ベネッセとパソナの不可解なつながり。安藤忠雄も司馬遼太郎も……創価学会員は常に金融ユダヤの下で一つの輪となって動いている。


 

201303221905_3

今回、大きな社会問題となっているベネッセの個人情報流失事件。しかし、マスコミはいつものごとく、この事件の本質を全く報道していません。

マスコミは今回のこの事件が、現在の社長兼会長である原田泳幸氏にすべての責任があるかのように報道していますが、これではいつまで経ってもこの問題の本質が見えてきません。

この事件は福武總一郎という前CEOが就任していたときに起きた事件です。そして、この福武總一郎は明らかな創価学会員です。だからこそ、ベネッセは創価企業と呼ばれるまでになったのです。

しかも、この福武總一郎は現在、ベネッセの最高顧問に就いていながら、ニュージーランドに在住しています。まだ円が高かった2012年に日本から移住し、海外逃亡を計ったのだと一部のマスコミで報道され、問題視されています。

(以下、日本経済をボロボロにする人々 より転載)

円高、燃料高、電気料金高のトリプルパンチで「産業空洞化」が深刻視される中、大企業経営者や富裕層が次々と日本を飛び出し始めている。

先月には、光学レンズ大手HOYAの鈴木洋CEO(53)が、シンガポールに仕事の拠点を移したと報じられた。今後、取締役会がある場合だけ日本に帰国するという。

すでにベネッセホールディングスの福武総一郎会長(66)がニュージーランドに移住しているほか、サンスターの金田博夫会長(76)はスイスに移り、現地法人の代表に就任している。

大企業トップでなくても、金持ちの間では資産の海外移転が大ブーム。「資産フライト」と呼ばれ、セミナーや講演には受講者が殺到し、みんな、海を渡る準備をしているのだ。

海外移住を検討中という50代のIT企業経営者はこう言う。

「私が考えているのは、シンガポールへの移住です。何といっても最大のメリットは税制度です。日本では個人の所得税は最大40%も取られますが、シンガポールは最高税率20%、住民税はありません。また、日本では最高50%も持っていかれる相続税や贈与税もゼロです。

ちなみに、ニュージーランドも所得税が最高33%、スイスは25%とシンガポールほどではないが安く、やはり相続税はありません。日本には地震や原発のリ スクもあるし、政治がどうしようもないから、いつ国が沈まないとも限らない。円高の今のうちに、海外に飛び出そうと考えている人は大勢いますよ」

永田町のテイタラクを見ていると、日本を見捨てたくなる気持ちは分かるが、富裕層や経営者はともかく、サラリーマンに国外脱出なんて不可能。結局、税収減 のツケを回されるのは日本の国民だし、野田が強弁する消費増税は、貧乏人ほど負担が増す「逆進性」の増税だ。いつの時代も、とことん泣きを見るのは庶民な のである。

(転載ここまで)

裏社会の人たちは、金融ユダヤ人が陰でどんな計画を立てているかを分かっていますし、この後、彼らが日本経済をボロボロに破壊することも分かっていたので、この頃から既に自分の身を守るために海外逃亡を始めていたということでしょう。

このように、ベネッセの福武總一郎はきわめて胡散臭い人物なのですが、実はこの男は同じ創価学会員である安藤忠雄とかなり親交を深めていました。

安藤忠雄のウェキペディアを見てみると、交友関係者として福武總一郎の名前が挙がっており、その年表にも「1989年、ベネッセの福武總一郎の依頼により、直島国際キャンプ場をオープン。その後、直島プロジェクトに参画、1992年のベネッセハウス、1999年の「家プロジェクト」(南寺)へと続いてい く」との一文があります。

安藤忠雄 – Wikipedia

家プロジェクト | 直島 | ベネッセアートサイト直島

しかも、この安藤忠雄。ただの一般の創価学会員ではありません。あの怪しげな性的接待場、麻薬と女によるハニートラップ製造所である「仁風林」にも度々出入りしていたとマスコミで報じられています。

(以下、ZAKZAK より転載)

