■外務省内の創価学会員
2011-11-29 15:48:11 | 創価学会
■外務省内の創価閥「大鳳会」


日本国外務省には平成17年現在で創価大学の卒業生が41名。

外務省内の中級職、語学研修員など、あらゆるスタッフも含めれば、同省内の創価学会信者はゆうに400人超と指摘されている。

同省内には「大鳳会(おおとりかい)」という創価信者の集まりがある。

1988年 1月6日、創価学会副会長で本部の事務総長でもあった原田稔氏が、「The SOKA Gakkai」と印刷された同会の事務用便箋に書いた文書で、あて先は、当時の小和田恒・外務省 官房長である。

内容は池田大作・創価学会 名誉会長 一行が、香港、シンガポールなどASEAN 3ヵ国を訪問するが、その際に、
「各国大使館、総領事館におかれましては入国、出国の際の空港内の特別通関等の便宜供与を宜しくお願いします」
という要請書であったのだ。

特別通関とは外交用語で、出入国の手続きを一般の旅行者と差別して、別室で入国管理官がチェック(簡易通関)したり、代理人が通関を行ってもよしとするもの。

普通、特別通関とは、国の大臣など閣僚級受ける便宜供与だが、厚かましくも創価学会は外務省に、池田大作氏を大臣級の扱いにしてくれと要求していたのである。

憲法20条に、「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」と、ある。
文書の発覚によって、創価学会がこの憲法に抵触していた事実が明らかになったのである。
同問題が国会で言及されたことから、以来、池田大作氏に対する便宜供与は見直されることになった。
だが、これまで池田氏が海外に出ると、現地の大使館員が飛行場までお出迎えという事実があったのだ。

何様のつもりだったのか。

大鳳会―

外務省の職員たちで構成される創価学会のグループである。
外務省に存在する大鳳会とは何か。

話は1970年代に遡る。

池田大作・創価学会 名誉会長(当時、会長)は、官僚や法曹会など、国家権力の中枢に学会員を送り込み、創価学会があらゆる分野で世界を牽引していこうという、いわゆる『総体革命』を打ち出した。

その先端として組織内に、学会員の師弟たちを一流の大学に進学させようという目的で作られたのが「鳳雛(ほうすう)会」である。
とくに池田氏が切望したのは法曹会と外交官で、そのために、国家試験を突破させるために、さらに「法学委員会」といった勉強会サークルを発足させた。

発足当時の指導体制は、学生部部長の渡部一郎(後の公明党 衆議院議員)、原島崇・主任副学生部長(後の教学部長。現在、脱会)、山崎正友・副学生部長(後の創価学会 顧問弁護士。現在、脱会)らであった。

同会のサークルなどから司法試験に合格した学会員は「旭日グループ」と呼ばれ、また外交官や務省採用試験に合格した学会員は、「大鳳会」というグループに名前を連ねた。

~中略~

その第1号になったのが1968年に外務省に入り、経済協力局 有償金協力課長、中近東東アフリカ局中近東第一課長、経済局参事官、オーストラリア参事官、EU代表部公使、大臣官房 文化交流部長等を歴任したH氏であった。

東大卒のH氏は、先の「法学委員会」の重要なメンバーにもなり、後輩たちを指導していくのだ。

続く、外務省官僚の第2号になった人物は、文化交流部 文化第二課長職等を努めた、現、公明党の遠藤乙彦 代議士である。
むろん、「大鳳会」の会員数は公にはされていないし、正確なところは不明である。

しかし、一説に、専門職の採用や、在外公館に勤務する学会員を含めたら三桁の人数になるのではないかと推定されている。

( 別冊 BUBKA 2005年 12月号「創価学会世界布教戦略の手足に堕ちた外務省」より)


ちなみに、「別冊 BUBKA」は、この時期、集中的に学会問題のタブーに迫る記事を掲載していたが、なぜか突然 休刊している。


http://ariradne.web.fc2.com/wiki/noble/souka.htmlより転写

当時の小和田恒・外務省 官房長(皇太子妃雅子様の実父)

http://blog.goo.ne.jp/sumomo_218/e/86caf4d93a98e776f11c8ce151698edf

創価学会の、大鳳会って知ってますか? 巨大組織化して日本の中枢に巣食う、巨大...


