シン・ゴジラ

テーマ:

ゴジラを見てきました🎵


いやぁ、やっぱりGODZILLAは和製が好きです。
あの、ずしぃぃいん、と不気味な余韻の歩みが好きですラブ
低音のラッパの鳴りがよく似合います。
そしてそれを味わいたいために4DX選んで大当たりでした!
オマージュリスペクト悪のりが詰まりまくっているところも楽しいです。
事前情報まったく見てなかった状態でみてよかったと思います。
答えあわせの楽しみが残ってますから。

 

中には酷評もありますが、初代ゴジラおよび、主に昭和特撮へのオマージュである作品だと思って見ました。

 

まず、真っ赤なバックに黒シルエットのゴジラがポスターになってるビジュアル。

ウルトラマン…帰ってきたウルトラマンかな? の赤バックに黒の切り絵の怪獣・星人たちがスライドするオープニングでしたよね。

 

ごく低い位置から、ミニチュア(風?)市街の崩壊するショット。

瓦一つ一つ、羽目板一枚一枚が飛んでいくのを幼心に見たとき、壊すためのものをこんなに細かく作ってくれるんだ、すごい!大人の本気ってすごい!!

と感動した記憶があります。

あのミニチュア感のある画像が子どもの頃の興奮を呼び起こしてくれます。

 

レコード盤が音源かな、と思えるちょっとエッジのぶれた伊福部サウンド。

 

黒くごつごつした皮膚の亀裂から赤い光、ゆっくりした歩み、キラウエアの溶岩流のように見えます。空気で冷え、黒く皮膜を作って自分でそれを破って赤い割れ目をのぞかせ、ゆっくり、ゆっくりと流れていく。

逃げることが可能な速度だけれど、阻むことは不可能。

 

進化のルールに従い(?)地上に上がり、動きやすい平野を歩いているだけのゴジラ。

 

ノスタルジーと幼い頃の恐怖と興奮を呼び起こすだけではなく、悲しくも大人になってしまった今の視点でのリアルさも随分と盛り込まれていました。

英雄なんていない。

好き嫌いなんて感情を排除して、ひたすら協力してくれる人間と都度都度情報を共有して調整して精度を上げて、妥協せず確度を上げて、検証を積み上げて、上げて…

 

ゴジラは人の手の及ばぬ自然現象、或いは核の象徴から、ここで「仕事上」という卑近な困難にスライドするのでしょう。

幽霊の、正体見たり枯れ尾花、ではないですが、夏休みの怪獣映画の枠に落とすには、もしくは

「それでも生きていける希望」

にするにはその転換が必要なんだろうな、と。

それが 虚構vs現実 の構図の中に含まれているのかな。

目標を達成するまでは足を縫いとめてしまう感情は凍らせておかないと、そこで終ってしまう。

恨みや怒りでは冷静さをなくして、心から悼む時間が来ることを許してくれない。

 

モノローグがまるでない、あえて言うなら矢口のちょっとアジっぽい演説とパターソンの帰らない理由かな、というぐらいですが、それで人によって拾い上げたい部分がまるで変ってしまう、というのがまた面白い処ですね。

 

矢口の言動を聞いていると、おじいちゃんからWW2の話を色々聞いて育ったのかな、とちょっと思ってしまいました。

二二六、マリコ、あたりをどう聞いている設定になっているのか気になりますが、「怪獣映画」の枠の中で語れる範囲を出てしまうので裏設定としてはあっても表には出ないんだろうなぁ。

 

 

 

 

AD
こんな子と結婚したい! 「できる妻」の金銭感覚4つ
男性側が「この子と結婚したい!」と思っても、いざ結婚生活がはじまったときに金銭感覚がズレていると困り..........≪続きを読む≫



