1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年09月21日

ヴァン・エ・サンテの会@リストランテ・デッラ・コリーナ

テーマ:ワイン会

 

恵比寿のリストランテ・デッラ・コリーナで行われたワインの勉強会♪

ヴァン・エ・サンテは、田中清高ドクターが長年主催しているワイン愛好家グループのアカデミックなワイン会ですシャンパン

 

コート・ドール以外では上品で優美なピノ・ノワールを造るのは難しいと考えられていますが、

最近ではコント・ラフォン、メオ・カミュゼ、ルイ・ジャド等の最高峰の造り手が情熱を注いでいるオレゴン(冷涼気候や有機栽培に適した環境)

ソノマ・コーストのリトライ、コント・レモンの神がかっているビオデイナミ

ニュージーランドのマーテインボロ等、直接生産者に伺った貴重な話をさせて頂きました

 

 

アカデミー・デユ・ヴァンで知り合ってから約30年

ワインと医学の著書多数の田中清高氏と

 

 

マーテインボロに1980年に植えたエーベル・クローンの樹齢が34年となり、年ごとに味わいが深くなってきているアタ・ランギ

 

 

オレゴンのウイラメット・ヴァレーで2014から造っているニコラ・ジェイ

メオ・カミュゼのジャン・ニコラと大学時代の友人ジェイが設立し、樹齢の高いPN畑を購入し、高品質の買いブドウもブレンドしている

 

 

同じ価格帯のドメーヌ・ダヴィッド・デユバンのヴォーヌ・ロマネ

参加者33人のほとんどの方が1番好きなワインこれでした

やはりフィネスが最もあるのが皆さんお好きですね

アタ・ランギの薔薇の花びら、ニコラ・ジェイのショコラな風味も素敵ですが

 

 

ブラインドの後は、楽しい食事会

ルイリエール・ブリュット・トラデイション

コート・デ・バール地区、シャブリに近いキメリジャン土壌からピノ・ノワール80%、シャルドネ20%で造られるシャンパーニュ

ストレートなミネラル感が爽やか

 

 

 

イタリア、オーストリアの南、アルト・アデイジェ州のソーヴィニョン・ウインクル

テルランの洗練された造りから、澄み切った透明感が感じられる味わい

 

 

 

ブルゴーニュ、ドメーヌ・フィリップ・シャルロパンで栽培・醸造をしているドミニク・ギヨンが2014年から造っているマルサネ・アン・ラレー・ブラン2015

2樽のみとのこと

コート・ドールのグラン・クリュやプルミエ・クリュの畑の土を、ジャムの瓶に詰めてシャルロパンのテイステイング・ルームに並べた圧巻のコレクションがあるビックリ

実直で控えめなギヨン氏にしてはファンキーなエチケットです

 

 

 

 

デッラ・コッリーナのイタリア料理を、懐かしい方と話に夢中になりあまり頂けなかったのだけは残念でしたがご馳走さまでした

 

 

ほとんどの方達が帰ってからの記念撮影

もっと美しいセッテイングの時に写真を撮れば良かったですね奸笑

 

 

2次会は渋谷セルリアンタワー近くの「ローデイ」へ

ロワイエという、コート・デ・バール地区のキメリジャン土壌の土地で造られるシャンパーニュ

先程のルイリエールよりも、よりシャブリ的な鉱物的なミネラル感があり、リフレッシュにとても良かったですheart

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月03日

焼き鳥屋「鳥さわ」でワイン会@亀戸

テーマ:ワイン会

 

明るいワインオタクのNKさんのマニアックなワイン会に久しぶりに参加しましたShiny

生まれて初めての亀戸でしたが、「鳥さわ」はとてもオシャレな本格的焼き鳥屋

大将やスタッフは若く、左側にあるカウンターには8席ほど、

右側には8人座れる個室風のテーブル席

ワイングラスは1人2脚なので、各自マイグラスを持ち込みました

 

中澤大将(右の方)曰く 「ここは亀戸の西麻布ですびっくり!

