2016年11月27日

Chateau Palmer シャトー・パルメ ガラ・デイナー@レストランひらまつ

テーマ:ボルドーワイン

 

ボルドーワインの中で最も優美で繊細な味わいが特徴のマルゴー村

シャトー・マルゴーに次いでフィネスがあるシャトー・パルメの

社長兼醸造長、トマ・デユルー氏を囲む会が「ひらまつ」で開催されました

 

 

シャトー・パルメは、66ヘクタール(カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、プテイ・ヴェルド)

1640年からの歴史があるパルメは、1939年から2つのファミリー、100人の株主により運営されている

 

2004年から醸造長をしているデユルー氏は

スーパートスカーナ”オルネライア”の醸造長を長年していた

1970年生まれの学者タイプの方です

 

現在、22区画の畑をビオデイナミ栽培

プレパラシオン500を自ら造り、501は購入しているとのこと

 

 

デユルー氏のスマートフォンから写真を見せていただいた

雌牛の角の中に雄牛の糞を入れて、地中に埋めて熟成

 

雌牛に詰める前の材料

 

1970年生まれの46歳に見えないほど落ち着きがある

趣味は山登り、バイク、ジャズ

 

アペリテイフのドウラモット・ブラン・ド・ブラン2007以外は全て赤

なので各ワインの特徴に合うお料理です

 

雲丹のロワイヤル 

羊蹄山の百合ね根 海藻の香り

 

Alter Ego de Palmer 2011

アルテール・エゴは、セカンドワインではなく、砂地多めの軽い土壌の区画の

ブドウから造られるので全く別のタイプのワイン

ワイン名のまま、「もう一人の私」

 

クラシカルなパテ・アン・クルート

ポルト酒のジュレ

 

フカヒレのエチュベ 富田林産

海老芋と壬生菜

シェリー酒風味のコンソメ・ドウーブル

アルテール・エゴ2009と

 

シャトー・パルメ2005

ミッドナイトブルー&ゴールドの荘厳なエチケット

黒だと思っていたのは勘違いのようでした

 

セップ茸のドルドレーズ

ポロ葱とトリュフのラヴィオリ

 

オマール・ブルトンと牛蒡のフラン・ソース・シヴェ

フレッシュなオマールだからこそ、赤ワインと合わせられる

シャトー・パルメ1999と

 

アイスランド産仔牛背肉のロースト

千両茄子のプロヴァンサル

シャトー・パルメ1995と

 

 

シャトー・パルメ1970

この日のために、ネゴシアンから買い戻しリコルクしたせいか

果実味が今も瑞々しく、全体が一体となるハーモニーが素晴らしかった

 

平松グランシェフとマダムがパリにいる頃、1970年を飲んでワインの美味しさを知ったとのこと

 

洋梨のコンポート サヴァイヨンとフランボワーズのクーリ

 

 

デユルー氏にシャトーのお話を伺い、パルメがテロワールを表現し

益々魅力的になるのだと感心

 

お料理はボルドーワインとのマリアージュが、とてもユニークで

楽しかったですおんぷ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年05月27日

ステファン・ドゥルノンクール来日セミナー@アカデミー・デュ・ヴァン

テーマ:ボルドーワイン

ステファン・ドゥルノンクールの名前を知ってから20年近く経つけれど、あのサンテミリオンのシャトー・カノン・ラ・ガフリエールで初めて造られた「ラ・モンドット1996」が、ボルドー・アン・プリムールで「シャトー・ペトリュス」よりも高値が付き、世界中に衝撃が走ったことを今もはっきり憶えているハート


ドゥルノンクールと言えば、ミクロ・ビュラージュ(マイクロ・バブルという意味で、醸造中のタンクにチューブで微粒酸素を送り出しタンニンの重合を促す)という技術をあみ出したり(10年前から行っていないそうだけど)、除梗・破砕機ではない除梗器を作ったり,ワイナリーのコンサルタントとして超有名


18歳の時にボルドーに収穫の手伝いに行った際に、ブドウ畑が大好きになりそのままワイナリーでワイン造りを学んだという好奇心旺盛な青年は、現場での修行で頭角を現し1990年にシャトー・パヴィ・マッカンで初めてビオディナミを行い大成功

