ただ、メルケル首相が実は西独生まれであり、牧師である父親の転居に伴って誕生の3週間後に東独に移住している点は注目される。当時のドイツでは東から西 への移住者は多数存在したが、逆の移住は珍しい。カトリックの神父は妻帯できないので、妻帯可能なプロテスタントの牧師を育ての親として利用したことにな る。CDUが東側に送り込んだという見方もできるので、何らかの陰謀が存在した可能性はあり得るだろう。EU議長国のドイツはEU内で、ナチス・ドイツに よる第2次大戦中のホロコーストの事実を否定したり、ナチスのシンボルである「カギ十字」を公の場で掲げたりすることを禁止することを1月15日のEU会 合で提唱しているが、それはドイツの首相がヒトラーの娘であるという1月7日付けのこの情報を隠蔽する目的なのだろうか?

http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/323009a854401d81ec0b7cebcd201fca

アンゲラはハンブルクで生まれた。父ホルストがベルリン=ブランデンブルク福音主義教会(現ベルリン=ブランデンブルク=シュレージシェ・オーバーラウジッツ福音主義教会)の牧師として東ドイツに赴任することになり、生後数週間のアンゲラは1954年に両親と共に東ドイツへ移住する[4]。母はラテン語英語の教師であった。東ドイツでは教会は反政府勢力の拠点であったが、カスナーは政府に「進歩的勢力」と見られていた会派の所属で危険視されておらず、西側諸国海外旅行できる特権も与えられていた。東ドイツで弟1人と妹2人が生まれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%AB

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/45/68/b72dbdd638ff05c24c442506c47dd3f8.jpg
エバ・ブラウン(左)と妹のグレーテル・ブラウン(右)、ヒトラーの別荘にて。二人は外見が非常に似ており、二人でヒトラーの別荘を頻繁に訪問している。

ヒトラーの妻、ユダヤ系の可能性という衝撃の結果が明らかに:エヴァ・ブラウンとは?

ナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラーと死の直前に結婚したエヴァ・ブラウンがユダヤ系だった可能性があることが明らかとなった。英テレビ局 「チャンネル4」による最新のDNA鑑定によって明らかとなったもので、エヴァの毛髪から採取したDNAを解析した結果、彼女の祖先にユダヤ人がいた可能性があるという。

ヒトラーの山荘から発見されたクシ

https://www.warhistoryonline.com/wp-content/uploads/2014/04/eva-braun-and-her-brush.jpg

エヴァ・ブラウンの毛髪は、モノグラムがあしらわれた茶色いクシから採取。彼女が使用していたこのクシは、ドイツ南部バイエルン州にあったヒトラーの山荘「ベルクホーフ」からアメリカのポール・ベア大尉が発見したもので、大尉はエヴァの部屋から多くの私物を押収している。

毛髪のDNA鑑定によると、エヴァは中世初期に中東欧に定住したアシュケナージ系ユダヤ人と強い関連があるとして、母から子に引き継がれるハプログ ループN1b1という塩基配列が存在していた。ヒトラーはエヴァがユダヤ系ではないことを確認するために、部下に調査を命じていたと言われる。

エヴァ・ブラウンとは?

ヒトラーの23歳年下のエヴァは、ミュンヘンに生まれて、しばらく診療所の事務員として勤務した後に、ヒトラー専属カメラマンであったハインリヒ・ ホフマンのモデル兼助手となる。ヒトラーはすぐにエヴァに惹かれるが、彼は女優のレナーテ・ミュラーとも交際しており、このことはエヴァを苦しめる様にな る。

彼女は、ヒトラーの愛情に疑問を抱き2度の自殺未遂をおかすが、彼の山荘でしばらくの間暮らした後は、戦火の激しくなっていた首都ベルリンに移り、ヒトラーとともに総統地下壕で暮らした。2人はソ連赤軍がベルリンに侵攻した直後に結婚し、すぐに自殺を図った。

http://newclassic.jp/11447

ヒトラーの先祖はユダヤ人だった!?DNA鑑定で明らかに(ドイツ研究)