財界人や著名人ズラリ 隣人も知らない…パソナ迎賓館「仁風林」ルポ

ASKA容疑者と栩内香澄美容疑者が出会った場所として、週刊誌が報じたパソナの迎賓館「仁風林」(東京・元麻布)は、東京メトロ広尾駅から約500メー トル離れた閑静な住宅街の一角にある。六本木ヒルズからも近く周囲には大使館や豪邸がたたずむ。日本家屋風の門扉の周囲には木々がうっそうとし、独特の雰囲気を放っていた。

入り口付近には、土地の由来を記した「がま池」と書かれた立て看板がある。それによると、同所には、巨大なガマガエルが出没したという伝説が残る池があったとされ、「もともとは旗本の武家屋敷が建っていた土地で、明治期には華族が所有していた」(近隣住民)という。

仁風林のインターフォンを押してみると、応対に出た関係者らしき男性が「パソナの福利厚生施設です」と説明。続いて「週刊誌で報じられた内容は事実か」と質問すると、「報道を見ていないのでわからない。取材については差し控えさせていただきます」とだけ答えた。

隣家に住む男性は「パソナの施設とは知らなかった。夜になると人が集まってきて、割烹(かっぽう)着を着た人が出てくるのも見た。多い時にはタクシーが10台ぐらい止まっていることもあり、料亭かと思っていた」と話す。

関係者によると、同所は、パソナグループの南部靖之代表が財界人らを招く迎賓館としての役割も果たしていたという。

「財界以外でもさまざまな著名人がサロンのメンバーとして名前を連ねている。建築家の安藤忠雄氏や、パソナグループ会長の竹中平蔵氏と親交の深い中川秀直元自民党幹事長。意外なところでは、二股騒動で話題を呼んだ俳優の塩谷瞬も度々顔を出していたようだ」(関係者)

(転載ここまで)

こうなると、この安藤忠雄も要注意です。実際、彼はイェール大学の客員教授になったこともあり、このイェール大学は知る人ぞ知る、かの悪魔崇拝組織「スカルアンドボーンズ」が秘密裏に存在している大学です。

しかも彼は、コロンビア大学やハーバード大学などの客員教授を務めていますが、コロンビア大学というと、かの有名な金融ユダヤの傀儡・小泉進二郎氏が、偏差値わずか45であるにもかかわらず、親の七光によって入学した有名な売国奴製造大学です。

で、この安藤忠雄ですが、実はかの悪名高きパソナともがっちりと手を組んでいて、例の有名なパソナ島である淡路島に「淡路夢舞台」なる建物を建造し、なおかつ「淡路夢舞台キッズアート・プログラム」なるものの応援団として、南部靖之氏とともに名前を連ねております。

「淡路夢舞台キッズアート・プログラム」応援団趣意書


f068db97

〈淡路夢舞台〉


今さら説明するまでもないことですが、この南部靖之氏も創価学会の会員です。そして、この人物こそが在日と金融ユダヤの橋渡しを担う中心人物であることはもう既に数々の調査から明らかになっています。

このような人物の経営する会社パソナと、今回の個人情報流出事件とを起こしたベネッセとが、安藤忠雄を介して陰でガッチリとつながっているわけです。これだけでも安藤忠雄がただの建築士でないことは明らかです。

ネットを調べてみると、安藤忠雄の建築士としての腕はかなり多くの人から認められているようですが、実際のところ、私は安藤忠雄の建築が好きだという人には余りお目にかかったことがありません。

もっとも、どんな芸術にも好き嫌いというものがありますから、単に好きか嫌いかで安藤忠雄という人物を判断することはできませんが、それでも、なぜこれほど人気のない建築家が世間からもてはやされているのか、そのカラクリがこれでよく分かったような気がします。

やはりこの世の中、創価学会に所属し、かつ金融ユダヤのお眼鏡にかなった人しか活躍できない仕組みになっているのです。残念ながら、それがこの世の実態なのです……。


で、この安藤忠雄ですが、私の住んでいる愛媛県にも「坂の上の雲ミュージアム」というものを設計しております。

369b4aab06dcae356ac0f05f4d6e956b
〈坂の上の雲ミュージアム〉


「坂の上の雲」というと、司馬遼太郎が書いた小説であり、この小説を元にNHKがドラマを作ってさらに知名度が上がったわけですが、この司馬遼太郎も実は創価学会の信者です。

