秘密の扉

ひと時の逢瀬の後、パパとお母さんはそれぞれの家庭に帰る 子ども達には秘密にして


テーマ:

ドキン、ドキン、ドキン…


車の中がすっかり曇ってしまった

深夜のデート

30分の約束が、一時間、二時間

時間はいつだって足りなくて、別れ際はいつだって切なくて


ねぇ、たかし

ワタシタチ

トマラナイヨ…

トマレナイヨ…


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
070922_1254~001.jpg

私はふざけるのが大好きだ。たかしと一緒の時は照れもあって余計にふざける。

今日は待ち合わせの駅が途中で変更になった。一駅先だ。

いつも車で早めに来て私を待ってくれているたかしを、今日は私が待ちたくて、20分も前に着くようにしたから、余裕だった。


その駅にもお花屋さんがあって、私は花屋の店先の写真を撮った。待ち合わせの場所がはっきりしなかったから、この写真をメールで送ったら彼はパニックになるだろう、と想像して一人でニヤニヤする。

でもそれではあまりに気の毒だ。代わりにロータリーの場所を撮りメールして、オデッセイを待った。


後10分ぐらいかなと、踵を返すと「おいおい」と後ろからたかしの声がした。

15秒ほど前から私の隣にいたのだという。

「え~てっきり車で来ると思っていたのに」

「上見ていたじゃないか」

「ごめん、気が付かなかった」

そんな風にさりげない気配の人。静かな人。





ズーラシアの入り口から入っていくと、インド象が3匹。1頭が雄、2頭が雌。

雌象は昼食の真っ最中だった。そこに対岸の雄がちょっかいを出す。私は象の仕草に、声を宛てた。

「ねぇ、ちょっと僕にも分けてちょうだいよ」

「え~、これは私の分よ」たかしが笑う。

「ねぇそんなこと言わないで、ちょっと頂戴」

雄象が雌象の掴んでいる葉を少し奪う。

「も~らい」

草を食べた雄象は、雌象の頭を撫ぜるようにする。

「良い子、良い子」たかしが吹き出した。

「ねぇ、そっちの葉っぱも取ってよ」

「え~、そんなのあなたがこっちに回ってきて食べれば良いじゃない」

「良い子、良い子」

「そんなことしたって分けてあげないんだから」

「良い子、良い子」


やがて二頭の象の鼻が絡んだ。私たちも手を繋いだ。

たかしは右手で私の頭を撫でた。

「良い子、良い子」


その手を離したくなかった。言葉は要らない。


ぐるっと動物園を回って、帰り道たかしの肩にもたれたかった。もう離れたくない。せめて一緒にいる時間ぐらい。


それだのに、オデッセイの座席は離れていてたかしの肩にもたれようとすると、私の身体は斜めになってしまう。「そんな体勢で窮屈じゃない?」

「だって、この車御家族仕様で、カップル向けじゃないんだもん。良いよ、このままで。離れて居たくないから」

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

火曜日。

「もう逢いたくなっちゃった」とついメールしてしまった。

すぐに8時に電話するからとの返信メール。


今週末は逢えない予定だった。3連休なのに土曜日は彼のお嬢さんの試合がある。その後は私の息子の友達が泊まりに来る。私は電話が鳴るとすぐに外へ出た。


「明日定時後すぐにそっちへ行くから、5分でも10分でも逢いたい」

「ちょっと待って、それじゃお嬢さんたちに申し訳ないわ」

彼の会社からうちまで2時間近くかかるだろう、その後一時間以上かけて帰るなんて待っているお嬢さんたちがかわいそうだ。

「でもどうしても逢いたい」

「私も逢いたい…こんな年になってもうちょっと我慢できても良いはずなのに」

「もうねぇ、こういうのって年って関係ないよぉ」

彼の声が自分の情けなさを受け入れて悲鳴のように響く。

「そうだね、とにかく今週末どうにか時間を作ろうよ。5分や10分じゃかえって切ないから」


私たちはその後メッセで予定を詰めた。

「悪いけど、日曜日の夜でもこっちまで来てもらってファミレスかどこかで… 夜だったら道も空いているし、深夜のデートwwきゃ~~、深夜のデートって妖しい響きだ~」


