ
危険←気になる←読む←悶々←仕事やってらんない


私はしてやったりと大笑いをした。


月曜日、婦人科でIUDを入れてきた。
お互いの今の生活を崩したくないから避妊には特に気をつけたかった。
妙に軽いノリの医師が、
「ホントは検査結果が出てからなんだけど、今日入れて行っちゃいます?」と聞く。
もちろん端からそのつもりだった。
白い内診台に上がると、早速超音波で私の子宮内が映し出されて、確認されていた。
「綺麗ですね、筋腫も何もない。これなら大丈夫でしょう」
「ほう、いい卵があるなぁ。不妊症の人に分けて上げたいようないい卵だ」
などと突然医者が言う。
丸い形がモニターに映し出されていた。
生理が終わって何日もたっていないのにもう排卵が在ったらしい。
それを聞いて内心ヒヤリとした。生理が終わったばかりだからまだ大丈夫だと思うなどと2,3日前に言った自分の台詞を思い出す。それでも念のために避妊してくれていたけれど。
IUDの挿入は内診に引き続きあっという間に終わった。銅の入ったIUDのおかげで煩わしさから開放される。
4日ほどの微量の出血でたいした違和感も無かった。
「もう大丈夫だよ、これで直接感じられる」
セーフセックスの観点から言えばコンドームをしたほうが良いのだろう。しかし避妊という観点から言うと私はコンドームをあまり信用していない。相手が安全であれば、病気の心配はしなくて済む。避妊だけ気をつければ良いコトだ。


激しく突いてくる彼を受け止めながら痛みと快感はない交ぜになる。
もっと快楽を、引き続く快楽を、もっと…

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
水曜日辺りが一番切ない。どうにか土曜日に時間を作って、逢える事が決まっても、まだまだ先のような気がする。
土日に肌に刻まれたハズの記憶も薄らいできて、訳も無く不安になる。不安になるような材料なんて何もないのに。
未だにこれが現実だなんて信じられないような気がするからだろうか。


恋に落ちて、戸惑っている二人。

二人でいると毎回意外な展開があって、それすらも楽しみながらギリギリのところでどうにか自制している。
恋に溺れ過ぎないように。それぞれの生活を大切にしながら。


昨日初めて過去の話を聞いた。とてもさらりと。
いろんな出来事、トラブル、感情を乗り越えて生きてきた彼。そして私。


いつだったか、きびさんがコメントで
「女の愛は上書き保存」と書かれていた。
me


今のたかしで埋め尽くされていくこころ
もっと刻み付けて
心にも身体にも
あなたを刻み付けて私を埋め尽くして


優しく抱きしめて

激しく抱いて

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
071021_1641~002.jpg
またお母さんに戻るね
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
月

足柄パーキングエリアでひと休み。

ちょうど夕刻、朱に染まる富士が美しかった。

逢っている時、私たちはあまり喋らない。ただ感じていたい。

空を、風を、光を、色を、温度を、お互いの体温、はにかみながら、照れながら握り合う手の感触、互いの笑顔、ただそこにいる相手を。

東京方面に戻っていたから、バックミラーでしか夕日が見られないたかしと、一緒に夕日を、夕日に輝く富士を見たかった。言葉などいらない。


手を繋いでパーキングエリアの裏手に回ると、信じられないほど美しく輝く富士があって、ひと気のないそこでこの日初めて長く長くキスをして抱き合った。

おそらく傍目から見ると仲の良い夫婦にしか見えないだろう。でも私たちは未だに見つめあうと照れてしまう。


この晩の睦言。メガネを外したたかしの顔を見つめ、鼻を突付いていると彼は照れて顔を隠した。

「ねぇ、もしかして私たちって顔似てない?」

「うん、似てると思う」

「やっぱり、似てるよね」

「うん」

小さい頭、笑うと球に近づく顔のつくり、長い首、長めの鼻の下、しっかりと結ばれた口元。

「初めてあったとき、まずいなぁ、困ったなぁって思った」

「何で困るのぉ」

「似ているなぁって思って」

「似てたらなんで困る?」

「だって好きになってしまうってわかったから」

「えぇ?そんなに前から?」


初めてあった時、絶対好きになってしまうってわかった。

同じ志向、似た顔、同じ境遇。これだけ揃っていたら自分をコントロールできそうに無い予感があって、深みに落ちてしまいそうで当惑した。


恋をすることと、傷つくことは表裏一体。何とか自分の気持ちをコントロールをしなければならない。自分ひとりの身の上ではないのだから。そしてもう、私たちは嫌というほど傷ついているのだから。

