児玉千恵子@連絡簿

わが国に「既製服のフィッター」を誕生させたパイオニアとして知られ
売れるCS空間を創る「売場の庭師」とも呼ばれている
児玉千恵子が書き下ろす公式ブログ

咲初小藤 さきそめこふじ   【公式サイト】児玉千恵子のCS向上セミナー JAPAN STYLINGFITTERS GUILD 《児玉千恵子のボディバージョン》

   企業&地域の活性化プロデューサー・スタイリングフィッター&ビジュアリストの

     児玉千恵子が、衣・食・住・サービス関連のさまざまなCS情報をオリジナル発信!

      ★ 「スタイリングフィッター」および「ボディフィッター」は、児玉千恵子(DOMINANT LIMITED)の登録商標です。         第27回ボディ&スタイリングフィッター実践講座

CHIEKO KODAMA  講演・講師・VMD改善実地指導のご相談は、こちらをクリック


テーマ:

 2020年の東京オリンピック開催をにらんで…が、大きく背景にあると思うが、各地では「街づくり」「暮らしづくり」などといった動きや流れが例年以上にあわただしい。
 さらには「地方創生」の指針を受けて、各地の商店街も「にぎわい創出」に一層の力を注いでいる。
 一方で地方の組合や中小個店にサポートに出向くと、従来のSCへの危機感もさることながら、例えば「イオンモール」などの進出に期待をしつつ恐れも抱き、心が揺れ動いている中小個店の経営者に出会う。
 街づくりといえば、那覇市の国際通りではオリンピックやインバウンド対策として、ハード面の整備に力を注いでいる。
 そこに、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が、名護市の周辺に建設されるという最新情報も!
沖縄地酒横丁  98年以来、その地へ年に数回は組合・企業・個店へ活性化のサポートに伺っていたが、「なんか…うるわしの琉球が、損なわれていくのでは?」といった思いもよぎる。
 琉球王朝、大陸、東南アジア、米国…そして日本列島の歴史とエッセンスがからみ合った「チャンプリーな島」だから、ハワイやモナコ、シンガポールのように変貌できるだろうか?
〈各種の商空間が共存・共生〉
 昨年(H26年度)から、中小企業基盤整備機構による、商店街振興組合や各種組合などへのサポートシステムが従来とは様変わりした。
 「高度化資金貸付」に関連する支援は、今まで同様に「企業連携支援アドバイザー」がサポートに出向く。
 商店街振興組合に加盟している組合店舗への支援は、株式会社商店街支援センターに委託された。そして各地に設立もしくは設立予定の協議会(中心市街地商業活性化事業)への支援は、「中心市街地商業活性化アドバイザー」が担当することになった。
 また、昨夏にスタートした中小企業庁の「ミラサポ」というシステムは、委託された企業が、要請企業と専門分野のコンサルタントとのマッチングを行う。
 つまり従来の各種公的機関の支援に、プラス何通りかの制度が、街や中小個店、組合、企業のために設けられている。
 ところで、「イオンモール沖縄ライカム」(4月25日オープン)だが、沖縄県には、那覇市にしかモノレールがない。交通手段は、今のところバスかタクシー、レンタカー、自家用車か歩きになる。
 「アジアNo.1 のリゾートモール」を謳っているが、沖縄独特の風土で、どんな展開が待ち受けているだろうか?
 東京から備後に移る直前の2010年4~6月に、越谷の「イオンレイクタウン」のmoriエリアで、店長とスタッフを含む総勢640名を対象に、衣・食・住・サービス関連のすべてのテナントの方々(衣服からアクセサリー、フードコート、レストラン、美容関連、車のディーラー、献血ルームスタッフまで)へ「販売力」の向上研修を担当した。
 その後、そばにアウトレットモールができた。…車はもちろんJRの下車駅ということもあり、広域的な集客ができている。
 〔 PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
「ストアーズレポート」 2015年5月号より
Copyright(C) DOMINANT LIMITED All Right Reserved.
【無断転載使用不可】
第27回ボディ&スタイリングフィッター実践講座

