はじめまして 宮下 愛加 と申します。

あなたは、あなただけの守護のご存在を知っていますか?

私というパイプを通して、守護霊さま、指導霊さま、ご先祖さまがたの

メッセージをお伝えしながら、あなたご自身の意志で、幸せな人生(開運人生)を歩むことができると気づくお手伝いを致します。


プロフィール


★産土神社・鎮守神社リサーチ(神道フーチリサーチ)

ドリーン・バーチュー博士公認 

ATP(R)with Advanced Training raye†さん公認        

アンジェリカ・リーディング・セラピスト

アンジェリカ・ヒーリング・セラピスト 

気経絡調整師

オラクルカードマスター    

クオンタムタッチⓇプラクティショナー


メニューにつきましてはやじるし下)をご覧ください(^_^)


<お部屋のご案内>

☆花咲オフィス・ビューティーアパートメント☆

茨城県那珂市堤664-7 

さくらんぼhttp://www.hp-s.cc/hanasaku/

国道6号線の「孫目十字路」を西へ走らせます。

右手に東海ゴルフ練習場の看板、通り過ぎますと、左手に「花咲オフィス」が

みえてきます。隣接している白い木造3階建ての2階の202号室です。

349号線からは、杉原の交差点(角に眼鏡市場等)を東へ走らせます。

左手にペピート(レストラン)、ファミリーマートの交差点を過ぎると、右手にございます。

(部屋のご指定が無い限りは、上記のお部屋になります)

◇駐車場完備です!



☆ライブラリーカフェ然々☆

茨城県ひたちなか市松戸2-8-17 ☏029(354)5354

ぶどう http://www.facebook.com/zenzen.jp

6月の担当日は6月7日(水)、24日(土)です。



☆MASTERPIECE(セレクトショップ)☆
茨城県石岡市北府中1-8-32TR-1

いちご http://www.desertheritage.jp
毎週木・金で、ご予約をいただいてからお受けしております。



<料金・メニューにつきまして>
クローバーカウンセリング (対面・メール)

 
30分                      5.000円

                    (対面のみで、2回目以降のお客様が対象)

1時間                     10.000円

1時間半                    13.000円

1時間半以上~2時間まで        20.000円 

お申込みにつきましては下記をクリックして下さい。

http://ameblo.jp/dominiku-niku/entry-12105070144.html


ドキドキ対面カウンセリングは基本的に、1時間でさせていただいておりますなぜなら、人生を変えることにもっと真剣になっていただきたいと願うからです。



神社追加リサーチ 1社につき         4.500円

お申込みにつきましては下記をクリックして下さい。

http://ameblo.jp/dominiku-niku/entry-12089407042.html

※このメニューは、産土神社リサーチ済みの方、又は既に産土神社を

 参拝されている方のみを対象にしています。


クローバー方位

引っ越し等  1件につき  5.000円

ご家族さま全員の鑑定の場合は10.000円になります。


(その方の生年月日により、最適な方位、年、月をお知らせします)

自宅の新築、開業など新たな場合は、ご相談後、加算料金をいただく場合が

あります。


クローバー個別のリサーチ(神道フーチによる)

1回 1件まで  3.000円

1回 2件まで  5.000円



皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたしますo(^-^)o
































































                   























        








        








        








  
























        































     
















 






クローバー産土神社・鎮守神社リサーチ(お一人様) 10.000円




  • 28 May
    • ある日の守護霊さまとの会話

      私の質問(°∀°)b 『「考えること」と「自分を信じる力」は比例するのですか?』守護霊さま『もちろん、そうですよ。自分が強くないと、自分を信じることは出来ませんね。考えるということは、改善したい、どうすればより良くなるのかと思い続けることですね。しかし、自分を価値のない人間だと思っている人は依存心か強いので、考えることは出来ずに、人の決定に従うまでなのです。端からは一見楽そうに見えますが、それは自信がない裏返しであって、不満ばかりの人生になっていることに気付いていないのです。自分と対話し、考える。そして選ぶ。決める。結果はどうであれ、例えばそこに後悔が生まれたとしても、そうすることが自分自身の今後の人生を豊かにするための秘訣なのです。考える習慣のない人間は、何かアクシデントやトラブルが目の前に起こると、脳の中がパニックになり始めます。途中までは考えようとするのですが、ピタリと止めてしまうのです。そして、その場から離れようとします。結果的に決定を相手に委ねてしまい、いつまでたっても、トラブルやアクシデントのせいで自分は被害者だと思い続け、人生が楽しくならないのですよ。』「人間は考える葦である」フランスの思想家、パスカルの有名な言葉を思い出しました強い風が吹いても、大洪水になっても、ナイルに生える葦のように、しなやかに生きていきたいものですね

      6
      テーマ:
  • 16 May
    • 明日はお話会です♪

      明日5月17日、午後6時半から、第9回「見えない世界のお話会」を開催致しますふた月に一度のお話会。いつも多くの皆様にご参加をいただき、本当に嬉しく思っております先日、守護霊さまがおっしゃいました。「お話会ではね、僕たち守護霊同士も交流もするんだよ。『いやぁ~。今日はどうも!ところでさ、この人のあれはどうするとうまくいくかなぁ?』なんてね。挨拶をして、お互いにアドバイスを送り合ったりもするんだ」へぇ~(°∀°)b こりゃびっくり🎵でも、これに限らず人の集まりってそういうものなのでしょうねだって、守護霊さまが連れてきて下さらないとねぇ♡という訳で、非常に有りがたいのです。だからこそ、ひとときとはいえ良きご縁にしたいですねびっくりするような不可思議な話はしません。知識をお教えすることでもありません。「あ~、そうなのかも。そういえば…」とただ1つでも、今の気持ちに風穴をあけ、何かに気づかれていただければ、前を向く切っかけになっていただければと思っています。いつも話は脱線しつつですが(^^;今回は、今の家族の関係性一族の繰り返すテーマある宗教体験を少々(私のです)産土神社、鎮守神社の関係性と違いを中心にお話致します。2時間のbreakタイム。勉強会ではありません~(*^-^)bどうぞお気軽にご参加下さい場所はひたちなか市松戸、   ライブラリーカフェ然々軽食つきでまよろしくお願いいたします。どうぞ気を付けていらして下さい。雨が降りませんように

      14
      テーマ:
  • 15 May
    • 悔いのある人生

      「悔いのある人生とは、どういうものだと思いますか?」 5月15日、朝7時11分の守護霊さまからの言葉です。 「悔いのある? 悔いのないではなくて? ……好きな事が出来なかった、憎しみを捨てられなかった、愛する人と一緒になれなかった、自由に生きられなかったなど、その人によって、色々とあると思いますが?」 「私たちはこう考えます。 悔いのある人生とは、 『どうしてもっと自分を信じてあげられなかったのだろう』と思うことです。 魂の質とはこういうものですよ」   .。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+  