私は傷つくのがまだ怖かった。


あの頃、私がそういうとたかしは

「僕はもう傷つく覚悟が出来ているかもしれない」と言ってのけたっけ。


夕刻、光り輝く富士を見た後、車に戻る途中ハーフムーンが見えていた。

いいね!した人  |  リブログ(0)
071020_1358~001.jpg
朝、出発した車はインターへと入っていった。
「あれ?先週のところと違うの?」
「沼津まで行くんだよ」
「えぇ?これから沼津まで行くの?」
「そういう話だったじゃない」
「沼津は遠いから、旅行の時だと思っていた」
「車で行けばすぐだよ」

「たかしが良いならいいけど、今日は釣って食べるところまでやるんだよ」

「大丈夫だって」



雲が流れている。秋の空が高い。いろんな形の雲。

「良い天気だね」

「天気予報では、今日は雨か、曇りか晴れって言ってたけど、doorと一緒だから絶対晴れると思ってた」

「あははは、ナニそれ、そんなの天気予報って言わないよね」

「わははっは、確かにそうだ」

私は晴れ女だ。たかしと一緒の時に、雨が降ったことは一度もない。車で送ってもらって、二人が別れるとザァッと降って来たりするのだ。

「二人のパワーだよ」

自分で言いながらちょっと照れてしまったりする。


水がとても澄んでいて、虹鱒がたくさん見えた。

足元にこんなにたくさん見えるのに、ルアーで釣り上げるのは容易くない。たかしは次々と釣り上げてはリリースしている。

時おり、魚たちは挑発するように水面から飛び出して私をあざけ笑う。


「ねぇ、今夜のおかずにたかしの釣ったのもキープしておかなきゃ」

「今日はdoorの釣ったのを食べるんだよ」

「えぇ~っ、がんばるけどさ、おかずがなかったら困るよ、スーパーで買うのは嫌だもん」

次にたかしが釣りあげたのは大きかったから、クーラーボックスの中に入れた。40センチの虹鱒だ。クーラーボックスがガタガタと揺れる。

私たちは黙々とルアーを投げ続けた。たかしの背後に富士山が見える。空の高さが水面に写っている。


いいね!した人  |  リブログ(0)

お菓子の箱
「ケーキ屋さんのウインドウに、焼き菓子が可愛い箱に入っていて
なんかたかしのお嬢さんたちが喜ぶかと思って思わず買っちゃったの
だけど、これどうしたの?とか聞かれたら
たかしが困るかなぁって思ってちょっと考えちゃって」


「かわいいねー 箱」


「親に恋人がいるっていうのをたかしのお嬢さんはどういう風に感じるのか」


「うちの子供達は、興味津々になるだろうし…年頃だから難しいねー」


「うん、そうでしょう」


「うん 女の子は」


「だから、あんまり具体的な痕跡は残さないほうが良いのかなぁって
自分がその年代で、自分の親がそうだったらどう感じるかって思うと単純に贈れないなぁって
お饅頭ぐらいだったらなんてことないんだろうけど」


「 お饅頭は大人気だったよ、ごちそうさまー
今度ドライブのおやつに中味を二人で食べちゃおう~、箱はかわいいから、doorが使って」





たかしが家に帰るときに私は痕跡を残さないように気をつけている。

車の中にうっかりピアスを落とさないように、私の香りが残らないように。


女の子だからきっと父親の変化にとっくに気が付いている。


「誰かに言われたりしない?最近楽しそうねとか」


「 娘、 困ったね」


「で、なんていったの?」


「お父さんも男だしね、いろいろあるんだって」


「そうしたら?」


「いいなーだって」


だけど具体的なものが出てきたら、それは反発を呼びそうな気がする。

パパにはどうも恋人がいるらしい。ママとの結婚生活にピリオドを打っても、パパはパパで新しい幸せを見つけたらしい。それだけできっと充分だ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