人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 薄着のシーズンになると、自らの体形(型)をカバーして、プロポーションをより美しく魅せることが、「売る側」と「着こなす側」との課題。
 近頃、賛同できないことがある…スタイリング関連で「骨格○○」なるものに惑わされている、商空間とユーザーが出てきていることだ。
 各人各様のボディラインやスタイルを熟知した上でのスタイリングは、「骨格」(C) DOMINANT LIMITEDのみに焦点を絞っていては事足りないのである。
 まずは全身のパーツごとの肉付き、肌の色や張り、顔や頭の大きさ、面立ち、身長と手足のバランス他と、総合的な観点から「グッドサイズ」をチョイスする。次にスカーフやアクセサリー、シューズなど他を、TPOと衣服の色やシルエット・テイスト全体のバランスまでを考えた上でトータルにスタイリングさせていただく。
 例えば、①焦点をはずす、②錯覚の活用…うんぬんその他のツボがある。「おしゃれの道」は奥が深くエンドレス!
 また、男女ともに60才前後になると、身長が4~5㎝、人によっては7㎝ほど低くなる。
 購買決定につながるエレメントの一つに、欧米人は「色とシルエット」を重視する傾向があり、一方でわが国ではマチュア層以上の大半は、「柄と構図」を気にする方が多い。
 また、欧米の方は、ボトムを腰ではき、日本人はウェストではく傾向もある。
 近年は、ずーっとベルトレスやローウェストのボトムが主流だったために、自らの胴囲の位置が分からない、お客さまと売り手側も多い。
〔 PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
「ストアーズレポート」 2015年5月号より
Copyright(C) DOMINANT LIMITED All Right Reserved.
【無断転載使用不可】
第27回ボディ&スタイリングフィッター実践講座

人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

(C)DOMINANT LIMITED   潤い人~咲初小藤…の候へ

着手(きて)も自然界も微笑む、旬の花々がカラフルな「おしゃれシーズン」たけなわですが、衣料・繊維業界の皆さま、日々の手応えはいかがでしょうか?
衣替えも万全…いよいよ夏本番へと入ります。
大切なお客さまへ、もっと「ときめきのアロマ」と「文化とハートの香り」をお届けしていきたいものですね!
第27回目の本講座では、「販売力と販促力」のブラッシュ アップ・CS(顧客満足)の向上を目ざして、長年の実体験から独自に編み出した、アカデミックな「技術と感性」をわかりやすくレクチャーいたします。
新たな商品の創造と衣服を購入していただくため、また繊維業界の未来を担っていく方々の一助となれるよう、時代が求める必須要素をふるいにかけ、皆さまの「実務や閃き」にお役に立つアイデアやヒントも講座に編みこんでおります。   C.Kodama

第27回「ボディ&スタイリングフィッター実践講座」
             ~ インストラクターコース(レディス編~メンズ対応含) ~

   「既製服のフィッター」とは、お客さまの体形(型)をカバーして、
     「美のバランス」を引き出す「技能力」を持つエキスパートです。

 § 講座のポイント §

   (1)着心地の良い、「グッドサイズ服」と「ジャストサイズ服」との
      違いと、ニュアンスがわかる補正知識・技能力を学べる。
   (2)商品とお直しに関わる クレームを未然に防げるよう、
      衣服に施されている技術や工程の必須ポイントを理解できる。
   (3)「装う人」が際立つ
フィッティング&スタイリングのスキルを
      習得し、 「着こなし」ルールの応用力を高められる。


 § ゴールイメージ §

   ● FA(販売職)・スタイリスト⇒販売力・スタイリング力の向上
   ● トレーナー・教育&研修担当 ⇒能力開発・研修プログラムの設計に
   ● 営業&販売促進スタッフ⇒集客力の向上・リピート客づくりへ
   ● バイヤー・商品企画担当者⇒消化率の良いMD&サイズ構築
   ● パタンナー・服飾専門学校の方⇒感性の閃きと創造力の広がりに
   ● 技術者(縫製・修理&加工)⇒グッドバランスの最新技術を習得