      6
      2
      テーマ:
  • 10 May
    • 花は人と同じ

      先日「第9回見えない世界のお話会」を無事に終了させていただきました。ふた月に一度というゆる~いお話会ではありましたが、いつもたくさんの方にお会いすることができ、改めまして心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました今回で一旦終了をさせていただき、また私自身がバージョンアップ⤴⤴をして再開をしたいと考えています。よろしくお願い致します(*^.^*)さて、今回のお話会前日の夜、参加予定のお客さまからご連絡をいただきました。介護をされている方で、日頃のお疲れが出たのか参加を見合わせたいという話。けれど、やはり今回は出席してくださるとのこと。そして、翌日のカウンセリングでも違うお客さまが介護のご相談。これはもしや……(°∀°)b ということで、守護霊さまに「介護で大変な方へのメッセージ」をいただき、お話会の最後に読まさせていただきました。『どうして私がこの役回りになってしまったんだろう?損な役回りだと思うかもしれませんね。しかし、人間の最期にお付き合い出来るということは、とても幸せなことなのですよ。なぜなら、いつかはあなたもその時を迎えるからです。人間はいつかは死にます。でも、それがいつかはわからない。どんな人間も、死に直面すればその味わったことのない不安に脅かされます。介護はとても大変でしょう。体が動かない、言うことを聞かない、ただのわがままな老人に見えることもあるでしょうね。相手を恨んだり、そう思ってしまう自分を恨んだりね。もう一度言いましょうね。介護という役回りは、あなたが自分を裁く為のものでは決してなく、逆にあなたが人のなんたるかを知る手懸かりになるものです。泣いても、笑っても、嘆いてもかまわない。その日一日、あなたの出来ることをすればいい。彼らはあなたに心から感謝するでしょう。そして、守護霊同士が篤い握手を交わすのですよ。「ありがとう、ありがとう」とね。あまり自分を責めず、その日々を一緒に味わいなさい。休んでもかまわない。罵ってもいいんですよ。しかし、最期の時は、「この世のご縁でしたが、お会い出来て嬉しかったです。ありがとうございました。」と言ってあげて下さいね。あなたは彼らに素晴らしい時を与えているのです。あなたはそういう素晴らしい人なのです。』皆さんは、どんな花が好きですか?これは、シャガです。地味な花ですが、私はとびきりキレイだと思っています。雨上がりのツツジは清浄な香りがします。ピンクの撫子と矢車草の青。見事な芍薬の花です。楊貴妃みたい花は今が盛りですね~。どれも庭に咲いている花。ですから毎年見なれているはずなのに、この介護のメッセージをお聞きしてから、「花は人と同じだ」と感じました。誰も等しく歳をとります。いつのまにか体も心も固くなって、思うように動けずわがままばかり。そして、段々と「もう自分はお荷物なんだ、いらない人間なんだ…」と感じてしまう。今はしわしわの顔、曲がった手や足や腰。でも、人間誰しも春爛漫の花のような美しい人生の時があったはずです。介護は本当に大変です。気持ちも体もクタクタになります。だから、泣いても、笑っても、嘆いても、罵ってもいいんですって~(^^)ただ、最期の時には「色々ありましたが、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。」と言えたらいいなぁその時は思い出して下さいね。私も出来るかなぁ

      5
      テーマ:
    • 仮の肉体

      メッセンジャーとのある朝の会話です。先日は真夏のような1日でしたが、今日は雨☔がシトシト降っていて、少し肌寒さを感じる朝。日頃バタバタしている私にとっては、ホッと落ち着かせてくれる雨です。『自分を認めることは、人間にとってはとても難しいことなんだよね。いくら人からあなたはスゴい、あなたはよくやっていると誉められても、自分では「そうなのかなぁ…」と思ってしまいますからね。私にも経験がありますよ。生前、私は周りの方に言われたものです。「先生のお陰で今があります」「先生がいてくれたから」と。(この方は生前お医者さまと牧師さんだった方です)でも、私は人様に感謝こそすれ、自分はまだまだだと感じたものです。生きている間は神につかえる身。だから、体に鞭打って、もっと頑張らなければ❗と。今思うと、何て勿体ないことをしていたのだろうと思いますよ。人間の体というものは、いわば神さまからの借り物です。その頭も、目も、鼻も、口も、耳も、手も、足も、内蔵も、総てです。それなのに私たちは、それを勝手気ままに使い、痛めつけ、疲れさせています。私たちの体は一人一人違います。自分の天命、使命を果す為の格好の器がこの体なのです。いつか、魂が体から離れた時に、私たちはその自分の体の状態を目の当たりにします。その時にボロボロだったら、恥ずかしいでしょう?(/-\*)たくさん使って、ケアして、そうしながら生きていって下さいね。自分の心も体も温め、労って、大切にしなければ。他人からあなたへの誉め言葉は、私たちからの感謝の気持ちなんですよ。だから、どうぞ素直に受け取って下さいね。』魂は残っても体は滅びるものだし、土に帰るんだからいいやと思っていませんか?しかし、生前感じた体への強い感情というものは、思念としてずっと残っていってしまうのです。この歯も借り物かぁ…(°∀°)b 私は、鏡を見ながら、今まで大切にしなかった歯を見ています痛いのはホント嫌だけど、自分の為にも、ずっ~と後の自分の為にも、歯医者さんにいかなくっちゃ!いつかあの世に行った時に、神さまに花丸💮をいただけるように、楽しく心も体も使いましょうね