アメーバニュース見ていて、この記事を書いちゃう、うけ入れちゃう土壌ってなんなのかなって思った。

堅実なのはもちろん悪いことじゃありませんが。

それを要望する貴方はどうなのよ、という目線はないんだなぁ。

家計を管理してもらって自分は自由にお金を使える、という感覚ならそれって学生時代の母親ポジションが妻にスライドするだけ。

互いに発生する責任を果たせる相手っていう視点と微妙に違う。

ま、アメーバニュースだしね。

AD

若さって

テーマ:
最近、若い4・50代の女性が街中にも増えていて、

同じ女性としては、目に楽しいし、自分もああなりたいな、
と自然に思えるので、日々小奇麗にいきましょう、と姿勢を正す気になるこの頃。

ただ、それと同時に増えているのが服装『だけ』若くて、却って老けて見える女性…。

可愛いな、と思った服装、全体のシルエットであれ?と思い、
顔を見たら50代…。

大人可愛いというより、そのテイストは20代。
甘可愛系。

多分ブランドも若向けで、
生地の安っぽさや靴のつくりのラフさをカバーできるのは若さがあるうちだけなのだ、
と嫌な現実を目の当たりにしてしまいました。

いや、服のラインと身体のラインが合ってないのが原因だろうか?

ちょっと、自分の姿を厳しく見なければと思ってしまった朝…。
AD

パラグアイ戦

テーマ:
にわかファンです。

サッカー場といえば、西が丘。国立は何回かな?

そんなロートル世代。


なので、今回の日本代表の特徴なんか、よく知りませんでしたが、
1トップなのに中盤でねちっこくライン際に追い込んでいる本田を見た時、
MF?
と思ったらFWは本職じゃないと後日知りました。

あのねちっこさは足腰強くないと出来ないですよね。
小半径で、上半身逃げないで、回り込む。
見てて膝が痛くなりそうに。

長友も、粘り強くボールを追ってて。

最初のうち、パスが切れやすい印象があったけれど、
それでも延長含め0-0、
よく踏ん張ったと思う。

高校サッカー、実業団サッカーが好きだったのって、
諦めず走る続ける姿が好きだったから。
その気持ちを、思い出しました。
深夜枠でこんなポップなタイトルの映画をやるとは、思いませんでした。

見ちゃいましたよ、翌日仕事初日だと言うのに。

日本舞台、日本人キャストの韓国映画、と思ってみないと突っ込みどころ満載…です。
クァク・ジェヨン監督作品。
猟奇的な彼女とか、あのあたりの空気に共通するものがあります。

キャストが、未来から来たサイボーグが綾瀬はるか、彼女と出会う大学生が小出恵介、その学友が桐谷健太。

旬の若手を起用すると他作品とキャスト陣が似通うことは多いけれど、この3人はルーキーズやJIN-仁-でも共演していて、バランスがよい取り合わせなんでしょうか。
出番としては、かなりばらつきが有りますが。

韓国映画、もしくは30年ぐらい前の邦画の感覚で見ると違和感ないな…と思ったのが、まず台詞回し。
そして舞台設定。

見てないよ、ということを伝えようと一生懸命語るジローの長台詞が特に特徴的で、
韓国語の台本を日本語訳したな、と思わず感じる違和感。
間合いもやっぱり韓国ドラマチック。

ビルの屋上にプレハブ小屋、と言うのは築年数が古いビルには未だ見かけることがあるけれど、
それでもあまり多くない。
お尻に注射は、よっぽど小さい子供ぐらいだと思う。
車持ってないとモテないって、バブルならともかく、今時ありなの?

邦画としてみると違和感もあるし言葉足らずな感じもあるし、そこに引っかかって入り込むのが難しくなるんだけれども、
韓国映画という前提で見始めると、面白いです。

さびしい男の子には乱暴なぐらいの(強い)女の子が似合いなのかな。
どんな悲しみからも守って上げられるような強い女の子が。

かなりスラップスティックな始まりですが、底にあるのは純愛。

タイムパラドックスというSF最大(?)の命題を蹴散らかして、女の子の思いの強さ、男の子の一途さを描いた映画でした。
う~ん、こんな可愛い恋してみたかったかも。

僕の彼女はサイボーグ スペシャル・エディション [DVD]/綾瀬はるか,小出恵介,桐谷健太

¥6,090
Amazon.co.jp

美しい器

テーマ:
先週に続いて、JIN-仁-を見ました。

「器を見せて頂きたい」
の問いに対する答えに、

「けして大きい訳ではない しかし周りのものが守りたいと思う美しい器」(うろおぼえ)
と返す浜口様。
(世界の車窓から、ナレーションのFANです♪)

