1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年12月26日

One &Only NOBU@ケープタウン

テーマ:南アフリカ

ケープタウンのウォーターフロントは観光客にとって最も安全な地区なので、またもや海沿いにあるホテルに泊まりましたkirakira


ワン&オンリーは1人で利用するのに1泊約8万円と高価ですが、以前泊まった同レベルの「テーブルマウンテン・ホテル」「ホテル・グレース」に比べると、バスルームとシャワー室の使い勝手や、ネスプレッソ等も完備され居心地は良かったです


客室からの景色は、テーブルマウンテンやグレースの方が素敵です



モダンなリゾートホテルという感じの外観



バスルームが広々している

ホテルのロビーフロアにある「ノブ」を見つけてビックリ、2012年に南アに進出したようだ

ディナーに行くと、バーラウンジの他に、カウンターには寿司コーナー、テーブル席は100人以上は利用可能な天井の高い大箱レストラン

私達以外に2組ほどのお客がいて、無難な天ぷらみたいなものを食べていました


私達3人は好奇心から、コース料理(8000円くらい)をオーダー


ワインリストにあった「アタラクシア・シャルドネ」は、現地で訪問したこともあり親しみがわく

ここでは一番美味しそうだし、安心して選べるのが嬉しいです

アミューズのサーモン3種   創作日本料理と言うよりも、スパイシーなアジア風の味付け

白身魚のカルパッチョ

カナッペ風の寿司、鶏のから揚げのソースはエスニック風(多分南ア風)

フィレ肉のステーキのソースは、甘いテリヤキ・ソース

スープ

アタラクシアと同じヘメル・エン・アードにある繊細なクリエーション・ピノ・ノワール

飲みながら生産者夫妻の話題で盛り上がりました




デザートも特に美味しいというわけでもなかったけれど、全体的に辛味の効いたスパイシーな味わいでした

「ノブ」のフランチャイズで、松久信幸シェフが指導する料理を作っていると思いますが、コンセプトは日本料理+南アのシーフード&スパイスらしい



One &Onlyは、メインダイニングが南ア料理でした



メインダイニングで朝食後は、ケープタウン空港に向かいドバイまで10時間、ドバイから羽田まで11時間のフライト、、うーーーん

ケープタウンまで東京から直通で行けるようになったら、またダイナミックで荘厳なワイン産地巡りを楽しみたいものですウィンク


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年12月22日

夕方のゲーム・ドライヴ

テーマ:南アフリカ

夕方5時~8時、動物たちが再び活動する時間のゲーム・ドライヴです無題

KAPAMA Private Reserveは、3日間滞在しても動物たちを全て見ることができないほど広く、今回は象を中心に見学しました


人間は車から立ち上がったり、車外に出なければ、動物たちは車1台がひとつの生き物と認識しているため恐れたり攻撃することもなく近づいてくる

もう1台のグループが、私達と同じ象の集団を暫し見学していた
50頭ほどの象を見ていると驚きの連続です


親象も小象も熱心に木の若芽を食べている

小象たちが鼻をぶつけあって遊ぶ姿は可愛いです


30分以上象の様子を観察していたら、1頭のオスがフンの匂いを暫く嗅いだ後は


レインジャーのジェイクの話によると、匂いが気にいるとそのメスに求婚をするとのこと

10分以上顔を寄せ合って鼻をからませている

私達がジロジロと見ていてもお構いなしで


それから仲よく近くの木の若芽を食べ合ってから何処かへ消えました

ジェイク曰く、レストランで食事してから結婚するのだそうだ


空気が乾燥しているので夕日の赤色が鮮やかで美しい


ヌーの集団がいました

夕焼けも美しいですが、8時近くになると一気に冷え込み、そして暗闇では空を埋め尽くしギラギラ耀く満天の星が圧巻

星の写真は難しすぎて撮れませんでした


ディナーには毎回ジェイクも同席します

南アのホテルは、どこへ行ってもモエ・エ・シャンドンのシャンパーニュばかりで、KAPAMAもそう

一番高価なシャルドネは「ハミルトン・ラッセル」 ヴィンテージは少し古く熟成感があり、黄金色、ハチミツ掛けのナッツのようなリッチなフレーヴァーで美味しかった

ワインセラーもあるが、温暖産地のカベルネやシラーやメルロが多くて最近話題のピノ・ノワールはありません



朝、昼、夜もすべて着席ビュッフェ

野菜料理がたくさんあり肉料理も普通ですが、この日は珍しくインパラ(鹿)の煮込みがありびっくり

動物の保護区になっているので狩猟はないけれど、何かの理由で調理されたようです


翌日、朝のゲームドライヴ後は涼しいケープタウンに戻ります花

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年12月21日

絶滅危惧種保護センター@ホドスプリート

テーマ:南アフリカ

6~9時のサファリから帰ってから朝食を頂き、その後はロッジから車で30分ほどの所にある絶滅危惧種を保護している動物園に行きました黒猫


昼間の気温は40℃以上あるけれど乾燥しているので、まるでドライサウナにいるみたいで意外と汗は出ません

センターの入り口


非常に珍しいキングチーターの子どもの写真  



ランドクルーザーの屋根付き(少し涼しくて助かる)に乗って、ガイドの話を聞きます

ダチョウやシマウマが道にいるので、観光客は歩くことはないようだ


このセンターのハイライトは、姿形の美しいキングチーター  頭の部分よりもボディの模様が大きくて目立つため、ライオンは目の敵にしているそうだ


華やかで品格があるキングチーター

チーターもライオンに襲われるので保護され、広々としたスペースにのんびりと暮らしています

大きい肉の塊に食いついている


広いスペースにジャッカルが数匹かたまって、昼寝をしている

おびただしい数の骨(餌の残骸)が転がっていて、周りにハゲタカが群れをなしている恐ろしい光景
この骨は最終的に、人間のサプリメント(カルシウム)に加工されるんですってえ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。