成田マサさん情報をありがとうございました。

100万円は官房機密費<本澤二郎の「日本の風景」(2552)

<また墓穴を掘った心臓>
 久しぶりに自民党本部や首相官邸に詳しい人物に電話してみた。昨日3月21日午後のことである。彼は中野四郎や福田赳夫の秘書経験もある。総選挙に出馬したこともある。イカサマ横行する中で、彼こそ本物の政治評論家と言ってもいいくらいだ。彼は大阪・豊中事件の安倍からの100万円を「官房機密費」と断定した。筆者もまったく同意できる政治分析である。
 

<心臓も慎太郎もケチで有名>
 永田町の事情に通じている中原氏は、森友事件について「安倍は石原同様にケチで有名。領収書の必要なポケットマネーを使うわけがない。領収書不要の官房機密費を使っている」と決めつけた。
 目から鱗とは、彼のこの指摘であろう。偽証で籠池を獄門にさらすという、日本会議・官邸・党本部の策略を見抜いていた。「遠慮なく書くべきだ」と訴えてきた。全く同意できるものだから、いま急ぎ記事にしている。
 官邸のゴマカシを見抜ける新聞記者は少ない。いわんや、お笑いタレントのような評論家には無理である。官房機密費を懐にいれている評論家の類は、このことを知っているが、口にすると、火の粉が自分に降りかかってくるので、口が裂けても口外できない。
<官邸・自民党本部を知るプロの断定>
 官房機密費は血税である。血税を私的な分野に使用すれば、これは公金横領罪である。罪は重い。なぜ、こんな大胆な職権乱用を行使したものか。
 背景には3分の2の議席がある。3分の2で、野党やマスコミを蹴散らすことが出来る、との独裁の論理がまかり通っているせいだろう。3分の2を提供した公明党創価学会の、かくかくたる戦果といっていい。共謀罪強行にのめり込んだ公明党創価学会は、以前の平和福祉の政党ではない。大阪の維新レベルに相当しようか。

 政治のプロは、心臓・日本会議の野望を簡単に見抜くことが出来る。正義に目覚めた元自民党本部職員は、幹事長・二階の手口も簡単に見破れる知恵と能力がある。
<菅も関与しているとも指摘>
 政治に無関心な市民はわからない。官邸の金庫のことである。以前から金庫の管理人は官房長官と決まっている。官房長官は、この金庫を悪用して自己の売り込みに使う。すぐに子分が増える。
 この金庫は、首相の鶴の一声で、大きく扉が開く。官邸に呼び込んだ人物に、帰りがけに「官房長官室に寄って」といえば、大金が渡される仕組みになっている。国民の代表である自民党と公明党が、総理大臣を指名すると、金庫は心臓首相の意のままになる。
 まず金庫が空になることはない。いつも100万円とか200万円、500万円の束が、金庫にたくさん眠っている。この中身は、首相・官房長官とここに血税をもち込む役人は知っている。

 「菅も籠池事件に関与している。首相と一体である。夫人はいうなれば、運び屋となって、同行した役人にも、ここから手当てが出ているはずだ」とも彼は解説した。
 納得できる中原氏の指摘である。

<安倍夫人同行の役人にも手当が>
 首相夫人として、あたかも公人のように暴れる中年女は、戦後の日本では初めてのことである。
 古来、政治指導者は「修身斉家」を基としてきた。身を修めていない欠陥人間は、家庭さえもまとめることが出来ない。そんな欠陥人間が権力を手にすると、あらぬことに手を出す。夫人も負けじと暴走するものだ。
 そんな時、目の前に官房機密費が眠っていることに気付く。最初は遠慮がちに手を出していたが、そのうちに大胆になる。アキエの暴走は、そうした印象さえ与えがちだ。役人の手当も、そうして膨らんでいく。同行役人は甘い汁に大満足である?大馬鹿な官邸記者は、それさえもヨイショするため、夫妻の暴走は止まらない。

 新聞テレビは時間があったら、同行役人の本心を聞いてみるといい。今回、彼女の口利きは、この5年間で相当な数に上っているようだ。夫妻そろって官房機密費に手を出している可能性が高い。韓国のような検察が日本にないのが悔しい。
<野党・メディアは官房機密費を徹底して洗え>
 安倍スキャンダルは、靖国神社参拝首相として、原始宗教レベルの神道信仰に起因している。戦前の国家神道である。日本会議は、神道信仰者が中心となった右翼結社である。中枢を谷口雅春信者が握っている。「日本は天皇中心の神の国」と信じる狂信的な極右勢力でもある。そこでは教育勅語と大日本帝国憲法が軸となっている。ここに問題がある。

