2012年10月22日

2007年 ハーラン・エステートと5大シャトー@LEVERRE

テーマ:カリフォルニア・ワイン

久しぶりにカリフォルニアのカルトワインの水平試飲を楽しみました星②


10年ほど前からハーラン・エステートのメーリングリストに名を連ねているML氏

ロバート・パーカーが100点をつけた2007年を畑違いに飲み比べたいのだけれど、このヘビー級チャンピオンクラス6種では強過ぎるので、10人くらいで飲みたいとの話がありました



アルコールは14.5%、エキスの濃縮度も猛烈なので、10人で分けることには大賛成ですはな

ML氏セレクションのワインは流石にセンス良い


アペリティフはマグナムのシャンパン  Bollinger RD 1997

白ワイン  Batard Montrachet Domaine Leflaive 2009 写真撮り忘れた


奥山久美子の美と健康のワインライフ

アメリカの造幣局で使用される紙幣と同じ紙に印刷されたBONDシリーズのラベルは、とってもファッショナブルで色が素敵


ハーラン・エステートは、不動産王のウイリアム・ハーランによって設立され1990年が初リリース

ワインメーカーはロバート・レヴィで、ワイン・コンサルタントはボルドーのミシェル・ロラン


妥協を一切しない贅沢な造りのワインは、スクリーミング・イーグルとともにカルトワインとして、景気の良かった90年代から2007年のアメリカで大人気でした

私もよく飲みましたが、パワーが強烈なので体力が必要です


ボンドは新しいプロジェクトで、ブルゴーニュのグラン・クリュのように畑の個性をひきだしたワイン

ナパ・ヴァレーの標高150メートルほどの位置している    PLURIBUSは標高300メートルくらい


1999年が初リリース  MELBURY (地主が1年のほとんどを過ごすロンドンの歴史的地区の名前) 

1999年          VECINA (スペイン語で隣人)

2001年            ST.EDEN (19世紀の地図上に記述があった)

2003年          PLURIBUS (ラテン語で沢山)

2006年          QUELLA (ドイツ語で純粋な源)


2007年、パーカーが100点をつけたのは、ハーラン・エステートとプリュリバス


土壌も少しづつ違うので、面白いテイスティングになりました

私が1番好きなのは、セイント・エデンすき♡   人気投票でも1位

5つの中では、最も豪奢な果実味に溢れ、トリュフのチョコレートのような甘さとベルベッティなタンニンをもつ柔らかさが見事、サンテミリオン的でエレガンスもある


ハーラン・エステートの圧倒されるほどのゴージャスさも魅力的でしたういんく
奥山久美子の美と健康のワインライフ

奥山久美子の美と健康のワインライフ

左 MELBURY 右 QUELLA メルベリーが最も柔らかい円みのあるタイプで色が明るい

奥山久美子の美と健康のワインライフ

ML氏が、予備に用意していたのが、パーカー100点のコルギン・カリアド2005年   

アルコールが15.6%もあるわりには上品でしたが、野生的なフレーヴァーやラベンダーのような爽やかさが個性的パチ☆

奥山久美子の美と健康のワインライフ

ルヴェールの山田氏がボーヌの「マグナム」で購入した   リシュブール1983年  ドメーヌ・シャルル・ノエラ      ドメーヌ・ルロワが買収したドメーヌ  バラのドライフラワーのような華やかさに加えアミノ酸の旨味、フィネスが非常に豊かで美味しかったハート


奥山久美子の美と健康のワインライフ


奥山久美子の美と健康のワインライフ

アミューズ 


奥山久美子の美と健康のワインライフ

前菜も盛り合わせ

奥山久美子の美と健康のワインライフ

ブール・メルヴェイユ-ズ  松茸入り&牛スジ煮込み入りたこ焼き風  コロッケよりもあっさり

奥山久美子の美と健康のワインライフ

スズキの味噌クリーム煮  7.5キロのスズキにこってりとした味噌ソースが赤ワインにばっちり合う

奥山久美子の美と健康のワインライフ

ニュージーランドのミルキー仔羊のロティ ローズマリー風味のマデイラソース  マデイラソースはハーランとバランスが良かった

奥山久美子の美と健康のワインライフ

名物 サンラータン麺  

奥山久美子の美と健康のワインライフ

フォンダンショコラ


ルヴェールのお料理はワインと相性が良くて美味しかったですが、たこ焼き風は私の場合は2つで十分g


貴重なボランジェ、ルフレーヴ、ハーラン&5大シャトー(ボンドブラザース)、コルギン、シャルル・ノエラ、、ご馳走様でしたにヒヒ☆


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年11月11日

オーパス・ワン セミナー@アカデミー・デュ・ヴァン

テーマ:カリフォルニア・ワイン

カリフォルニア、ナパ・ヴァレーにあるワイナリー「オーパス・ワン」の副社長であり栽培・醸造責任者のマイケル・シラーチ氏がADVでワインセミナーを行った


ナパはディズニー・ランドの次に観光客が訪れるワイン・カントリーで約400軒のワイナリーが存在外国人


その中でも伝統と格式あるボルドーのシャトー・ムートン・ロートシルトと、カリフォルニアワインの父と呼ばれるロバート・モンダヴィのジョイント・ベンチャーであるオーパス・ワンは、常に最先端の技術と研究の熱心さでゴージャスな赤ワインを生み出しているジャンプ