 § 概  要 §

 《日時・会場》
 
   2015年7月27日(月)  午前9:20~17:30
   東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎3Fアクセスマップは、こちらへ!
 《受講料》

   28,000税込(講師執筆本とサブテキスト・教材込)
    ☆メジャー、ピンクッション、筆記用具を、各自ご持参ください。
 《募集人数》
    25名  (定員になり次第〆切とさせていただきます)
 《運営事務局など》
   (有)ドミナント (担当:杉本・児玉)
   TEL:0847-43-2555 FAX :0847-43-2550
   お申込は、MAIL    FAX      PDF
    ☆お電話での「お申し込み・お問い合せ」は 10:00~18:00 で、お願いいたします。
    ☆お申込の確認後、受講要項(事前資料・受講料払込先)をお送りします。

閃きナイト講座 7月27日(月) 19:00~21:00 「ボディ&スタイリングフィッター実践講座」終了後
〔効果的なVMDの実践手法とテーマ立案〕 受講料 \7,000-

 ◎ フィッターとVMDの2講座へ参加される方には、ストアーズレポート増刊号を贈呈│
 ◎ 詳細は、運営事務局 0847-43-2555 にお問い合わせください。


 【 講師 : 児玉千恵子 プロフィール 】

講師:児玉千恵子 ★わが国初の社内資格制度「衣料フィッター」を、 西武百貨店で '96年~7年間にわたり育成・誕生 させて以来、丸井や百貨店(東武・三越・東急・大丸・ 松屋・そごう・さいか屋・髙島屋・京急・その他)で、 エキスパート育成研修や審査官を歴任。
本講座の導入期には、京王・小田急・近鉄百貨店 から社員がご参加。 …百貨店プロセールス資格制度 「フィッティングアドバイザー」発足の契機を担う。
★服飾専門学校と百貨店協会プロセールス資格制度の指定校で講師を歴任後、大手SC・国内外のアパレルメーカー(販売職&本部スタッフ)や
、「シャネル」 「ルイ・ヴィトン」「ミッソーニ」「ソニアリキエル」他、技術職(スタイリスト・ カラーアナリスト・パタンナー・デザイナー)のサポートも担当。
★スイス発の高級アパレル「A-K-R-I-S-」では、'08年より 社内認定資格「フィッティング コンシェルジェ(商標登録)の 誕生をサポート。…プログラムの設計・研修・審査委員長を 担当。スタッフの方々は資格取得後、お客さまから厚いご支持を 頂だいし、ロイヤルティの向上にお役立ていただいている。
●著書 …『服のボディフィッター実践講座』(株/ストアーズ社刊)は  小売業界をはじめ、「服飾専門学校」の講師陣にもご支持をいただき、実務の手引き書・教科書として21年のロングセラー。

   (社)日本VMD協会・(社)パフォーマンス教育協会・(社)日本経営士会など他の正会員

人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

(C) DOMINANT LIMITED 石見銀山に続く、白壁の似合うロマンチックな街並みにある薬局

(広島県 上下町)

