1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月19日

グレート・ギャツビー観劇後はクローニー@西麻布

テーマ:フランス料理

 

ロバート・レッドフォード主演の名作映画「グレート・ギャツビー」きらきら

宝塚歌劇で初のミュージカル化で成功した小池修一郎氏が、井上芳雄君主演に脚本・演出を新たに再び挑んだという作品

 

小池氏の脚本は、歴史的冒険スペクタクルが多く

私も宝塚劇場で、「ナポレオン1世」「ルイ14世」を柚希礼音が主演したのを観て、興奮したものです

 

今回のグレート・ギャツビーは、映画よりもテンポが早く華やかで分かりやすくて

とっても面白い

芳雄くんは、はまり役でしたねニコちゃん

 

 

カンテサンスの支配人を9年していた小澤さんが独立

西麻布に「クローニー」は、フランス料理ベースに北欧と北米のテイストを加えたという進化系レストラン

デイナーは、12000円のシェフのお任せコースのみで、豊かな発想のチャレンジングな楽しい料理

9時過ぎには、ワインバーとなり一品料理になるそうです

 

現在ワインが飲めないYMさんと行ったので、ワインはペアリングを頼んでみると

私的には普段飲まないようなワインですが、料理にはピンポイントで

バッチリとマリアージュしている点は凄かったです

流石ハート1

 

シャンパーニュは、エテイエンヌ・ルフェーヴル・カルト・ドール

ヴェルズネ村のレコルタン・マニピュランで初めて飲みましたが

果実味・酸・ミネラル感のバランス良くエレガントな風味

 

オープンキッチン

北欧の家具が懐かしい感じ

 

 

石ころ盛り合わせ

ジャガイモのコロッケ、グアンチャーレ、竹炭粉の生地の衣

 

燻製した初鰹 葉ワサビ 山椒

 

アクセントのわさびの香りや山椒のピリリとした風味が素晴らしい

 

とり貝 新玉葱 デイルオイル

黒色に見えるが、混ぜると鮮やかな緑色のデイル油

 

プロヴァンス地方の白ワイン、カシス

南仏のシャブリと言われ、魚介類のスパイシーソースに合う

 

山菜(あいこ、うこぎ、しどけ等) 揚げたリードヴォー、カラスミのソース

珍しい山菜にリードヴォーのフライが妙にピッタリ

 

ラングドック地の高品質ワイン、ジェラール・ベルトランのシガルス2015

マッタリとして繊細さは全くない

 

乾燥させた塩漬けの卵黄を削ったもの、ヴィネガーの効いたホワイトソース、

白アスパラ、うど

混ぜると、オランデーズソースのように円やかになる

 

カリフォルニア、サンフランシスコ・ベイ、テイトドッグ・シャルドネ2013

とてもクリーミーで濃厚な味わいに、ずっしりと味も重厚なサワーブレッドが、コカコーラにフライドポテトみたいな感覚で止まらなくなる感じ

 

自家製のアメリカ西海岸風のパン、ヨーグルトのホエーが入ったホイップバター

 

イサキ、 ソテーと塩漬け2種類のズッキーニ、胡桃、甘夏、 雲丹のソース

 

 

シャトーヌフ・デユ・パプ 2015   シャトー・ラ・ネルト

ローヌ河が運んだ玉石が、畑の表面にびっしり敷きつめられたシャトーヌフでは、太陽熱の照り返しでブドウが完熟し

パワフルでパンチの効いた白ワインが少量造られている

 

シャンボール・ミュジニ2011    アラン・ユドロ・ノエラ

クラシックで軽やかな味わいだが、仔鳩を美味しくさせていた

 

ランド産仔鳩のロースト、千葉県鋸南町のインゲン豆、ヨモギのベニエ

 

ミモレットを溶かした液体、クルトン

塩気と脂っこさが強かった

 

液体窒素で固めたアールグレイテイー、ミルクのジャム、宮崎マンゴー

 