      6
      テーマ:
  • 09 May
    • 産土神社リサーチをしてみたら

      今回は、不思議なご縁に導かれたお客さまのお話です 埼玉県さいたま市にお生まれになり、現在は茨城県にお住まいの男性の方。 さぁ、リサーチの始まりです 最初に近くの神社をリサーチします。 しかし、二社リサーチをしてみましたが違います。 次にパッと目についたのが、さいたま市浦和区岸町に鎮座まします「調神社」。 「つき神社」と読みます。 お客さまが言いました。 「それって、調べるって書いてツキと読む神社ですよね?」 「あら!ご存じなんですか?」 「いや、知らなかったのですが、実は…」 以前、ご友人に誘われて水戸八幡宮の月次祭に行かれた時のことだそうです。 宮司さんが話されました。 「鳩は八幡さまのお使い」 そういえば、水戸八幡さまの偏額は鳩のような字体でしたっけ その時にいただいた紙に、ウサギがお使いの神社はさいたま市の「調神社」だと。 卯年生まれのお客さまは、そこで初めて 「調神社」のご存在を知ったそうです。 しかも、他の神社に行かれた度、社殿のウサギの彫り物がいつも気になっていたとのことでした。 リサーチをしてみましたら! 紛れもなく「調神社」が産土神社でした 私もそのお話を聞いて本当に驚きました。 ご友人八幡さまそして産土さま… これぞ神縁です あ! このブログを書いているたった今、 思い出しました 確か、産土神社をリサーチしているときに 「因幡の白兎」のシーンが私の目に映っていたのです。 因幡の白兎の話はご存じですか? 出雲大社のご祭神である大国主大神さまが、まだ修行中の時分、因幡の白兎を助けた神話です。 私は頭の中でブツブツと考えていました。 (なんじゃこりゃ?ウサギ繋がり?因幡の白兎は大国主命さまだよなぁ…はて?調神社のご祭神はどなたなんだろうか)と。 と、一旦話は置いておいて 次は鎮守神社のリサーチです。 「どちらだと思いますか?」と私は聞いてみました。とても守られている方でしたので、 もしかしたらご自分でもわかるかなぁ~と。 「大洗磯前神社かなぁ」と、お客さま。 学校も大洗、お仕事も大洗のお話が多いそうです。 さて!やはり予想通り、そちらが鎮守さまでした いやはや、有り難い有り難い。 お客さまも、改めてそのご守護に感じ入ったご様子 その時、突然頭の中で声がしました。 「ワシの力を思い知ったか!ワハハハ  畏れをなせー!( ̄▽ ̄)」 実は私もビックリ! ワハハハは、私の脚色ですが(;^_^ 強い波動をもつ、こんな風な明るく楽しい感じの雰囲気だったのです。 本当にさすが神さまです。 そのお力は素晴らしい有り難くて畏れ多いです。ありがとうございます と言いたいくらいの「お陰さま」を感じた瞬間でした。 ところで、さっきの一旦置いておいた話。 実は、お客さまの鎮守神社である 「大洗磯前神社」のご祭神は 「大己貴命(オホナムチ)」さま。 大己貴命さまの別名は「大国主命」さま。 因幡の白兎の立役者です。 ここで、ビビビと繋がりましたよね! わかりました?? 鎮守神社のご祭神と 産土さまのお使いのウサギ 産土の大神さまのご好意で鎮守さまが決まります。 これぞ神縁‼(しつこいですが(^^;) 神社リサーチをさせていただいていると、多くの不思議な出来事に出会います。 私はその度に、やっぱり人は見えないご縁の中でこそ開運していくんだなぁ~の思いを、改めて強く感じています 今回、ご縁をいただいたお客さまは、とても明るくて前向きな方。 思った通り、守護のご存在のお力は強く、 お話をしていると、私も一緒にそれこそ ワハハハ≧(´▽`)≦と笑いたくなります。 素敵な体験をさせていただき、本当にありがとうございました ここで、ワンポイントめも(・ω・)b (ネットからですが) 「調神社」は狛犬ではなく、狛ウサギ。 社名の「ツキ」により古来より月待ち信仰があるそうです ウサギと月かぁ 月待ち信仰・・・ろまんちっく と考えていたのに、なぜか、お餅が食べたくなってきた私でした(^^)  

      7
      テーマ:
  • 07 May
    • 産土神社リサーチ~お客様の声(その18)

        今回ご紹介する声は、宮崎県でお生まれになり、 現在は東京にお住まいのキラキラしたメールを下さったお客さまです (遠方の方からのご依頼の場合、郵送でさせていただいております)   「届きました! 届いてびっくりでした!産土神社の保育園で働いていました! びっくりです!確かに働いている時にダンスの仕事、CMなどが決まりました。 あまりの驚きに本当に嬉しい大爆笑でした! こんなにご縁があったとは!ちなみに、節分で巨人軍が豆まきに来るのですが、 巫女さんと鬼もしました(笑)すごい!   実は、産土神社の保育園で働いている時に、人生の転機だったのです。 保育士という仕事も幼い頃からの夢だったのですが、芸能界にも夢があり、 在職中にタレントスクールに合格し、CM等の活動もしていました。 そのご縁でダンスを学び、ダンスインストラクターになったのです。 本当に転機となった時なのです。 産土神社のことを知り、本当に改めて当時のことを思い出し、感謝いたしました。 ありがとうございました。   鎮守神社に参拝してきました。 一回目は短い時間でしたが、二回目はゆっくり参拝させて頂きました。 私には全く霊感などはなく、お声などを感じる事はできません。 風が強く吹いていた日なので気のせいかもしれませんが・・・ 本堂裏にも御神木があり、そこにつくと風が凄かったのです。 たまたまかな・・・と思っていたのですが、説明の書いてある所を読んでいて 「夫婦和合」という言葉の所で強風がふいてきたのです! 夫婦和合の意味がその時は解りませんでしたが、彼のことだって スッゴく嬉しくなったのです!その御神木を見ている時は、風邪が気持ちよく激しいくらいに 吹いていて嬉しかったです♡ 子宝、安産の神さまというのも何だか嬉しく2回ともご祈祷している時に参拝でき、赤ちゃんのお祝いにも2回とも遭遇できたので嬉しかったです(*^^*) お見守り頂いていることに感謝し、参拝していきたいと思います。」                                 (東京都 M・Mさま)   宮崎県にいらした時、お客さまご自身が産土神社の保育園で働いておられたと聞いて、私も大変驚きました そして、その時が人生の大きな転機だったとのこと。 当時のお客さまの努力と行動力が、産土の大神さまのバックアップを最大限に引き出されたのですね   産土さまのご縁で、鎮守さまが決まります。 産土さまが、「よろしく頼むよ」と依頼して下さるのです M・Mさまの今後更なる人生のステップアップを心よりお祈りしております 素敵なお声をありがとうございました!   風のことを言われていましたね。 神さまは私たちに、 「来てくれてありがとう」 「来てくれて嬉しい」 というようなメッセージを、 風や雨、鳥や蝶、雲や虹などで下さることがあります。 皆さんも経験がおありかと   特に風は、得意とされるコンタクト方法です。 霊感など必要ありません。 いかに私たちは守護のご存在に守られてきたか、それに感謝の気持ちを持ち、 心を寄せれば、もう十分、神さまと心が通じていることになるのですから。                    