つまり、司馬遼太郎が有名になれたのも、すべては創価学会の工作によるものだということです。ちなみに安藤忠雄は、大阪にも「司馬遼太郎記念館」なるものを設計しております。こうして創価学会員はいつの時代も注目を浴びるようにできているのです。


20100608_1854846
〈司馬遼太郎記念館〉


実を言うと、この司馬遼太郎も私が非常に怪しいと思っている人物の一人です。彼もまた金融ユダヤによって日本人の洗脳工作を命じられ、その命令に忠実に従ってきた傀儡ではないかと思っています。

この司馬遼太郎の書いた「坂の上の雲」によって、日本人の多くが坂本龍馬のことを英雄視するようになったわけですが、司馬遼太郎が作った坂本龍馬像が全くのデタラメであることは今ではもう誰も知らない人はいないというぐらい有名な話となっています。

坂本龍馬はただのフリーメーソンリーであり、かの金融ユダヤ・ロスチャイルドの手先です。明治維新とは、ロスチャイルドがこの日本の富を搾取(強奪)するため、坂本龍馬のような数々のフリーメーソンリーを送り込み、国家転覆を謀った計画でしかありませんでした。

残念ながら、私たちが学校で習った日本史は全くのデタラメなのです。詳しくは以下のサイトをご覧いただければ、その内実が一通りお分かりいただけると思います。

【歴史の真実】坂本竜馬を動かした黒幕!ロスチャイルド家が仕組んだ明治維新!一同が写っているフルベッキ写真!日本の裏にフリーメーソン  – 真実を探すブログ

司馬遼太郎はこのように単なる金融ユダヤの手先をヒーローとして描くことで、国民に真の歴史を隠し、嘘の歴史を広めることに荷担してきました。その役回り を金融ユダヤの連中から任されたわけです。そして、その司馬遼太郎を同じく金融ユダヤの傀儡である日本のマスコミ(電通)が大々的に宣伝し、彼の名を広く 普及させてきたのです。

安倍晋三や竹中平蔵が単なる金融ユダヤの傀儡でありながら、国民の中から選ばれた一国の総理と、民間から選ばれた優秀な有識者として広く宣伝されてきたのと似たようなものです。そのような洗脳工作が、明治のときからずっとこの国で行われてきたわけです。

ちなみに、この司馬遼太郎は、第二次大戦から無事に帰国した後、在日朝鮮人の経営する「新世界新聞社」に入社しています。このときから彼は在日と深いかか わりを持ち、その関係から金融ユダヤの手先となったのではないかと思われます。司馬遼太郎のファンの方には申し訳ありませんが、数々の状況証拠から見て、 そう判断せざるを得ません。

このように、安藤忠雄や司馬遼太郎など、優秀とされる芸術家や著作家なども、創価学会員と名乗る人たちはすべて何か裏があると考えた方がいいでしょう。

創価学会員というのは単なる仏教の信仰者ではありません。特に彼らのような有名人は、間違いなく金融ユダヤの手先となって活躍する工作員です。そのような視点でこの世の中の動きを見たとき、この世の仕組みがはっきりと明確に見えてくるようになるのです。

このことについては、以下のサイトをご参照くだされば、さらによくご理解いただけると思います。

日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ

ちなみに、ネット上には私と同じく創価学会のことを批判されておられる方がいます。しかも、その人たちの多くが創価学会の中にいる在日工作員を憎む余り、韓国や北朝鮮のことを極端に憎み、バッシングされておられます。

しかし、その在日工作員たちはあくまで金融ユダヤの手先でしかありません。もちろん、彼ら自身はそのような自覚はないかも知れません。彼らも知らず知らずのうちに金融ユダヤに利用されているだけだと思います。

金融ユダヤ人はわざと在日たちに日本人に憎まれるような行動をとらせ、日本人の朝鮮人に対する憎しみを煽り立てているのです。その目的は極東戦争を勃発させるためです。実際、今や日本人の中には本気で韓国と戦争をして叩きつぶしたいと思っている人が多くいます。

しかし、私は戦争は絶対に望みません。私たちが真に憎むべきは在日ではなく、その背後にいる金融ユダヤ人です。彼らこそがこの日本を地獄の世界に塗り替えようとしている真の黒幕です。どうかそれだけはお分かりになって下さい。


http://rapt.sub.jp/?p=13048

AD

コメント(2)