手塚治虫の漫画、『アドルフに告ぐ』では、ヒトラーが、実はユダヤ人だったということを題材にしており、これまでも、ヒトラーにはユダヤ人の血が混じって いるのではないかという噂はあったのだけど、今回、ヒトラーの親族から集めたDNA鑑定で、ヒトラーの先祖は、ユダヤ人と北アフリカ人の混血である可能性 が高いということが明らかになったそうなんだ。
DNA tests reveal 'Hitler was descended from the Jews and Africans he hated'

ジャーナリストのジーン・ポール・マルダーズ氏と歴史学者のマルク・フェルメレン氏は、ヒトラーの親族39人からDNAを採取し検査を行った。その中に は、ヒトラーの甥の息子、現アメリカ人のアレクサンダー・スチュアート・ヒューストンや、ヒトラーの従兄弟である現、オーストリア人のノルベルトH.のも のなどが含まれていたという。

00


鑑定したDNAの中に、Y染色体ハプログループのE1b1b系統が含まれていることが判明。この染色体は、北アフリカを起源とするもので、ユダヤ人には含まれているものの、ドイツ人やオーストリア人にはほとんど含まれていないものなのだそうだ。

現在、この染色体はを持つ人種は、モロッコのベルベル人やアルジェリア、リビア、チュニジアなどに暮らす人々、そしてユダヤ人なのだと、フェルメレン氏は語る。

hitler52


ヒトラーが実はユダヤ人の血統を持つのではないかという説は昔からあった。ヒトラーの父アロイス・ヒトラーは私生児であり、父親はユダヤ人であるという噂は、1930年、ナチ党が大政党に躍進したときに、マスコミの手によって大々的に広められた。

実際ヒトラーも、この噂に疑惑を抱き、当時のナチ党法律局長のハンス・フランクに、自分の血統を念のために極秘に調べてくれと頼んだそうだ。結果はやはり、父親は私生児だったそうで、今回のDNA鑑定はこの説を裏付ける形となってしまったみたいなんだ。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51758284.html

ナチスの隠れ家? アルゼンチンのジャングルで発見された廃墟には何が残されていたのか

アルゼンチンのジャングルの奥深くに隠れていたナチスの逃亡者の隠れ家とみられる廃墟を考古学グループが発見した。

廃墟と化した3つの建物はアルゼンチンの北東部ミシオネス州のテユ・クアレ公園でブエノスアイレス大学都市考古学センターの研究者によって発見された。

研究グループのリーダー、ダニエル・シャベルゾン氏は、建物は、人里離れた場所にナチス幹部向けの隠れ家を作る秘密プロジェクトの一部だと思われると述べた。BBCによると、シャベルゾン氏は廃墟はまったく近づくことのできない場所だったという。

「正確な場所を知らなかったら、決して見つけることはできなったでしょう」

隠れ家はパラグアイとの国境から数分の所に位置し、いざという時にはすぐ逃げられるようにできていた。

大学が発表した画像では、廃墟となった石の建物が見える。

地元紙「クラリン」によると、シャベルゾン氏は「それは防御可能で、保護可能な、近づきにくい場所であり、逃亡者が平和に暮らすための場所です。私たちが発見したものはナチスの指導層向けの隠れ家だと思います」と述べた。

ワシントンポストによると、建物のひとつは住居として、もうひとつは貯蔵用、3つ目は見張り用として建てられたとみられる。


ジャングルの隠れ家でナチス硬貨が一つ見つかった。

1938年~1944年に造られたナチス硬貨数枚と、同時期のマイセンの磁器とともに、かぎ十字が少なくともひとつ廃墟の中で見つかった。

シャベルゾン氏は、もっと多くの遺品がジャングルに隠れているかもしれないと述べた。

「遺物の分析に時間がかかるかもしれません」。とシャベルゾン氏はAFPの取材に答えた。「私たちがまだ見つけていない建物もあるかもしれません。たくさんの植物が茂り、奥が深く、研究をするには複雑なエリアです」

隠れ家の建設には大変な労力がかけられたように思われるが、誰もそこに住んだ形跡が見えない。というのも、ヨーロッパから南米に逃亡し、新たに定住するために「ラットライン」と呼ばれた逃走ルートを利用するナチスが数多くおり、ジャングルに隠れる必要がなかったからだ。

