2011年09月14日

元祖ミスター・ピノ、ジョッシュ・ジェンセン氏とカフマン恵美子さん

テーマ:カリフォルニア・ワイン

私の大好きな"CALERA"のジョッシュ・ジェンセン氏が来日して試飲会があるとカフマン恵美子さんに聞き、大喜びでインポーターのヴィノラム本社へ行ってきましたニコニコ
奥山久美子の美と健康のワインライフ

7年前に、モントレーから車で山道を延々と登り、カレラのワイナリーに伺いましたが、ブドウ畑のあるマウント・ハーランはそこから1時間以上かかると聞いて、行くのをあきらめちゃったほどワイナリーも山奥でしたえっ


ミスター・ピノことジェンセン氏に初めて会ったのは1989年(多分)の初来日の時。

ワイン・ジャーナリストのカフマン恵美子さんが、やはり通訳をなさっていました。
奥山久美子の美と健康のワインライフ

カフマンさんはソノマ在住で、Wine Perspectiveという電子マガジンを運営。

アメリカのワイン情報を得るために、私も読んでいます。
奥山久美子の美と健康のワインライフ

標高2200フィート(670メートル)のマウント・ハーラン地区の石灰岩

ピノ・ノワールを植えるためにNASAの航空地図で石灰岩土壌を調べて、ここに決めたそうだ
奥山久美子の美と健康のワインライフ
「カレラ」はスペイン語で「石灰岩の焼き釜」
奥山久美子の美と健康のワインライフ

1975年にテロワールの違う場所Jensen、Seleck、Reedの畑にピノ・ノワールを植樹

1984年にMills

1997年にRyan、de Villiers


2003年から有機農法の認定を受けているから、樹齢が高いほど根が土中に深く入り上質のミネラルを吸い上げワインに複雑性を与える
奥山久美子の美と健康のワインライフ

この写真はセミナー会場で撮りました
奥山久美子の美と健康のワインライフ
「ライアン」と同じ樹齢14年なのに、この「ド・ヴィリエ」は2007年が初ヴィンテージ

ジェンセン氏の話によると、2006年まで「セントラル・コースト」という買いブドウで造るワインにブレンドしていたそうだ

マウント・ハーランの畑のワインはロマネ・コンティと同様、全房発酵(梗を取らずに房ごと使う)だけれど、ヴィリエのみ除梗しているせいか、色が濃くてストラクチャーがしっかりとして果実味も力強かった


今日1番のワインは「ジェンセン2008」

華やかでエレガントな果実味とミネラル、バニラやビスケットの香りとも上品に調和して、複雑に幾重にも広がる果実の旨味

ヴォーヌ・ロマネの最上クラスに入るでしょう合格


「ライアン」は樹齢が若いからフルーティでチャーミング

「セレック」は2008年遅霜でやられてしまったので、ないのが残念でしたしょぼん


買いブドウで造る「セントラル・コーストCuvee V」というのはヴィノラムのために、マウント・ハーランを26%もブレンドしたピノ・ノワールで甘くフルーティ


ジェンセン氏といえば、ロマネ・コンティのクローンを使用しているという噂が有名ですが、、、とにかく素晴らしい遺伝子を持つクローンとマウント・ハーランのテロワールと醸造哲学から生まれるワインには誰もが魅了されますねキラキラ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。