ツールバーの

挿入-名前-作成 を選択。

リストの入った範囲を選択。
リストタイトルの位置を指定。


プルダウンを設定するシートに移動

ツールの
データ-入力規則-設定-入力値の種類 リストを選択。
            データ =リスト名 を入力。("="は半角、リスト名は自分で設定した名前) 

ドロップダウンリストから選択する にチェックを入れる。
AD

フィルタの設定

テーマ:
Sub フィルタの実行()
'
' Macro1 Macro
'

'
Range("1:1").Select
Selection.AutoFilter
'7番目のデータが空白でないレコードを表示
Selection.AutoFilter Field:=7, Criteria1:="<>"
'特定セルと同じレコードを表示する場合      =Range ("[book名.xls]シート名!セル")

End Sub
AD
Sub 複数シートのデータ統合()



For i = 2 To Worksheets.Count
With Worksheets(i)
lRow = .Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
lCol = .Cells(1, Columns.Count).End(xlToLeft).Column
If lRow >= 1 Then
lRow2 = Worksheets(1).Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
.Activate
.Range(Cells(1, 1), Cells(lRow, lCol)).Copy Worksheets(1).Cells(lRow2 + 1, 1)
End If
End With
Next i
Worksheets(1).Activate
Range("A1").Select
Application.ScreenUpdating = True

End Sub


TEXT関数

テーマ:

前年実績=セル名

当年見込=セル名



="前年度に対し、実績は "&TEXT(前年実績-当年見込,"#,#0 円減;#,#0 円増 ")&"の見込みとなった。"


表示

前年度に対し、実績は XX円減 の見込となった。

前年度に対し、実績は XX円増 の見込となった。


プラマイで表示を自動変更。

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
Dim Rng As Range
'マクロ記録日 : 2008/10/1 ユーザー名 : donna
Set Rng = Range("b3") '更新された日付表示するセル

On Error GoTo ErrHandler
Application.EnableEvents = False
Rng.Value = Date
ErrHandler:
Application.EnableEvents = True
End Sub

シートタブ上で右クリック⇒「V」Enter⇒貼り付け⇒B3セルをクリックEnter

Sub 通知書発行() ' 通知書発行 Macro マクロ記録日 : 2006/2/15 ユーザー名 : donna

'

Range("Q46").Select ActiveCell.FormulaR1C1 = "A社"

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True

Range("Q46").Select ActiveCell.FormulaR1C1 = "B社"

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True

Range("Q46").Select ActiveCell.FormulaR1C1 = "C社"

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True

Range("Q46").Select ActiveCell.FormulaR1C1 = "D社"

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True

Range("Q46").Select ActiveCell.FormulaR1C1 = "E社"

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True

Range("Q46").Select ActiveCell.FormulaR1C1 = "F社"

ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True Sheets("通知書一覧").Select ActiveWindow.SelectedSheets.PrintOut Copies:=1, Collate:=True Sheets("通知書").Select End Sub