1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月23日

ドメーヌ・デ・ランブレ、プロフェッショナル・テイステイング・セミナーセミナー

テーマ:ブルゴーニュワイン

 

ブルゴーニュ、モレ・サン・ドニ村の5つのグラン・クリュの中で最もエレガントなクロ・デ・ランブレ

グラン・クリュと同じ名前のドメーヌ・デ・ランブレの醸造責任者を1980年から今年5月まで37年間もされていたテイエリー・ブルーアン氏が

引退されるというので、今までの貴重な話を伺おうとインポーターのヴィノラムへ花

 

3年ほど前に、ドメーヌが売り出された時に、中国人が超高値で買収しようとしたけれど、周りに反対され結局LVMHグループの所有とになりましたが、今後値上がりするのではないかという心配があります

また、新醸造長はルイ・ラトウールから来た男というのも不安ガーン

 

ブルーアン氏は素敵な紳士で、全房発酵で造るピノ・ノワールの難しさ、恐怖感ついても、梗を傷つけないように(エグミがでるから)細心の注意を払うと語っていた

 

ピュリニ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラテイエール2014

ピュリニ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・デユ・カイユレ2014

モレ・サン・ドニ

モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ・レ・ループ2014

クロ・デ・ランブレ2014

 

クロ・デ・ランブレという畑名と同じドメーヌ名のドメーヌ・デ・ランブレ

これは、ロマネ・コンテイのドメーヌと同様に、フランスで禁止されているが、

この2つだけは例外的に許可されています

 

2014年はクラシックな年

果実味と酸のバランスが良く、近年珍しく生産量も安定している

とても優美でフィネス豊かな味わいでした

 

 

ブルーアン氏が造った2016年までは、確実に感動的でしょう

また、ピュリニーのクロ・デユ・カイユレは、グラン・クリュ並み(らしい)の凝縮感とエネルギーに溢れ素晴らしかったです3heart

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月06日

Joseph Drouhin ジョセフ・ドルーアンのセミナー@ADV

テーマ:ブルゴーニュワイン

ブルゴーニュの優良ネゴシアンの中で、特に誠実で優等生的なワインを造っているジョセフ・ドルーアン光

 

社長のフレデリック・ドルーアン氏が来日して、4年ぶりにアカデミー・デユ・ヴァンでセミナーを行いました

 

80ヘクタールの自社畑は、30年前からビオロジック、20年前からビオデイナミを実践

全生産量の40%が買いブドウで造られている

 

1988年からアメリカのオレゴン州でフレデリック氏の姉のヴェロニクが造るワインの話が興味深い

30年前は誰も知らない土地であったが、オレゴンのダンデイ・ヒルズのデヴィッド・レットが、1979年にフランスでの比較試飲で2位になったことから注目され

その時の1位がドルーアンだったことから、ドルーアンがオレゴンに可能性を見出してデヴィッド・レットの近くの畑を購入して大成功を収めている

 

pouilly-Vinzelles 2015

Chablis 1er Cru Secher 2012

Puligny-Monrachet  2013

Coteaux Bourguignons Rouge 2014

Domaine Hospices de Belleville Morgon 2015

Beaune 1er Cru Clos des Mouches Rouge 2014

 

このセミナーでテイステイングしたピュリニ・モンラッシェ2013が、

ハッとするほど上品、果実味とミネラル感とのハーモニーが素晴らしいので

フレデリック氏にサインを頂きました

 

ボーヌの街中にあるドルーアンの本社にも数回訪問したことがありますが

ドルーアン所有のボーヌの城壁内の地下にある9~12世紀にかけて作られたカーヴは、必見すべき歴史的建造物

純粋主義の偉大な生産者ですねShiny

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月25日

キッチン中村からLo-d(ローデイ)へ@桜丘

テーマ:ブルゴーニュワイン

千砂ちゃんのセミナー後のお疲れさま会は、9人で隣のビルにあるキッチン中村にて行いましたニコちゃん

持込みシャンパーニュは、パワフルで格調高いボランジェR.D.2002 、最もエレガントなブラン・ド・ブランのシャルル・エドシック・ブラン・デ・ミネレネール1995

 

 

 

今回は中村のコース料理です

 

 

 

 

最も偉大なシャブリの生産者ラヴノー、シャブリ・プルミエ・クリュ・ヴァイヨン1998

当主ジャン・マリ・ラヴノーは、千砂ちゃんやパトリックと一緒に日本に1回だけ来たことがあります

パトリックと双子のようにソックリだったのを思い出し懐かしさがこみ上げます

 

 

 

 

シャルドネの神様と言われているジャン・フランソワ・コシュ・デユリの造る赤ワイン

ポマール・レ・ヴォーミリアン2007  赤も旨味が凄い

今では息子のラファエルが活躍しています

 

 

ドメーヌ・ロベール・アルヌーは、2008年から娘婿のパスカル・ラショーが当主となって

アルヌー・ラショーとドメーヌ名が変わったので、ロベールの名前を見ると懐かしい

昔から一緒に飲んでいる仲間と飲むと、喜びも増幅して楽しいです

 

 

食後に、もう一杯飲むことになり、渋谷のセルリアンホテルの裏にあるバー&ダイニング「Lo-d」ローデイへ行きモヒートでリフレッシュ

ローデイは、ブルゴーニュ生活主催の「アカ」(千砂ちゃんの小説)の朗読会が行われました所です

千砂ちゃんの友人、鈴木保奈美ちゃんがあのドラマチックなヒロインの役

あ~、私も行きたかったけれど授業があるので残念でしたガーン

 

でもローデイに行けて良かったです

スカッとした素敵な空間なので、次回はクラス会で伺いたいと思いました

 

 

 

ミス・ソフィアだった千砂ちゃんは、母校の上智大学でも講演会があり、今回の里帰りはハードスケジュールで本当にお疲れさまでしたハート1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。