ひとめぼれのアイスクリームに日本酒をかけると、旨味が増して実に美味しい

 

石ころの盛り合わせ、再び

アーモンドのクッキー

 

エルダーフラワーのハーブテイー

 

小澤一貴デイレクターと29歳の春田理宏シェフ

ノルディックとアメリカンのエッセンス入りのフレンチって、かなりインパクトの強い濃いめの味のお料理でした

実に楽しかったですおんぷ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月05日

Les Chanterelles シャントレル@代々木上原

テーマ:フランス料理

2人のK君と一緒に、3人でシャントレルのデイナーを楽しみました♬

20年ぶりに会うK君はワインが全然飲めないと聞いていたのですが

特別美味しいワインに関しては

いくらでも飲んでも大丈夫

料理とワインのマリアージュを共有できて良かったですこれ

 

アミューズはフォアグラのマカロン 中田シェフのお得意の茸コンソメ

 

ボークープで飲み、あまりの素晴らしさに感動

同じワインを持参しました

 

旬の魚介のフリットやマリネ

 

シェフのスペシャリテの一つ、新玉葱のムース・トマトのジュレ・雲丹

も頂きました

 

サクラマスの瞬間燻製 フランスのホワイトアスパラガス

 

ビーズのワインが素晴らしすぎたので、グラスの白ワインの味がカジュアルに感じてしまうけど、1本頼むほどではなかったので仕方ない

 

千葉の平目のポワレ

 春キャベツの甘いエキスが濃厚にして軽やかなソース

 

フランス、リムーザンの乳飲み仔牛のロースト

火の入れ方が抜群です

フレッシュモリーユのソースが、しっとりとした優しい仔牛肉と絶妙に調和

 

サヴィニ・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ レ・タルメット2007

タンニンは溶け込み出汁のような旨味があるので、ワイン苦手な人でもすいすいと飲めます

 

チーズも頂き

 

文旦のスフレ

ハーブテイーを飲んで大満足して帰りましたニコちゃん

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月03日

Le Beaucoup ル・ボークープ@代々木上原

テーマ:フランス料理

本当に久しぶりにボークープでランチ♬

最近は評判が益々良いようで日曜日の昼間はほぼ満席でしたが、

カウンター席になんとか2人で座れましたびっくり

 

グラス・シャンパーニュは

ラエルト・フレールのブリュット・ウルトラデイション

ムニエ主体ですが、自然派らしいミネラル感が光りとても爽やか

 

マノワール・ダステインの五十嵐派出身の佐藤武久シェフ

上原にいらして3年目です

 

アミューズは、五十嵐流のブーダン・ノワールとリンゴジャムが

毎回サービスされる

 

サクラマスのカルパッチョ 桜のヴィネグレット

 

ドメーヌ・シモン・ビーズの千砂ちゃんの所から先日届いた

ピュリニ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ガレンヌ2006

11年の熟成を経て、蜂蜜やカカオに白トリュフのような旨味が驚きの素晴らしさ

 

びわと平目のタルタル トマトのクリーム 天然三つ葉のサラダ

 

ロワール産ホワイトアスパラガス トリュフソース  

 

十勝より自然飼育和牛のフィレステーキ

川田農園の無農薬野菜

 

肉料理にあわせてグラスワインは

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2013 

 ドメーヌ・ビヤールというビオロジックの小さい生産者

チェリーのような軽快な果実味に紅茶のようなタンニンが適度にあるからフィレ肉にはまあまあ

もっと複雑な赤がマリアージュするでしょうが、グラスでは仕方ない、、

 

苺のブランマンジェと生姜とバラのアイス ライチのエマルジョン

 

ルイボステイーは、土っぽいだけでなくフルーテイさがあり美味しい

 

ランチは3700円、4品選ぶというプリフィクス

だけど、食べたいものを選ぶと、+1000円、+1500円と加算されるので

結局7200円のコース料理という感じ

食材が、とてもヘルシーで繊細な味付けの上質なフランス料理でしたウインク

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。