黒白専門美術家(モノPOPアーティスト)の上園磨冬氏が「Manson Wiki's Got Talent Ⅲ」にてグランプリ受賞!!!


Mafuyu Kamizono, pop artist specialized in a monochromatic art in black & white won the grand prix at the “MansonWiki’s got Talent III.”

culticemansondolflame72

「Manson Wiki's Got Talent Ⅲ」グランプリ・フォト作品【CULTICE MANSON TATTOO】


The Grand Prix photographic art of works named “Cultice Manson Tatoo” by Mafuyu Kamizono, pop artist specialized in a monochromatic art in black & white.



下記は仮アップ記事です。
The following is a provisional article up.

英文の方は後日追って翻訳化してアップロードしますので、今しばらくお待ち下さいませ。
Person of English so upload it to translate into in pursuit at a later date, Please wait for a while now.

宜しければプロフィール 

http://profile.ameba.jp/detail/dolacula303/

 の方をどうぞ。
Click the URL if it is good, please have a look even better profile page.  http://profile.ameba.jp/detail/dolacula303/





20131225

今回のグランプリの詳細は「MANSON WIKI」のTOPページでも、TOPニュースとして伝えられて居る。


Our win at this competition has been reported as top news in the front page of the "MANS ON WIKI" website.





1231a

今回のグランプリの詳細を伝えると同時に、作品のコンセプト、そして今後の動きが描かれた関連ポスターが、
東京、名古屋、京都ほかで、街宣として配布されて居る。


Now, our flyer will tell you about the details of the win at a competition, the concept of the works and at the same time notices featuring the future activities are available in Tokyo, Nagoya, Kyoto, etc. as street propaganda.
 


_________________________


下記、DOLからのプレスリリースからの抜粋です。

 
The following is excerpted from DOL press release. 



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

_________________________


【上園磨冬率いる美術テロ組織「DOL」からの声明文】
 
The Statement from “DOL”, the art terrorist organization led by Mafuyu Kamizono:




黒白専門美術家(モノPOPアーティスト)の上園磨冬氏が「Manson Wiki's Got Talent Ⅲ」にてグランプリ受賞!!!


Mafuyu Kamizono, pop artist specialized in a monochromatic art in black & white won the grand prix at the “MansonWiki’s got Talent III.”


  

「マンソンWIKI」とは、
マンソンの公式サイトよりも、
世界中のマンソン情報が詳しく載っている、
「世界最大のマンソン情報のターミナルサイト」です。
 
“MansonWiki” is the world’s biggest portal site for Marilyn Manson’s information, recording more detailed information regarding Manson from all over the world comparing to the official website.


  
世界中のマンソンファンが、集い、ブックマークし、
そこから世界中のライヴ映像や、PVや、パブリシティ情報を得る、
マンソンファンには絶対に不可欠なサイトです。
(※マンソン本人も訪れ、ブックマークしてると言われているサイトです)
 
The website is quite essential for Manson’s fans around the world in order to get tougher, bookmark and view live video, PV and any other publicity. The site is also known as the one Marilyn Manson himself has bookmarked and visit time to time.



 
そんな「マンソンWIKI」に掲載される事が、
マンソンファンの中では 最もステイタスとされている現況があるのですが、
そのサイトにて2013年の12月に、
平面、立体、音、文章等の作品が一同に集められ行なわれた、
「第3回マンソンのアートコンテスト(コンペ)」で、
モノクローム専門のPOPアーティスト「上園磨冬」のフォトグラフ作品が見事グランプリに選ばれ、
現段階で世界一のマンソンアート作品と位置付けられる事と成りました。
 
While appearance on MansonWiki is supposed to be the most honorable thing for Manson’s fans, in December 2013, at the “MansonWiki’s got Talent III” which gathered all the artworks including 2D, 3D, sound, writings, and such, a photographic artwork made by Mafuyu Kamizono, pop artist specialized in a monochromatic art in black & white has received the grand prix award and gained the No. 1 position in the world wide Manson’s art.