料理を作る私の手元を背後から抱きしめるように覗き込んで
「やっぱり手際がいいなぁ」と感心する。
「だって、もう30年近くの年季が入っているのよ、当たり前じゃない」
「そうだけど手つきが全然僕と違う」
「料理はどうやって覚えたの?」
「本を読んで」
「そっか」


いつか過去のことを私に話したいと言ったたかし。
それに対して、私は知ることが怖いと言った。
そのくせ彼のメールアドレスから彼のHPなど推測して検索をかけたりするのだ。


知りたい、知りたくない。

彼の瑕に直接触れてしまうのが怖くて
「何でも話す」と言ってくれたのに、聞けないでいる。
いつ離婚したのか、なぜ母親は娘たちを手放したのか。私たちの間には直接関係ない話。
でもそのことが私たちを出逢わせた。


巡り会えたことに、感謝。巡りあわせた辛い過去ですら感謝の色で塗り潰していく。


何ひとつ無駄ではない。

何ひとつ。

何ひとつ。


それぞれの必然、偶然全てが絡み合って、今の私たちがいる。


あれほどの涙を流した後で、絶望と苦悩、孤独を通り過ぎてわかる。


ここに至るまで全て必要だったこと、と。

いいね!した人  |  リブログ(0)
「たかしに釣りを教えてもらえるなんて素敵だもん」
「ルアーは結構手軽でいいよ
  イトウはね1mくらいのもいるよ」
「うわ~~~~、釣れちゃったらどうしよう。私ってラッキーな人だし、 ビギナーズラックで」
「そうそうラッキーで釣れちゃうよ」
「 わ~~~~い」
「ホントに釣れそうな気がしてきた」
「釣れるよ、つれるよぉ」
「そうそう カップルで釣りしてる人も結構いるんだよね
  うらやましいなーって」
「えへヘ、今度は自分が…」
「うん やったーー、すっごく楽しみだよ
  doorが釣ったときのはしゃいだ顔が見たくて僕も嬉しくなるよ」
「でもたかしが釣れてもきっと私ははしゃぐ!
  魚拓とか取ってみたいけど それだと食べられなくなっちゃう?」
「そのまま持ち帰れば魚拓も取れるし洗えば食べられるよ」
「そっか~1mだと紙が大変だなぁってそこまで考えちゃった」
「 さすがdoor、心配する規模が違うな」
「で、1mは焼く?」
「そうだなー、切り身にするのかな。1mを焼けるところはなかなかないからね、切り身にしても何人分だろう…」
「焚き火だ、焚き火、1mの焚き火ってキャンプファイヤーみたいだ!」
「すっごーーい」
「やっぱり切り身にしよう(小声)
  だけど、どれくらいの包丁がいるんだろう、文化包丁じゃダメかな」
「ダメじゃないけど、大変だろうね」
「そっか~、まぁ、万が一つれないってこともあるから、包丁はアリもので。90センチかもしれないし」
「さすが doorちゃん」
「 90センチならきっと文化包丁で大丈夫だと思うんだ」
「90センチなら大丈夫だ」
いいね!した人  |  リブログ(0)

金木犀の薫りで秋を感じるとたかしは言っていた。

昨日買い物に出たら、霞がかった重い空気が甘い芳香を漂わせている。

薫りが届くメールがあれば良いのにと、

金木犀を探して、せめてもと、下から花を撮って送った。


「秋だね、良い薫りをありがとう

こっちも咲いているよ

ちょっと切ない気持ちを誘う匂い、doorを抱きしめたい」

そんなことを言われたら、こっちだって切なくなる


今日の夕方アパートへ帰る道すがら、姿を隠し、薫るペールオレンジに胸が詰まる

「ねぇ、ちょっとだけ声が聞きたいの。電話して良い時間を教えて」

「6時半頃、電話する」


雨上がりの大気は昨日と同じ薫り。その空気の中に佇んで電話を待っていた。

「ただちょっと声を聞きたかっただけで」

「僕もそうだからメール貰って嬉しかった」


私が逢いたいと言ったら、無理をして来てくれるだろう。だから言えない。

言いたいけど、言えないんだよ。

次にいつ逢えるか判らない今は。


「運転、気をつけて帰ってね」

「うん、分かった~」


話すことなんて何にも無い。

この薫りの中で私を抱きしめて。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。