   
 

質問者

yumi5205summer さん

2013/2/1607:11:37

創価学会の、大鳳会って知ってますか?
巨大組織化して日本の中枢に巣食う、巨大なシロアリの実態を知ってますか?
貴方はこのような、シロアリの存在を許すことができますか?
全て池田駄作の指示でやっているのです

創価学会の外務省グループのことです

創価学会は、あらゆる所でグループ化を結成して、日本を根底から支配しようとしているのです
コレが、池田駄作の陰謀なのです
北朝鮮人である池田駄作は、日本をマインドコントロールする為には手段を選ばず、何でもカンでもいのままに操ろうとしているのです
外務省では大鳳会
検察庁では・・・・会
法務省では・・・・会
警視庁では・・・・会
全てこの調子です
恐るべし創価学会です

日本人よ立ち上れ
創価学会の日本自治区化阻止の為に

田中眞紀子外相の登場で機密費疑惑や人事問題とは別のもう一つの激震が外務省内で走っている。
それは外務省内の創価学会員組織「大鳳会」の存在だ。

ロシア、中国、中南米、アフリカなど重要な外交案件に大鳳会のメンバーが関わっていて、
田中外相はこのあぶり出しを狙っているようだ。
この激震の煽りを受け、
池田大作名誉会長は、
5月3日、米カリフォルニア州のアメリカ創価大学オレンジ郡キャンパスの開校式への出席どころではなくなったという。

池田の海外外遊の際には、
空港に大使館や領事館職員が出迎え、
税関も通らずフリーパス。
おまけに送迎にリムジンを使うこともあるなど至れり尽くせり。
これを可能にしているのが大鳳会メンバーだ。
5月21日、
田中外相が来日中のオバサンジョ・ナイジェリア大統領を迎賓館に表敬訪問した翌日、
開校式に出そびれて日本にいた池田が、
同大統領を表敬訪問、
田中外相の「日本語では既婚の年配の女性を『オバサン』という」という発言の揚げ足をとったという。
その池田が大統領に会えるのも、大鳳会の存在なくしてはあり得ない。

国民の税金を使い、池田の売名行為を進める大鳳会の実態が暴かれる時が来ている。

閲覧数:
2,749
回答数:
4


 

ベストアンサーに選ばれた回答

   

nskyjp8 さん

2013/2/1608:36:16

 

最近、創価学会の活動が活発化していて問題だと感じていた所でした…。

宗教がCM を流している時点で…危険な香りがぷんぷんしてました…創価学会に騙される層もあるので問題だと思っていました。

池田 :個人資産が一兆円あると聞きました。アメリカとブラジルに分散しているそうですが…アメリカでも、ヤクザの巨額資金と同じ様に監視の対象になっていま す。 巨大資本の問題は独裁に繋がる問題ですから…。ましてや信者だった者から言わせると…ねこそぎ取られて社会まで 捩曲げられたら 怨んでも怨みきれない問題です。

朝鮮半島の様な…尊敬も出来ない者を 賛美しなければ 生きて行けない社会は、作るべきではないのですから…。

朝鮮の嘘つき文化は…犠牲になる層と騙す層を必ず形成してきたのです。

創価学会のやり方は正にこれです…信者になれば上納する代わりに、特典をあげる…そうでなければ粛清する…。だから芸能界に学会信者が増えたのです…。仕事を得る為に…。

力を持てば持つ程…顕著になる…と言う仕組みです…。暴力団の増殖システムと同じ…。

とても宗教家のやる事では無い…。

信者も減少した今、この様な危険団体は、廃除されるべきです…。

現政権の今こそ、日本国民は覚醒して欲しいと願う…。

国民にこぼれ難い情報の中に、政治や官僚機構に巣くった 本当のガンがある…。 政治や行政が混乱していたのも…これだったのである…。

賢者は、気付くだろう…この国に取り付いた 病魔の構造に…。 日本が混乱してたのも…全て繋がるはず…。
南北政権(反日両班)、創価学会(資金と兵隊)、兵隊官僚、兵隊政治家、資金マスコミ、資金評論家、兵隊教育組織、資金法曹界、兵隊芸能界、
…。 徘徊河野洋平、パチンコ、怪しい企業、成り済まし市民団体…。複合体


