籠池氏、ごみの一部がそもそもなかったとするメールを公開

 学校法人「森友学園」をめぐる問題で新たな展開です。前理事長の籠池泰典氏が、国有地が値引きされる根拠となった地中のごみの一部がそもそも存在しなかったとするメールのやりとりを公開しました。

 「今回皆さんに提出するのは、その当時のメールのコピーです」(森友学園 籠池泰典前理事長)

 

 籠池氏は16日、また新たな資料を公開しました。国有地の取得をめぐり、小学校の設計業者と籠池氏の顧問弁護士らが交わしたメールです。

 

 「私にとってもこのメールは驚きです。真実が明らかになることを期待します」(森友学園 籠池泰典前理事長)

 

 森友学園に対する国有地売却をめぐっては、少なくとも地下3.8メートルまでゴミがあるという前提で、その撤去費用として8億1900万円を値引きしたと説明されてきました。ところが、このメールには、地下3メートルより下には「そもそもゴミが存在しなかった」ということが記されているのです。

 「添付にボーリング調査の資料をつけております。約3m以深には、廃棄物がないことを証明しております」(設計業者)

 

 16日、森友学園の籠池前理事長が新たに公開したメールのやりとり。およそ8億円の値引きの根拠とされていた地中のごみの一部が、そもそも存在しなかったということを示しています。

 

 Q.3メートルより深い所にごみがないのになぜ8億円も値引きされた?

 「それは分かりません」(森友学園 籠池泰典前理事長)

 

 Q.これまでの国会答弁が全て覆る?

 「おっしゃるとおりですね」(森友学園 籠池泰典前理事長)

 

 また、財務省側から籠池氏側に送られたとされるメールには、こんな文言がありました。

 

 「瑞穂の國記念小学校開校に向けご協力いただきありがとうございます」(財務省の担当者)

 

 Q.国を代表してよろしくお願いしますと言っている?

 「そのように受け取れますね」(森友学園 籠池泰典前理事長)

 

 Q.なぜこうなった?いつごろからこうなった?

 

 「安倍昭恵夫人が私どもの小学校の名誉校長になられた後。ご意向がここまで伝わったかという感じ」(森友学園 籠池泰典前理事長)

 

 財務省は今回のメールについて、「資料を確認していないので現時点では回答できない」としています。

 

 民進党は、このメールのやりとりが事実だとすれば、財務省が地下のゴミの存在を詳しく確認しないまま、8億円もの値引きに応じたことになるとして、引き続きこの問題を追及していく方針です。

 

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3054680.htm

 

 

 

 

 

 

 

安倍晋三首相、りそな銀行に森友学園支援を要請か!?疑惑の会食写真が話題に!校舎の建築費21億円はりそな融資

森友学園の国有地買収騒動で新たな疑惑が浮上しています。森友学園は学校の校舎建設費用として莫大な金額を使っていますが、この費用はりそな銀行の融資だった事が分かりました。
りそな銀行と森友学園は業務提携を行っており、公式ホームページ上にも記載されています。

興味深いのは疑惑の行動が集中している2015年9月で、4日夕方に安倍首相は大阪で冬柴大(ふゆしばひろし)氏の料理店「かき鉄」で会食していました。冬柴大氏は過去にりそな銀行高槻支店次長だった人物で、その会食後に21億円の融資が決定されたという情報が浮上しています。

しかも、安倍昭恵夫人の名誉校長就任は会食の翌日となっている事を考えると、ここで学校の建設が確定的になったと見ることが出来るでしょう。
9月4日前にも安倍首相は理財局の担当者らと会談をしているわけで、2015年9月に森友学園を巡る重要な決定が行われた可能性が非常に高いです。


森友学園 塚本幼稚園
http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/

s_ice_screenshot_20170302-191402.jpeg

 

なるほどね。
安倍は2015年9月4日、午後4時7分に、冬柴大(公明党・故冬柴鉄三元国土交通相の次男)経営の大阪市北区の海鮮料理店「かき鉄」で食事。
冬柴大は、元りそな銀行高槻支店次長。
りそな銀行は森友学園と提携、建設費用の21億円を融資。

これで安倍は詰んだな。#森友学園 pic.twitter.com/H6nWLyCCDG

— VOTE for DEMOCRACY (@supportV4D) 2017年2月28日

AD