2011年09月15日

ワインの美味しさがupするガストロノミック・ウォーター@英国大使館

テーマ:ミネラルウオーター

最近の高級レストランではミネラルウォーターのリストが用意されているほど、水の種類が増えています。


「カンテサンス」のようにリストを見せられたら”シャテルドン”、ルイ14世が飲んでいたという天然炭酸ガス入りのものを頼みますが、通常は”ペリエ””サンペレグリーノ”等、リフレッシュ重視で気にしない私でしたが、、、


セミナーで英国の”ヒルドン”と他の水との比較試飲をすることによって、高級ワインと水を一緒に飲む時に”ヒルドン”がワインの魅力を一層引き立てるということを知り愕然ビックリマーク
奥山久美子の美と健康のワインライフ

”ヒルドン”は英国王室御用達、シャンパーニュ地方と同じチョーク土壌から生まれるミネラル感がガストロノミーなシーンで活躍できる水ということで、販売元ヴァン・パッシオンが英国大使館にてソムリエを中心にセミナーを行った


川上大介さんのブルゴーニュのテロワール的アプローチを、ミネラルウォーターに当てはめ、さらに食品、ウイスキー、ワインとの相性を探るというインパクトある企画
奥山久美子の美と健康のワインライフ

スティル・ウォーター6種   スパークリング・ウォーター6種


ミネラルウォーターの主成分はカルシウムとマグネシウム→硬度を決定する雪の結晶


・軟水 0~178mg  ミネラルが少ないため、味にくせがなく飲みやすい

スルジーヴァ 20   富士ミネラル 28   ボルヴィック 60   パンナ 109


・中硬水 178~357mg  ガストロノミー向き

ヒルドン 249   エビアン 293 


・硬水 357mg以上    ミネラル補給に適す マグネシウムが多いと、苦味が強く味にくせがある

ペリエ 382   ソーレ 399   オレッツァ 664   サンペレグリーノ 667   シャテルドン 1158   コントレックス 1468


富士ミネラルとコントレックスは真逆な例で分かりやすいけれど、スパークリング系はシャテルドンにしてもガス圧の強弱もあり硬度が分かりにくいあせる


シャテルドンとヒルドンの場合はマグネシウムが少なくてカルシウムが多い分、苦味が少なく優しいミネラルが目立つ
奥山久美子の美と健康のワインライフ

あさげ(味噌汁)、ご飯(コシヒカリ)、紅茶(ウエッジウッド・ピュア・アッサム)

それぞれ富士ミネラル、ヒルドン、コントレックスを使用したもの


中軟水のヒルドンは全てにおいて食品の長所を引き立て上品な余韻が残る
奥山久美子の美と健康のワインライフ

ウイスキー(ジョニーウォーカー黒ラベル)

酒との相性においてはヒルドンの長所が際立つ
奥山久美子の美と健康のワインライフ
高級ワインを飲んだ後には、どれがワインを引き立てる!?

Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot Blanc 2008 Domaine Ramonet

Bonnes-Mares 2007 Domaine Comte Georges de Vogue


泡の質とキメ細かさを比較するため、シャルマー方式の南仏のカジュアルなスパークリングワイン、ピペ・エドシックのスタンダードのシャンパン、ジャクソン2002も登場


ワインの後に軟水を飲むと、ワインの味がはかなく消え、

ヒルドンではワインの個性がはっきり現れ、優しい余韻が長くつづく

硬水では苦味・えぐみが気になる
奥山久美子の美と健康のワインライフ

微発砲なので美食の邪魔をしないスパークリング、そしてスティル(ブルーラベル)


レストランで高級ワインを飲む時に、ヒルドン以外の水では余韻が楽しめず心残りしそうだわと思ったセミナーでしたみずがめ座

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。