児玉千恵子@連絡簿

わが国に「既製服のフィッター」を誕生させたパイオニアとして知られ
売れるCS空間を創る「売場の庭師」とも呼ばれている
児玉千恵子が書き下ろす公式ブログ

恋染紅葉 こいそめもみじ  【公式サイト】児玉千恵子のCS向上セミナー JAPAN STYLINGFITTERS GUILD 《児玉千恵子のボディバージョン》

   企業&地域の活性化プロデューサー・スタイリングフィッター&ビジュアリストの

     児玉千恵子が、衣・食・住・サービス関連のさまざまなCS情報をオリジナル発信!

      ★ 「スタイリングフィッター」および「ボディフィッター」は、児玉千恵子(DOMINANT LIMITED)の登録商標です。            

第26回「ボディ&スタイリングフィッター実践講座」



  

CHIEKO KODAMA 「衣・食・住・サービスのプロ商人育成」「企業と地域の活性化サポート」は、おまかせください! 講演・講師・VMD改善実地指導のご相談は、こちらをクリック


テーマ:

(C) DOMINANT LIMITED フォーマルのスペシャリストを目ざすには、まずは自らが、「宴」デビューからのスタートを!

 深まりゆく秋、…ビルの谷間にある民家で、田舎の庭先で見かけたような風情(柿の実が枝の先端部分に、2~3個の残っている)に出会う。
 それは、鳥や自然界の神々に捧げるために、先人が残した粋な計らいなのかもしれない。その名も「木守柿(きもりがき)」…。
 11月の別称「霜月」の由来は、霜降月。「雪待月」や先月の旧称を受けついでの「神帰月」などの異称もある。…旬の色は「恋染紅葉」。
 暮れなずむ晩秋の空気に身をまかせたいが、商人にとっては、今が「嵐の前の静けさ」のようだ。
 今月のMDはコンセプトを、例えば「宴」に設定してみると、グルメ・スィーツ・テーブルウェア(漆の器他)から、絵画・ジュエリー、そしてエレガンス系の「洋服&和服」…へと枝葉が広がる。
 一方で、少子高齢化が進む昨今は、「七五三」の「お祝い」需要には、一層の力がこもろう。
 紅白の「千歳飴」は、本来は子供の成長を願って食べたが、「棒状のさらし飴」以外の甘党向けへのスィーツも登場している。
 ギフトは年の瀬を待たずして、「パーソナル」対応と「おせち」の早期受注がエスカレート中。
 3日の「ハンカチーフ」と11日の「靴下」の日も、ロマンや背景をのせたセットを工夫をしてみよう。
 11月の誕生石は、「トパーズ」。11日の「宝石の日(ジュエリーデー)」は、販売促進のチャンス日になる。…遠い昔から、神の石として珍重されてきた宝石は、聖職者や王侯貴族の「魔除け」のお守りだった。
フランス革命の頃に一般女性も身に着けるようになったそうだ。
 そういった時代に想いを馳せながら、誕生石や好みの貴石を楽しんでいただこう。デザインが古くなったり、飽きてしまった物は、少しの予算でのリメーク加工サービスを!
 旬のおもてなし花の代表格は、彩りも豊かな「菊」。
 水持ちのする丈夫な花として「コサージュ」向けに重宝される。若い人向けには、オレンジやピンク色のスプレー菊が受けている。
 24日は「オペラ記念日」。早咲きの白や紅色の「椿」のアレンジメント(著名なオペラ「椿姫」にちなんで…)をどうぞ。
 「シネマ・オペラ」や「シネマ・歌舞伎」も静かなブームだ。「鑑賞券」を贈呈すのも一案。
 緑の葉物(大・中・小)がVP演出時に多用されるのは、癒やし効果が満点な上に、多様な「VMDテーマ」の邪魔をせずにカバーできるからだ。マジックフラワー(布製)を使いたいときは、アクリル・ボックス(透明)の中に入れシースルーで見せるとおしゃれ感が出る。
〔 PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
「ストアーズレポート」 11月号より
Copyright(C) DOMINANT LIMITED All Right Reserved.
【無断転載使用不可】