ナチスの戦犯たちを保護する手助けをしたアルゼンチンのフアン・ペロン元大統領政権の下、アルゼンチンがとりわけ避難所となった。

1960年、ホロコーストの「設計者」アドルフ・アイヒマンがリカルド・クレメントという名前でブエノスアイレスで暮らしているのをモサド(イスラエルの情報機関)の諜報員が発見した。アイヒマンは強制的にイスラエルに連行されると、裁判にかけられ、1962年に絞首刑となった。

アウシュヴィッツ収容所での野蛮な人体実験を行った医師ヨーゼフ・メンゲレも、一時アルゼンチンに住んでいたといわれている。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/27/nazi-lair-argentina_n_6953572.html

やはり「ヒトラー逃亡説」は正しかった!

【2014年ヒトラー追跡に関するFBI資料が公開された】

大統領令によって2014年、FBIは70年間極秘扱いだった「ヒトラー追跡」の資料を公開した。
これまでの定説では、ヒトラーは1945年4月30日にベルリンで妻と自殺した事になっている。

しかし、この公開されたFBI資料は逃亡したヒトラーを血眼になって捜索していた事を示している。
ヒストリーチャンネルでは「ヒトラーを追跡せよ/浮かび上がった亡命説」の特番で検証を行っている。



【僕も以前に「ヒトラー逃亡説」の記事を書いている】

僕が過去記事「ヒトラーの水彩画」で推測して書いた「ヒトラー逃亡説」は以下の様なものである。
黒焦げの自殺遺体は身代わりで、ヒトラーはベルリンから飛行機と潜水艦でアルゼンチンへ逃亡した。

ヒトラーは歯の治療痕まで合わせた影武者を用意していた。ヒトラーは80歳代まで生存していた。
Uボートは無給油でアルゼンチンへ航行出来る。スターリンは「ヒトラーに逃げられた」と語っていた。

ヒストリーチャンネルによる「ヒトラー逃亡説」のFBI資料による検証結果はこれを裏付けていた。
第2次世界大戦最大の戦犯ヒトラーは、何とアルゼンチンに亡命し余生を全うしていたのである。


■ヒトラーの水彩画(ヒトラー逃亡説を記載):http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/30852556.html



【ヒトラーとされた黒焦げ遺体は身代わりの影武者である】

これまでヒトラーは妻エヴァ・ブラウンと共に拳銃自殺し、ガソリンで完全に焼かれたとされて来た。
ベルリンに入ったソ連軍はこの黒焦げの遺体をヒトラーだとして「ヒトラー自殺説」を採っていた。

しかし当時からこの遺体がヒトラーであるという確証は無かったとFBI資料は語っているのだ。
歯の治療痕が総入れ歯であったヒトラーと同じとかの不確実な鑑定結果しか無かったのである。

ヒトラーは暗殺を恐れ数名の影武者を用意していたとされ、総入れ歯の影武者が居た可能性もある。
常にヒトラーの身近にいた側近たちへの尋問でもヒトラーの自殺を見た者は居なかったとされる。



【ヒトラーはベルリンを飛行機で脱出した】

1945年4月21日、ヒトラーはベルリンの地下司令部から地下トンネルを通って空港へ移動。
テンペルホール空港からは多くのナチス高官が逃亡を果たしており、ヒトラーもその1人であった。

4月28日にベルリンは陥落したが、21日時点で飛行機による脱出は十分可能であったとされる。
ヒトラーを乗せた飛行機はデンマークまで飛んだと見られる。そこにはUボートが待機していた。

4月20日はヒトラーの誕生日でヒトラー・ユーゲントの少年兵たちと握手する映像が残っている。
彼は翌日に脱出をしたのである。「脱出計画」はかなり前から綿密に練られていたのではないだろうか。



【アルゼンチンへはUボートで無給油で行ける】

デンマークからアルゼンチンまでは1万2千kmあるが航続距離1万5千kmのUボートで行ける。
ヒトラーはバルデス半島付近の海岸に上陸し、ドイツ移民のナチス系住民組織の中に潜み匿われた。

当時を知る住民は海から「国王」が来た様な騒ぎだったと語り、ヒトラーが潜水艦で来た事を物語る。
上陸後にUボートは沈められたとされ、アルゼンチン政府が捜索した事もあったが発見されなかった。

