どんぴら丸のほぼ関東バス釣りブログby teamどんぴら亭からあげ

霞ヶ浦水系、牛久沼水系、千葉県の房総半島のリザーバーに富士五湖等々でおかっぱり、エレキフローター、レンタルボートで夫婦でバス釣りを楽しんでます

軽い絡みから濃ゆい絡みまでいつでも歓迎です♪

バス釣りと下ネタとグルメのブログです( ☆∀☆)


テーマ:
山形県 ブラックバス等外来魚の再放流を禁止することについての意見募集  リンクあり


またですね

この外来種のキャッチアンドリリース禁止問題はワタシはほぼ諦め気味です

完全にではなく、ほぼ諦め気味

つまりまだ諦めていないのです


こういった事というのは意見の正論性が高い方に事が流れていくということはあまりなく

結局のところはどれだけの人間がどちらの側にいるのかといったことで決着がついてしまうことが屡々だと思うのです


そもそもこの場合の「正論」とは双方にあるもので一方が善、もう一方が悪といった形には永遠にならない

つまり意見が別れている時点でやがては多数決の様相になるのは話が浮上した時にもう決まっているようなもんなのです


一方には在来種保護の名分が

また一方ではブラックバスという魚の経済効果と命の尊さ


我々バサーにはとても残念な話なのですがブラックバスというお魚の命の尊さを叫ぶだけでは在来種保護という名の意見には絶対に敵わない


多かれ少なかれ人は多くの命を奪って生きている

蚊に刺されそうになれば殺す

ゴキブリやスズメ蜂は存在していただけで殺す

リリース禁止派の方々にここをつかれたらもうこれを上回る論理がバサーにはない

人間が快適に生きる為に人間でない生物を殺すというのは残酷、そんな酷いことは出来ないし、それを子供に見せられないこれ等の言葉だけでは全くリリース禁止の流れを止めることは出来ない


少しでもバス釣りをしている人間への偏見を無くしてもらう為にゴミ拾いするのもいい

が、バス釣りをしない方々からしてみたら

「自分達で散らかして、自分達が遊ぶ場所のゴミを自分達で拾ってるだけ」

こうなる

拾う拾わない関係なくバサーにゴミを捨てる人間がいる時点で現状では完全にアウトなのだ

昨今フィッシングショーや量販店なんかで催されるトークショーなんかでは必ずと言っていいほど各メーカーの代表の方々が言う

「釣り場のゴミを拾って自分達のフィールドを守って行きましょう」

みたいな呼び掛け

このゴミ捨い

あまりにも強くマイナス方向へと流れている事を緩やかにする効果はあると思う

が、大きなマイナスが小さなマイナスとなるだけの話

少しでもマイナスへの流れを緩くだけではなく、少しでもいいからプラスへの流れを作る

マイナスはマイナス、これはもうどうにもならない

マイナスであるものは緩やかに

それとはまた違ったアプローチでプラスになる状況を作り上げる

こうでなければ事は変わらない

バサーが捨てたゴミをバサーが拾ってもバス釣りをしない方々のプラスにならないのは当たり前のこと

各地で行われているボランティア活動のようなものもリリース禁止を叫ぶ方々には弱き者の最後の悪あがき、リリース禁止を止めてほしいと懇願する行為のひとつに見えている可能性すらあるとワタシは思う