人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

 「ストアーズレポート」11月号、連載第117回「商いの実学・遊学・雑学」は、
『晩秋の彩りと愛語を添える自信作』!
晩秋の彩りと愛語を添える自信作
 「恋染紅葉(こいそめもみじ)」「霜月」、そして「神帰月(かみかえりづき)
」の11月…商人(あきんど)にとっては、今が「嵐の前の静けさ」か。
 今月のMDは、コンセプトを例えば「宴」に設定してみると、どんな枝葉が広がるのだろう?
 誕生石は「トパーズ」、旬の「おもてなし花」の代表格は?…はたまた、「愛語を添える自信作」とは?

◇ 11月(霜月・神帰月)の回覧板
 どんなにステキな「商品とスタッフ・空間」があっても、お客さまとの出会いがなければ「価値がないに等しい」とは、私が常々言っていること…ユーザーに支持される商品(作品)となれるか否かは、「陽の当たる場所」があってこそ…そんな好事例を具体的にご紹介する。

◇ 創造力&営業力とスポンサー
 これからの厳しい時代は、「営業力」と「販売力」との相性、マッチング力が今まで以上の課題!
 さらには、「創造力」を全面的にバックアップしてくれる、上司やスポンサーの存在がなければ、作品(商品)はお蔵入りへと…映画『イヴ・サンローラン』を通し、私自身のことを交えながら考えてみる…。

【プロ販売員模試】 「五覚と五感を刺激できる博識度 テスト」

〔ストアーズレポート2014年11月号の主な内容 〕
《特集》 インバウンドに熱視線
 25%増ペース、年間1300万人が射程に 急増する中国が牽引、台湾と香港も高伸長
 成長戦略への重点営業施策に昇格 買いやすい環境整備と発信力に注力
 インタビュー 伊勢丹新宿本店 中野 啓史 氏 外国顧客マネージャー
 限られた時間で楽しめる環境改善を着々と
《ストレポFOCUS》 インタビュー アトレ 取締役営業部長 徳永 敏則 氏 
 改装の前倒しで足元商圏の深掘り推進
 アトレ恵比寿の改装 食料品を起点に集客力高め、増収基調
 片倉工業 訪れるたびに驚きがある街 「コクーン・シティ」を実現へ
《FIELD REPORT》 銀座マギー 「オブスタイル」を刷新雑貨を拡充、ライフスタイル提案型へ
《リテールe-ビジネスの未来予想図 48》 京急百貨店
 公式ウェブサイトをリニューアル 告知・宣伝媒体から脱却 興味や関心を深めて共感呼ぶ
ストアーズレポート11月号 《シリーズ チャンス到来 百貨店外商》 
 事業拡大を目論む成長戦略(2) 総力を結集した提案力 カギ
《蔦川敬亮の TOKYO STORE'S GUIDE 60》 
 親たちの購買意欲旺盛なモノ・コト「クオリティ・キッズライフ」の追求
《川端準治の百貨店情報システム 戦略と戦術の実践 10》
 今後の基盤づくり システム構築への取り組み
《渡辺林治の 奴雁 10》
 日本株の見方 アベノミクスはROE重視
《長塚四史郎のモール・SCの展開と空間経済学 3》 
 首都圏東北エリアのモール・SC商圏解析シミュレーション


《COLUMN》
☆金田祐吉〈商いは草の種 10〉 郷土ブランドの主導権を握れ
☆Fresh!Human 松岡 美穂 さん 東武百貨店 池袋店
☆Event For Customer 集める・賑わう 東急百貨店本店 デパートガール&ボーイ わくわく体験教室
☆三田村和彦〈平成四文字語65〉 「産前婚先」ほか
☆キティこうぞう〈心の健康を鍛える65〉 涙活(るいかつ)
☆羽根浩之〈百聞一論〉 百貨店版の「地方創生」

