夏でも柚子。

テーマ:
むしむししてますね~。

デフューザーを使って湿度を上げる気にはなれないので、この時期はルームフレグランスを使うことが多くなります。

生花も素敵なんですが。

柑橘系の香りが好きなので…基本的に。



【ルームフレッシュナー】 香りの泉 柚

¥945
楽天
【ルームフレッシュナー】 香りの泉 柚

【ルームフレッシュナー】 香りの泉 柚

価格:945円(税込、送料別)




AD

CHANCE

テーマ:
香りには、やはりパワーがあるのでしょうか。

よく使う香りは柑橘系。

甘い香りはたまに、気分を変えたくて。

だいぶ以前になりますが、頂き物の Chanel No.5、CHANCE、
自分で買ったJ'adore。

本当に久しぶりにChanceを付けたら…

不思議なぐらい男性陣の応対が優しい。
愛想がいい。
道行く人まで親切だった。

…偶然の一致なのか、香りの魔力なのか…


最近じゃ、インディを目指そう、とパワースーツ姿(死語だな~)で語っていた勝間和代さんまで

「けっきょく女はキレイが勝ち」

なんておっしゃるし。
(男性との差別化という意味で、これも立派に戦略だとは思います。同じようなコンセプトの話持ってくるようには見えない分、馬鹿にされていなければ傾聴度は上がるはず)


自分のプレゼンテーションツールとして、ファッションや香りを考えたことはなかったので
(テンションを上げるとか、リラックスツールとして使うことはあっても。
…人が自分に注目するということを前提、というのはかつてないぐらい考慮してませんでした)
…でも他人には
「その服だったらこの前のルージュの方が合うね」
とか(訊かれれば)言ってたんですけどね…何故自分だけが例外なのでしょう?
(多分、自分の視界に入らないから→結局自分の目が楽しければOKな人)

自分のプレゼンツールとしてファッションを捉えないといけないんだろうな…
と思いつつ、つい、単に、「見た目の楽しさ(中身入りを想定しない)」に走ってしまうのを、
新年に向けて変えたいと思います。

    


結局、女はキレイが勝ち/勝間 和代

¥980
Amazon.co.jp

AD

爽やかで癖のない瑞々しい香りが多くて、大好きなラインです。


ゲランのアクアアレゴリア。


新しい香りが6/1に発売されるということなので、カウンターを覗きに行きました。


マンダリンとバジルをメインにした、華やかな甘い香りと


アンジェリカとライラックの、グリーン系の優しい香り。


パンプルリュ-ヌが大好きな私なので、好みで言えばマンダリンかしら?


と思いきや、アンジェリカの方に魅かれてしまいました。もちろん、どちらもよい香りです。


ライラックといえば、丁度今季節。


そんな所で魅かれたんでしょうか?


強い香りは苦手なので、このぐらいの強さでバリエーションが楽しめるのはとても幸せ。




AD