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11102129186


皇太子妃「雅子」様は創価学会員。その祖父は水俣病を広めたチッソ株式会社社長「江頭豊」。この事実をタブーとする日本とは?


 

a6993aa422e05908b3a2b81e701f96b5

この記事を書く前にあらかじめ言っておきますが、私は別に左翼でも右翼でもありません。右にも左にも偏ることのない、ごく一般的な日本人だと自覚しております。

はっきり言って、ごく普通に生きている日本人は、そのほとんどが右翼でも左翼でもありません。普通の日本人はしごく普通に日本のことが好きで、もし日本をダメにするようなことがあれば、目くじらを立てる。それがごく普通の日本人としてのスタンスではないでしょうか。

しかも、私のような戦後生まれの人間は、特に皇室を敬うこともなければ、逆に皇室をバッシングすることもない。なんで皇室なんてものが今でも存在しているのだと疑問は抱きますが、何か特別な思想を持って皇室を持ち上げたり、叩いたりすることはないわけです。

ところが、この世の中にはなぜかこの日本人を「右翼」と「左翼」に分けたがる人たちがいます。恐らくそういう人たちのほとんどが在日で、愛国心を持つ日本人には「右翼」とレッテルを貼り、逆に右翼を叩く者たちには「左翼」というレッテルを貼ることによって、我々日本人が怖くて何もものが言えないように仕向けているわけでしょう。まあ、このことについてはいずれ詳しく書くつもりですが……。

しかし、残念ながら、この世の中には、人から何とレッテルを貼られようとも、全てを客観的に分析し、精査し、判断するような私みたいな人間も僅かながら存在しております。したがって、私みたいな人間がはっきりとこの世のタブーに物申し、この世の悪を糾弾していかなければならないと考えています。

ということで、今日は日本最大のタブーに切り込みを入れようと思います。どうかご容赦ください。

現在の皇太子妃「雅子」様は創価学会員です。彼女のお父様はもともと外務省の「大鳳会」のメンバーで、「大鳳会」とは創価学会のメンバーのこと。また、雅子様の妹の礼子様は池田祐久という創価学会員と結婚されていますので、この小和田家一族が創価学会員であるか、創価学会と深い関わりがあることは明白です。

つまり、皇太子妃である雅子様もまた創価学会員である可能性が非常に高いわけです。というか、この世のほとんどの創価学会員が、まともな信仰心をお持ちでなくても、創価学会員と称していらっしゃいますので、雅子様が厚い信仰心をお持ちであろうとなかろうと、その素性からして創価学会員であると断定してもあながち間違いにはならないでしょう。(詳しくは以下のリンクをご参照ください。)

ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。

しかしながら、この事実を国民のほとんどは知りません。というか、こんなことを知ったら、ほとんどの国民が憤激するでしょう。下手をしたら、創価学会員ですら激怒するかも知れません。どうしてその事実をきちんと教えてくれなかったのだ、と言って。

第一、創価学会員からしてみれば、同じ創価学会の信者が皇室に入ったということは、とても誇らしい事実であるはずです。喜ばしい事実であるはずです。しかし、池田大作をはじめとして、誰一人としてこの事実を公にしてこなかった。恐らく聖教新聞でもこのことは一度も触れられていないはずです。もちろん、他の大手マスコミもこのことには一切口を閉ざしています。創価学会員の方たちは「一体どうして」と疑問に思われることでしょう。

