ユダ金さん、もうクライシスアクターさん使っているのがばれちゃいましたね。wwwでは、ご覧くださいwww↓金融ユダヤ劇場がばれるの速すぎやしませんか?www

Was the Same Woman at the Aurora, Sandy Hook, and Boston Tragedies?

 

 

An image circulating online claims to show the same woman at three different tragedies: The Aurora, Colorado theater shooting, the Sandy Hook shooting, and the Boston Bombing.

The claim is false.

The identities of all three women are known, and they are not the same person. Let’s take a look at the image being circulated, the claim associated with it, and the identities of the women in the photos.

Aurora Shooting

The woman in the photograph is Amanda Medek. Some press photos taken of her sitting on a flight of steps included the caption,  “Amanda Medek, who is looking for her sister Micayla, sits outside Gateway High School, Friday July 20, 2012, in Aurora, Colo.”

Amada Medek at Gateway High School after the Aurora shooting, and in an undated candid.

Sandy Hook Shooting

The woman shown in the Sandy Hook photo above is Carlee Soto, who had  just learned that her sister Vicky Soto was dead. A caption for the iconic photo read: Carlee Soto learns that her sister Vicky Soto is among those killed in the school shooting.

Carlee Soto at Sandy Hook and during an interview.

Boston Bombing

The official caption for the image being circulated stated: Emma MacDonald and two friends were photographed at a vigil for the Boston victims.

We could not locate a candid of Emma MacDonald, but below is are two images of her snapped at the Boston vigil:

Update: Paris 2015

Hours after the terrorist attacks in Paris in November 2015, a variation of the graphic above circulated on social media with the addition of another woman, who is now said to have attended all four tragedies. One caption read, “Damn, one unlucky girl.. Seems she was in Paris last night.. Sandy Hook during the school shooting and Boston during the marathon bombings… Coincidence or professional paid government actor?”

As with the original version of the graphic, someone has merely taken  the image of a crying young woman with brown-hair and labeled it as “proof” that the same woman was at all four tragedies. The woman in the Paris photo has not been identified. Press captions of the photo merely describe it in the following manner: “Rescuers evacuate people following  an attack in the 10th arrondissement of the French capital Paris.”

Because the three women in the original were identified as different individuals, it would be impossible for the woman in the Paris photo to be all three of them.

Bottom Line

The same woman was not photographed at four different tragedies. The images show different women who were each photographed crying at different events. The identities of the first three women are known, while the fourth woman has yet to be identified. A cursory resemblance and similarities in the expressions of the four women were used to make this easily disputed claim.

http://wafflesatnoon.com/same-woman-at-aurora-sandy-hook-and-boston/

テロの犠牲者、本当にいるのだろうか
疑問に思います。

負傷者の映像が見当たりません
リアルタイムで登場させられるクライシスアクターを用意し忘れた可能性も
あらかじめ撮影された映像をテロ当日と偽り放送する可能性ありますね

弾がスマホを直撃した黒人が出てきましたが、あれも違和感を感じます。普通撃たれたらスマホは吹っ飛び行方がわからなくなって当然だと考えるからです。持ち手に怪我を負い飛んだスマホが顔にぶつかってもおかしくないが、彼はドラマのように無傷です。彼は銃で撃たれたとは思えないほど冷静に話をしていたのが 引っかかります。
無名
2015/11/15 18:38
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201511/article_123.html
クライシスアクターがばれ始めると早速こんな記事が飛び出しました。www↓

3メートル先にテロリストが…ヘイゼルでもパリでも悲劇を体験した「奇跡」のイタリア人

GOAL 11月15日(日)11時16分配信



13日に起きたパリの同時テロ事件で、現場の一つとなったバタクラン劇場にいたイタリア人男性が、30年前に「ヘイゼルの悲劇」でも現場にいたことが分かった。イタリアメディアが報じた。

45歳のマッシミリアーノ・ナタルッチさんは30年前、15歳のときに父親らとチャンピオンズカップ決勝で愛するユヴェントスを応援するために、ベルギー のヘイゼル・スタジアムを訪れていたという。1985年5月29日に行われたリヴァプール対ユヴェントスの一戦では、両チームのサポーターによる衝突から 39名の死者を出す悲劇が起きている。

「ヘイゼルの悲劇」から30年が過ぎ、新たに生まれ変わった「ボードゥアン国王競技場」では13日、ベルギー対イタリアの国際親善試合が行われた。犠牲者の数を表す前半39分には、試合が一時中断。犠牲者への追悼も行われた。

だが、その13日に、パリでは新たな悲劇が起きてしまった。そしてその現場の一つとなったバタクラン劇場で、再び恐怖を体験することになってしまったの が、ナタルッチさんだ。幸いにも、ナタルッチさんは足にすり傷を負うだけで済み、「僕は元気だ」と話しているという。だが、多くの犠牲者が出たバタクラン 劇場での恐怖を、ナタルッチさんの父親が明かしている。

「息子と話したところで、彼はホテルに戻った。幸いにもすり傷を負っただけで、彼は大丈夫だ。彼らは特殊部隊が突入し、救い出されるまでずっと、3メートル先にテロリストがいる状況だった」

ナタルッチさんと同郷で、同じくバタクラン劇場で事件に巻き込まれたラウラ・アッポッローニさんは、『Gr1』で次のように恐怖の瞬間を証言している。

「コンサート中に銃声を聞いた。2人が軽機関銃を持っていて、10分間途切れることなく撃ち続けた。5000発は撃ったと思う。一つが私に当たった。みんな地面にかがんでいたけど、彼らはそれだけ多くの銃弾を撃った」

「幸いにも、私は舞台の下にいて、裏から非常口をとおって屋根に逃げた。私と50人くらいがいたわ。私たちは2時間、黙っていた。それから当局が屋根から降ろしてくれた」

イタリアメディアは、ヘイゼルの悲劇を体験し、パリの事件でもすり傷を負うだけで済んだナタルッチさんを「奇跡の人」と紹介した。『ガゼッタ・デッロ・ス ポルト』によると、ナタルッチさんはほかにも2度の交通事故を免れているとのこと。ナタルッチさんの姉は、「8歳のときに彼は(当時の)ローマ法王からキスをされたのよ」と明かしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000002-goal-socc

AD

コメント(6)