 教育勅語を教える神道小学校建設に突っ走る日本会議の籠池に、日本会議の心臓夫妻もぞっこんほれ込んでしまったらしい。講演を約束するが、自民党総裁選で困難だと分かると、夫人を行かせた。
 役人も同行させ、官房機密費も持たせて、その秘事を籠池が、窮鼠猫を噛むように暴露して、心臓官邸は万事休すだ。明日は籠池喚問である。
野党・メディアは徹底して官房機密費を洗うべきである。国政調査権をフルに活用すべきだ。

 心臓はいち早くワシントンを訪問、トランプと握手しておいて、今回の欧州訪問では、トランプの保護主義反対連合に汗をかいて、本日帰国する。トランプの胸中はいかばかりか。心臓を信用する世界の指導者は、どこにもいない。韓国の検察は、前大統領を朝から深夜まで取り調べを行った。世界のリーダーたちは、いまピンチに立たされている。
2017年3月22日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52169947.html

 

籠池氏「首相夫人から百万円」、政府側は否定

学校法人「森友学園」(大阪市)に国有地が鑑定評価額を大幅に下回る価格で売却された問題で、参院予算委員会は23日午前、学園の理事長退任を表明した籠池かごいけ泰典氏の証人喚問を行った。

 籠池氏は改めて「安倍昭恵首相夫人から100万円の寄付を受けた」と主張した。政府側は即座に否定した。籠池氏は国有地払い下げで「政治的関与があったのだろう」と述べたが、値引きの根拠などについては「近畿財務局などに聞いてほしい」と述べ、他の関係者への調査を求めた。

 籠池氏は寄付について、2015年9月に学園の招きで昭恵氏が講演に来た際、「『安倍晋三(首相)からです』と言って寄付金として100万円くださった。鮮明に覚えています」と主張した。山本一太委員長(自民)が「首相官邸の説明と食い違う」として詳細な経緯説明を求め、籠池氏は「講演会の前、園長室で封筒をかばんから出された。秘書らが同席していたが人払いし、2人だった」と述べた。質問に立った西田昌司氏(同)は、「2人だけだと事実かどうかは証明できない」と指摘した。

 籠池氏はまた、昭恵氏に「10万円の講演料を用意し、お菓子の袋に入れてお持ち帰りいただいた」とも述べた。首相側は講演料の受領を否定している。

 籠池氏は15年5月に近畿財務局と結んだ国有地の定期借地契約をより有利な内容にしようと、同年10月に昭恵氏に直接電話したことを明らかにし、「後日、(昭恵氏をサポートする政府職員から)ファクスで『現状では希望に沿えない』との言葉をいただいた」と述べた。問題発覚後、昭恵氏から「口止めとも取れるメールが届いた」とも語った。

 売却価格が鑑定評価額から8億円余り下がったことについて籠池氏は「想定外の大幅な値下げにちょっとビックリした」と述べた。また、鴻池祥肇・元防災相以外に働きかけをした議員として自民党の柳本卓治参院議員、北川イッセイ前参院議員、日本維新の会の東徹参院議員を挙げた。北川氏は読売新聞の取材に、籠池氏からの依頼を否定した。

 学園は小学校建設で金額が異なる3種類の契約書を国土交通省などに提出した。籠池氏は「設計士の助言に従った。自分の至らなさを認め、謝りたい」と陳謝した。詳細については「刑事訴追を受ける可能性がある」として回答を拒否した。

 籠池氏の発言に関し、菅官房長官は23日午前の記者会見で、「首相は自分で寄付をしていない。昭恵夫人に確認したところ、領収書などの記録もなく、夫人個人としても寄付は行っていない」と述べた。口止めのメールも「承知している限り全くない」と述べた。

 証人喚問は午後には衆院予算委員会でも約2時間行われる。

 

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170323-OYT1T50041.html

 
森友学園問題…籠池氏の証人喚問
森友学園問題…籠池氏の証人喚問
森友学園問題…籠池氏の証人喚問
AD

コメント(3)