ワイン造りの目標は当初から同じ   最高品質、ポイヤックとオークヴィル(ナパ)のスタイルを反映させるが、似ているのではなくユニークなもの


私は、2000年と2004年に訪問しましたが、今日の講義を聴くと新しい試みが次々となされているようなので、また見学に行きたくなりましたビックリ


奥山久美子の美と健康のワインライフ

建築家スコット・ジョンソンのデザインによるワイナリーは、1991年に建設完了

1979年から1990年までのワインは、斜め前にあるロバート・モンダヴィ・ワイナリーで生産されていた

奥山久美子の美と健康のワインライフ
シラーチ氏が指し棒で示している白い部分が醸造所

畑は醸造所の周り、トカロン・ヴィンヤードQブロック、バレストラ・ヴィンヤードの3箇所、合計56ヘクタール


奥山久美子の美と健康のワインライフ

昔も今もメキシコから多く来ている栽培人とのコミュニケーションが最も重要

畑の仕立てはムートンと同様の密植であり、樹の仕立て方がカリフォルニアでは珍しく低い

もちろん、有機栽培


奥山久美子の美と健康のワインライフ
剪定はコルドンが多いが、グイヨの方が新梢が安定するとのこと

奥山久美子の美と健康のワインライフ

ブドウ房からキャノピー(ひさし)を見た写真   午後3時から西日が照る頃が一番暑いので、葉がパラソルの役目をはたしブドウが日焼けしないようにする

陽射しが強いから、ブドウ房が日陰になるように樹の畝の方位も研究されている



奥山久美子の美と健康のワインライフ

収穫はブドウの種を食べてチェック
奥山久美子の美と健康のワインライフ

80年代から収穫前にブドウ250粒を畑から持ってきて、果皮と種に分け、タンニンやフェノールを調べる

完熟したブドウを得るための努力が凄まじい 

奥山久美子の美と健康のワインライフ
旧式の機械だと24時間かかったけれど、今年入手した新製品はUVライトを使用して20~30分で調べることができる優れもの

奥山久美子の美と健康のワインライフ
シラーチ氏が責任者になった2001年は気温が特に暑かったので、ナイト・ピッキングを始めた

暑い年は、フレーバーが成熟する前に糖が上がりすぎるから、糖の下がる夜3~9:00頃が良い

奥山久美子の美と健康のワインライフ
16kg入りのボックスで手で摘み取る

奥山久美子の美と健康のワインライフ

世界に5つのみの新除梗機

オーパスの醸造所は、すべてグラヴィティ・フロー(重力を利用して上から下へ移す、ブドウ→発酵タンク→樽)がコンセプトなので、一般の除梗機のように横型でブドウをはたくのではなく、ゆりかごのように揺らして梗を取る

奥山久美子の美と健康のワインライフ

ブドウも優しくされて嬉しいことだろう

奥山久美子の美と健康のワインライフ
ブドウ粒は、Vistalys という最新式の選果機へ

カメラで写真を撮られて、色・形が不満足な粒は破棄されてコンポストになる

立派な粒だけが右上の台に乗って発酵タンクへ運ばれる

奥山久美子の美と健康のワインライフ

ブドウ粒が乗る台は振動しているので、形が悪いのはすぐに見つかる


奥山久美子の美と健康のワインライフ
2つのワイン・チームが常に新しい試みをしていて、よく出来たワインはオーパス・ワンかオーヴァチュア(セカンド・ワイン)に使用する

奥山久美子の美と健康のワインライフ

半円形のグラン・シェでは9ヶ月間の熟成、トータルで18ヶ月間の樽熟成を経て瓶詰めされる

奥山久美子の美と健康のワインライフ
シラーチ氏の初ヴィンテージである2001、その他に2005、2008、2009をテイスティングきりっにこうるうるウインク



シラーチ氏には初めてお会いしましたが、アメリカ人らしいユーモアがあって、とても楽しいセミナーでした

ワインの内容については次回書く予定ですheart heart

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年04月02日

熟成したカリフォルニア・ワイン@カリフォルニア・ワイン・ガーデン麻布十番

テーマ:カリフォルニア・ワイン

カリフォルニアの「カルト・ワイン」がブームであった5~12年前は、毎日のようにカリフォルニア・ワインを楽しんでいましたが、最近は繊細なブルゴーニュばかり飲んでいます。


ブドウの生育期間に雨がほとんど降らないカリフォルニアでは、ブドウが樹に生っているハングタイムがボルドーやブルゴーニュに比べると短いので複雑性が今一つ、また朝晩が涼しいナパ・ヴァレーでも酸をキープするのは難しい。