ネットをざっと検索してみても、このようなことが書かれたサイトはほとんど見受けられない。というか皆無に近い。例え触れていても、どこか言葉を濁した感じで終わっています。

皇室というのは神道の神様の血を引いた血族である、と表向きはなっていますので、神道とは全く関係のない宗教の人間が皇太子と結婚した、などということになったら、これは大変なことです。こんなことが国民に知られたら大騒ぎになります。だから、あの虚栄心の強い池田大作ですらこの事実には蓋をするしかなかったのでしょう。

しかし、この事実だけでも、皇室が存在する意義はなくなった、と考えていいのではないでしょうか。少なくても私はそう考えます。

私はもともと神道自体、全く信じてはいませんし、天皇がどんな血を引いていようと全く興味はないのですが、それでも神道を熱心に信じている方からしてみれば、この事実は神を冒涜するに等しい行為のはずです。天皇の神聖を汚すに等しい行為のはずです。したがって、これだけでも国民の血税で皇族を養っていく意味はない、と考えていいと私は思います。

それだけではありません。実はこの雅子様の家族にはとんでもない暗い過去があります。

雅子様の祖父は「江頭豊」といって水俣病を起こしたチッソ株式会社の社長です。「江頭豊」が社長に就任したときに水俣病が起きたわけではなく、彼はただその問題の尻ぬぐいをさせられただけだ、という話にはなっていますが、彼のその尻ぬぐいの方法が問題だらけでした。むしろ彼のせいでこの問題が拡大した、と言っていいでしょう。例えば……。

1.水俣病の原因が工場にあると知りつつ稼働続行。


2.患者・家族に謝罪したが補償に応じず。


3.謝罪後も悪質なデマを流し患者や家族を冒涜。


4.患者や報道カメラマンを暴力集団を雇って襲撃(チッソ会長時代)。

そして、彼とその家族はその後も豪邸に住みつづけ、優雅な暮らしを堪能。その一方で、水俣病を患った人たちは言われもない差別を受け、難病に苦しみつづけました。(下の写真はその様子を写真家ユージン・スミスが撮影したもの。『入浴する智子と母』)

ans064picMinamata-2

 

その後も、チッソ株式会社は遺族たちへの補償を支払うためと称して操業を続けていますが、その稼ぎのお陰で雅子様は皇太子と結婚し、皇族の仲間となることができました。現在は、国民が泣く泣く支払った税金で、愛娘の愛子様とともに皇室で優雅にお暮らしになっています。(詳しくは以下のサイトをご参照ください。)

水俣病と江頭豊 - Taurosのインターネット案内-18

これがこの国の現実です。しかし、私たちは少しでも天皇のことを悪く言うと、それだけで国賊扱いされます。恐らくこの私の記事を見た方の中にも、私のことを不埒だと思う方が出てくることでしょう。

しかし、この世でタブーを作ること自体が本当のタブーです。おかしいものはおかしいと言える世の中こそ正常な世の中です。おかしいものをおかしいと言えなくなったら、その時点で何かおかしいと考えるべきなのです。

もっとも、この皇室のおかしな行為を本当の天の神様はお許しにならなかったようです。現在、雅子様は精神を患っておられ、国民からもその皇族らしからぬ数々の不品行に激しいバッシングを受けておられますから。

もっとも、過剰に彼女をバッシングするような人の多くが、本当の日本人ではなく、日本人を装った在日の方々ではないかと私は想像していますが……。

とにかく、この国はやたらとややこしい複雑な国と化しています。本当に面倒くさいです。本当に窮屈です。皆でもっと伸び伸びと暮らせる世界に変えてきましょう。私たちは一部の支配者たちのために生きる奴隷ではないのですから……。

もっとも、支配者たちの側は私たちを奴隷にしようと心密かに企んでいるわけですが……。


http://rapt.sub.jp/?p=13461



おおっ!ご存知ルーマニアの旗が


1283652485546.jpg


徳仁皇太子夫妻の結婚パレードで振られる創価学会三色旗の怪

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-693.html


AD

コメント(2)