当時のアルゼンチンにはドイツ移民が多く、ナチスの勢力も強くヒトラー・ユーゲント学校まであった。
事前にナチス軍資金をアルゼンチンへ移送していたとも考えられ、ヒトラーの権力基盤があったとも。



【アルゼンチンの僻地を転々と移動し潜伏生活を送った】

如何にナチス権力が効いていたとはいえ、定住をしていれば住民の噂で所在が漏れる可能性が高い。
ことさら「国王」の様に見えたと言うヒトラーなら、人目に付けば必ず噂が広まってしまうだろう。

アルゼンチンの僻地には点々と地下室を持った住居跡が見つかっている。隠れ家だった可能性がある。
あるジャングルの奥地には寝室が2つもあるレンガ造りの邸宅跡も見つかっている。晩年の隠れ家か。

この邸宅跡には水車小屋の発電施設も付いていて「国王」張りの生活がジャングルで出来ていた様だ。
この邸宅跡からは無数の胃薬の瓶も見つかっており、胃痛に病んでいたヒトラーを想起させるのだ。



【ヒトラーは80歳代まで生存していた】

ヒトラーの80歳代と思われる写真が残されているとされ、80歳代まで生存していたと考えられる。
1945年に56歳のヒトラーが80歳代なら1970年代で、ベトナム戦争の頃まで生きていた。

核ミサイルによる米ソ冷戦の時代も、ベルリンの壁も、人類が月に行った事もテレビを観て知っていた。
大陸間弾道ミサイルや月ロケットの開発も、ベルリンの分割も、ヒトラーに起因するものであった。

第2次世界大戦を勃発させユダヤ人の大量虐殺などをした「最大の戦犯」は本当に逃れ果せたのか。
FBI資料は「ヒトラーの死に確証が無い」事、「アルゼンチンに逃亡したらしい」事を示していた。

http://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/48497839.htmlhttp://blogs.yahoo.co.jp/ming_sunfield/48497839.html


DNA鑑定の結果、ヒトラーの頭蓋骨は女性のものと判明       


        ●2009年9月29日付でAFPが配信した外電によると、

      

米コネチカット大学の研究チームが、ヒトラーの遺骸と思われてきた頭蓋骨(ずがいこつ)のサンプルをDNA分析にかけたところ、頭蓋骨は20~40歳代の女性のものと判明したという。

      

      


        
        ↑ヒトラーのものと考えられてきた頭蓋骨の一部。
        
        この頭蓋骨は、2000年に初めてロシア政府の公文書館で
        公開されたものである。当時ソ連軍が掘り返したというあご骨
        とともに「戦利品」として、ソ連軍が持ち帰ったとされている。

      

      

●この頭蓋骨には銃弾による穴が開いており、ヒトラーはソ連軍がベルリンに侵攻した1945年4月に、市内の自分用の地下壕で銃と青酸カリを使って自殺したという説を支えていた。

      

しかし、この定説は最新科学の調査によってくつがえされてしまったのだ。

      

ある研究家はこう語る。

      

「この衝撃的なニュースは、いま世界を大きく揺るがしています。ソ連軍が総統府の地下壕から持ち帰った遺体はやはり、アドルフ・ヒトラー本人のものではなかったのです。
ベルリン陥落直前の混乱の中、何者かがヒトラーの死を大急ぎで偽装していたことが、最新科学の目で明らかにされてし まったのです」

      


        ●今回、この調査を指揮したコネチカット大学の考古学者、ニック・ベラントーニ博士はこう語る。

      

「今回の調査による結果は、頭蓋骨だけでなく、地下壕でヒトラーの身に起こったことについて定説をくつがえすことになるでしょう。

      

ヒトラーでないなら誰だったのか、調べることは山のようにあります」

      

      



ニック・ベラントーニ博士

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc350.html#03

Portrait Of A Soulless Democrat: Angela Merkel Was An East German Propagandist

image

The biography of German Chancellor Merkel shows that she was “a supreme and very visible Young Communist official in East Germany, responsible for propaganda and agitation. “ The account was revealed by Oskar Lafontaine, a former president of the German Left Party (Die Linke) in a German newspaper.

https://xaameriki.wordpress.com/2014/04/08/portrait-of-a-soulless-democrat-angela-merkel-was-an-east-german-propagandist/

AD