 
この受賞は、
マンソンと仕事する事を目標とする上園磨冬にとっても、
世界中のマンソンファンへの認知度を上げる為にも、
とても大きな1歩となり、
次にコマを進める現実となりました。
 
This winning of the prize has become a big leap for Mafuyu Kamizono whose aim is to collaborate with Marilyn Manson to raise the level of recognition to go to the next step.



 
コレを機に、
そのグランプリ受賞者が日本から選ばれた日本人で、
それもマンソンの1歳年下の日本のプロの黒白専門美術家(モノPOPアーティスト)で、
ミタメは美少女だけど、実際は44歳の男性と言う、
日本でも年齢だけでビックリ人間扱いされ、
「彼自身が何より一番の作品と化してる」と彼に逢った人間が皆そう話す、
「上園磨冬」と言う人間である事実を、
世に発信し、彼の存在を知らしめて行きたいと想います。
  
何卒、宜しく御願い致します!


On this opportunity, we would like to raise his profile all over the world; “Mafuyu Kamizono” is a Japanese given the grand prix award, a professional pop artist specialized in a monochromatic art in black & white a-year-younger than Marilyn Manson, a 44-year-old male even though looking like a lovely girl, the one amazes people by his own age even in Japan, and the one people have to say “he himself is the artwork more than anything”.


 

 
DOL 広報
 
DOL PR Team

_________________________




黒白専門美術家(モノPOPアーティスト)の上園磨冬氏が「Manson Wiki's Got Talent Ⅲ」にてグランプリ受賞!!!


Mafuyu Kamizono, pop artist specialized in a monochromatic art in black & white won the grand prix at the “MansonWiki’s got Talent III.”



あのアメリカで最もショッキングかつフォトジェニックなロッカーの独りとして、
今なお輝き続けている「マリリン・マンソン」
 
 "Marilyn Manson”, the man still shining as one of the most shocking and photogenic rock singers in U.S.

  



  
そして、そんな彼自身もチェックするとされる、
世界最大のマンソン情報のターミナルとも呼べるWEBサイト「マンソンWIKI ( http://www.mansonwiki.com ) 」
 
“MansonWiki”, http://www.mansonwiki.com , is the website to be regarded as the world’s biggest information site on Marilyn Manson, that he himself is keeping a close watch.



 
このようなマンソンについて熱量最大な場所において、
今年2013年12月に「Manson Wiki's Got Talent Ⅲ」と題される、
「マンソン・アート公募展」が行なわれました。
 
In such a site full of energy on Manson, an art competition called "MansonWiki’s Got Talent III” was opened in December 2013.



 
そこでグランプリ候補として選出された15作品の頂点に立ったのは、
何と驚くなかれ「ある日本人アーティスト」の作品だったのです。
 
Among the 15 nominees for the grand prix award, an Japanese artist received the first prize surprisingly.



 
其の栄えあるグランプリ作品こそ、上記画像のマンソンの左に映る、
「黒色と白色」その究極たる双極を掲げ、
その狭間に生じうる「美」を表現することを生業とする、
黒白専門美術家(モノPOPアーティスト)「上園磨冬」氏の、
【CULTICE MANSON TATTOO】と言うフォトグラフ作品なのです。
(※受賞関連記事より抜粋)
 
The photographic art of works named “Cultice Manson Tatoo” by Mafuyu Kamizono, black and white monochromatic pop artist who expresses the beauty arouse between “black & white” as the extreme of bipolar, received the honorable grand prix award.
*A quote from a news regarding award winning.



 
グランプリ作【CULTICE MANSON TATTOO】は、
その「上園磨冬」氏自身が、モデルから写真の撮影及び絵画創作を一環して務めた作品であり、
実際に磨冬氏の右前腕に彫られているタトゥー「カルティス・マンソン」を被写体にしています。


A photograph work [CULTICE MANSON TATOO] has created by Mr.“MAFUYU KAMIZONO” who modeled, designed, drew and took photos all through by himself.
The subject “CULTICE MANSON” is tattooed on his own right forearm.