      6
      テーマ:
  • 03 May
    • 不安という風船

      「不安は払拭するものではなく、 のみ込むもの」この言葉は、あるお客様のカウンセリングでいただいた守護霊さまからの言葉です。「う~んΣ(-∀-;)  のみこんじゃう?……のみこんだら、溜まっちゃう(´д`|||)」浅はかな私の率直な感想です不安があると、人は先が見えなくなります。だからもっと不安が膨らんでいきます。先を早く見たくて、まるで目の前の霧や蜘蛛の巣を払うように、必死にその不安を取り除こうとします。でも、払えない。取り除こうとすればするほど、不安は増すばかり。先の心配ばかりしていると、大切なその日一日一日にやるべきことが、実は疎かになってきます。私たちは時間という概念の中で生きています。だから「不安だ不安だ」と不満足の意識のままで一日を終えてしまうと、それが重なっていくので、ますます不安がぷっ~と、まるで風船🎈のように膨らんで、いつしか自分では抱えきれなくなってきてしまうということに。だから、ごっくんしてしまえばいい。ごっくんしてしまえば、見えなくなる。見えなくなれば、目の前のことをやるしか方法がありません。「今日一日、よくやった(*≧∇≦)ノ!」一日の終わりに、そう自分に言えるようになれば不安は小さく、そして不安という風船の代わりに「すべてはうまくいくんだ」という想いが膨らんでいきます。人は不安な時、一人ぼっちで頑張っているという感情をもち、孤独になってしまうものです。「そんな時こそ、私たちの事を思い出して欲しい。君は決して一人じゃないんだよ。私たちはいつだって、一番君の近くにいるんだから。」カウンセリングの最後に、守護霊さまはこうおっしゃいました私の目に、後ろにいらっしゃる微笑みをたたえたお姿が映ります。今日一日後悔のありませんように

      9
      テーマ:
  • 29 Apr
    • 最強の開運のツール

      ある晩、寝ながら産土神社の事をあれこれ考えていた私。その矢先にいただいた話。「うぶすな信仰は、最強の開運のツールです‼」いや~、相変わらず突然ですな(°∀°)b 有り難い、有り難いそこで、改めてお聞きしてみました。「どうして、そう思われるのですか?」「どうしても何も、それが今の現代人に最も必要なものだからさ。己の力を信じるのは当然ながら、他力を悪だと考える連中が多いからのぉ。他力とは人間では計り知れない力をいう。一口に他力というが、その威力は人間では想像出来まい。我らの力というものは、信じてこそ見えるもの。人に頼らない人間は、裏を返せば、己の力さえあれば何とでもなると考えている。それは傲慢というもの。気づいていないのじゃよ。だから、それでよしじゃ。その者が選ぶのであるからな。」じゃよ?え?神さま?遠景になってしまいましたが、茨城県東海村村松に鎮座まします、「大神宮」です。母の鎮守さまですので、改めて参拝をさせていただきました。由緒正しく、とても美しいお姿の、海の近くの神社です。母の為にお守りを求めました。手に持った途端、ビリビリビリビリ(*_*)「わぉ!⤴⤴スゴい❗」大神宮の大神さまの御霊をしっかり感じるお守りです✨人間とは不思議なもので、お守りをいただいて胸に抱いたら、安心して涙が出てきました。さぁ!また明日から頑張るぞ🎵

      8
      テーマ:
  • 28 Apr
    • あなたは一人ではない

      死とは、忌むもの、怖れるものではありません。死とは、私達の一番近くにあるものであり、生の意味を教えてくれる最もよき機会です。死に関してもっと自信を持ちなさい。私たちの絆は強く深いはずです。私たちと一緒に乗り越えていきましょう。あなたは一人ではありません。

      7
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 因果に囚われず

      お客さまの中には、誰にも言えない深い悩みを抱えている方がいます。その中でも、愛という感情のもつれは、手に負えず、ずっと絡み合ったまま放置されています。その時に、ある方に言われた、守護霊さまからの言葉です。「愛さなければと思う相手を愛せない時、その裏には必ず、許せないという感情があります。その感情は非常に厄介。その厄介な感情は、相手のみならず自分をも傷つけていきます。では、どのようにすればいいのでしょうか?愛したい、でも愛せない。これは作用反作用の法則に似ています。親だから、子だから、兄弟姉妹だから、上司だから、部下だから、夫婦だから、愛さなければいけない…この考え方がいけません。どうして嫌い?どうして許せない?そこを避けてはいけません。自分の感情をみることを怖れずに、紐解いてごらんなさい。第三者になって調べてみるのです。貴方自身がクライアントで、あなたはそれをよく聞くカウンセラーのように。あなたは意味があって生まれてきました。ですから、苦しむ感情にも意味があります。今、自分がその人を愛せないなら愛さなければいい。それで結構。しかし、それを心の隅で探し求めるのなら、いつかは必ず大きな愛情があなたの中に溢れてくることでしょう。悩むことは、その人の成長の糧になります。しかし悩みすぎることは、その人の成長を妨げてしまいます。なぜなら、人は悩むために生まれてきたのではないからです。新しい人生をスタートするために貴方がたは生まれてきたのです。ある意味、開き直り、諦めは必要だということです。その環境で今の自分にできることをすればいいのです。それが前に進むということです。因果に囚われず、私は今日から生まれ変わる!と思うことです。」「囚われ」という漢字は、人が囲いの中で抜け出せない様子を表しているように見えます。私達の世界は因果応報。しかし、いつまでもそれに囚われていては、同じDVDをただ再生し続けていることになります。だって仕方ないじゃない。どうしようもないし。ある意味、放置のようですが裏を返せば諦めです。因果は巡る❗その通り。でも、巡りめぐって、元に戻らないようにしていくしかないのですよ(^^)

      12
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 処方箋は何?

        私の守護霊さまのお一人に、江戸時代の漢方医だった方がいらっしゃいます。 その方から伺ったお話をしたいと思います   「ある時、僕のもとへ、今で言う血圧が高いという男がやってきた。 <どうして頭に血が上るか、それはわかっているんですよ私のバカ息子は道楽もんでね、 真面目に働こうとしないんです。だから、顔を見れば怒鳴りつける、喧嘩になる、そんなことを繰り返しているから、いっつも頭に血がのぼっちまう。だから、このバカ息子が真面目にやってくれれば、私の病気もよくなるんですがね・・。> 彼はよくわかっていた。 で、君ならどんな処方箋を出すかな?」   「私はお医者様ではないので、薬の処方箋は出せませんが・・・そうですねえ、息子さんとは いっても、やはり違う人間。あまり気にせずご自分のことを・・・いや!そんな話を聞く方ではありませんよね?」   「その通り。 私は漢方医だったから漢方薬は出したが、結論から言えば、彼にどんな処方箋を出しても難しいんだよ。なぜかと言えば、あれから息子は改心したんだ。父親が悩んでいるのを見て、さすがに息子もこれじゃいかんと考えたんだろうな。 だがな、息子が改心しても、その父親の血圧は下がらなかった。 なんでだと思う?」   「また、新たな悩みを見つけてくるからですよね?」   「そうだね。悩み多き人間というものは、その悩みをギッチリ掴んで放そうとしないんだ。 朝から晩まで考え続ける。これじゃあ、頭に血が上りっぱなしになっても仕方がない。 そうだろう?」   「でも、こういうキチンとした、真面目に考える方は多いと思うんです。 だから、そう簡単に言われても難しいと思いますが(-"-;A」   「そうだろうね。 だから僕はこういう処方箋を出したんだよ。 <悩みはいつかはなくなる>と思いなさいと。<いつかは良くなる!>と。 君も言うだろう。因果応報だと。   くよくよ悩んで、あれが良くない、これがダメだ、あ~どうしよう。どうしよう。ダメだ!! こういう考え方ばかりしていると、悪い想念の種を心に植えることになる。そうするとどうなる? それに応じた芽が出てくる。それに応じた花がさいてしまう。違うかな?」   「本当にそうでした!つい忘れてしまいます。 いつもありがとうございます」   「僕が言いたいのは、あんまり悩むなよ~ということ。 全てに意味があること。だから悩んでいるヒマがあるのなら、それが良くなることを考えなさい。ということ。いつかは良くなる!いつかは解決するんだ。必ずね。 私たちはその為にここにいるんだから。」   気づかれたかと思いますが、守護霊さまのお話はいつも対話形式になります。 一方的に啓示のように話されることはありません。 ですから、必ず「君はどう思う?」と聞かれます ボーッと聞いていると「すみません、もう一度お願い致します・・・(;^_^A」なんてことになってしまいます。   改めまして、守護霊様とは? 「お祖父さんやお祖母さんではないけれど、昔々に生きたご先祖さまですよ。 智恵と勇気と強い信念をお持ちです。 あなた方を一番に心配している者たちです。そして、一番にあなた方の幸せを願っている者であり、一番の理解者、そして一番の後援者の集まりです。 だから私たちに委ねなさい。あなた方の心を示しなさい。必ず私たちはあなた方の助けになるでしょう。その為に私たちはここにいるのですから。」   守護霊さまから、今、いただいた言葉です                                              