翌日

「一年生は早い時間で試合が終わるらしいから、土曜日何とかなりそう」

「お昼は?」

「友達や先輩とコンビニで買って食べるんだって、それも楽しみらしい」

「じゃ遠慮なく。あんまり子供たちに気を使って逢えなくて、恨めしくなっちゃってもいけないしね」



夜10時になると2つの家庭のパパとお母さんは親としての営業を終える。寝付きの悪い私の息子は何度でも蘇ってくるし、PCの前でにやけているパパの周りには、何事かと怪しんでいる年頃の娘がさりげなく覗きに来る。

隠すつもりもないけれど、やはり子供の手前恥ずかしいから、メッセは時々突然ローマ字になったり、中断されながら11時まで続く。


「この間は私のわがまま聞いてもらったから、今度はたかしさんのしたいことをしましょう」

「いろいろ行きたいところがあるから迷うな~

 当日doorさんの服見て決める」

「靴が…

たくさん歩くんならペタンコで行くけれど、ハイヒールは女の子の心意気なんだよねー

それによって服が変わってくるし…」

「僕はグランドから直接行くからラフな感じ」

「じゃぁ、それに合わせる。でも気分もあるし、天気もわからないし

逆にリクエストは?」

しばらく応答がなかった。


「もしかしてミニスカが良いとか書けないよなぁって悩んでる?」

「……それ見たい」

「やっぱり恥ずかしいからジーンズにシャツで行く~」

「うん、イメージ湧いてきた」


明日、西口のお花屋さんの前で…

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

昨日のデートの帰り道、私のアパートへ着く少し前、車の運転席に座るたかしが突然私の右手をぎゅっと握った。ハッとして、でも恥ずかしくて俯いたまま、握り返す。気がつくと私は左手も添えて胸元で彼の左手を抱きしめるようにしていた。

そのまま車は進む。
「doorさんの手あったかい」
私の手はいつも温かいのだ。
「僕もあったかいほうだと思うけど、すごくあったかい」
「うん」
「今度は手を繋いで歩こうね」
「うん」


たかしより10歳年上の「たかし」。


このブログが誕生してから今日で3年目。その間いろいろなことがあった。
ここはごくたまに集中的に更新するブログ。私の恋愛を書くブログ。
そのたかしの口から「秘密の扉」というキーワードが出てきて、それはこのブログのことではないし、ここの存在も彼は知らない。教える気もない。


けれど運命というのはなんと不思議なことよと、私はいつも思うのだ。



40という年齢を越えてこんな気持ちになるとは思わなかったというのがお互いの共通意見。
お互いに子供を抱えているから、子供の手前恥ずかしくて電話できない。そこにメッセというツールはとても便利だった。毎日のメールもどんどん頻繁になってきた。おはようメール、昼休みメール、お疲れメール、お休みメール。
職場のカップが魚柄で共通、妹の家のすぐ近くにお勤めでローカルな話で盛り上がる。アウトドアが好きで、同じキャンプ場が好きで、聞いているCDが一緒。
ところが面白いもので、メールやメッセで盛り上がれば盛り上がる程、逢うと恥ずかしいのだ。
もう相手の顔がまともに見られないくらい恥ずかしい。
帰り道、車で送っていただいて、メガネをかけたらようやく見られるように。


来週は子供たちの都合で逢えないから、またリセットしちゃうかもしれないねって言いながら、50歳になってこんな初々しい感じでもいいねって笑いあった。


お互いに自分のありのままを見せるには覚悟のいる年齢だ。
私はここのところ屈んで仕事をすることが多かったので若干腰が痛い。昨日は歩き疲れてベンチに座ったとたん、思わずトントンと腰を叩いてしまったりして、そんな情けなさを抱えたままの私を笑って許容してくれる。


お互いに一度ならず失敗をしているし、その傷の深さを知っているだけに、次に向かうには非常な勇気がいる。
その強さを持つ人にお互い出会い得たことの幸運を思う。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。