ピノ・ノワールに関しては石灰質土壌ではないので(一部はあるけれど)、ミネラリーで引き締まった味わいや繊細さはあまり期待できないのですが。。


優秀な造り手によるバランスの良い素晴らしいワインも多く存在していているので、チャンスがあれば色々と飲みたいと思っています。


今回は、熟成することによって複雑性が増し、美味しくなったレアなオールド・ヴィンテージに出会うことができて幸運でした。


ブルゴーニュ・ワインクラスに勉強にいらしているJC氏はカリフォルニア・ワインにかなり造詣が深く、コレクターとしてもトップクラス。クラス放課後食事会に私達にワインを提供してくれることになりました。


JF氏は、2月26日にナパの「プルミエ・ナパ・ヴァレー・オークション」で、過去最高価格で落札された、「スケアクロウ」5ケース125.000ドル(約1千万円)を落札した中川ワイン販売の中川さんと一緒にオークションに参加されました。



奥山久美子の美と健康のワインライフ

「レルミタージュ・ブリュット 1999」

シャンパーニュのルイ・ロデレール社がカリフォルニアのアンダーソン・ヴァレー(メンドシーノ郡)に1981年設立。

ロデレール・エステートが造るスパークリング・ワインの中のトップ・キュヴェだけあって、エレガント。シャルドネ53%、ピノ・ノワール47%


奥山久美子の美と健康のワインライフ

「ロキオリ・リヴァー・ブロック・シャルドネ 1997」

カリフォルニアでブルゴーニュスタイルが成功しているソノマのルシアン・リヴァー・ヴァレー。1938年からブドウ栽培をし、最高級のブドウを世に出しているロキオリ・ファミリーが、ワイナリー設立したのは1984年。リヴァー・ブロックは1989年にシャルドネを植樹した最上の畑。

14年の時を経て朱金色に輝き、とろりとしたハチミツのようなアタックにカカオ風味がありパワフル


奥山久美子の美と健康のワインライフ

「オー・ボン・クリマ・ピノ・ノワール リザーヴ・サンフォード&ベネディクト 1995」

サンタ・バーバラの怪人と呼ばれるジム・クレンデネンのオー・ボン・クリマは1982年設立。1970年代にワインメーカーを始めたジムは、その後ボルドーやブルゴーニュで修行。特にアンリ・ジャイエの影響を強く受け、エレガントなワイン造りを目指している。

カベルネに比べると熟成が早く進むピノ・ノワールだけれど、まだ若々しい果実味に溢れていた

奥山久美子の美と健康のワインライフ

「カレラ・ジェンセン 1984」

ミスター・ピノ、ジョッシュ・ジェンセンが造る最上のジェンセン畑

深いガーネット色、官能的なロマネが熟成したような味わいで、ブルゴーニュの古酒にある甘さもある


1974年にセントラル・コーストのマウント・ハーランに設立したワイナリーに、私は2003年に行ってきました。モントレーから山に向かって上り40km、カーナビにも出ていないゴツゴツした山中にワイナリーがあり、畑はそこから山頂を目指して車で1時間以上かかるというので畑見学はあきらめました。


ミスター・ピノが初来日した1989年に試飲会に行きましたが、その時のワインよりも古いワインで、またクラシックなエチケットにも感激ニコニコ

NASA宇宙局の地図から石灰質の土地を見つけてピノ・ノワールを植えた話は超有名。「カレラ」は石灰岩で作った石釜という意味で、畑に実際あったそうだ。


ジェンセン、セレック、ミルズ、リードのクローンは、「カレラ・クローン」と呼ばれているが、ブルゴーニュのロマネ・コンティと同じDNAのものもあるらしい。

カレラのカジュアルなピノ・ノワールは、ディジョン・クローンとポマール・クローンだと聞きました。


奥山久美子の美と健康のワインライフ

「オスピス・ド・ソノマ・ピノ・ノワール  デリンジャー・オクタゴン 2003 落札by中川ワイン」  

オスピス・ド・ソノマは、恵まれない子供達の支援などを目的とし、ソノマの生産者が集って行うチャリティ・イベント。

1975年にルシアン・リヴァー・ヴァレーに設立された「デリンジャー」は高品質ピノ・ノワールのパイオニアとして有名。

「オクタゴン」(八角形)は最高級キュヴェであり、年産120本というウルトラ・カルト・ワイン

勢いのある完熟したザクロやベリー系果実味と旨味に甘いスパイスが一体となって迫力がある


ワイン生産者も多く訪れるという「カリフォルニア・ワイン・ガーデン」の4000円のコース料理は、また、信じられないほどコストパフォーマンスが良く、美味しかったです。
奥山久美子の美と健康のワインライフ

奥山久美子の美と健康のワインライフ
奥山久美子の美と健康のワインライフ
奥山久美子の美と健康のワインライフ
奥山久美子の美と健康のワインライフ
貴重なカリフォルニアのピノ・ノワールに感激の夜でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。