      12
      1
      テーマ:
  • 17 Apr
    • 守護の仏さま

      私は両親ともに神道なのですが、なぜかその昔のご先祖さまは浄土真宗 我が家に限らず、長い歴史の中で、宗旨がえをされている家は大変多いのではと思われます。 お寺の仏像やお経は大好きでも、実は、宗教自体にはまったく興味が無い私です。 だから「曾祖父は浄土真宗なんだよ」と言われても、あぁそうですかf(^^;で過ごしてきました。 何がいいたいかと言うとね~ 皆さんには守護霊さま(天命の仕事をされている方には指導霊さま)がいらっしゃいますが、その他に、 守護神さま、守護仏さまというご存在もいるのよ~⤴ということを、認識していただきたい!ということなんです。 守護神さまの話はまた後日ということで、今回は守護仏さま。です。 どんな仏尊さまが守護仏さまになって下さっているのかといえば、ご自分にご縁のある仏尊さまなんです。 前世、そのまた前世で拝んでいた、ご先祖さまが拝んでいた、家族が拝んでいた等々、 想像もつかない長い歴史の中でのご縁のある方が守護をして下さっています。 また、例えば前世で道教をされていた方や、インドにいらした方、キリスト教を信仰されていた方などは、それにご縁のある仏尊さまです。キリスト教は天使になるでしょうか。 だから現在でも、理由はないけれど「なんとなく惹かれる、好き」は守護仏さまである可能性が高いのです さて、浄土真宗といえば親鸞聖人ですね。 ここは、茨城県笠間市にあります西念寺 「稲田御坊」という場所です。 この碑に刻まれているように、親鸞聖人の主著「教行信証」が書かれた場所。 京都の東本願寺、西本願寺が総本山になりますが、ここは実は「浄土真宗発祥の地」 であり、信者の方にとっては、聖地なのだそうです。 笠間は今でも片田舎。お寺は田や畑に囲まれています。 親鸞聖人は、当時、後鳥羽上皇の怒りにふれ、京都から遠く越後國(現在の新潟県上越市)に流されてしまいました。 後年赦免となり、常陸國の稲田という場所に落ち着きました。 後には京都へ帰られましたが、数年をここ笠間の稲田御坊で過ごされたという経緯があります。 我が家から少し離れていますが、こんな由緒正しいお寺があったのかと、知った時は大変驚きました👀‼ 以前に、神道フーチで、自分の守護仏さまをリサーチしたことがありました。 すると、私の守護仏さまのお一人は阿弥陀如来さまです。「ふ~ん?阿弥陀さま?」 なんで?どうして? 有り難いとは思っても、実はピンときていませんでした 正直な話、浄土真宗はよくわかりません。 しかし、お寺にいって、ご本尊さまをよく見てみると…そこには阿弥陀如来さまがいらっしゃったのです 私の守護仏閣は、浄土真宗発祥の地である、この西念寺であり、ご本尊さまは阿弥陀如来さま。 「そうか~、そうだったのか!」 と本当に畏れ入ったという訳です。 ここで、ピッタリ一致しました。 私が小学生の頃から、どうして親鸞聖人が大好きだったのか、新潟に興味があるのか、流罪された方々を調べたことも、そういえばありました(^^) ご自分では、なんで?知らない~と感じていても、ご縁のある守護仏さまは必ず守って下さっています。存在されています。 私たちの祖先やご先祖さまはみな、朝な夕なに仏さまに手を合わせていました。ほとんどの日本人は仏さまと関わって生きてきました。 だから、私たち現代人がまったく仏教や仏尊さまに興味がなかったとしても、そのDNA がしっかり入って、この世に生まれてきているんです 私のお客さまの、ご先祖さまの菩提寺をお聞きすると、浄土真宗のお寺だという方が大変多いのも、やはりそういった見えないご縁なのだと思います。 すこし、興味を持てましたか? 興味があってもなくても、自分の守護は厚い方がいいですし、多い方がラッキーでしょ? お金がかからず、ラッキーになる\(^^)/ 「信じて求めるものは、守りやすい」 守護のご存在はこう言われるんですよ  

