奈良公園(奈良市)内の春日大社参道で、メスジカが矢で撃たれ死んだ事件で、奈良県警は13日、文化財保護法違反容疑で、津市芸濃町の飲食店経営、稲垣銀次郎(39)と知人で三重県亀山市みずほ台、飲食店員、伊達恵(37)両容疑者を逮捕した。稲垣容疑者は「シカを売れば金になると聞いた」と容疑を認め、伊達容疑者は「奈良に一緒に行ったが、私はやっていない」と否認しているという。

 逮捕容疑は共謀して3月12日夜~13日未明、奈良公園内でボーガンの鉄製の矢でメスジカを撃ち、肺を貫通する傷を負わせたとしている。奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、このメスジカは15日に死んだのが確認された。

 県警によると、稲垣容疑者が「『シカ肉を食べないか』と話している」といった情報が寄せられ、捜査。3月12日夜、奈良市内のコンビニ店の防犯カメラに稲垣容疑者の姿が写っていたという。

駅ビル2人殺傷に懲役30年…控訴審判決(読売新聞)
ベランダの手すりはずれ、生徒2人落下 茨城の県立高(産経新聞)
恩讐超え橋下知事と連携 今夜発足「維新の会」(産経新聞)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)
9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体-警視庁(時事通信)
AD