【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(2)

 《調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に乗船し、顔面を負傷したとされている○○さんに対する証人尋問が続き、検察官は環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)がランチャーを発射した際の対応について質問する》

 検察官「被告がランチャーを構えたとき、どうしようとしましたか」

 証人「コンパニオン(ブリッジの下にある構造物)の物陰に隠れようとしました」

 検察官「実際に隠れましたか」

 証人「隠れませんでした。隠れようとしましたが、止まりました」

 検察官「どうして止まったのですか」

 証人「ランチャーの筒先がブリッジに向いていたからです。狙いが外れ、自分に当たるかもしれないと思いました」

 検察官「それでどうしましたか」

 証人「ブリッジを見上げました」

 検察官「ブリッジを見上げたとき、視界を何か通り過ぎましたか」

 証人「はい」

 検察官「何が通り過ぎましたか」

 証人「暗くて赤色っぽい物が飛んでいました」

 検察官「当時、何が飛んだと思いましたか」

 証人「分かりませんでした」

 検察官「通り過ぎた物の速度は?」

 証人「速かったですが、目では追えました」

 検察官「なぜその物が通り過ぎたと思いましたか」

 証人「ベスーンがランチャーで撃ったと思いました」

 《○○さんは裁判長の方を見ながら、はっきりとした口調で証言した》

 検察官「ベスーンが…、失礼」

 《検察官も○○さんの証言につられ、「被告」を付けるのを忘れ、呼び捨てにしてしまう。ベスーン被告は○○さん、検察官を上目遣いに見つめながら、持っていたノートに何かを書き記している》

 検察官「被告が何かを撃ったところを見ましたか」

 証人「見ていません」

 検察官「ランチャーの発射音は聞きましたか」

 証人「聞いていません」

 検察官「視界を物が通り過ぎた後、何かありましたか」

 証人「ボートから喜ぶような声が聞こえました」

 検察官「喜ぶような声とはどのような声でしたか」

 証人「『ヒャッホー』という感じの声が聞こえました」

 《歓声を聞いた証人はベスーン被告が乗るボートの方を向こうとした。だが直後に異変が起こったという》

 検察官「何が起きましたか」

 証人「目が開けられず、痛くなりました」

 検察官「痛かったのは目だけですか」

 証人「両ほほも痛くなりました」

 検察官「それから何かありましたか」

 証人「酪酸のにおいがしました」

 検察官「どう思いましたか」

 証人「(自分に)酪酸がかかったと思いました」

 検察官「痛くなったのは両目ですか」

 証人「両目です」

 検察官「どんな風に痛みましたか」

 証人「右目の方は燃えるような、激しい痛みがありました」

 《当時の恐怖を語る○○さん。ベスーン被告は通訳の言葉に耳を傾けながら、傍聴席の後方にある時計の辺りを見つめる》

 検察官「両目は開けられましたか」

 証人「できませんでした」

 検察官「両ほほはどのように痛みましたか」

 証人「ヒリヒリする感じでした」

 検察官「視界を物が通り過ぎてから、目やほほが痛むまでの時間はどれくらいありましたか」

 証人「1秒か、2秒ぐらいでした」

 検察官「『酪酸のにおいがした』と証言していましたね?」

 証人「はい」

 検察官「以前にも、かいだことがありますか」

 証人「はい」

 検察官「どんなにおいでしたか」

 証人「くさいです。ブルーチーズのにおいを強烈にした感じです」

 検察官「ほか(のにおいい)にたとえられますか」

 証人「肥だめのにおいに似ています」

 検察官「酪酸が顔にかかったと思いましたか」

 証人「はい」

 検察官「どうして顔にかかったと思いましたか」

 証人「目とほほの痛みを感じて、ほぼ同時ににおいをかいだからです」

 検察官「何か顔にかかった感触は?」

 証人「感じていません」

 検察官「当時はヘルメットをかぶっていましたね。ヘルメットの前面にガードがあり、ガードを鼻のところまで下げていましたね?」

 証人「はい」

 検察官「なぜ酪酸が顔にかかったといえますか」

 証人「もう1回、質問をお願いします」

 《検察官が同様の質問を繰り返す。証人は1、2秒の間を開けてから、答え始める》

 証人「ヘルメットのガードと顔の間から(酪酸が)入ってきたと思いました」

 検察官「『酪酸がかかった』と思い、どうしましたか」

 証人「その場でしゃがみ込みました」

 検察官「目は開けられましたか」

 証人「開けられませんでした」

 検察官「どのようなことを考えましたか」

 証人「『失明するかもしれない』と思いました」

 検察官「Cさんに話しかけられましたね」

 証人「はい。『大丈夫ですか』と言われました」

 検察官「何か答えましたか」

 証人「できませんでした。痛すぎて、それどころじゃなかったです」

 《激しい痛みに襲われた○○さんは必死にコンパニオンの物陰に身を隠し、しゃがみ込んだという。検察官がその理由を尋ねる》

 検察官「なぜ身を隠したのですか」

 証人「SSのボートにカメラマンがいました。(自分の姿を)撮影されたくないと思い、移動しました」

 《海の男の意地を見せた○○さん。その後、Cさん(法廷では実名)に連れられ、シャワールームに移動し、目や顔を洗ったという。このシャワールームには27日の証人尋問で証言台に立ったAさん(同)や、Bさん(同)も来た。○○さん、Aさん、Bさんがシャワールームに到着した順番について、○○さんは覚えていないという》

 検察官「Aさん、Bさんがなぜシャワールームに来たと思いましたか」

 証人「酪酸にやられたと思いました」

 検察官「どうしてそう思ったのですか」

 証人「Aさんは顔が赤くなり、『痛い』と言って顔を洗っていました。Bさんも顔を洗っていました」

 《証言台の○○さんを見つめるベスーン被告。その顔は無表情だった》

     =(3)に続く

【関連記事】
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 
「政治的意図で逮捕状」と批判 シー・シェパード代表

福島氏、沖縄入り 知事に共闘呼びかけ(産経新聞)
「酪酸問題ないと思った」 シー・シェパード事件元船長被告人質問(産経新聞)
農機具会社やスーパー、宮崎へ支援の輪広がる(読売新聞)
首相、普天間5月末決着「閣議で何らかのことを決めたい」(産経新聞)
鳩山首相との交渉拒否=福島氏罷免「政権に禍根」―稲嶺名護市長(時事通信)
AD