 

焼き鳥は、苦手のレバー以外は美味しく頂きました

 

 

日本のピノ・ノワールと言えば

今、日本ワインファンの注目の的  「ドメーヌ・タカヒコ・ソガ」

北海道余市町登地区に2010年に設立、ビオロジックで栽培されたピノ・ノワール約9000本が植えられた農園と醸造所です

 

ビオ農法に加え、醸造は野生酵母で全房発酵、2015年からは亜硫酸無添加とはビックリ

ワイン造りでは憧れの手法とは言え、最もリスクが高いことをなさるとは凄い方なのですね

 

蘇我貴彦さんは、長野の「小布施ワイナリー」の次男で、ココファーム・ワイナリーの農場長として10年働きながら、世界中のワイン産地を巡った後に余市に4.6ヘクタールの農地を購入したとのこと

 

初ヴィンテージの2008、2009、2010、2011 は、自社畑のブドウではなく、木村さんという最高のピノ・ノワールを栽培している方から買って造ったので

エチケットには、「Yoichi Nobori Kyumura Pinot Noir」

 

2012、2013、2014、2015 はドメーヌものなので、「NaNa-Tsu-Mori Pinot Noir」

 

明るい色調、非常に繊細ですが鋭角的な酸と豊かな旨味の余韻が長く、ふっくらとした旨味と香ばしさのある焼き鳥とは相性がバッチリでした

 

ドメーヌ・タカヒコのワインを全ヴィンテージ、ゲットするためには、大変な手間がかかったそうです

 

グレース・ワイナリーが余市で造っている、ピノ・ノワールのスパークリング・ロゼ

これも、木村さんから購入したブドウで造っているという共通性からアペリテイフになりました

流石に、洗練された味わいの品の良いスパークリングでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に親子丼も美味しくいただきました

日本ワインの勉強もできたとても楽しいワイン会でした赤ワイン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月12日

お花見ランチ@Salotte Cantico東京ガーデンテラス紀尾井町

テーマ:ワイン会

 

Canticoの特別室から見える桜は、4月4日はまだ五分咲きでしたkira4

今年はブルゴーニュのミクロクリマ(微気候)のように地域差がありますね

 

お花見ランチは8人で8本のワインを持込み、優雅な個室で行いました

 

ボランジェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズ2005

接ぎ木をしていないピノ・ノワールの古木が植わるフランスの文化遺産の畑から生まれるブラン・ド・ノワール

品格と複雑性が芳醇なコクとともに広がり感動

 

ロンバール・タナグラ・グラン・クリュ・ロゼ

エペルネにあるレコルタン・マニピュランが、セニエ法で造る極少量生産のロゼ

豊かな果実味に加えタンニンの渋みもほのかにあり食事に合う感じ

 

ヴェネト産ホワイトアスパラガス、鶉の卵のスフレ

レモンクリームソース、フレッシュハーブとサフランが香るパン粉とともに

 

青森県産桜鱒の低温調理、赤玉ねぎのフリット

空豆とアスパラガス、リコッタチーズのテリーヌ、2色のオレンジソース

 

バンドール・ロゼ2014   ドメーヌ・タンピエ

プロヴァンスの最高峰ロゼで味わい深いはずなのですが、シャンパーニュが力強かったので軽やかに感じられた

 

ピュリニ・モンラッシェ・プルミエ・クリュが3種

エテイエンヌ・ソゼ、ガレンヌ2011

フランソワ・カリヨン、シャン・カネ2005

フランソワ・カリヨン、シャン・カネ2001

2011年は酸とミネラル感が溌剌とした魅力

2005年は少し熟成感があり、ナッツにカカオに茸のフレーヴァー

2001年は熟成のピークで、蜂蜜にキャラメルにクレームブリュレのようなコクが迫力ありました

 

自家製イカ墨のタリオリーニ、フレッシュトマトと魚介のソース

前回も頂きましたが、やはり絶品

 

銚子産ホウボウと桜海老のクロスタ、白インゲン豆のピューレ

春野菜と南瓜のオイルと共に

 

シャンボール・ミュジニ・プルミエ・クリュ・レザムルーズ2002

ドメーヌ・ロベール・グロフィエ

恋する女性達という畑名、味わいも甘く華やかなので桜の季節にもピッタリですね

 

ロマネ・サンヴィヴァン1996    ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンテイ

15年ほど前にアメリカのクリステイーズのオークションで購入した物なので、状態が不安でしたが健康だったので一安心

1996年から清澄やフィルターがけをしなくなったので色が濃いガーネット

ドライフルーツやドライフラワーに出汁の旨味のような風味が艶やかでした

 

川俣シャモとトレビスのインボルテイーニ、レンズ豆煮込み、赤茄子のピューレ

バルサミコ、燻製の香りをつけたソース

 

フレッシュチーズと苺のスープ仕立て、牛乳のソルベと蜂蜜チュイル添え

 

小菓子

8500円のコース料理で十分楽しめました

 

ランチタイムにゆっくりと美味しい食事と素晴らしいワインを楽しむ機会はあまりないので、2017春の素敵な記念になりましたロゼワイン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。