ART LIFE

Painter DonateraのArt life


テーマ:
〈個展始まります〉

NY,BrooklynにあるOuchi Galleryにて、
8/31〜9/4展示を行います。

正直、海外で展示をしたってまだまだ劇的に変わる訳では無いと思います。
相変わらず絵だけでは食べていけないし、髪の色が変わる訳でもないし、
空が飛べる訳でもない。
海外で展示なんてこっそり夢みていたけど、ゴールではない。
やっと、スタートライン!
ただ今後、Donateraをどう成長させて、皆さんに楽しんで頂けるか、自分の世界とは何か、深く深く見つける旅。
そしてArtの街NYで溢れるエネルギーを感じ、
悔しかったり、嬉しかったり、きっと何かを持ち帰る事が出来るはず。

まだまだ勉強不足な私ですが、沢山の方の協力を得て、一つ一つ経験を積んでいます。
皆さんのワクワクも一緒に背負っている気分です。
精一杯楽しんで来ようと思います!


そして、今回の個展は、得意な人物画と風景画を混ぜた「ある世界」を創る事にしました。

-------------------

Donatera Solo Exhibition

【Naked wild flowers】

「ワイルドフラワー」とは、
人の手が入っていないやせ地や放植でも、美しい花を咲かせることが出来る、草花の総称である。

今回の展示は、その多様性を"彼女たち"に重ね、一つのガーデンのような空間を目指した。

彼女たちは、モデルのようなポーズはとらない。
常に自然体であり、自分の肌で感じられる物だけを信じている。
時折降る冷たい雨を体へ吸収するように、瑞々しく、呼吸を繰り返している。
時には頬を撫でる心地よい風に、身を任せている。

彼女たちは、様々な映画のほんの一秒に満たないシーンを切り取って、
髪型や肌の色、時に性別を描き変えながら、新しい人物へと産まれ変わってきた。
筆を一つ一つ重ねて行くうちに、
人物がうちに秘める孤独感や、雄勁さが現れてきた。
それは私自身の分身であるようで、または鑑賞者が自らに思いを重ねられるような距離感がある。
絵の中の彼女たちは、ある一つの世界で出会い、繋がり、
関係を持っているかにようにも見えるが、それは彼女たちにしか分からない。

私たちはただキャンバスを目にしているのではなく、四角い窓のような物を覗いているのかもしれない。
ワイルドな自然の中で、伸び伸びと逞しく生きている"彼女たち"に、
是非思いを重ねてみてほしい。

私が表したいのは、偶然のタッチから生まれる、飾らない剥き出しの感情なのである。


〈Opening reception〉
Thursday  8/30,
7:00 pm-10:00 pm

〈Exhibition〉
Wednesday,8/31-
Sunday,9/4
12:00pm-6:00pm


{5AB4078C-B90B-4868-9192-08EE2D2C563D}

{631EF6C7-A048-411B-9967-31B42B0054FD}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ご報告が遅れてしまいましたが この度、エイ出版社様 大和ハウス工業発行の会報紙『PREMIST』のvol.28に、インタビューを掲載して頂きました。

自分の作るものの世界を言葉で表現する「インタビュー」というのは、苦手意識がありました。
そんなこともあり、一度お断りしたにも関わらず ご丁寧に対応して頂き、記事に起こし発刊まで導いて下さったご担当者様、関係者様にとても感謝し、
今回の事を光栄に思います。

幼少期から活動のきっかけ、影響を受けた人、今の技法や制作スタイルの確立に至るまで(というには私はまだ未熟ですが)アーティストはそれぞれの道があります。
地味でも、劇的でなくても、寄り道しても、膝をついても、足跡は残ります。
振り返った時、それこそが 前を向いて進む力になる事があるのです。
説明の下手な私ですが、辛抱強く、質問を重ね、内容を汲み取って
辿って下さったライターの大森様、本当に有難う御座いました!
少し恥ずかしいですが、美しい文章にまとめて頂けたので、読んで頂けたら嬉しいです。

インタビュー前に、年表やあらゆる質問に対してまとめておいた事も、
自分にとって 過去を振り返って整理できたり、今後の展望などが見えてきて、とても良い経験となりました。
何処かで迷った時は、この記事を見返して、進もうと思います。

頑張るぞー!

因みに、前回のインタビューアーティストは黒田 潔さんでいらっしゃいました。(当初私で良かったのか驚いてしまいました)

撮影場所に協力して下さった
池袋カーリースクラムさん、有難う御座いました(^-^)
http://www.karlyscrum-kitchen.com/
搬入、搬出協力、掲載写真提供 hiderino いつも有難う!