1996年にネイペルグ伯爵に雇われてからスーパースターコンサルタントの道を歩んできたようです


醸造法に拘りがあるのかと思っていたら、それだけではなくブドウ栽培と粘土石灰質について情熱的に語られていましたR


ステファン氏と奥様のクリスティーヌ

1999年に、ご夫妻でコート・ド・カスティヨン地区に畑を購入して「ドメーヌ・ド・ラ」を設立

サンテミリオンの丘陵につながる同じ粘土石灰質土壌のわりに、土地代が安いから目を付けた




ドメーヌ・ド・ラ2010、2011、2012 

メルロ80%、カベルネ・フラン20% 

シャトー・ジゴー2010は1998年初リリースのステファン氏がコンサルをしているブライ・コート・ド・ボルドーにあるシャトー、メルロ100%


破砕しない美しいブドウの粒は、粒の中で発酵が始まり二酸化炭素を出して果皮を突き破る

破砕をしていないと、粒間に隙間があるので酸素を送る必要がない

未熟なブドウがあると粒は弾けないなので、完熟したブドウのみ使用しなければいけない

畑は有機栽培、1ヘクタールにミミズが20トン!土はフカフカとのこと


出来上がったワインは、複雑なアロマの広がりネットリとした柔らかいアタックがある

2010年は偉大な年、熟したプラム、チョコレート、花の香り、きめ細かい緻密な果実味がねっとりと広がりパワーと純粋性がある



ドメーヌ・ド・ラは、まるで実験室のように栽培でも色々なことを試しており、若い人達の教育をおこなうトレーニングセンターのようでもあるとのこと

今後も、益々美味しいワインが増えることを楽しみにしていますハートちゃん

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年04月26日

Domaines Fabreドメーヌ・ファーブル プレス向けテイスティング@カデンツァーレ

テーマ:ボルドーワイン

生粋のパリジェンヌのジャーナリスト、ドラ・トーザンがオーガナイズした試飲会が、西麻布の「カデンツァーレ」でありましたキラッ


オー・メドックとマルゴーに6シャトーを所有するヴァンサン・ファーブル氏は、毎年9月に行われる”メドック・マラソン”の社長をしているので、ドラは昨年取材されたとのこと


私は42キロも走るなんて絶対ありえませんが、ヴァンサン氏の話によると日本人は500人も参加するそうだ

ドイツ人、日本人、ベルギー人の順番に多い


昨年の参加者は8500人、今年は30周年記念で1万人を募集したら5万人も希望者が来たとは、、、マラソン人口多くてびっくり


Chateau Fonsèche Haut-Médoc 2011

Chateau Le Chène Haut-Médoc 2011,2010

CHateau La Tonnelle Haut-Médoc 2011,2010

Chateau Lamothe-Cissac Haut-Médoc 2011,2009

Chateau Lamoth-Cissac Vieilles Vignes 2011,2004

Chateau Landat Vieilles Vignes Haut-Médoc 2004,2009
Chateau Bellevue de Tayac Margaux 2004,2009



メドック・マラソンの説明をするファーブル氏


ランナーは毎かいテーマに沿った腰プレをして走り、休憩所である22ヵ所のシャトーからはワインが振舞われる


ポンテ・カネはワイングラスを使用するが(流石!)、他のシャトーでは最近プラスチックカップになった

世界一楽しいマラソンとして有名だけれど、優勝を狙うランナー達はコスプレもなし、ワインも飲まずに真剣勝負のようです


シャトー・ラモス・シサックは、ファーブル家が住んでいる立派な城館で、メドック・マラソンではワインもサービスしている


ファーブルのワインの90%以上は輸出しており、ネゴシアンを通さず海外へ直売しているというのはボルドーでも珍しいことです



昨年ヴァランドローのテュヌヴァン氏から購入したというマルゴー村のシャトー・ベルヴュ・ド・タヤック

2013年以降にリリースされるボトルは、新しいデザインのエチケットになっている


マルゴーらしいエレガントで華やかな果実味や、きめ細かいテクスチュアがあり、2009年が一番好きでした

2013年にファーブル氏が造ったワインと、テュヌヴァン氏が造ったワインを飲み比べてみたいものです




全てが赤ワインの試飲だったので、カデンツァーレからは肉料理が2品供され、ワインを美味しく飲むことができました


フランスで8~30ユーロのワインとのことですがベジタルさや荒々しさのない上品な味わいなので、万人向けに最高だと思います

日本での価格が2倍くらいだと嬉しいですね にんまり


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。