 
コレは「平面上」に描き起こした「カルティス・マンソン」を、人体という複雑な「立体」へと、 
調整に調整を重ねて「人体のネジレ」を味方につけ魅力に変えて、緻密に写映するところから創まり、
それを磨冬氏が長年信頼関係を築き続けている彫師さんに彫って頂くことで、
磨冬氏自身と「カルティス・マンソン」に同じ血と肉と魂を受けた状態を創り出し、
その後、更にそれをセルフポートレートとして自身で撮影した、渾身の「フォトグラフ作品」なのです。


He tried being solid “CULTICE MANSON” from plane figure as tattooed it on “human muscle” and to regulate many times for “human body twist”.
He started drawing carefully for that work and asked a tattoo artist who has trusted by MAFUYU tattoo on his forearm.
The situation with them above make “CULTICE MANSON” related to him by blood, flesh, and soul.
“The photograph work” which was taken by himself as self-portrait is a tour de force.


 

尚、この「カルティス・マンソン」とは、
1997年と1998年に写真家「ジョセフ・カルティス」氏によって撮影された、
2種の「マリリン・マンソン」のフォトグラフ作品をモトに、
マンソンを独自に磨冬氏がアイコン化させた存在です。


What is “CULTICE MANSON” is two photographic works that were taken by “Joseph Cultice” in 1997 and 1998.
MAFUYU put them iconize originally. 


今回のグランプリ受賞は、
磨冬氏にとって「カルティス・マンソン」を世界一有名な「マンソン・タトゥー」として世に広く知らしめすべく、
通らなくてはならない重要なポイントであったと想うのです。
何故ならばそれは「未完成」のこの作品を「完成」に近付ける為の堅実なる一歩だからです。
曰く、この「カルティス・マンソン」は未だ「未完の作品」なのです。


MAFUYU believes that this win of competition was the important point to be known as the most famous “Manson tattoo”.
This success was a steady step forward from “incomplete” to “complete”.
MAFUYU says that “CULTICE MANSON” is still in the making.
 


「カルティス・マンソン」の絵の左右斜め下にある2箇所の空白スペースに御注目下さい。


Look at the spaces where right and left bottom of “CULTICE MANSON”.

 


実は、そこは「ジョセフ・カルティス」と「マンソン」の両氏のサインを直筆で頂く為の舞台として仕掛けてあります。
そこに両氏のサインを頂き、更にそれをタトゥーとして実際に彫り込んで、ようやくと完成する作品としているのです。


MAFUYU has been planning to have both “Joseph Cultice” and “Manson” autographs and tattoo on these spaces as stages to complete.
 


だから、それを実現させる突破口の一つとして、当グランプリに輝くことは必要、いや必然だったのです。


For his dreams come true, the win was necessity but not only necessary.
 


そう遠く無い未来、その計画その出来事は、
「カルティス・マンソン」と言う作品がこの世に観せる「ライヴ」
そんな現実のワンシーンへと変わって行くと想うのです・・・  


“Live” that “CULTICE MANSON” has shown us will convert a part of our real life in the near future…



 
                                                                            DOL街宣局帝都本局


DOL Street Propaganda of Capital City Official Report



 



キキキキキキキキキキキキキ


撲が世界で一番好きなスーパースター、 それは「マリリン・マンソン」・・・
「マンソンと一緒にシャネルのショーに出る事」を人生の夢そして目標の独つとして居る撲にとって、
当グランプリが何かの発火点、突破口に成ると想って居ます。


My favorite artist in the world is “Marilyn Manson”…
I believe the win of this competition will be a breakthrough of something for my dream which is “appear a CHANEL fashion show with Marilyn Manson”. 

 


世界最大サイトと言えども、
一般的に観ればニッチなエリアと規模で、
そしてグランプリを捕ったからと言って、何か副賞や保証が在る訳では無いのですが、
逆に言えばグランプリを捕れない程度では、次には進めないと言う事で、
絶対に通るべき道と結果と言う事で、とりあえずは「種」は手に入れたかと。


Manson’s world biggest information site, but even it has not recognize enough among the people who don’t know about Manson and something about it well.
The win is not giving me any extra prize or assurance of success which mean that it has not been enough for my next one step to get my dreams.
But it was small step to my dreams.
I got “seeds” of dreams through this win which was a way I had to through and couldn’t avoid.

