自転車男子はじめました!

和歌山県御坊市でロードバイク・クロスバイクの自転車ポタリングとパソコン・デジカメ等のブログ。


テーマ:
ビンディングシューズとペダルは、ロードバイクを購入した時に一緒に購入したのですが、固定式のローラー台で練習するだけで、いままで外出時は、怖くて使用していませんでしたが、今日は初めて25Km程度ですが走ってきましたおんぷ

感想としては、平地ではそれほど違いは感じませんでしたが、やはり上り坂が楽になったように感じます。固定式ローダー台で何回も練習してたおかげで乗ってみると思ったより大丈夫だな~と感じていたのですが、自宅に到着したとたん油断したのか初めて立ちごけをしてしまいました泣 

わたしの使っているのは、シマノのSH-R087WE SPD-SL/SPDというシューズ、実はこれは使ってもないのに2足目なのです。私の足のサイズは24.5なので39のサイズを最初に購入しました。ところが購入前に実際に履いてみたにもかかわらず、実際にローラー台で1時間ほど練習すると小さく感じてきました。私の足の甲が高いためなのか、作りが小さめなのかはわかりませんが薄手の靴下を履いてもやはり小さく感じます。このため仕方なくワンサイズ大きくしかも今回はワイドタイプの40サイズのシューズを購入、ほんの少し大きい感じもするのですが締めれば違和感なく丁度良い感じです。みなさんもシューズのサイズは試着しただけではわかりづらいのでご注意を!!
 
次に、ペダルはスピードプレイ ゼロというものを使用しています、これは自転車購入時にお店の店長に勧められて決めました。最初はシマノのSPD-SLタイプのものを購入しようと思っていたのですが、やはり軽いということと、慣れると裏表が無いため着脱が楽なこと、シューズとの高さが低く一体感が高いこと、足首の稼働範囲が広い(調整可)こと等で、今はこちらにして良かったと思います。

まずはクリートのシューズへの取り付けですがシマノのシューズは3本のネジで固定するため付属のスペーサーと専用のベースプレートを取り付け、このベースプレートにクリートを取り付けます。
 
ペダルは、シャフトの長さが50mmと52mmがあるのですが私のは50mmです、これは足の大きさ等によるとのことですが、足の幅が広い人は52mmのほうがよさそうです。
 
最初は、このペダルに専用のカバー?(商品名はスピードプレイ プラットフォーマー)を取り付けて乗っていました、ビンディングに不安のある方は最初に練習するにはとてもよいと思います。取外しも簡単で、少し小さく滑りやすそうだとも思ったのですが意外と違和感なく使用できます。
 
このスピードプレイ ゼロですが最初に、固定ローラー台で練習したのですがこれが非常に固くて体重をかけてもパチンとはまってくれません、またハマっても今度は外すのに一苦労・・・かかとを外側に回せば外れるとのことですが、これが固いのです。

この調子じゃとても、路上を走るのは無理だと思ってしまいます。そこでネット等で色々調べてみるとやはり、同じような方もおられるようで、ヤスリで削ればスムーズになるとのこと。このため私もやってみることに、下の写真のペダルにハマる金具をヤスリで削ります、削りすぎるとゆるくなりすぎるので注意です。少し削っては、ためし乗りを何度か繰り返し、自分の丁度良い固さになるように調整しました。ヤスリは半丸タイプのものが削りやすいと思います。
 
 ヤスリで削ってからは、本当にスムーズに着脱ができるようになりましたキラキラあと、必需品としては穴開きクリートカバー、これがないと、とても歩きづらいのと、室内で練習するときも床を傷つけてしまいます。ただ、下の写真のように今日一回出かけただけでも結構消耗してしまうようです、予備を用意しておかなければ・・・でも意外と価格が高い点が残念むっ
 
このスピードプレイ ゼロですが私はステンレスのものを購入しましたが、よりリーズナブルなクロモリタイプと高級なチタンタイプがあるようです。また他のビンディングと比べたことはありませんが、機会があれば他も試してみたいと思います。

 
読者登録してねペタしてね


にほんブログ村
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード