シムのメモリーの更新情報&シムポ記事

メインブログの方ではThe sims3(シムズ3)を使って物語を語ったりしてます!
ほぼ毎日更新♪見に来てくれた方に大大大ッ感謝です!w
コメント等はこちらのブログで宜しくお願いしますね♪
ちなみにこちらでは更新情報&シムポ記事を投稿します←


テーマ:
$シムのメモリー


Kenna 「チェス、上手になったわね~。」

今日もケナはクラウドのチェスの相手をしている。

Cloud 「そんな、まだまだですよ。お姉さんには叶いません。」

Kennna 「大丈夫よ。もっと上手になれるから。それより目が疲れてきたわね。ちょっと休憩しましょ?」

Cloud 「そうですね。」





$シムのメモリー


2人は近くにあるベンチで休憩を取る事にした。

Kenna 「あのさ、クラウドって何で医者になろうと思ったの?」

Cloud 「小さい頃、ヤンチャでして、よく大怪我して入院していたので・・・病院に行くに連れていつの間にか目指していたんですよ。それに俺、一応長男ですからしっかりしないと。」

Kenna 「ふふっ。クラウドはしっかり者ね。」





$シムのメモリー


Kenna 「将来、アナタのお嫁さんに行く人、きっと幸せそうね。お姉さん、羨ましいわ。」

Cloud 「・・・っ/// お、お姉さんは恋人とかいないんですか?」

Kenna 「恋人・・・・ね・・・。」

ケナは答えなかった。





$シムのメモリー

野良猫 「んにゃ~。」

突然、クラウドの膝の上にネコが乗っかってきた。

Cloud 「ん?お前、可愛いな~。野良猫か?悪ィな。俺の家、犬飼っているんだよね~w」


Ansar 「・・・・・・ケナ。」

後ろからある男性がケナに声掛ける。

Kenna (?・・・・この声、どこかで・・・・。)





$シムのメモリー


Kenna 「・・・・・ッ!」

その男性の顔を見て、ケナは思わず驚いた。





$シムのメモリー


Kenna 「・・・・・アンサー。」

Cloud (ん?あの男は一体・・・・?)





$シムのメモリー


Kenna 「アンタがどうしてココに・・・・?」

Ansar 「お前を探してた。お前に話したい事があるんだ。」

Kenna 「あたしはアンタと何も話したくない。」

Ansar 「大事な話なんだ。聞いてくれ。」

Kenna 「嫌よ。」





$シムのメモリー


Kenna 「もう帰りましょ、クラウド。」

Cloud 「あ、は、はい・・・!」

Ansar 「お前が俺の話聞いてくれるまで逃がさないから。」

Kenna 「・・・・・・。」





$シムのメモリー


Kenna 「送ってきてくれて有難う、クラウド。優しいのね。」

Cloud 「いえ、いいんです。・・・・・そ、それよりあの人は誰だったんですか?」

Kenna 「・・・・・人違いだと思うわ。そ、それより上がったらどう?美味しいコーヒーでも入れてあげるから。」

Cloud 「あ、いえ。もう遅いので・・・。」

Kenna 「そう・・・。じゃあ、おやすみ。」





$シムのメモリー


ケナは階段を上って行った。





$シムのメモリー


Cloud 「・・・・・(お姉さん?)」





$シムのメモリー


Kenna 「・・・・・・。」
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

どーるぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。