今回のテーマは「太陽」です。

太陽の昇り沈みを主に観測しました。

 

まず、季節を知るのにこれだけで良いのではないかと思えてしまうのですが、

日の出日の入りの方角は季節によって変化しています。

写真をみてください。

 

まず最初に冬の日の入りです。

冬の日の入り

撮影場所はジェノバから少し南下したところです。

画面中央が真西です。

真西よりも明らかに南側に沈もうとしています。

北半球で南よりにずれるのは冬の季節です。

 

次に夏の日の入りです。

夏の日の入り

撮影場所はジブラルタル海峡です。

上と同じく画面中央が真西です。

真西よりも明らかに北寄りに沈もうとしています。

北半球で北寄りにずれるのは夏の季節です。

 

これに伴い、昼夜の時間も変化します。

つまり、夏は昼が長く、冬は夜が長いのです。

 

また、日の出日の入りの方角は緯度によっても変化します。

これは正確に確認しておりませんが、

観測では海域ごとの変化ではなく、

座標によるシームレスな変化の可能性があります。

海域が変わると突然南に上る太陽が北に昇るようになるのではなく、

現在位置の座標ごとに徐々に変わっていく可能性です。

 

つまり同じ海域でも北の端と南の端では太陽の昇る高さや方角が違うということです。

 

これは北極や南極に行けば、白夜、極夜が見ることができるということですね。

(白夜=日が沈まない1日、極夜=日が昇らない1日)

 

とにかくこれで中緯度の地方では季節が簡単に分かります。

地中海辺りで沈む夕日を見てみてはいかがでしょうか。

AD

今回はゲーム中での天体観測における基本知識です。

 

そもそもなぜゲームの中で天体観測が必要かといえば、

季節による風の移り変わりを知るためです。

 

その他にも

「ほらごらん、あれがオリオン座だよ、綺麗だろ」

「まあ、ステキ」

などと使い道は無限にあります。

 

今回のテーマは「時間の経過」です。

このゲーム、大航海時代オンラインでは、

リアル1分で航海中の日数一日が経過します。

つまりリアルに約360分=約6時間でゲーム中の一年が経過するはずなのですが、

天体はその動きをしていません。

 

ゲーム中では昼と夜が交互に訪れますが、

昼で約1日経過、夜も約1日経過するのです。

(約1日なのは、季節により昼夜の割合が変化するため)

つまり、リアル2分=航海中の2日間で一昼夜が経過します。

 

ということは、リアル約720分=約12時間でゲーム中の天体は一年の動きをします。

 

以上から3時間ごとに4つの季節は移り変わっていきます。

風の移り変わりもかなりゆっくりです。

30分くらいじゃ大して風向きは変わらないので、

ゆっくり航路計画を立ててくださいね。

 

AD

天測と風と航路ではどんな事を書いていきたいかというと、

大航海するにあたって、より安全な航路を研究していくということで、

流れとしては

 

天体観測の結果→風の移り変わり→航路設定の判断要素もろもろ

 

と、まあ、書く範囲は膨大なのです。

しかしこんな大風呂敷広げても

果たして航路までたどり着けるかどうかは分かりませんが。

 

まあつらつらと気の向くままに更新しようかなと思います。

そうそう

「自分で航路を見つけるのが楽しいのよ!ネタバレうざい!」

という方もいらっしゃるかと思いますのが、

どうぞ読み飛ばすことでご勘弁ください。

よろしくお願いします。

AD