どんぺけーにょん

おっぺけぺーな30代独身男の日々。『サブ3.5』を夢みてジョグしてます。


テーマ:
 とくしまマラソンのホームページ
いろんな情報が公開になっています。


今回、とくしまマラソンの公式テーマソング
発表されました。ヾ(@°▽°@)ノ


なんと徳島県出身の「チャットモンチー」による
書き下ろし楽曲!?Σ(・ω・ノ)ノ!


聴いてみたんだけど、
阿波弁ってゆるーい感じなんだなぁ・・・。(;´▽`A``




 さて、横浜マラソンのレポの続き、いくじょ~♪



横浜マラソン2016 その6
------------------------------------


 沿道の応援やカクテルを楽しみながら、
高架下のコースがまだまだ続く。



なるぽんTシャツを掲げた「サーファー風のお兄さん」や、
赤い文字で大きく丸で囲まれた「」と書かれている
白Tシャツを掲げた「赤犬のお兄さん」。




次はどんなTシャツが掲げられているのか
ワクワクしていたけど、
しばらく見かけることができずにしょんぼり。(´・ω・`)



そーいえば、「赤犬のお兄さん」。

レース終盤、あるキッカケで
通称「赤犬のお兄さん」から「○○○○(伏せ字)兄さん」へと
おいらの中で変わったんだよなぁ。(;´▽`A``



まあ、この話はおいておこう。(・ω・)





 少しでも序盤のタイムロスを取り戻そうと目論むが、
ペースを上げることができず、
キロ5分でいっぱいいっぱい。
ε=ε=ε=ε=ε=(lll´皿`)o クハァ・・・



息もゼーハー苦しくなってくるし、
高架下のちょっと飽きてきた。(・ε・)プップクプー


19km地点で応援されているtakimaruさんのところまでは、
とにかくがんばらないと。o(・ω・´o)



 第7給水所での応援はベリーダンス。


2月の寒い時期に
露出しまくりのキレイなお姉さんたちが踊っていて、
見とれるよりもビックリしてしまった。∑(゚Д゚)!?


周りの男性ランナーは、
みんな脇見しまくっていましたね。(笑)


おいらもゆっくり走って、
じっくりがっつり見ていたかったよ。(*´д`*)ハァハァ




 この給水所を通過した辺りから、
沿道の応援が賑わってきた。(°∀°)♪


takimaruさんを探すために、
沿道をじーっと見ながら走る。


目印は、青いメガホンなんだけど、
青いメガホンを持っている人が多すぎる。(・ω・`三´・ω・)


横浜のカラーって、
やっぱりブルーなんですねぇ。


横浜ベイスターズや横浜マリノスなどのスポーツチーム、
ブルー基調のユニフォームですもんね。



そーいえば、阪神ユニフォームを着たランナーとか
見ていない気がする。Σ(・ω・ノ)ノ!



大阪や神戸、京都や徳島の大会でも、
阪神ユニフォームを着たランナーは必ず見かけるので、
なんだか違和感を覚える。



 そんなことを思っていると、


「どんちゃ~ん!」と、声が聞こえた!


すぐそこにtakimaruさんを発見!
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


危うく通り過ぎることだったよ。(;´ω`A``



アウェイの場所で知っている人にお会いできると、
涙が出るほど嬉しくなる。(ノω・、)



息が切れまくっていたときだったので、
返事をすることができず、ゼイハア言いながら、
感謝の気持ちを込めて、
手にしていた「かまろんチーズ」をお渡しした。


「かまろんチーズ」。
おいら、スイーツだと思っていたんだけど、
渡した後においらも食べたら練り物で驚いた。(°д°;)


takimaruさん、スイーツじゃなくてごめんなさい。

そして、応援ありがとうございました。



 takimaruさんの応援のおかげで、
ペースを落とすことなくここまで走ってこれた。



ここからはひとりぼっちでがんばらないと!




 高架下コースから外れて、
南部市場へ入ると、応援が賑やかでテンションアップ。
+。:.゚ヽ(*´∀`) ノ゚.:。+゚


折り返し地点、20km手前の第8給水所。
ラッキー給食「とちおとめ」が配られていた。


イチゴキタコレ━━━(゚∀゚)━━━!!!


スタッフに勧められるがままに、
4個ほどモグモグ。


イチゴの甘酸っぱさが疲れた体に染み渡る。(*´ω`*)



中学校の吹奏楽部の応援もあり、
落ち気味だったテンションがちょっと上がった。



 折り返して20km地点到着。

 

 16km~20km  25:14 【1:44:05】 
 (5:02 4:53 5:09 5:00 5:10)



 う~ん・・・。(-"-;A

序盤のタイムロスが取り戻すことができない。

スピードを上げる勇気もないまま、
首都高速の入り口にたどり着いた。


アップダウンコースの正念場だ。(`・ω・´)キリリリッ


入り口の急な上り坂を見上げると、
電光掲示板が視界に入った。



「ようこそ首都高へ。本日に限り速度制限なし!」


よしっ!


息を勢いよく吐いて気合を入れて、上り始めた。




高速道路を走る初体験へ・・・ その7へつづく
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

どんぺけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。