 


一般の方に知られるよりも、まずは一番手前の部分として、
全世界のマンソン・ファンに対し、
「日本にこんなヤツが居て、こんな作品を創って居るんだ。
そしてそいつがグランプリを捕ったんだ!」と、
世界で一番「100%濃縮無還元マンソン」な場にて、
まずは御挨拶と言う事をし無ければ、
何も創まるモノも創まら無いから・・・


I wanted to say hello to Manson fans in all over the world at the place of “100% UN-reduced Manson” before move one step forward as “a guy who is in Japan got the prize of win the competition is known as the artist who create that incredible work” before I get reorganization among other people.
Without these, I can’t start my creation.

 


あとは、この結果と状況、
そして御協力頂いた皆様の想いと協力をパワーに変えて、波を起こし、渦に変えて、
世の中をどう巻き込むかだと想います。


I am thinking about how the results, the situations, the heart and the co-operation from everyone who has been co-operating for me will be a wave and a whirl of this society.
 


グランプリ関連のポスター配布&掲示等の草の根運動を行ない、
関連展覧会を開き、
この種を発芽させ、そして必ず華を咲かせて魅せます!


I will promote sprouting the “seeds” by distributing and posting posters of my win and get my flowers.
 


なのでコレを詠んでる皆様、引き続き御協力の程、宜しく御願い致します!


Everyone who is reading this article, please help us continually.

 


「マンソンと一緒にシャネルのショーに出る」と言う夢の又夢を叶えるべく、撲は突き進みます!


I am going forward for getting my dream which is “appear a CHANEL fashion show with Marilyn Manson”!

 


今回応援して頂いた皆様には多大なる御支援に対する感謝と今後の御楽しみをこの場を借りて贈らせて頂きます!!!
本当に有難う御座いました!!!


Thank you for everyone who co-operating and helping us and I will promise you to give a new joy in near future!!!

Thank you so much again!!!

 


いよいよ「6の扉」が開いて、次のステージが創まります!!!
待ちに待った2014年1月13日からの夢の「6の時代」が創まります!!! 

今回の件が鍵と成り、
「『MMM』の扉」が必ず開く筈です!!! 


At least “6th Door” will open and new stage will begin.
Since Jan. 13th 2014, “6th Era” will begin which has been long-waited by us.

This situation is a key for “’MMM’ Door” will definitely fit it!!!

 


 

                             2013年12月25日(水曜日)上園"黒路愛弗"磨冬 

                             DEC.25, 2013 (WED) MAFUYU"bwrack-idol"KAMIZONO




キキキキキキキキキキキキキ



今回のグランプリを記念して、
UVブラックジェット・プリントの限定キャンバスフレーム作品等が販売されます。
詳細は後日、決定次第、正式にココで発表させて頂きます。

We started selling some works in UV black jet print canvas frames as commemoration of the win.
For the details about the works, we will release the information officially here later on.




※このブログは仮アップです・・・
数日ごとに追記され、正式なモノに差し替えられますので、
数日置きにでもチェックしに来てヤッテ下さいませ・・・

*This article is a temporary update.
We will add some notes with latest information every few days.
Please check us frequently.





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 作家紹介 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


[About the artist]



◆ 上園磨冬/黒白専門美術家 ( MONO POP ARTIST ) ◆


Mafuyu Kamizono, pop artist specialized in a monochromatic art in black & white.





「白と黒」「光と影」そんな相反するモノを共に生かし続け、
御互いの魅力を最大限に迄引き出し合わせる事を中核に、
モノクロに拘り抜き、
平面、立体、肉体、音、声、映像、文字等、己の360度フルセンスを使って、
想像を創造に変えて、
「ショービズ」の一環として「現代アート」を発信中。


An artist who’s been working on to make use of directly opposed ideas such as “black & white” and “light & shadow” by sticking to the expression of black & white monochromatic art in order to bring out the best charm of each other. Utilizing 360 degrees sense of his own to create 2D, 3D, body, sound , voice, movie, and writings, converting imaginations to creations to send out “modern art” as a part of “show biz”.