{FA2F81DA-7343-4169-AADB-2CF2CDC34B2F}

{6A7700CD-148C-4019-82D1-7FDC3216EF12}

{7B15FAD7-01C5-4C1A-82FC-D2992FAF0FC2}

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

この度NYブルックリンの「Ouchi Gallery」にて、
グループ展が始まりました。
期間は4/21~4/24です。



{610454C3-D34E-4EE2-AD04-406F737D4793:01}


{DF2B7542-B7FB-48FE-A738-6AB1DC754B97:01}



海外での活動を目指すアーティストに向け、始動するプロジェクト
Japanese Contemporary Artists Team in NY
通称「JCAT」に参加しています。
今回は、このチームの内5名によるグループ展です。

「学校では教えてくれないアーティストのなり方」著者である
いたみありさ さんが運営されているギャラリーです。


私の作品は5点ほど。
ZINE「Dramatic」でも使った
人物画を外に持ち出して、居場所を探し撮影したシリーズをプリントアウトし
アクリルフレームに入れた作品展示も試みています。
一緒に原画キャンバスもあるので、世界観の奥行きを出しつつ、ディテールも楽しんで貰えると嬉しいです。


夏にはこちらで個展も開催予定です🎨

・KAJITA MIKI
・SATOMI TERAO
・IBUKI KURAMOCHI
・ORINOTAWASHI
・DONATERA

EXHIBITION
Thursday  4/21-
Sunday, 4/24
12:00pm-6:00pm

close on wednesday
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この度、映画監督で演出家の中井庸友さん率いる劇団江戸間十畳の
『セントラルパーク ウエスト』
『オールド セイブルック』の舞台にて、
作品を(たくさん!)使って頂く事になりました!

美術監督はhiderinoが担当しています。
キャスティングして頂き、本当に有難う御座います。


  



今回は、ウディ・アレン戯曲の二本同時期公演という事ですが
どちらか片方だけ見ていただいてもOKなようです。
こんな形でウディ・アレンの作品に関われて幸せです。

私はあえて、シナリオを読んでいません。
キーワードは「男女、浮気、不倫」など最近世間を騒がすテーマが伺えます。
どのように、コミカルに?シリアスに?展開していくのでしょうか。
artと、演劇、どんな風に絡み合い、表現されてゆくのでしょうか?

江戸間十畳の作品は、かねてから拝見させて頂いていて、
毎回、演者さんの迫力の演技に魅入られ、時にはタイムスリップまでしてしまうのです。
そして、余韻が残り、観劇後の感想や考察をしている時、
目に見えない味わい深い大きなものを、持ち帰っているのです。

切っても切れない、男と女の関係。
まさかの展開を、劇場まで観に来て下さいね!

公演期間は、4/20~25まで!
※予約受付中。二本共通チケットも御座います。
http://hiderino.jp/works/edo-ju-06/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1/30~31に行なったLive Exhibition
「月夜の森に~moon forest~」

{2460F590-3F0A-4FA4-BC84-5143C6777A80:01}



無事終了いたしました!

今回の企画は、分野の違う9人が集まりチームとなって一つの世界観を作り上げる形式でした。
来場したお客さんも含め、交流ができて、新しい星座が生まれるように人と人との繋がりのきっかけになる事、自分自身の再発見がテーマでした。


私は展示とライブペイントをし、
後ろにはhiderinoが作った映像が流れ、
Jazzの演奏と共に話が進んでいく…
女神に扮したジャズシンガーの如来那さんが歌い、
二回席には森をイメージした羊毛アーティストreikomonoによるインスタレーション空間。
森から夜空を覗いているような景色になります。
まきちゃんの作ったフードスケープは、水金地火木土天海冥を模した食べれる宇宙!

なかなか要素の多いイベントで、みんながみんな始めての体験だったので、きっとオーガナイザーのみさきちゃんはまとめるのが大変だったと思います。
最後まで内容を詰めた事と、それぞれが担当分野の制作、演出に拘った事で、
お客様からは再演希望のお声があったり、公演中感動して泣いて下さった方も居ました。
それだけでやって良かった、皆様から頂いて返ってくるものがあるなぁと、有難く思います。

絵を描く時はいつだって1人でしたが、一つの空間をチームで表現し、みんなが輝いている姿を見ながら
その場のお客さんを交え共有できるのは、なんて素晴らしいのだろうと思いました。


そしてチャレンジをする事で、成長に繋がりました。
また是非、新たな
物語をみんなで作りたい!

Live映像は、近日公開予定。
後ほどUpします。


{450E68C9-DDCF-4A00-A498-65E8870C321B:01}

{7117C2BD-9F27-4AD5-B7C8-C9BB72C8A25F:01}

{708BDF5F-D369-4423-8D5E-E7605BDB2FC7:01}

{71A7D8D6-D83C-43FB-8AE4-7A4E300B40C4:01}

{41C811EB-936C-4795-8F11-72766EE4347D:01}

{49B44E1E-8FA2-4EEC-A829-367AE915C0B8:01}

{53C6A622-1872-4C91-AD87-1AE894F84AC2:01}

{3EBF08FC-EF58-4D61-BC61-F7AE0808EDDC:01}

{126924CB-88BE-4A37-805B-51502D3B5EB1:01}

{02C31486-BADC-4459-9F76-7CEE6168AB85:01}

{823926C6-C06C-44F0-B5A1-DB35C9552ED4:01}

{3A404092-A98B-47C0-A217-3E89F00711F0:01}

{84D77D81-FE07-4DCE-BD17-EF2C71423117:01}

{9F5BED43-9463-4DF7-995B-491693FB17A3:01}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。