情報発表時刻2016年4月1日 11時43分
発生時刻2016年4月1日 11時39分ごろ
震源地三重県南東沖
緯度北緯33.4度
経度東経136.4度
深さ10km
マグニチュード6.1
情報この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません。この地震について、緊急地震速報を発表しています。

 

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20160401113917.html

2016年 3月 18日
国立研究開発法人海洋研究開発機構

 

地球深部探査船「ちきゅう」による
国際深海科学掘削計画(IODP)第365次研究航海
「南海トラフ地震発生帯掘削計画」の実施について

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦)は、国際深海科学掘削計画(※1 IODP: International Ocean Discovery Program)の一環として、平成28年3月26日から平成28年4月27日までの間、地球深部探査船「ちきゅう」による第365次研究航海「南海トラフ地震発生帯掘削計画」を実施致します。

·期間:
平成28年3月26日~平成28年4月27日
なお、気象条件や調査の進捗状況によって変更の場合があります。
·海域:
紀伊半島沖熊野灘(別紙 図1参照)
·概要:
別紙参照

※1国際深海科学掘削計画(IODP: International Ocean Discovery Program)

平成25年(2013年)10月から開始された多国間科 学研究協力プロジェクト。日本(地球深部探査船「ちきゅう」)、アメリカ(ジョイデス・レゾリューション号)、ヨーロッパ(特定任務掘削船)がそれぞれ提 供する掘削船を用いて深海底を掘削することにより、地球環境変動、地球内部構造、地殻内生命圏等の解明を目的とした研究を行う。

別紙

「南海トラフ地震発生帯掘削計画」
及び国際深海科学掘削計画(IODP)第365次研究航海について

1.「南海トラフ地震発生帯掘削計画」の目的

「南海トラフ地震発生帯掘削計画」は、巨大地震や津波の発生源とされるプレート境界断層や巨大分岐断層を掘削し、地質試料を採取するとともに、掘削孔を用 いて岩石物性の計測(検層)及び地殻変動の観測(モニタリング)を実施することにより、断層の非地震性滑りと地震性滑りを決定づける条件や南海トラフにお ける地震・津波発生メカニズムを解明することを目的としています。

2.「南海トラフ地震発生帯掘削計画」の全体概要

本計画は、全体として以下の4段階(ステージ)に分けて実施し、紀伊半島沖熊野灘において南海トラフに直交する方向に沿って複数地点を掘削する計画です。(図2参照)

ステージ1(平成19年度の第314、315、316次航海):終了

巨大分岐断層やプレート境界断層の浅部などで掘削を実施しました。地層の分布や変形構造、応力状態など、過去の地震時に動いたと考えられる断層の特徴を把握しました。

ステージ2(平成21年度の第319、322次航海、平成22年度の第332、333次航海及び本研究航海)

地震発生帯の直上浅部の地層、及びプレート運動により将来地震発生帯に持ち込まれる海底堆積物を掘削し、その地質学的特徴の把握や地層温度の計測を行いました。また、掘削孔内に長期孔内観測システム(LTBMS:図3参照、以下「LTBMS」)を設置し、地殻変動の観測を継続しています。このLTBMSは平成25年1月に実施された海洋調査船「かいよう」での調査航海により、地震・津波観測監視システム(※2、以下「DONET」)に接続されました。本研究航海では、平成22年度に実施した第332次航海で設置された簡易型孔内観測装置(Genius Plug:図4参照、以下「Genius Plug」)を回収し、新たにLTBMSを再設置します。

ステージ3(平成22年度の第326次航海、平成24年度の第338次航海及び第348次航海)

地震発生帯を目指した超深度掘削を実施中です。巨大地震を繰り返し起こしていると考えられる断層の地質試料を採取・分析することによって、地震発生現場の地質学的特徴を把握します。

ステージ4

地震断層やその周辺の地殻の微小な変動を長期的に観測するため、超深度掘削孔にLTBMSを設置します。将来的には、DONETと接続し、地震発生現場からリアルタイムでデータを取得する予定です。

3. 第365次研究航海の掘削作業概要

C0010A孔(図12参照)において、平成22年度の第332次航海で設置したGenius Plugを回収し、孔井を現状の555mから656mまで掘り増しした後(101m掘進)、LTBMSを設置します。

今回LTBMSを設置し、地殻内流体の圧力・温度変化や傾動を計測することにより、津波発生とも関連する巨大分岐断層近傍での詳細な地殻変動を捉えるとと もに、歪みエネルギーの蓄積状態や地震活動の観測も行うことが可能となります。本航海により設置するLTBMSは、将来的にはDONETと接続し、リアル タイムで孔内観測データを提供する予定です。

4. 第365次研究航海研究チーム

共同首席研究者(以下2名)

 Saffer, Demian (米 ペンシルベニア州立大学 教授)

 Kopf, Achim (独 ブレーメン大学 教授)

日本側研究者(以下5名)

氏名所属・役職
荒木 英一郎海洋研究開発機構 グループリーダー代理
町田 祐弥海洋研究開発機構 技術研究員
小林 励司鹿児島大学 准教授
木村 俊則海洋研究開発機構 技術研究員
木下 千裕京都大学 防災研究所付属地震予知研究センター
大学院生

及びIODP参加国から選考された3名の合計10名(2ヵ国)の研究者が乗船。

※2 地震・津波観測監視システム(DONET: Dense Oceanfloor Network system for Earthquakes and Tsunamis)

東南海地震を対象としたリアルタイム観測システムの構築及び地震発生予測モデルの高度化等を目指し、東南海地震の想定震源域にある紀伊半島沖熊野灘に設置 した海底ネットワーク観測システム。従来の観測システムではなし得なかった深海底における多点同時、リアルタイム観測の実現を目的としており、一部の各観 測装置からのリアルタイムデータは、平成23年3月より、気象庁及び防災科学技術研究所に送られている(全観測点からの送信は平成23年8月より開始)。

図1

図1 調査海域
和歌山県新宮市から南東約85kmの海域(北緯33度13分 東経136度41分)

図2

図2 掘削予定地点
C0001~C0012はこれまで「南海トラフ地震発生帯掘削計画」で掘削した地点であり、今回はC0010地点で掘削作業ならびに、長期孔内観測システム(LTBMS)の設置作業を行う。

図3

図3 長期孔内観測システム(LTBMS)概念図

図4

図4 簡易型孔内観測装置(GeniusPlug)概念図

 

http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20160318_2/

 

「ちきゅう」が、掘った位置と、 4/1三重県南東沖地震の震源地が、ほぼ一致

本日(2016/04/01 11:39:06)の三重県南東沖地震地震発生地点は下図の楕円内
→北緯33.3 、東経136.4 ~ 136.5 深さ10km

そして
地球深部探査船「ちきゅう」は、その楕円内で以前に海底掘削を行っていた。
→地動センサシステム設置という目的で海底掘削をしている。


各観測点(地動センサシステム設置場所)は赤の点で表示されている。
そして
赤い点が今日4/1の地震震源地範囲の中にある。
<
/strong>

https://www.jamstec.go.jp/donet/j/kounai/
04012_20160401150026f1e.jpg

地震速報レポート
http://quake.twiple.jp/quake/view/20160401113917


04011_20160401145741f10.jpg

https://www.chuden.co.jp/resource/corporate/news_152_18.pdf
04013_2016040115270714e.jpg

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2564.html

AD