 
「ライヴ装置としてのアート」を深求(しんきゅう)し続け、
其の一環として、「医学と美学の歩み寄り」を核に、
独自の美容理論と食事法のモトに、
審美歯科をも捕り入れた「美」に拘り続け、
「世界一若い童顔44歳」の異名を持ち、
それを以て証明するショーマン。


A showman people called “the world most young-looking 44-year-old”, seeking “the art as live equipments” by centering "compromise between medical and aesthetic” under his original theory of beauty, diet and aesthetic dentistry, and achieved to prove the beauty by his own self.
 



 
「美術の【美】」と「美容の【美】」
其の2つの【美】の中から共感する【美】を抽出し、
【美術】と言う存在を、
「世にしき傷跡を残す(すべ)」と捉え、
【美】を世に傷(きず)る活動を続けて居る。


I have extracted [Beauty] from two: “[Beauty] in art” and “[Beauty] in beauty” which sympathize each other and tried to hurt our world by “the [way] to leave [Beauty] scar in this world”.





 
詳しきプロフと概要は、ポートフォリオでも在る、
【DOLプレスキット2012】http://www.devilorangeland.com/dolpresskit2012/  
を御参照あれ。


For the details of his profile and activities, see and check "DOL Press kit 2012."
http://www.devilorangeland.com/dolpresskit2012/



 


DOL街宣局帝都本局

The DOL Street Propaganda Central Office of the Capital City

 



 キキキキキキキキキキキキキ


【自己紹介】 

[Introduce about myself]



モノクロに拘り抜き、
黒い光と白い影を操り、
平面、立体、肉体、音、声、映像、文字等、
己の持てる総ての術(すべ)を使い「作品」を創って居ます。

I have specialized with Monochrome,
I have controlled Black lights and White lights,
two/there-dimensional things, human bodies, sounds, voices and writings…etc.
with every single way, which I can take, I am creating ‘Works’.



映画、ファッション、インテリア、
執筆、文字、演説、会話、仕草、
音、飲食、音、音、音・・・美術・・・

総ては「ライヴ装置」としての存在だと認識し、
生(なま)に生きて居ます。

Movies, Fashions, Interiors,
Writings, Letters, Speeches, Conversations, Behaviors,
Sounds, Eating and Drinking, Sounds, Sounds, and Sounds…Arts….

I recognize everything is ‘Device to Live’,
and so I am living in NAMA Live.



「ミュージシャン」は楽器や声等、
実際の音を使って世に「音」を届けて居ます。

でも真の「ロックスター」とは、
実際の「音」を使う事無くとも、
テメエのアイデンティティや、
センス&スキル等の「生き様」をカタチにして、
世に「音」を届ける存在だと認識して居ります。

解かり易く言えば「『音』を聴かせる」では無く、
「『音』を観せる」存在だと。

‘Musicians’ have sent their ‘Sounds’ to our world
with instruments and voices which are actual sounds.

But I think that the real ‘Rock Star’ is existence who can send their ‘Sounds’ to the world with his own Identity or senses and skills which are ‘Life Styles’ without actual ‘Sounds’.

In other words, the existence of ‘Showing their Sounds’ not of ‘Playing their Sounds’.



そんな「ロックスター」を念頭に、
幼少期より「ロックスター」に憧れて、
可能な限り其の高みへと近付く為に、
己の総ての術(スベ)を使い「作品」を創って居ます。

いつだって、
そこに「音」を感じさせる為に、
其の中核に・・・「音」を閉じ込めて・・・

The ‘Rock Star’ is always in my mind,
I have admired the ‘Rock Star’ since when my childhood,
To realize my ideals as possible as I can,
with every single way which I can take, I am creating ‘Works’.

Always,
to make people feel my ‘Sounds’ in there,
inside the core of them… I kept my ‘Sounds’…



「ロック」とは音楽のジャンルでは無い。
「ロック」とは生き様のジャンルで在る。

‘Rock’ is not one kind of the music.
‘Rock’ is one kind of Life Style.