 立春から数えて八十八日目(2015年は5月2日)は、霜の心配もなくなる田植えの月…。
 この頃のお茶は、春の陽光をいっぱいに浴びた生命力(木の気)のつまった「長寿のお茶」と、昔から言い伝えられてきた。
 薫風になびく「鯉のぼり」や「吹き流し」をながめながら、柏餅や粽(ちまき)をいただくのは、心身ともにうれしい限り。
 いにしえの遠い昔(奈良や平安時代)には、英気を高めてくれるといわれた鹿の角(5月初旬は鹿の角が生えてくる時期…若角を干して粉にしたものを飲む)や、香気が邪気を祓ってくれるといわれる「菖蒲」や「蓬(よもぎ)」を求めて、野山に出かける慣わし(薬猟…薬狩りとも)があったそうだ。
 薬といえば、各地にドラッグストアが普及した昨今では、地方の商店街にあった「薬屋」さんが、後継者問題もからんで、姿を消していくケースが増えた(医療機関と薬局との連係プレイも定着)。
 一方で、こんな時代でも「おきぐすり」の販売業者の方々が、各地で奮闘している。子供の頃から知っていた「越中富山」の薬売り…をはじめ、「根気と体力と優しさ」のある訪販者もいることか…?と、心からありがたいと感心している。
 5日は「こどもの日」で「薬の日」。  各地の商空間では、その日から1週間ほど五月飾り(絹地で作った丸い包みの中に、身体に良い旬の薬草を入れて、五色の糸…緑・赤・黄・白・紫を垂らした物)のプレゼントも喜ばれよう。
 また、菖蒲の葉と紅白のさつきの花」とを器に生けたり、花瓶にアレンジメントして、おもてなし空間の要所に配してもおしゃれ…。
 大人には「菖蒲酒」(菖蒲の根を薄くスライスして日本酒に30分ほど浸す)、子供たちは「柏餅」(柏の葉は、秋に枯れても春に新芽が出るまで落ちないために、代が途切れない縁起が良い葉といわれたことから、塩漬けの葉で餅を包んだ)と、ミントの風がそよ吹く中で時を楽しむ。
 5月~6月は、心地よい風や空気にふれながらの「ネイチャリング」へと繰り出すのもヘルシー。近くに公園や芝生があれば、欧米のようにピクニックに出かけてみよう。
 「バゲット」に「チーズ」と「ハム」があれば、後は飲み物と野菜スティック(キュウリやトマトの丸ごとでもOK)の用意で充分、いつでも構えずに出かけられる。
 大型店の屋上で、場所を貸してくれるならうれしい限り(ビニールシートや、地面や芝に敷くステキな布も忘れないように)…!
 旬の「キッズパーティ」もどうぞ。
 今月から6月にかけては、「母の日・父の日」キャンペーンの販売促進は前提。…他には「衣替え」「傘の日」「時の記念日」をベースにして、ユーザーの心を虜にできる、おしゃれなMDを展開していきたい。
〔 PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
「ストアーズレポート」 2015年5月号より
Copyright(C) DOMINANT LIMITED All Right Reserved.
【無断転載使用不可】
第27回ボディ&スタイリングフィッター実践講座

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

(C) DOMINANT LIMITED グレー地でもデザイン次第で、こんなに華やかなスタイルに!(セミアフタヌーンからカクテルドレス対応まで…パリ)

