2006-01-26 18:22:25

大砲が壊れやすくなった?

テーマ:出来事

[Notos 26日 Ubiq] 「どうも最近、大砲の強度が上がっているみたいだ」。そういう情報が寄せられたのは昨年の暮れのことだ。それから各国では傭兵や造船所が中心となり大砲強度の検証が行われ、「やはり、強度は上がっている」という結論に達していた。どれだけ速射しても、敵の砲弾を受けたとしても、以前の数倍は壊れにくくなっているというのだ。


 原因は不明。しかし低い報奨金で海域の安全を守っていた軍人たちにとってみれば、朗報に他ならない。時代は白兵よりも砲戦に向かっており、ただでさえ出費が膨らんでいたのだから。一方、大砲の買い換え需要がめっきり少なくなり、原因がわからないまま廃業を余儀なくされる鋳造職人も続出していた。


 そんな混乱を巻き起こしていた大砲強度問題だが、ここにきてまた急に壊れやすくなっているという情報が寄せられている。


「前ほど? いや、前より全然壊れやすくなってるよ」そう頭を抱えるのは、最近喜望峰近海で傭兵を始めたJさん。「いや、前ほどでもないかな? でもさ、あれだけ頑丈だった大砲がまたバンバン壊れるようになっちまったんだよ。前より酷くなったような気になっても仕方ないだろ?」


 この原因について、ロンドン王立造船所では一つの仮説を立てている。


「大砲の原料は当然、鉄です。そして鉄の原料は鉄鉱石と石炭です。どうもその石炭の産地が影響してるように思えるんです」大砲の強度が変化したのは、使用する石炭の原産地を変えたのと同時だというのだ。「調べてみると、もろい鉄が出来る石炭は、近くに大規模な硫黄田もあるという共通点がありました。逆に堅い鉄が出来る炭田の近くでは、殆ど硫黄が産出しないんです。ただ、具体的に硫黄の何が影響してるのかはわからないんですけどね。だったら硫黄田から遠い産地の石炭に戻せばいいじゃないか、って声もあるんですが、もうそういった炭田は枯渇してしまったんですよ。元の、もろい大砲で我慢してもらうしかないですね」


 造船所では引き続き、強度と硫黄の関係について研究を続けるという。「なんとかして石炭で鉄鉱石を溶解させる段階で、硫黄分を取り除けないかと思っています。そうすれば、また元の強度の高い大砲が供給出来るようになるかもしれません」

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2006-01-26 18:10:22

海岸で思わぬ拾い物

テーマ:未来ニュース

【シドニー24日】オーストラリア南部の海岸で、地元住民の夫婦がクジラが吐き出したとみられる奇妙な塊を拾って家に持ち帰ったところ、これが香水の原料として珍重される竜涎香(アンバーグリース)と判明。地元ABC放送によると、塊の重さは14.75キロもあり、29万5000ドル(約3393万円)相当の価値があるという。


 竜涎香は、マッコウクジラの消化器官内で生成されるもので、1グラム当たりの価格は20米ドル。固くて消化し切れなかったエサの塊とともにクジラが吐き出し、海岸に漂着したとみられる。

 これを拾った幸運の主は漁業を営むレオン・ライトさん夫婦。自宅近くのストリーキー湾の海岸で夫婦は奇妙な塊を発見。いったんは海岸に放置して帰宅したが、2週間後に同じ場所にいったところ、塊が残っていたため家に持ち帰ったという。


http://www.ocn.ne.jp/news/data/20060124/a060124062738.x1c4ek8n.html

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-20 21:13:20

オスマントルコ、パルマ方面へ侵攻

テーマ:出来事

[Notos 20日 Ubiq] 教皇庁情報官によると20日、重ガレー級を中心としたオスマントルコ機動部隊がチュニス近海に集結、艦隊を組みパルマ方面に北上中とのこと。これに対し教皇庁は明らかな侵略の意図があるものとして、近海のキリスト教国家に艦隊派遣を要請。それに応じた艦隊が、チュニス近海にて交戦中の模様。詳細は判明次第、随時報告する。


[Notos 26日 Ubiq] 教皇庁情報官より、今回のオスマントルコ侵攻に関する詳報が発表された 。オスマントルコ海軍は甚大な被害を受けイスタンブールに撤退した模様。しかしながら引き続きイスラム圏の港への投資攻勢は続いており、今後も注意が必要だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-01-20 12:36:27

各ワールド発展状況

テーマ:経済動向

[Notos 20日 Ubiq] 大商戦管理組合より20日、各ワールドの発展状況が発表された。これによると、全都市の発展度の平均割合はEurosが0.66、Zephyros0.68、Notosが0.71と、全ワールド内で最も投資戦が激しいとされるNotosがトップとなっている。また最も人口が多いとされているEurosが三位と、意外と平穏な側面も見せている。


 あわせて発表された勢力情報鮮度(現時刻-更新時間の平均値)では、Eurosが平均56時間の遅れ、Zephyros96時間、Notos94時間。陳列品相場情報鮮度はEuros97時間、Zephyros92時間、Notos68時間となった。この結果に大商戦管理組合は、「勢力の安定しているヨーロッパ圏では問題のない更新頻度だが、ここのところオスマントルコの活動の活発化が各地より報告されている。バスラやスエズといったイスラム圏最奥地の監視強化のため、比較的立ち寄る頻度の高い冒険家諸氏の協力をお願いしていきたい」としている。


 最後に各国家の領土の発展割合によると、やはり新興三国が苦戦している様子が覗える。


Euros Zephyros Notos
イスパニア 0.58 0.56 0.62
ポルトガル 0.68 0.64 0.68
ヴェネツィア 0.44 0.36 0.50
フランス 0.45 0.49 0.56
ネーデルランド 0.50 0.61 0.59
イングランド 0.77 0.75 0.76
オスマントルコ 0.13 0.12 0.13

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。