1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月13日

ロゼ・シャンパーニュとチーズのマリアージュ放課後@エッセンス青山

テーマ:放課後クラス会

 

優秀なメゾンのフードフレンドリーなロゼ・シャンパーニュを選びましたheart

デザートにマッチするようなフルーテイなロゼ・シャンパーニュではなくて、

辛口のエレガントなシャンパーニュにボリュームとタンニンが加ったようなロゼであれば、濃いミルクのコクのあるシェーヴルからハードまでマッチングはあります3heart

 

とは言えど、ボーフォール・エテ、コンテ・ド・モンターニュは、特別コクと旨味・塩味が強いので、シャンパーニュの繊細さが目立ちましたニコニコ

 

 

シャルル・エドシックはゴールドサーモンピンク

ポル・ロジェ2008はコーラルピンク

ボランジェ・ロゼはサーモンピンク

ルネ・ジョフロワは夕焼け色

 

 

今回の放課後クラス会は、薬膳中華料理店「エッセンス」に行きました光

春にリフォームして、以前のカジュアル風ではなく、エレガントな広東料理店の

ような雰囲気で素敵です

 

 

 

蛸とオクラのXO醤和え

 

 

 

 

 

富山の白エビのヤーツアイ和え

岩手のプラチナポークのチャーシュー

稚鮎の細切りの揚げ物

鶏をフェンネルとパプリカで和えたもの

 

 

 

イサキの衣揚げ、トマト・バジルソースに白菜の漬け物

カボスの白い泡が清涼感ある

 

 

 

 

岩手のプラチナポークの低温ロースト、粒マスタードソース

茄子、ジャガイモ、腐乳の炒め物、ウドの新芽

 

 

 

 

 

チーズのデザートも薬膳スタイルで

 

 

 

お優しい笑顔の藪崎友宏シェフ

私は10年以上前から通っていますが、シェフの料理は進化し続けているところが凄いですね

健康に良くて元気になるという美味しい料理をご馳走さまでしたにこにこハート

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月14日

シャンパーニュ、ブラン・ド・ノワールとチーズのマリアージュ放課後

テーマ:放課後クラス会

 

ブラン・ド・ブランのシャンパーニュに比べると、ピノ・ノワール100%から造られるブラン・ド・ノワールは力強さと厚みがあるびっくり!

そこで、チーズは前回よりもシッカリとした味わいのシェーヴル5種、シェーヴル的な牛乳製のサン・マルスラン、白カビタイプのクロミエ、ウオッシュタイプのラングル

生クリーム添加のデリス・ド・ブルゴーニュです

 

ル・コンポステルと言う珍しいシェーヴル

ボルドー地方のロカマドウールを造っている工房が造る120グラムの大きめサイズ

帆立貝の押し印があるのは、ボルドーはスペインのサンチアゴ・デイ・コンポステラまで続く巡礼のスタート地点だから

ねっとりとして芳醇な味わいは山羊とは思えないほど濃厚です

 

フルーリー以外、マルゲ、エリック・ロデズ、エグリ・ウーリエは

最上のピノ・ノワールの村、アンボネにメゾンがある

 

個人的には、マルゲ・ラ・グランド・ルルの透明感のある精緻なミネラル感と上品さが大好き

マリアージュとなると、エグリ・ウーリエ・ブラン・ド・ノワールVVとル・コンポステルの芳醇同士がベストマッチングでした

でも、好みはそれぞれでクラスメンバーの意見を聞くのは楽しいです

 

 

放課後はアンカフェに14人で行きましたはな

ハーブ豚のローストのサラダ

 

エグリ・ウーリエ・グラン・クリュ 2006

リリースされたばかりのミレジム2006は、シャルドネ30%入っていることもあり

フレッシュな酸とミネラル感が爽快で溌剌していた

 

クイーン・オブ・ピノ・ノワールとして有名なメリー・エドワーズが造るソーヴィニョン・ブラン2014

ルシアン・ヴァレーはナパよりは涼しいが、これはソーヴィニョンらしい繊細さやシャープな酸のない、マッタリとしたヘビーさが目立つ

ソーヴィニョン・ムスクという亜種が30%入っているから、なおさら動物のオイリーなニュアンスがあるかも

全米歴代ソーヴィニョン・ブラン史上単独第1位になったらしいびっくりが、

レイル・ヴィンヤードの方が、はるかに複雑性や華やかさがある(酸は緩いけど)