 増税後に「服が売れなくなった!」などと、メディアや、各方面から伝わってくる。…「違う角度からの、深読みの必要もありか?」
 ボリュームゾーンや、オリジナル性が希薄なデザイン服の動きが悪いのは、今日になってからの出来事ではないだろう。
 衣服の同質化傾向は、すでに90年代の後半に始まっていた。
 企業各社ごとの売上げや営業利益については、各社各自がデータ分析をして対策を練るしかない。
 だが、見落とされている影のデータもあろう。
 リアル店舗に、通販(テレビ媒体含)、バーチャルショップ、アウトレットモール、ファミリーセール…などの他、異業種も衣服販売に参入している。
 それらに、「リフォーム・リメーク産業」も参戦していよう。
 例えば某化粧品メーカーには、「ファッション○○化チーム」という部門がある。百貨店のミセスゾーンとバッティングするような上質な「装い服」を、各地でキャラバン部隊が設営販売をしている。
 また、ネットショップとリアルショップとが相乗効果を上げているケースがある一方で、ユーザーが各社の商品を比較参照できることから、検索しているうちに、購買意欲がさめてしまうようなケースもある。
 「どうしても、手に入れたい服」をデザインし、創造していくことは誰しもがわかっている。
 さらには、欧米コレクション情報や、インターカラーとアップトレンドカラーなど他の情報が、次々と入ってきて振り回され、決定打を見つけられなくなってしまう事例も少なくない。
 コスト削減を目ざして、共同開発や共同仕入れに拍車をかけると、独自性がパワーダウンすることも…。
 早急課題は、「作る側(人)」と「仕入れる側(人)」が、さらに「服のプロ」を目ざすことで、ニーズ・ウォンツ…の先にある「シーズ」を狙い当てられるようになる。
 たまに、「服のプロになる」…といった課題の優先順位を見誤って、縫製工場やクリーニング工場へ見学に行った後、服に精通したかのような錯覚に陥るスタッフが出てくる。
 ☆販売の最前線に立つ。☆同業以外の、異分野の人々との出会いを作る(勉強会・懇親会・趣味のサークルなどに顔を出す)☆名画や名劇、文学、芸術にふれて、知らない世界を知る。…など他と実体験を重ねることで、時代が求めるものが見えてこよう!
〈それぞれのアカデミー賞〉
 先日、米国の第87回アカデミー賞(2月22日)と、第38回日本アカデミー賞(2月27日)の授賞式をテレビで観た(パートナーが、後者の正会員のために投票参加。…テレビや映画の制作にかつて関わっていた)。
 わが国のアカデミー賞は、年々、充実度を増してきているものの、米国のそれに比べたら、やっと高校生になれた…といったスケールか。
 映画作品の完成度と、俳優、監督、脚本家、音楽、撮影、美術、照明、録音など他スタッフの力量と情熱は、双方ともに引けを取らない。
 だが、ゲスト&ホスト、女優&男優の装いやユーモア度の他、授賞式全体をプロデュースする「力」では、ハリウッドを越える日が、いつ来るか?と、期待はふくらむ。
〈フォーマルのドレスコード〉
 米国は、授賞式そのものがビッグで芸術性の高い「ショー」であり、「人間愛・家族愛」なども垣間見られるから人々の胸を打つ。
 わが国の授賞式は、予算の関係もあろうが、ねぎらいと感謝の気持ちを伝える式典そのものだけ…といった空気感の真面目バージョン。
 後者(日本)では、社交の場で服を装うサポートをするスタイリストがついている役者ですら、95%ほどが、男女を問わず、ブラックフォーマル(ファンシータキシードの姿がない)のオンパレードだった。
 最優秀主演女優賞に輝いた「宮沢りえ」さんが、さすがに場をわきまえた「赤いイブニングドレス」でオープニングを盛り上げてくれた。
 白いドレスや和服の女優以外は、男女の大半がブラックスーツやドレス。…男性の衿元は、黒の蝶ネクタイ(ブラックタイ)か、欧米を真似たかのような黒いネクタイ。昔なら「弔事」の場か?と間違えられそうなムードだった。
 かたや、ハリウッド女優たちのイブニングドレスは、トレンドのビーズやスパンコール使いや、「ジバンシー」の赤いドレス、「トムフォード」の白いマーメイド、そして「サンローラン」の黒いシースルードレス他と自分自身を演出できていた。
 米国も男優陣は、ブラックスーツに黒い蝶ネクタイか、黒いネクタイというお決まりのスタイル!
 フォーマルのドレスコードも、歴史と共に変化するが、肌や髪、瞳の色が、欧米人とは異なる日本人(一流の役者陣)が、「黒づくめ」では華やぎに欠けていた。
 「黒」は、気品ある格調高い色。
 欧米では、自立心旺盛な男が好んで身に着けると言われている。
 素晴らしい映画作品を選ぶ式典では、テレビの前で観ている人々に、完成度の高いドレスやスーツをご披露して欲しい…と、私なりのコメントをさせていただいた。
 ちなみに、米国の主演女優賞(オスカー)は「ジュリアン・ムーア」。…彼女は、白いスパンコールやビーズがあしらわれた上品な「ローブ・デコルテ」だった。
〔 PHOTO:DOMINANT LIMITED〕
「ストアーズレポート」 2015年4月号より
Copyright(C) DOMINANT LIMITED All Right Reserved.
【無断転載使用不可】
第27回ボディ&スタイリングフィッター実践講座

人気ブログランキングへ



いいね!した人  |  コメント(1)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