1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月13日

Bambooバンブーでクラス会@表参道

テーマ:イタリア料理店

 

表参道のバンブーの1階の個室に行くと、半年前はテーブルクロスが敷かれた大きなテーブルだったけれど

今や幅の狭い木のテーブルに変わっていましたビックリ

対面に座った方との距離が縮まって親近感がでていい感じにシャンパン

 

洗練されたイタリア料理に、ギャルソンのシモーネの明るく気の利いたサービスもあり

とても楽しいクラス会になりました奸笑

 

オードヴルは、モダンスパニッシュのピンチョス

熱々のコロッケから、全て出来たてで美味しい3heart

 

私の持込みシャンパーニュは最近のお気に入り

シャルル・エドシック ブラン・デ・ミレネール1995

SALONと同じメニル・シュル・オジェのシャルドネから造られる

SALONと肩を並べる、華やかでエレガントなブラン・ド・ブラン

 

オマール海老のグリル

パンチェッタとサフランソーズ

 

ボルドー、辛口白ワインの改革をした魔術師として有名な

ドウニ・デユブルデユー教授の本拠地で造っている

クロ・フロリデーヌ2013

ラノリン、メロン、オレンジ風味、常に上品でバランスの良い白ワイン

 

イベリコ豚のロースト、バルサミコ・ソース

レンコン、芽キャベツ、ルッコラも味わい深い

 

ルーチェ2006

フレスコバルデイとロバート・モンダビのジョイントベンチャーとして登場したスーパートスカーナですが、今はフレスコバルデイの経営となっている

キアンテイ・クラシコ地区で育つサンジョヴェーゼ&メルロのブレンドで

流石に豪勢な味わい

 

ナポリ釜で焼いた、クアトロ・フロマッジョ

 

マルゲリータ

 

ノーマン・ハーデイ・ピノ・ノワール

カナダの南東部、寒暖の差が激しいオンタリオ州の石灰質土壌の畑で造られる秀逸なブルゴーニュタイプ

果実味と酸のバランスがとてもチャーミング

 

テイラミス、チョコレートビスケット

アマレットをスポイトで振りかける

 

表参道らしい可愛いハーブテイーカップ

 

デザートには、ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ

素晴らしい造り手のワインばかりが揃い、1のクラス会は凄く楽しめましたハート1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月08日

佐野成宏・新春コンサート・ランチ@リヴァ・デリ・エトルスキ

テーマ:イタリア料理店

 

1996年にオープンしてから20周年を迎えた表参道のイタリア料理店

Riva degli Etruschi で行われた佐野成宏さんスペシャルコンサートへonpu3

麹谷先生のお誘いで1月3日に行ってきました

 

佐野成宏さんは、芸大卒業後にイタリアに留学

プラシド・ドミンゴやルチアーノ・パヴァロッティ国際声楽コンクールで上位入賞後はイタリアを中心にヨーロッパでコンサートやオペラに出演された日本を代表するテノール歌手です

 

パッツイオーリの豪華なピアノの演奏で、パヴァロッテイ並みの迫力で歌う「私の太陽」(オーソレミオ)が圧巻でした♪

 

コンサートが始る前に、エトルスキが直輸入しているフレッシュなプロセッコで乾杯

 

アミューズは豚肉のリエット

 

ヴェネト州のシャルドネ

スクリューキャップ使用、フルーテイで親しみやすい味わい

 

ズワイガニのトルテイーノ仕立て ペペロンチーノの香り

レモン風味のヴィネグレットと自家製ピクルスを添えて

 

真鯛のソテー、甲殻類のソースと有機野菜のボリート

 

自家製ショートパスタ、ポークと季節野菜のラグーソース

 

ヴェネト州のカベルネ

 

国産牛のブラザード(蒸しもの)、キアンテイワイン風味、白ポレンタ添え

 

ウルスキ風ピスタチオとトッローネのズコット、キャラメルのソース

 

 

美味しいイタリア料理にワイン付き(会費15000円)

高尚な歌声にウットリとした楽しいひととき

お正月からとってもラッキーでしたクローバーハ~ト

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月06日

新春大歌舞伎のあとの新年会

テーマ:イタリア料理店

 

1月2日の初日に歌舞伎座へ鏡餅

昼の部では、愛之助さんが大奮闘していらっしゃいましたびっくり!

 

 「将軍江戸を去る」では、愛之助さんは徳川慶喜を諫める山岡鉄太郎

「大津絵道成寺」では、愛之助さんが早替わりで5役を踊り分けるという舞踊劇

 

30数年ぶりの女方、藤娘の踊りに関しては少々しなやかさに欠ける感じが否めませんでしたが、凛々しい男役は流石に素晴らしかったですダブルハート 青

 

 

日本の伝統芸能をゆったりと堪能できて、年の初めから幸運でした~

 

歌舞伎座公演は、11時から15時45分までと長時間

幕間にカバを飲んだり、サンドイッチを食べたりしましたが

やはり美味しいワインを飲みたいものです

 

とりあえず、全日空ホテル36階のミックスバー&ラウンジに行き

 

 

5人で、ビルカール・サルモンを照らす燈台的と言われている

ブリュット・ロゼで乾杯し

比較的高めのワインリストの中から面白いワインを選びました

 

ニュージーランドで初めて造ったボルドータイプのソーヴィニョン・ブラン

クラウデイ・ベイ・ソーヴィニョン・ブランは、むせかえるようなスモーキーさとグラッシー(青草)風味が特徴的ですが、

「テココ」は、樹齢の古い樹、その年の最高のブドウのみを手摘み(NZでは非常に珍しい)、

野生酵母でフレンチオークで発酵、乳酸発酵も行うという

凝縮した果実味溢れるクリーミーなソーヴィニョン・ブラン

氷河期の古い地層からのミネラル感もあります

 

 

この後、2日でも営業しているイタリア料理店

神宮前にある「ヴィネリア・ヒラノ」でデイナーを頂きました

 

まずはフランチャコルタで乾杯

 

店主の平野さんは、バブル期に最も予約が取れなかったイタリア料理店の

西麻布の「ヴィノキオ」の支配人時代からワインの趣味が良いです

 

ヴィネリア・ヒラノでは最高級スーパートスカーナからカジュアルなものまで色々楽しめます

 

平野さんが、九州から届いたというクエを披露

 

クエのマリネ

 

カーゼ・バッセの隣にある造り手で、標高が高すぎる所に畑があるので

ブルネッロ・デイ・モンタルチーノを名乗れず

キアンテイ・コッリ・セネージ2013

 

ゴルゴンゾーラのパスタ

 

何処の産地か忘れましたが、豚肉のロースト

 

 

ブルネッロ・デイ・モンタルチーノ2009  ポデーレ・スコペトーネ

平野さんが用意してくれていたこのワインは、

ブルネッロの魅力をパーフェクトに表現、ドライフラワーやドライフルーツにカカオ、甘いスパイス等の華やかで洗練された風味と味わいでした

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。