      7
      2
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 本来の自分

      私の今年の課題は「自己改革」なのでして(・ω・)bそのつもりで、この3ヶ月半きたわけなんですが…昨日の夜に守護霊さまからダメだしをいただいてしまいました。こういうふうに書くと、「宮下さんはいつも守護霊さまに教えていただけていいですね~」と言われますがとんでもありません!何も疑問を持たずに、ただのんべんだらりと無駄な時間を費やしていると、全く会話をしていただけません。しかも、ブツブツとただ頭の中で考えているだけで、本気で取り組もうとする姿勢が見られないと「え?もしかして守護霊さまはどっかいっちゃったの?」的な感覚が伝わってきます。そんなこと、ある訳はありませんが最近、暖か~い春の陽気のせいか少々さぼり気味な私わかっちゃいるけど、まぁいいかなぁみたいな。そうすると、なぜか不安になってきて、「自己改革!自己改革!」でも、まてよ「何を自己改革すればいいんだろうか?」新年からそれを声に出して言い、小さな事を改革させてはいるものの、今一つ掴みきれません。そこで私は考えました。「私の今年の目標は、我と皆の開運だよなぁ?うーん(-_-;)よし、今までの総ての仕事内容を、初心に戻って復習してみよう!」最初の復習は「姓名判断➕開名」です。色々な文献を読み、色々な意見を頭に入れてみようと。でも、なにかが違うんです。話はやっと戻りますが(;^_^A昨晩、守護霊さまからダメだしをいただいてしまいました。「君はさぁ、本来の自分を避けてるよね?」「え!(?_?)そんなバカな…私はこれでも先に進もうと色々考えてやっているつもりなんです!」「もちろんそれは仕事だから、いいんじゃない僕が言ってるのは、君がこの世でやるべき事から目を反らしてるよね。ということ」「…??それはわかっていたつもりですが(言われている意味がよくわからず)」「本来の自分をよく知らないのに、そのまま自己改革をしようとすれば、また焦点がずれるだろう?」「そりゃそうだわな…(心の中です)」 本来の自分ってなんだと思いますか?私は時と場合により、前世を見ることもありますが 「前世プラス、この世に生まれ変わる直前にしてきた、又は、させられてきた課題がなんであるのかを、知る必要があるということかなあ」 そうぶつぶつ考えている内に、目の前にビジョンが現われてきました。 母のお腹の中にいる自分です。ただの黒点のように見えました。その前に遡ります。 どう見ても生まれ変わる前の天上でしょうか自分の周りには、数えきれないほどの魂たち。目の前には、白い長い髭のイエスさまのようなお顔立ちをした、やはり白く長い衣を着た50代くらいの男性の方が立っています。あたりは白い空気が立ち込めていました その方は大きく両手を広げて、こう言われました。(ちょうど、リオにあるキリスト像のよう) 「さあ、君たちはもう決めなければならない。生まれ変わるのか、ここでお役目をするのか、私達の手助けをするのか。」 ただ、全て自分達で決められるわけではなく、決定に従う必要がある方や、決めていいところや、ダメなところと、様々な形があるようです。 そこで、私は自分を見てみました。「あれ、私は生まれ変わることを望んだんだ~。なんでまたわざわざ(大変だろうに・・)」しかも、私は父を選んで生まれてきています。 人はみな、その方が決めてきたこと、決めさせられてきたこと、一族的なこと、ご先祖さまとの関わりなど、様々なものを持って生まれてきます。守護霊さまのいわれた、「本来の自分」とはこういうことなのです。私は、こういった霊的な仕事をしていますので、今世、自分がやることをよく理解していたつもりでいました。 「本来の自分を取り戻すためには、まず初心に立ち返る事。自分が何をしたいのか、自分が本当に望んでいたものはなんだったのかを思い出しなさい。それは家族であろうが、会社であろうが、自分以外の相手に自分の人生の行方を委ねてはいけません。本来の自分の目的を知らないまま自己改革をしようとすれば、焦点がずれてしまいます。目的のない人生の旅を続けるのは、もうやめにしなさい。」 あなたは、一体誰の為に生きていますか?誰の為に生まれ変わってきましたか? 私はキチンと目的を持って生きていたつもりでいました。でも、それが少しブレていたのですね。 なんだかとてもややこしい文章になってしまいましたがただ、お伝えしたいのは、これのみです。「あなたは、目的があって生まれてきている」です。 だから、本来の自分ってなんだろうか。とたくさん自分に問いかけてみて下さい。必ず見つかるはずです 気づいたら、それをごまかさずにね 人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆私のようにダメだしがきてしまいますから。              

      5
      3
      テーマ:
  • 12 Apr
    • ご自分の担当の神さまと仲良くなりましょう

      こちらは、茨城県常陸太田市天神林町に鎮座まします「稲村神社」お客様の産土神社・鎮守神社でもあります。古代は物部氏、近いところでは佐竹氏が、この辺り一帯に強い勢力を持っていました。観光バスがよくとまる佐竹寺の右後ろの奥まった場所にあります。こちらに一番初めに訪れたときは、大変失礼ですが😥なんてボロっにビックリしました。なぜビックリしたかというと、稲村神社は大変由緒正しい神社だからなのです。時は平安、醍醐天皇の御代、右大臣は菅原道真、左大臣は藤原時平という、よく教科書に登場してくるメンバーがいらした時代、当時朝廷は、全国の神社一覧をまとめました。それが「延喜式神名帳」といわれるもの。その中に、この稲村神社は書かれているのです。ですから、この972年当時にこの神社は明らかに存在していた(°∀°)b ということになります。徳川光圀の崇敬も篤かったようですしそういう歴史をみると、この廃れ様はとっても寂しいですよね主祭神はニギハヤヒの命さまと、神世七代の11柱の神々さま。そうそうたる天の神さまがたです!参拝される皆さんは、社の規模やきらびやかさに崇敬の念を持たれるかと思いますが、いわゆる、こういった式内社は、全国にたくさんあるのです。ズラリと並ぶお社。かの有名な御岩神社もあります。ここの神さまは、白い髭を長く伸ばした亀仙人のような風貌をされた痩せた方…だと感じます。お酒が大変お好きで、少々偏屈な方ですが、ほとんど人が訪れないせいなのか、「話をしてくれ~」と言われます。参拝される前に、産土神社・鎮守神社の歴史を調べ、どんな神さまが祭られているのか、どんなことをされた神さまなのか、こちら側が興味をもち、親睦を深めたいと思うことが実は大切なんです。ご利益を与えてくれる神社だけではなく、担当の神さまのご開運を祈ることは、自分の親の幸せを祈ることと同じです。ですから、ご自分の開運と神さまのご開運は連動している!と意識して、神さまとお付き合いをして下さいね~☺神社側から撮った写真です。トトロと会いそうな美しい静かな場所です

      8
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 産土神社リサーチ~お客様の声(その17)

