キュレーション(curation)は本来、
「情報などを集め、整理し、新しい視点から価値を加えて、
その情報を他者と共有する」といった意味。

今、キュレーションを利用して大量のアクセスを呼び込もうと
大企業が動いています。

インターネットの黎明期にはリンク集は手作業で作られていた。
検索サイトも人間が登録していた。

その後、巡回ロボットが世界中のウェブページ情報を
自動収集するようになり、検索エンジン全盛の時代になった。

現在では、ウェブページのほかにブログ、SNS、ツイッターなどが普及し、
インターネット上の情報が増大していった。

そのため検索した結果から、さらに情報を精査する作業が必要になり、
特定のテーマに関心を持った人が、インターネット上から集めた情報を
整理して無駄な情報を削除し、それを公開できるサービスが登場した。

そして現在は、この作業をキュレーションといっている。

情報の取捨選択や並べ方に選者の個性が出るので、
キュレーションもひとつの表現と考えられるようになった。

テーマは、趣味や時事ニュースなど何でもいい。

たとえば、大きな事故や事件があったとき、
自分であっちこっちのサイトを見比べなくても、

主要なニュースサイトや個人ブログから集めた関連情報が
一覧に整理されているので非常に便利になった。

でも、そこはインターネットの世界。
かなり偏った趣味の話題がテーマになったり、
その情報が必ずしも正しいとは限らない。

自己責任において情報を利用するのは、
従来のウェブサービスと同じです。

CREBIQ




キュレーションサイトの実例

お肌と地球に優しい!ジョンマスターオーガニックの
おすすめ商品10選


AD