単純にバサーが良いとされることをしても、それとリリース禁止の問題は切り離されて事を進められている状況

つまりボランティアやゴミ拾いはとても大切な事ではあるが、これをすることとリリース禁止を止めさせることは直結しにくい



結局のところはリリース禁止、やがてはバス釣り禁止になるであろう大きな流れがある

そしてゴミ拾いやボランティア等々はその流れを一時的に塞き止めてることに一役かっているとは思うが、その流れを押し戻す方向の流れにはならない

バス釣りをしない人間にもバス釣りがメリットになる

こうしないことには今とは逆の流れを新たに作ることが出来ない



そしてワタシは唯一この在来種保護の意見をまるでなかったかのように出来るのが経済効果なのではないかと思う


ターニングポイントのひとつになる事例として琵琶湖があったと思う

マザーレイク、聖地、そして今やワールドレコードを更新できる可能性の最も高い湖のひとつであることは間違いない

その琵琶湖がリリース禁止となってしまっている

当時は大変多くの嘆願書が寄せられ、一般バサーや業界の人間まで全力で反対したが結果はご覧の様

あの時我々バサーなんてもんはいかに無力かというのをまざまざと見せつけられたような気がした


滋賀県という県

そこに琵琶湖という湖

おそらく割合で言うならバサーがもたらす経済効果は他の自治体を大きく上回っていたはず

それでもいとも簡単にリリース禁止

釣ったバスを殺して棄てるゴミ箱もそのまま

大御所とされるプロ達はマスメディアから琵琶湖で釣ったバスはどうしたのか?ちゃんと殺したのか?それとも条例に反してリリースしたのか?こう聞かれた時に返す術を持たず結局は琵琶湖で催されるトーナメントには出場出来ないというなんとも肩身の狭い状況


もしもあの時琵琶湖のバス釣りを取り巻く風向きが違っていたら今は全く違う状況があったとワタシは思う

琵琶湖がリリース禁止になってしまったことの意味はとても大きかったと思う

あそこから一気に全国的にリリース禁止の流れは広がっていったように感じる


かつては北の聖地と呼ばれた八郎潟も完全に琵琶湖と同じ状況


西の琵琶湖

北の八郎潟


ここはもうある程度の環境になってしまっていると思う

ここから再び誰に後ろ指を指されることもなくリリース可能な湖にするには野尻湖のように経済効果を重要視した見方が必要になると思う



そして日本を代表するバスフィールドのひとつが関東の茨城県霞ヶ浦が残されている

自治体は興味がないのか、それとも少しでもバサーがいることのメリットを見いだしてくれているのか

霞ヶ浦リリース禁止問題は一時は目前にあったと思う

今でも霞ヶ浦の漁協はブラックバスをリリースしないよう呼び掛けしてはいるものの、その流れは今はやや沈静化しているように見える

それでもこのまま今の状況に甘んじていてはいつか八郎潟や琵琶湖のようになる可能性を孕んでいることは間違いない

霞ヶ浦は日本で安心して今後もバス釣りを楽しむ為の最後の砦と言っても過言ではないとワタシは考えている

もし霞ヶ浦が完全にリリース禁止となればその流れに歯止めが完全にきかなくなり、日本全国がリリース禁止になるのはもう避けられないはず


ゴミ拾いやボランティアをし、少しでもマイナスに目が向かないようにするだけではもはや時間の問題だと感じる


バス釣り業界だけで金を回していてはいつか消費者も業界も共倒れ


大切なのは釣り以外でバサーが使う「お金」なのだと思う


バサーが集まる地域にバサーがしっかりと経済効果をもたらさなければならない


いつか日本ではバス釣りなんて出来なくなると思われていてはバサーの為に投資は出来ない

バサーがいなくなれば商売が成り立たない

バサーが来るなら新しい商売をその地域で始める為の後押しになる

こうならなければもう生き残りの道はない


つまるところ「お金」

これをバスフィールドのある地域で使うしかない

釣り場の近くのコンビニで朝御飯を買う、釣りが終わったら釣り場の近くで夕飯を食う

その絶対数が多いのならこれだけの心がけでも流れが変わる可能性が大いにある

ガソリンを使い、高速道路を使い、霞ヶ浦近辺で食事をする

人が集まりそこにゴミが捨てられることは良くないし、釣りをするために駐車違反も頂けない

バサーが集まれば地元住民の迷惑になることは多いだろう

ここは細心の注意を払わなければならないが、まずはバサーが集まらないことには始まらない事が多い

バスフィールドのある地域にデメリット以上の経済的メリットを

バスフィールドのある地域にブラックバスのおかげだと明確にわかる経済効果を

ワタシはこれだと思う


いつかバス釣りが森林伐採問題で危うくなったゴルフが今では市民権を得たように、環境と、地域住民と、一般バサーと業界とがそれぞれ負けとならないようになることを願うばかりです


そしてまたワタシなりの言葉で山形県には意見と要望を出してみようかと思います



長々と書きました

相応しくない表現も多々あったかもしれませんが自分の言葉で書きました

お読み頂き心より感謝します




ありがとうございました!
AD
いいね!した人  |  コメント(46)  |  リブログ(11)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。