▼月刊『ストアーズレポート』▼
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

(10/29からのつづき)

 〈その5〉「ボディフィッター&スタイリングフィッター」と、「リフォーム・リメーク」との混同。
 メディアでのリフォーム産業の露出度の高さや、服飾専門学校でのブームに惑わされて、衣服の実務や「販売職」の体験が充分でない教育企画会社関係者が、本質が分からないまま営業を拡大したこともあって、「サイズの詰め出し」と「修理」、「体形(型)別補正」と「リフォーム・リメイク」といったお直し関連の分野がひとくくりに捉えられた結果、各々の「許容範囲」の線引きが分からなくなり、フィッター本来の使命と職務が「販売力」の向上に充分に生かされていない。
 「新商品」を売っていかなければ、衣料と繊維業界の本来の発展が縮小してしまおう。
 あらかじめ美しく仕立てられた「既製服」は、お直しを最小限にとどめることで、修理費の削減になる。
 売場で限られた在庫で「オンリーユアサイズ」に調整して差し上げることは、CSの向上と業績アップにつながる。…身体の各部位に施された「運動量」や「ゆとり」などを含めて販促に活かす「術」を教えている指定校がない。
 既製服における「フィッター」の必要性については、「クチュール店での技術職・百貨店での販売職とイージーオーダーの補正師・アパレル本部のインストラクター」という実体験から、商業コンサルタントとして、各部門ごとの領域を整理して業界初の提起をした(89年)。
 当時のFBS(ファッションビジネス振興財団)では、「既製服のフィッター」研修を担当し、94年には、単行本『パワーアップCS販売術~服のボディフィッター入門』を発刊。…業界紙・誌に「その使命と必要性」を訴え続けてきた。
 その後に時代の流れで、ストアーズ社が版元を引き継いでくださったおかげで、著書『服のボディフィッター実践講座』は、今現在も実践書や教科書として息づいている。
西武百貨店「衣料フィッター研修」  百貨店プロセールス資格制度「フィッティングアドバイザー」発足の「きっかけ人」…と、今でもそのようなお言葉を私がいただいているコトの発端は、95年から7年間にわたり西武百貨店で社内認定制度の「衣料フィッター」を、290名(実務の技能力を正確に判定できる筆記と実技テストの評価規準作成と審査委員長も歴任)誕生させたことや、13社をこえる百貨店やSC・各地のメーカーで講師を務めてきたからだろう。
 S社では、1000名近い社員に受講していただいた。
 合格率は、平均29%と難易度の高いものだったが、「衣料フィッター」の方々は大活躍をみせてくれた。
 現行の「フィッティングアドバイザー」制度では、優れた側面もある一方、「販売力」の向上につながる「要素」が万全とは言い難い。

〔 PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
「ストアーズレポート」 10月号より
Copyright(C) DOMINANT LIMITED All Right Reserved.
【無断転載使用不可】

人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

(C) DOMINANT LIMITED 高水準の技術と筆記テストに臨む「フィッティングコンシェルジェ・商標登録」の審査シーン…(スイス発の高級アパレル)