        今回ご紹介する声は、私も驚くほど産土神社へ熱心に参拝をされている20代の女性の お客様からです。   「以前にご相談していた、前世でライバルだった上司にホトホト嫌気がさしていました。 事ある毎に関わってきて、何度泣きながら喧嘩したかわかりません。 私の接し方が間違っていたのかもしれませんが、もうニッチもサッチもいかない状況でした。   ここ数か月、私は出社前に、毎日産土さまの拝殿の写真に向かって祝詞を称えています。 今日も頑張りますので、穏やかに過ごせますようにとお願いもしています。 なので、以前の様に毎日産土さまを訪れることは無くなったのですが、先々週、今日はお参りにいってみよう!と思い立ち参拝してきました。 そしたらその週に、部長が私の話を聞いて、その上司と話してくれ(もちろん、上司は全く納得はしていない様ですが)必要以上に私に接しないように、何かあれば自分が間に入るから、 私に文句があれば言いなさい、とその上司に言ってくれたのです。   それからというもの、話しかけられることも無くなり、以前より伸び伸び仕事が出来るように なりました。その上司との戦いは、どちらかが異動になるまで続くと思いますが、 神さまに応援していただけるように頑張って仕事をしようと思います。 産土さまとご縁を繋いでいただき、本当にありがとうございました。」   前世、お客様とこの理不尽な上司の方は、古代ローマ時代の戦士であり、ある意味、 ライバルという関係でした。 前世の彼女は正義感が強く、たいへん真面目であり、男たるもの・・という生き方。 しかし、その上司の前世はそういう彼女とはまったく正反対の価値観を持った方でした。 当時、彼女は相手にしてはいないのですが、相手はうるさいくらいに関わってくる。   現在と、まさに同じ!だそうです(-"-;A   それを知ったお客様は、今世はご自分を変えよう!と一生懸命がんばりましたI このことについて、守護霊さまにメッセージを求めました。   「彼女は、無意識だが、どこかに逃げ道はあるはずだと必死に助けを求めていた。 そこが彼女の素晴らしいところなんだよ。そんな人を私たちは救わないはずがないだろう。 天は自ら助くる者を助くという言葉があるが、彼女は、自分の、自分に負けない強さが彼女自身を助けたんだよ。 人のカルマはそうそう消えるものではない。しかし、そのカルマをまともに受ける必要は無い。そういう時の為に私たちがいるのだから。 彼女のように、その渦の真っただ中にいたとしてもどうにかしたい!助かりたい!と思う気持ちがとても大切なんだよ。 これはね、実は、自分を信じている証拠なんだよ。 私たちは共にあるのだからね。彼女は強くなったんだ。相手に求めず己に求める。 私も、産土さまもこういう人が大好きなんだよ。」   「天は自ら助くる者を助く」 他人に頼らず、自立して努力する者には、必ず天の助けがあるという意味です。 自立というのは、我を張って生きることではありません。 自分が今できることを精一杯やる。それが自立です。 精一杯やって、そのあとは、守護のご存在にお任せする。   辛い時は助けを求める。人間は一人では出来ないこともたくさんあるからです。 それが自助です。   お客さまは、祝詞を毎日称えているとのお話。 素晴らしいです!ヽ(*´∀`)ノ 「先天の三種の大祓」は、ご自分の前世先祖のカルマを昇華し、守護のご存在のご開運を祈るための最適な祝詞です。 時空間を浄め、神仏のご開運を祈る・・・これは実は自分の一霊四魂を元気にする祝詞でもあります。   平たく言えば、自分の魂が強くなるということ 自分が強くなれば、周りの影響を受けません。 自分の人生を自分でスイスイ操縦できるようになっていくのです。   お客さま、お声をありがとうございました。 陰ながら、フレーフレーと応援させていただきます(⌒▽⌒)                                        

      9
      テーマ:
  • 08 Apr
    • 待つ勇気

      数日前に、たくさんの従業員がいらっしゃる、ある会社の社長さんからカウンセリングのご予約をいただきました。以前にも何度かご予約をいただいておりますが、この方が質問として、最後に必ず聞かれる言葉があります。「私はこの方法で間違ってはいないか」です。「今が大丈夫なのかどうかはわからないが、もしもっと善くするための方法があれば教えて欲しい。」ではなく、「必死に絞り出している。果たしてこれでいいのだろうか」という質問の仕方です。この社長さんは、人生の大波の中でも決して諦めず、艱難辛苦を重ね続け、会社を存続されてきた方。ですから私も、お会いするたびに、人生と会社と従業員さんに対する真摯な気持ちに感動を覚えますし、こんな素晴らしい方とご縁をいただけて、本当に有り難いと思っております私もそうですが(^^;大抵の方のご質問の仕方は、大雑把に言えば「わからないから教えて」なのですが、この方はそういう問いかけはしません。「決して諦めない。私はなんとしても活路を見出だす。どんな状況にでも必ず道はあるはずだ。必死に考えた。果たしてこれでいいのだろうか?」というもの。もうお分かりかと思いますが、このような問いかけに対しての守護霊さまは、待ってました❗という感じ。大変熱心であり「素晴らしい❗頑張ってくれたまえ!」的なのです。そういう器の大きい方ですので、今後の展望という質問に対しての易を立てさせていただき、例えあまり思わしくない卦が出たとしても、その結果に対して、一喜一憂をされません。ただ、受け入れるのみ。です(°∀°)b そしてそこを起点として考える。考えて、考えて、考える。導き出す。時には焦らず、時期が来るまでじっと待つ。積極的に待つ。易の本の中にこういう下りがあります。「待つことこそ、真の勇気である」一喜一憂されないのは、待てる自分を強く信じられる方だからだと思いました。社長さん、本当にカッコいいんですよ💕

      9
      テーマ:
  • 01 Apr
    • ブログのタイトルを変えました!

      昨日までは「ロゼット姫と天使」というタイトルでブログを書かせていただいていましたが 、本日よりタイトルを変えました❗ 「人生よ開け!」です 「自己改革」が私の今年の目標なので、 節分から、自己改革自己改革といつも口にしています。 そのためなのか、総てを変えたくなりましたほとんど着ていないのに何年もとっておいた服を捨て、靴を捨て、面倒な事にやっと着手し始め、心も前向きになってきています。 私は誰とも交わろうとしないヘンテコな子供のまま成長しました。 「私は理解されなくてもいい、私が理解すれば」いつもそう思っていました。 だから、まさにその通りの人生になり 言葉を変えて言えば、 「私さえ我慢すれば、相手は傷つかなくて済む」ですよね? そんな~お釈迦様じゃないんだから(;^ω^A しかも、お釈迦様はそんなことを望んでいないし。 と、今思い返すと、私ってなんて偉そう(`×´)と思います。 心からそう思っていれば、私は傷ついてはいないはずでした。でも、意識の上には無かっただけで、私はやっぱり傷ついていました。 それは時間が解決していたのではなく、潜在意識に移動していただけ。 「自分さえ我慢すれば。」 これは自分の「強い思い込み」であり、相手はそうは思っていない場合がとても多いのです。 自分の心を相手に投影しているだけに過ぎません。 こういうのを「卑下慢」と言うのだそうです。卑下は自分を価値のない人間だと思い、自分を痛めつける行為。慢は慢心。 自信をつけなさい。 自分を愛しなさい。 自分を認めなさい。 よく使われる言葉ですが、私も経験上、とても難しいことは知っています。 でも「難しい」と言うのは簡単。変わりたいという意識さえあれば、人はいつでも変われるはずです。 いえ、変われます❗ 突然ですが、これはお客さまからいただいたクラフト飾り。 とってもキレイですよね 創るものには、その方の個性が現れます。 円さと深い海を感じる青。 きっと愛情の深い、謙虚な心をお持ちの方なんだろうと感じました。 じっと、これを見ていて考えます。 私にメッセージを感じたからです。 自分が大切な人、自分を好きになりたいと思う人は、人生を切り開こう、どうにか幸せになろうと開運に興味を持ち始めます。 だから、自分なんか大嫌いと思う一人ひとりが、この深い海のような自分の心を慰め、誉めて、今までよく頑張ったね。といってあげてほしい。 自分が大切だからこそ、 より良い人生にしていきたいというやる気、意欲が出でくると思うからです。 「開けゴマ」ではなく「人生よ開け!」 本日からまた改めまして、よろしくお願いいたします  