撲が目指す「ロックスター」とは、
「アイドル」としての要素を其の核に持つ、
「スーパースター」の事だ。

My ‘Rock Stars’ are ‘Super Stars’ who have characters of ‘Idols’ at the cores inside.



「芸能人」と「芸術家」を足して、
2で割らず、

‘Entertainers’ and ‘Artists’ make ‘Rock Stars’ but I never divide.



「美術」と「美容」の「美」は同じ「美」なんだと、
其の「美」を統一化させる為に、
「美術家」と「美容家」を足して、
2で割らず、

To make ‘Beauties’ of ‘Arts’ and of ‘Humans’ unit,
‘Artists’ and ‘Beauty Directors’ make ‘Beauties’ but I never divide.



結果
「芸能」と「芸術」
「美容」と「美術」
それ等を足して、
更に6倍にした活動をして居ます。

Finally,
Six times of
‘Entertainments’ and ‘Arts’,
‘Human Beauties’ and ‘Arts’
make my artistic actions.



其の結果が、
「アイドル」本来の意を表わす、
「偶像」を目標とする40代アイドルなのです。

These make me who am over forty idolic ’Idol’.



「アイドル」の条件。
それは「個」としての存在は勿論だが、
「孤高」で在るべき存在で在る。

そして何よりも「個個」の存在で無ければ成立し得無い。

Conditions of being ‘Idols’.
"Idols" as "individuals"
must be proud independent beings.

They should be beings for "each person in our society."



詰まる所、
「アイドル」とは自身を確立させ、
自身で目指すのは勝手だが、
自分でそれを決められる存在では無いと言う事。

Means,
‘Idols’ always try to stay Idolic images of themselves,
but these images are not create by themselves.



「アイドル」とは、
自分以外の他者が認めてこそ辿り着ける孤高の聖域。

‘Idols’ are in sacred places of being proud independent where only people not the ‘Idols’ them selves can take.



もっと突っ込んだ言い方をすれば、
他者が其の地迄届けて呉れ、成らせて呉れる存在で在る。

People take them to the places and People bring them to being the proud independent.



「個個」其れ其れの「アイコン」と化し、
それが1点に交差したトキ、
そこで創めて「アイドル」として存在を得る孤高の存在。

まさにそれが「アイドル」・・・

When ‘Idols’ got becoming the iconized of “each person of our society”,
the moment of crossing their iconized images at one point,
make ‘Idols’ as proud independences.

That’s my ‘Idol’…



そんな存在を、
ショービズの頂点、美術の頂点と決め、
そこを目指して生きて居ます。

I am here to be these existences above who are at the top of arts that I recognize.



それが嘘か真かは、
直接逢えば解かるかと。

Am I lieing or telling a truth,
You can see me and judge.



身も心もノーメイクで44年生きてます。

役創りの為の、
「タトゥーとドラキュラの牙の審美」は、
在りますが・・・

I have been for 44 years with no make-up.

Except ‘Tatoo and esthetic of Vampire Fang’ for preparation for the role of ‘Vampire Movie’ which I have devoted my life…



同業者系の方方・・・
ノーメイクで掛かって来てね。

Artists…
who want challenge me, welcome but you should come with no make-up.






【追伸】


[P.S.]


「『個』としての『アイドル』は、
『孤高』の存在で無ければ成ら無い。
そして何よりも『個個』の存在で無ければ成ら無い。
『個個』に認められ、
他者独り独りの『偶像』に成れてこそ、
本当の『アイドル』と言う地点に到達出来るモノだと想う。
其の場所こそが『ショービズの頂点』『美術の頂点』で在ると決め、
撲が幼少期から目指し続けた唯一無二の地点なので在る・・・」

上園磨冬DOL
https://www.facebook.com/mafuyukamizono


"Idols" as "individuals" must be proud independent beings.
And besides, they should be beings for "each person in our society."
To reach the point of real "Idols," their beings "should be idolized."
I realized that the point they achieved is "the top of show businesses" and "the top of art" which is the only point I have been dreaming of since my childhood.


MAFUYU KAMIZONO DOL
https://www.facebook.com/mafuyukamizono




キキキキキキキキキキキキキ









AD