1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-23 22:47:50

鉄分補給の旅

テーマ:ブログ



今日は年一回の恒例行事である、貯まったポイントを使ってグリーン車に乗る日。
ワクワクしながらホームに上がると既に車内清掃中。
「スモールA」に少しがっかりするも、編成番号が「X1」と書かれており、興奮する。
これは「最も古い編成」である事を意味する。
初番編成に乗る事ができた事を幸運だったとしよう。(笑)

ちなみに、今後700系が淘汰されていくなかで非常に憂い事態が想定され、気が重い。
先日のJR東海の記者会見によると一時期、東京~新大阪間を走る車両が「N700系」で統一されるらしい。
500キロを超える長距離路線を高頻度に走る路線で車両が完全統一される事は世界的に見ても珍しいのではなかろうか?
ひょっとしたらギネスに申請できないのだろうか?(笑)
確かに100系が登場するまでは東海道新幹線には0系しかなかったのだが、当時と今では運行本数が桁違いなのだ。

気持ち悪いだろうな~
N700系だらけの東海道新幹線。

今回は生まれて初めて「東京上野ライン」にも乗り、また上京して最初に乗った銀座線の車両が、つい最近デビューしたばかりの虎の子「レトロ車両」だった。
同行していた現地の営業の人も珍しがっていた。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-23 22:34:20

長崎県「対馬」

テーマ:ブログ






重松清さんの小説「とんび」には、すぐに死んでしまう母親が、元々備後地方の縫製工場で働いていたとされている。
通称「金の卵」と言われ、主に九州地方から中学校を卒業してから集団就職でやってきた人たちだ。
私達世代の親には多かったらしいが、これは歴史の教科書で習う事だと思っていた。
しかし、学生時代にその既成観念は打ち砕かれる。

私達の同世代にはまだ、「とんび」の母親のような人達がいて、私はそんな人達に出逢ったのだ。

さすがに最終世代だったらしく、彼女達が寮を出ると寮は閉寮になった。
恐らくここで「集団就職」の歴史は終わったような気がする。
自動車学校で出会った彼女達の何人かは対馬の出身で、島に帰って結婚した人もいる。
今はどうしているのだろうか?

私の今住んでいる島の隣の「豊島」は家船(えぶね)と言って、船に住んで移動しながら漁をする人が多かった。
その漁師さんのうちの何人かは対馬によく行っていたらしく、対馬に家を建てたり、住み着いた人もいるらしい。
10年以上前に「豊島」の古老からそんな昔話を聞いた事がある。

「宮本常一」に興味を持つと、周防大島に次いで避けては通れない島が「対馬」だ。
彼の話だと、信仰などの精神面では常に日本を意識していて朝鮮半島にブレる事はなかったが、生活面では料理などに朝鮮半島の文化が取り入れられる事はあるようだ。

いずれにせよ、太古の昔から朝鮮半島との関わりに振り回され続けた歴史がある「対馬」は、一定のスパンでなぜか登場してきたのでいつか行こうと思っており、今回ようやく足を踏み入れる事ができた。

北の港「比田勝」からレンタカーで、足早に南の港で太古から政治の中心地として栄えていた「厳原」まで走ってみた。
噂には聞いていたが、今や韓国人が大挙して訪れる一大観光スポットになっており、シーズンオフにもかかわらず、観光地は韓国人だらけで島のありとあらゆる掲示物にはハングル表示がある。
しかも驚く事に韓国人観光客は若者が多く、私の仕事である瀬戸内海の島巡りツアーのお客様より平均年齢は30歳位若そうだ。
彼らは一体何をしに対馬に来ているのだろう?(笑)

一時は離島ならではの共通問題で、この島にも大した産業は無く、貧しい家庭の子どもは中学校を卒業すると本土へ集団就職していた。
観光振興も九州から遠いので船便が限られ、宿泊施設も整備されていなかったので、思うようにはいかなかった。

ところが隣国では経済発展に伴い、大衆に海外旅行志向が強まり、日本へビザなし渡航が可能になった途端、「国境の島」は「近い日本」と捉えられ、大挙をなして韓国人観光客が押し寄せるようになった。
そう、対馬は九州より釜山の方が近いのだ。
今や船便は九州より釜山行きの方が多くなり、まもなく「東横イン」がオープンする。
厳原の街は韓国人の若者が町並み散策を楽しんでいる。

島の人に聞くと僅か人口3万人の島に、年間20万人の韓国人観光客が押し寄せるらしい。
しかも潜在需要はまだあるらしく、最近船が大型化されたので、今後ますます韓国人観光客は増える見込みなのだそうだ。

太古の昔から朝鮮半島に振り回され続けた島は、今や韓国人が溢れかえる島になってしまった。
また九州からも遠く「国境の島」のイメージから、相当辺鄙なイメージがあったが、行ってみるとコンビニが何軒もあったりして、私の住んでいる島よりかなりひらけていて驚いた。

太古から「日本」であり続けた島は、立地条件の因果からか太古より朝鮮半島とは切っても切れない関係らしい…
中国と沖縄との関係と同様、島の宿命なのかもしれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-04 05:54:39

事務所移転のお知らせ

テーマ:ブログ


新年あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年早々ですが、事務所の移転を明日に控え、お正月返上で準備に追われております。
新事務所は今の事務所の道斜め向かいで、大正時代に建てられた築100年の建物と聞いています。
ここ2年ほどは空き屋だったのですが、数年前までは理髪店を営んでいらしたようです。

今日から明日まではメールが、明日から数日間は電話とFAXが使えなくなります。
今回の移転では電話番号やFAX番号は変わりません。
町並み保存地区内の建物で平成12年には既に修復工事が施され外観は綺麗ですが、建物内には新築当時の板などがまだそのまま残っている場所もあります。
理髪店の趣を残しながら使っていこうと思っています。

ところで、昨日届いた「交通新聞」を読んでいると、今現在のジェイアール四国バスの社長さんは吉良さんで、JR九州バスの社長さんは大石さんなんだそうです。
豊後水道を挟んで、何だか因縁めいたものを感じるのは私だけでしょうか?(笑)
相変わらずバスネタでごめんなさい…(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。