 

 

ムルソー・ブラニ・プルミエ・クリュ・シャトー・ド・ブラニ2007

ルイ・ラトウール

 

クロ・デ・ランブレ2013   ドメーヌ・デ・ランブレ

モレ・サン・ドニ村の急斜面にあるグラン・クリュ畑で、最近益々華やかで上品になっている

 

ラトリシエール・シャンベルタン1996  ドメーヌ・フェヴレ

この時代のフェヴレは、クラシックで堅固な造りをしていたので、20年たっても

鎧甲のようなタンニンは健在でした

 

グラタマッコ2013

懐かしい! スーパートスカーナ

ボルゲリで話題のサッシカイア、オルネライアに次いで人気があった

砂利が多くて暑いのでイタリアのメドックと呼ばれるボルゲリは、カベルネ・ソーヴィニョンが完熟し、ナパほど甘くなく凝縮感が凄いです

 

インフィニティ・エイト 2002

15000~40000本と、非常に生産量が少ない極小メゾンのシャンパーニュ

ラベルのインパクトばかり気になって、味わいの印象は薄い

 

ヴィルマール・グラン・セリエ・ルビー2006

シャンパーニュのクリュッグと呼ばれるヴィルマール

ブルゴーニュ樽で発酵したベースワインを、二次発酵~カーヴの熟成期間

は長く秀逸だけれど、ちょっと甘い

 

どれも普段飲めないような素晴らしいワインばかりでしたルンルン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月14日

シャンパーニュ、ブラン・ド・ブランとチーズのマリアージュ放課後

テーマ:放課後クラス会

 

春期クラスの第一回目はシャンパーニュのブラン・ド・ブランはな

最も繊細でエレガントなシャンパーニュなので、チーズは同様に繊細な味わいのシェーヴルや白カビタイプです

タミエやルブロションのような、優しい風味のセミハードも調和します

 

おまけは、イタリア、ピエモンテ州の「ラ・ロッサ」という桜の葉に包まれたロビオラ

熟成してトロリとした強い桜の風味も、ブラン・ド・ブランに合いました

 

 

優秀なレコルタン・マニピュランであるアヴィーズ村の「ド・スーザ」と「アグラパール」は、ブルゴーニュのドメーヌ的な造りでテロワールから届くミネラル感と酸が

力強く

「ドウラモット」と「ビルカール・サルモン」は、エレガントでハーモニーを重視した味わい

 

放課後は、アン・カフェに18人でクラス会

18人になると、1本のワインで18杯取りは少量なので、スクールで2本ずつ購入したものも持込みしました

 

ゴッセ・セレブリ・ロゼ2007

エクストラ・ブリュットなので鶏肉料理に良さそうな、洗練されたしたロゼ

59%シャルドネ、41%ピノ・ノワール、赤ワインを7%ブレンド

MLFを行わないのが特徴で、リンゴ酸がキリリとしている

 

 

ピュリニ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・フォラテイエール2014

ドメーヌ・ポール・ペルノは透明感のあるミネラルと酸が綺麗な造り手

2014年はふっくらとした果実味がありバランスが良い

 

ピュリニ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・シャン・カネ2013

ドメーヌ・ラモネ、雹の被害で苦労の多い2013年なのに、豪奢な果実味とミネラル感と旨味が豊かなのは、まるでマジックのよう

 

 

ニューヨークで購入されたというオスピス・ド・ボーヌ

ボーヌ・プルミエ・クリュ、畑を寄進したギゴーヌ・ド・サランは、ニコラ・ロランの妻であり、オスピスを創建した人

この畑のキュヴェは毎回安定して素晴らしく、2012年は果実味がゴージャス

 

もう1本、オスピス・ド・ボーヌのニコラ・ロランが寄進した畑の2012年がありましたが、写真を撮り忘れ残念

こちらも、エルヴァージュは違えども同じような味わいでした

 

 

 

 

レコルタン・マニピュランのヴィルマールが造るプレステイージュ・キュヴェ

クール・ド・キュヴェ2008

レコルタンのクリュッグと言われていて、オートクチュールな樽発酵をしたワインを二次発酵させている

厳格なタイプでクリュッグのような華やかさがないけれど美味しいです

 

次回のクラス会も楽しみにしていますシャンパン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。