いい言葉です、美しい器。
味のある器、趣きのある器、どういう言葉であれ、一つきりでない物差しを持っているというのは懐の深さを窺わせて心が晴れるような気分。

初音が嵌める女郎ではなく夢を見させる女郎だった所も、
田之助がいやみったらしい様で意外と突っ込むと奥行きのあるキャラクターっぽい所も、
清々と見れた要因かもしれません。

ああいうのを見ると、昔やった「幕間」を書くという文芸部のお遊びをまたしてみたくなります。

恭之助の逡巡の表情や台詞回しでちょっと声のトーンが上がる、どこか幼さの余韻があるところが、
また面白みを加味してくれます。
家禄を継ぐにはまだ早い時期に父親を亡くして、
内側に幼さを残したまま「家長」として振舞う為の意地を被ってたんだろうな、的な。
最後の泣き顔が、少年期からの過渡期を思わせる泣き顔で、型通りな若侍にならないあたり、目を引きます。

JIN-仁-

テーマ:
久しぶりに連続ドラマを欠かさず見ています。

大沢たかお主演の、JIN-仁-。

医は仁術なり、と、恋人への純愛と、タイムパラドックスの捌き方への興味が湧き立ちます。
(脳腫瘍の手術が原因で植物状態になった恋人が未来で回復するように、
歴史を変える覚悟で医術の針を先に進めようとする…そんな風に愛されてみたいです。)

舞台がかなり整ってきて、わくわく度アップ。
楽しみの為にわざと原作には手をつけていません。

坂本竜馬がいよいよ歴史のうねりの中から姿を現してこようという時期、
自分の目的を見定めて動いている人間の強さと、
そんな人間に囲まれて、動きたいのに自分のできる「なにか」を上手く捕まえられずに
忸怩たる思いをしている人間の弱さの対比が浮かび上がってきて、
今のところ一人で「弱い」側である恭太郎の動向に注目。

ここで女郎に入れ揚げて現実から背を向けるのか。
それは逃げだとわかっている節の台詞回しがあるものの、演出の状態では今ひとつわからず。
それともなにか事件が起こって一皮剥けるから、どこか甘さが残る役作りなのか。

やはり、ドラマの中ではひときわ強い人間と、揺れる人間に目が行きます。

表現の難しさ

テーマ:
強く風が吹いている、

を見ての感想を先日書きましたが。

公式ブログや、公式サイトの記事へのコメント、連動企画のスレッドなど、
他の人の感想を目にする機会も多く、
なんとなく目に付いたのが、

「ハイジがあれだけゴール前や途中で立ち止まってシード確保できたのが不自然」

というもの。

それまでが、外的時間流で淡々と描いてきたのに対して、
最後の最後で尺の取り方が内的時間流に切り替わった印象があったので、
そこをどう捕らえたか…で感じ方が変わるんだろうな、というのがそれを読んでの感想。

映像で何が難しいかって、この「内的時間流の表現」だと、私は思っています。
本であるなら、読むスピードは人それぞれ違い、書き込みたいものの量によって、
同じ1分でも費やす文字数が違うのが当たり前。

映像で見ると、長く感じるか短く感じるかの個人差はあっても、1分は1分。

内側と外側の時間の流れを同期させない為に、カットイン、フラッシュバック、無音、モノローグ…
(これは下手に使うとせつめい台詞に頼ったつまらないものになりがち)
色々な手法で時間流を分断する訳ですが、
駅伝で走っている最中の緊張感を損なう危険もあり、表現に難しいところだったんだろうなぁ、と思います。
右足の不調を思わせるようなカットが有ればそのカットインとか、
(右足加重を避けがちとか、右側のストレッチの方が念入りとか)
方法は色々考えられるけれども、それはあの淡々とした空気が根性ものに摩り替わっていきかねない。
微妙に足をかばう走り方をして、最後の最後だけ止まってしまう、というのもありかもしれないけれど、
かばう走りというのも難しい。
そんな練習をしたら、本気で故障しかねない。

色々な選択肢の取捨選択の結果の映像であろうけれど、それは言葉で説明するものではない。

表現は、本当に「推す」か「敲く」かに迷うものの積み重ねだ、とそう思いました。
風が強く吹いている

10/31公開、三浦しをん原作の、駅伝映画です。

…というと個人的に語弊を感じてしまったり。

素材は箱根駅伝で、その素材に対して真っ向勝負をしている…
そういう意味ではとってもまじめに取り組んでいる駅伝映画。
キャストも合宿を組んだりして1000km走りこんだとか、
箱根のシーンのエキストラには、実際箱根に出た人たちが出演して、
なかなか抜かせてもらえなかったとか、
そんな裏話も聞き及び。
そして、それに納得してしまう10人走の揃いっぷりや、フォームがあり。

でも、なにより、「自分の中の情熱」に目覚めてしまった人たちの真摯さが眩しい。


自分を超える為、超えるための仲間を得るために、
周到に準備していたハイジ。
けれど、それは利用する、という計算高さとは違う、
多分、多分人に惚れたからこそ一緒にやりたいというような、情熱。
無償の愛を持った男、と書かれている記事もあったけれど、
私には自分のエゴを覚悟を持って押し通す、勁い信念をもった男、
自分の目指すものに巻き込まれてもらう為に、誠心誠意相手に尽くした、そんな風に見えた。

だから、つきあわせてすまなかったと、そんな言葉が王子のスタート前に出てきた。
(とんでもなく人たらしな、鈍感な男だと思う。)


その直向さを感じ取って、ハイジとなら、と、
普通に考えてとんでもないことなのに、さらりと巻き込まれていくアオタケの住人たち。
自分が見つけた「なにか」ではないけれど、自分にとって大切な「誰か」の為なら、
人はこんなに真っ直ぐに、取り組むことができる。そんな熱さ。


人に惹かれ、人と共有する高揚感、
孤独と孤立は違う、仲間がいるからこそ一人で思う存分力を振り絞ることができる。
アオタケで、一人きりで走ることから自分を解放していくカケル。

走ることに憑かれた男二人が出会ったことで回り始める物語。


それが必然であるなら、必然であるために、努力してきたことがあればこそ。


「走ることは、生きること。」


自分とは分かちがたい、何ものにも置き換えが利かない、なにか。
それを見つけた時、人は、こうなるんだ。
そしてそれは、人を動かす。


…そんなことを思いながら見てきました。

人生に、拗ねてる時間なんて、ない。




※   ※   ※

余談ですが。

告知ポスターの、10人が横並びに走っている写真。
全員に焦点が合っているので、
別撮りして合成しているのは間違いないと思いますが、
これはもうひとつのメッセージにもなっているように思います。

この映画はハイジとカケルの出会いをきっかけに、
二人を中心に、話が表層で動き出しますが。
一人一人が、
人生の中心、
フォーカスされる存在である。
そんなメッセージ。




新宿タイニィアリス

テーマ:
゜・+。..・ caelum et terram ..。o+゜-20091031144506.jpg


新宿 タイニィアリスにて、劇観賞。

客席と舞台との高さがフラットで、距離感近い。
前から2列目、座席は座イスで、うっかりショートブーツでどう座ろうか悩んだ末、胡坐。
当日ワンピースでしたが、楽が一番。
さすがに結跏趺坐って訳にはいきませんから、ブーツでは。

タイトルは

「八つ当たりにちょうどいい顔」。