      11
      8
      テーマ:
  • 31 Mar
    • おぬしだったら

      昨晩、布団に入り「今日も一日ありがとうございました✨」とにっこり(  ^∀^)楽しい事が何にもなくても一応にっこり目を閉じたらビジョンを見ました。私の職場の鎮守さまである「鹿島三嶋神社」の拝殿の扉がふゎ~と開いたと思ったら、白い空気に囲まれた男性の方が座っていて、私においでおいでと手招きをしている、そんなビジョンです。私はそれを見て「何かお話をいただけるのですか?」と言ったのですが、それで終了してしまいました。なので、早速今朝は早起きして参拝です。那珂市後台に鎮座まします「鹿島三嶋神社」です。以前にもブログに書かせていただきました。小さい町のひっそり佇む神社です。でも、こちらは知る人ぞ知る素晴らしい神社なのですよ🎵子宝に恵まれた、結婚相手に出会った、試験合格した、などなど、宮司さんのお話では、遠方からわざわざ参拝に来る方も多くいらっしゃるようです。深々と頭をさげ、「昨晩ビジョンをみましたが、何かお話をいただけるのですか?」と再度聞きました。もしかして、私のビジョンの見間違いかもしれませんから。(そんな事あるんかい…(;^ω^A)話をしていただけないようなので、境内を一周してボッーとしていましたら、「おぬしが神だったら、どうやって人を助ける、どのようにして人を救う?」と突然の声がしました。「ええ!…私が神さまだったら?え~と…神さまだったら一生懸命生きている人を……でも、そうじゃない人もやっぱりどうにか手助けしたいですかね…😞💦」思いもよらぬ語りかけでしたので、私は戸惑いました。「神さまの深大なお力を、私がはかり知ることは出来ません。」「みなそれぞれ願い事を言うておるが、その後がいかん。それが叶っていったい何がしたいんじゃ?それを叶えて、どうするんじゃ?わしはそれを言うておる。すべては縁で成すもの。良き縁を願うのが必要じゃ。」「たとえば結婚相手を願う場合、こんな人、あんな人を具体的に言って、良きご縁の方に出会う為に○○をします!と言っていると思うのですが?」「結婚相手に恵まれて、結婚して、その後はどうしたいんじゃ?結婚することが願いなのか、その後の人生をより良いものにするために結婚したいのか、そこをハッキリせよ。混同してはいかん。」「わかりました!(°∀°)b !手段が目的になってしまっているということですね?それでは、試験合格の場合はいかがですか?」「試験の合格は90%がその者の実力にかかっておる。ゆえに、その日まで無事に病気や怪我をせず、当日100%の力が出せるようにということじゃ。これも縁じゃからの。」「子宝は?いかがですか?」「我はなかなか子を授かれぬ。これも縁だとはわかっておりますが、子宝に恵まれたいと願っておる。子宝に恵まれた暁には、一生懸命に育てますので、どうぞよろしくお願い致します。このように思ってほしい。一生懸命育てます…ここが肝心じゃよ。子供は親の欲の為にいるものではないからの。それから、子を授かることに一喜一憂するでないぞ。きちんと意味のあることじゃからの。授かるから幸せ、授からぬから不幸せという考えは捨てよ。親の資格がないから授からぬという言葉を使う者もおるが、親の資格もなにもありわせぬ。それは人間が勝手に決めていること。神の領域にすがずか入るでないぞ。授かるも授からぬも人の尊さに変わりはなく、それ自体に人生の価値を置くでない。己に足らぬものを探すほど、無意味なことはない。おぬしらが生きる場所は、すべて縁で成りたっておる。ゆえに、良き縁を願え。良き縁こそが人生を開いてゆく。もうひとつ言うておく。縁は、今の自分に見合う縁しか来ん。ゆえに、自分を高めることを怠らず、良き縁を願うことじゃ。」これはご本殿の横にある張り紙です。これこそ、まさに神さまのお話でした願い事をするとき、その願いをどうして叶えたいのか何をすれば叶うのか叶ったらどうしたいのか何をするのかを、じっくり自分自身に問いかける必要がありますね。もし自分が神さまだったら、私たち人間に何を望まれているのかと考えるとわかるかも🎵ですよ。

      7
      テーマ:
  • 29 Mar
    • 私たちの栄養(魂)

      先日は肉体の栄養について書きましたが、今回は魂の栄養とはなんぞや(?_?)です。うーん、なんだろうなぁ考えつくことは、霊的覚醒とか?温故知新?様々な困難を乗り越える、生きる意味を知る、努力を重ねる、祈り、パ~ッと騒ぐとかもそう?思いっきり買い物するとか?…その方によって色々あるとは思いますが私が一押しなのが、もちろん!産土神社ですイチオシどころか、これを知らずして魂の栄養を語ることなかれくらいの最優先の栄養分なのです。私のところには、様々なジャンル?の宗教を信仰しているお客様もよくみえますが、神社の話をしますと、「私は○○に手を合わせているので、神社参拝は失礼なのですよね?」と不安な表情をされることがあります。答えはのーぷろぶれむです。あなたはどこから生まれましたか?どこからやって来ましたか?何を信仰しようがしまいが、無宗教者であろうがなかろうが、お父さんとお母さんから産み出されたことに変わりはありません。父・母はもちろんのこと、産土神の産霊(むすび)の力が働くことによってこの世に生を受けることが出来たのです。ですから、産土信仰は宗教以前の問題であり、宗教とは関係のない、命のエネルギーという養分なのです。産土神社にいらっしゃる自分の担当の大神さまに手を合わせ、感謝の心を向けることは、自分の命のふか~い、ふか~い部分魂そのもの、いわゆる根っ子に、たくさんの栄養を与えるということ。さて、産土さまからの伝言です。「初めは神にすがってもよろしい。だが、ずっとその意識を持って願っていては、いつまでたっても己の為にはならん。神と対話するという意識できてほしい。わしらとの対話は、いわば自分との対話じゃ。」大神さまは、ご本殿や拝殿だけにいらっしゃる訳ではありません。その土地、ご神木、摂社、末社、その境内全体に意識を持ち、ご参拝下さいどんな前世を生きたにせよ、私たちは誰でも一人残らず、この世で幸せになる権利を持ち、チャンスがあります。それにはまず、魂に栄養をあげることですよね

      4
      テーマ:

プロフィール

宮下 愛加

性別:
女性
血液型:
0型
お住まいの地域:
茨城県
自己紹介:
私というパイプを通して、守護のご存在や旅立たれた方々からのメッセージをお伝えし、皆さまご自身の意思で...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。