 振り返れば、2003年に発足した「百貨店プロセールス資格制度」も、12回目の秋を迎える。
 「フィッティングアドバイザー」のレディス&メンズと、「ギフトアドバイザー」の資格取得者を合わせると、すでに3千人が誕生。
 三越と伊勢丹が合併するまでは、私も指定校「プロネット(三越グループ)」でフィッターの講師を担当していた。
 指定校でプロ育成に情熱を注いでいた当時から、2社の合併により講師を退任した後も、バッジ取得者の多くが、充分な「戦力」になり得ていないことを案じ続けていた。
 それらに関連するエピソードのほんの一例は、後述させていただく。
 まずは、今秋冬に精度の高い「商い」を全うしていくことを願って、小売業界の慣用語や混同されている職務や心支度について、私なりの見解を列記させていただくことにした。
 〈その1〉お客さまに喜びと感動を「与える」というフレーズ。
 日々の商いで、なにげなく使われている「与える」は、よーく考えてみると、今の時代には「上から目線」のようだと誤解を招こう。
 「…様に、喜んでいただき感動をお届けする」と改めることで、大切なお客さまへの思いが、一段と高まるのではないだろうか?
 〈その2〉多くの場合、CSとサービスを同義語と捉えている。
 CS「カスタマーズ・サティスファクション(顧客満足)」を向上させるためのインデックスは、ソフトからハード面まである。…企業イメージまで含めて枝葉を広げていくと、イコールサービスでは、充分な「CSM(顧客満足経営)」への道のりが遠のくことに気づかれるだろう。
 〈その3〉VMD=ディスプレイ・ショーイング(?)
 「VMD=MD+VP」の原理・原則を熟知して極めることで、店舗や売場のさらなる活性化を期待できる。
 VMDを要約すると、「売れる物作り」と「適切な仕入れ政策」、「販売&販促計画」と土地の風土・民度にかなった、的を射た「商品演出・訴求・伝達」のスキルとを上手にリンクさせて、購買につなげる手段・戦略・戦術を指す。
 〈その4〉「ディスプレイ・ショーイング・フォーミング・VP」の棲み分けを整理する。
 私流の定義づけは、「ディスプレイ」=展示・陳列、「ショーイング」=見せること・見えること、「フォーミング」とは、例えばボディ(トルソー・人台・ストックマン)に衣服を着せるときに、シズル感を高め迫力を出すために、袖や脚部にケント紙やクラフト紙を入れ、手足の立体感を出すテクニック。
 そして…VPは「ビジュアル・プレゼンテーション=視覚訴求・伝達・演出」と理解してみよう。
(次回につづく)

〔 PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
「ストアーズレポート」 10月号より
Copyright(C) DOMINANT LIMITED All Right Reserved.
【無断転載使用不可】

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 「マスカットティー」やジューシーな「梨」を舌でころがし、ひと息つきたい秋空の昼下がり…。
 遙かに遠い、ロマンを誘う時代の中国で、薬用としても重宝されていたおいしい梨は、かの「楊貴妃」も好んだという。
 収穫祭が各地で盛んに行われる10月の別称は、「神無月・神在月」の他に、「栗名月」「豆名月」…といった、くり・まめの名月(めいげつ)(十三夜・10月6日)へのお供え物から由来の名称もある。
ハロウィン (C) DOMINANT LIMITED  「集客や販促」策では、文具関連なら、子供と大人向けの「書道展」・「硬筆展」の開催、ハロウィンのツール作り(かぼちゃと仮面のクラフト・魔女や妖精の切り抜き工作など他)教室。…テーマを掲げた「水彩画・油絵」を出展していただきアートの世界に浸っていただこう。
 また「人形の日・15日」にスポットを当てた壁飾り(人や動物を型どったボール紙を、美布に包んで木工ボンドやグルーガンで作る)や、「秋を感じたままに…」などと題したスクラップブッキング制作(木の実・干し草・枯れ葉・枯れ枝も好材料)…を、「木の日・8日」と関連させてみる。
 一方で、今月のVMDのテーマ設定は、「夕暮れのカフェテラス」「ミッドナイトの神秘な宴」…といった秋の夕暮れや夜長をイメージできるネーミングのMD提案を…!
 それらのVMD展開と「ボスデー」や「ハロウィン」をマッチングさせた「贈り物」キャンペーンで、全売場のギフト需要に弾みがつく。
 一方で、際がない時代の優先策として、さらなる「販売力のブラッシュアップ」が期待されよう。
 ライフスタイルの多様化に加えて、タンス在庫も溢れている。異業種からの参入も後を絶たないため、心のこもった「接客・接遇」をも超える資質の高い「販売力」が課題。
 「フェイスブック」での宣伝トークも販売力の範疇だ。
〔 PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
「ストアーズレポート」 10月号より
Copyright(C) DOMINANT LIMITED All Right Reserved.
【無断転載使用不可】

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード