☆東北大学相撲部奮闘記☆

元横綱審議委員で脚本家の内館牧子さんを総監督に迎える、東北大学学友会相撲部、部員の綴る稽古や大会の記録です。

■部員募集中■

東北大学学友会相撲部は常時部員募集中です。
新歓用メールアドレスはtohoku.sumo.shinkan@gmail.com
http://www.geocities.jp/dongbei_sumoclub/
より相撲部の詳細をご覧いただけます。


■稽古■

現在の稽古は以下の通りです。
水曜日、金曜日は18:00開始
日曜日は10:00開始
(現役部員の都合で変更になる場合があります)

学生で見学・参加を希望の際は直接相撲場にいらしてください。
(あるいは上記HP内メールにてお問い合わせください)
社会人の方は、上記HP内メールに一度お問い合わせください。


■2016年度参加予定の大会■

全国国公立大学対抗相撲大会(5月29日):防衛大学校
東日本学生相撲選手権大会(6月5日):両国国技館
東日本学生相撲個人体重別選手権大会(7月24日):靖国神社相撲場
全国七大学総合体育大会(8月28日):川崎市富士見相撲場
東日本学生相撲リーグ戦(9月24~25日):靖国神社相撲場
全国学生相撲選手権大会(11月5~6日):両国国技館


28年度の大会は全て無事終了しました。
応援ありがとうございました。



テーマ:



むかしむかし、東北大学相撲部創設当初、土俵のない我々は青空のもと、キャンパスの草原(くさはら)で四股を踏んでいたそうな




今日はあまりにもいい天気、反して我々の心は晴れやかではなかった



マネージャーがチョコをくれなかった
というか今日の部活に来なかった
金曜にもくれるといってたのに、いってたのに……




しかし我々は相撲部員
握りしめかけた拳も平手に脇をしめ、稽古を行わねばならない




かつてある人は書いた
「文明は不可逆だが、文化は遡るほど深化する」
黙々と外で四股を踏み、立ち木にかましていたあの頃の精神をいまこそ呼び戻すときではなかろうか




(……だんだん何を言ってるかわかんなくなってきた、この深夜のノリやめていいですかね、……ええ……はい……すいません、ネタもそろそろ尽きて……はあ……いや、それはまた今度で……はい、ありがとうございます……いや、そっちもまたの機会に……)




というわけで川内キャンパスは絶賛春休み、誰に憚ることもなく、陽射しを浴びました





四股を黙々と100回……いや、嘘です
数数えるために声を出してました、
「川内に知り合いいないからいいや」というH先輩の切ない呟きをかき消すように、大きな声で
いち……にー……さん…………ひゃく!
途中からキャンパスに響き渡る音が楽しくて、声量が増していきました。ちょいちょい人が通るのも恥ずかしさより「見せつけてやろう」とむしろ快感(?)で、脚をふりあげ、地面を踏みつけていました




一仕事終えて、再び日陰へ
さあ、次はすりあしだ



そうそう、マークスもいよいよ、自分のまわしを作りました。




キャプテン大藤の押しを受け止めんとするマークス
「ぶつかられて痛いか」と彼に聞くと
「全然、どんどん来いや」といわんばかりの身振りと表情
あの気概を見習いたい

稽古に参加したのは
萩本さん大藤千葉マークス
途中から春原も加わりました

稽古自体はけが人が多く、ほぼ大藤とマークスの一騎討ちの様相を呈した今回の稽古です。日曜の追いコンに向けて、コンディションを整えていきたいものです。

春原も着々と土俵上でのリハビリを行っています、土俵が空かないよう気にかける姿勢は実によいです


今回の教訓、
鬱々としてきたら
とりあえず「ファイト!」とか「いいぞいいぞ」といっていると自分で盛り上がってくる
だからどんどん声を出して稽古するのがよい

以上

千葉


私信
先場所の千秋楽は見ておらず、話に聞いて驚愕して、
翌日に電気屋の大画面テレビで五時のニュースで目にし、横綱誕生に感じ入りました。あの取り組みについて、仙台に来ていた親父の解説を聞いたときすごくおもしろかったので、大藤もまわりの大人に聞いてみるといい

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。