最近おもうこと。

テーマ:
今日は病院の日だぜ。

仕事休むぜぇー。

心臓見てもらった後、歯医者だぜぇー。

…スギちゃんのノリ難しいな…

最近思うこと。

YAWARAのアニメ、124話の最終回。一番ええとこで終わっとるやん。

あそこからが一番ええとこやのにアホか。

あそこからの邦ちゃんのゲスっぷりが鬼でえぇのに。

最近思うこと。

明石や加古川にも洗練されたかわええ女子、まじ増えてる。おじさんうれスイーツ。

最近思うこと。

ガングリオンっぽいものが手首に。ちっさいけど。

すげーイカツイ名前やけど!たんなる腫れ物。若い女子がなりやすいらしい。Dr.K氏、女子やっけ。

最近思うこと。

星のドラゴンクエストおもしれー。

が、そのせいでラインバブルもTwitterもあんまやらんくなった。

でも、前にも何かおもしれーって書いてすぐに飽きたんよね。飽き性男子最低。

最近思うこと。

稲垣早希ちゃんのイベントどっかでやってないかなぁ…と調べてみると、だいたい来た後ばかり。会えない運命なのか。

最近思うこと。

食戟のソーマも六花の勇者もはがないも、僕のラブコメは間違っているも、全部終わって、かなりアニメ観るものがない。

が、それを必死で楽しみにしてる43歳は、かなりイタい。

…シャアになりたい。

赤い彗星なりたい。
AD

最近はまっている『星のドラゴンクエスト』ですが…


スマホの電池の消費がはんぱねえ。


通信頻度もすげーので…


もうアレなんですが…


けっこうおもろいっすよ。


いま、ダウンロード記念とかで、なんやかやで有料アイテムであるジェム(いわゆるガチャを回すやつ)が3000個とか普通にたまるので…


リセマラも可能かと。


いや、無理なのか?


アイテム関連やガチャ関連のリセット技や途中で通信を切る反則技は、やっぱりだめでしたwww


通信頻度とタイミングが絶妙で。


モバゲーなんかでスクエニ勉強してきたなw


いやしかし。


なんつか、ここんとこのスクエニ新作にあった複雑なシステムやアイテム装備などのテクニックもなく。


単純に武器に必殺技のスキルがついていて、これを入れ替えしたりできるというFF7とかであったマテリアルシステムみたいなやつで。


最近のスクエニのRPGを敬遠していた毒茸にもなんだかいいかんじです。


ちなみに…


転職は比較的序盤にできるようになるので、まずはそこまで直線的に進めて、


転職できるようになってから、完全クリアできていないダンジョンなどを攻略しに戻る方がいいと思います。


ぼうけんランクを上げると様々な便利施設がオープンするんで、8位までは上げ切ってしまうこともお勧めします。


あと、ジェムは当然ですが3000ためて、☆5確定の10連で回すほうがいいです。


いろいろ試しましたが単発でやるとかなり悲惨です。


無課金で遊べる久々のゲームにオイラ満足。


職業は…


船乗りとかも、いまんとこ使いやすいので、あえて戦士や僧侶などにこだわる必要はないかと。


さらにいうと、カギ関連も…


いまのところ置いておいてもメリットないので、がんがん使って問題ないかと。



AD

安保法制が可決されて一カ月。


ようやく世間も落ち着いてきた様子で、一部の本気のサヨクをのぞいては、なんだか日常に帰った感が強い。


定期的にデモはやろうとしているが、完全に以前のような熱はない。


それは参加している人間そのものが『一般人』でなくなっているからに他ならない。


もちろん、一般人はいるが、それは今回のデモで反体制活動をすることの意義を知った一部の熱い人だけになっている。


SEALSは来年の夏の参院選(もしかしたらダブルかも)の後、解散すると明言しているし、彼ら学生も本来の学業という本文を捨てていつまでも『あくまで国民の声の一部でしかないデモ行動』に大切な時間をとられていられないということ。


さて。


それはともかく。


今回の安保法制について、毒茸としては賛否いまだ結論が出ていない。賛成するには欠陥が多いし、反対するにも他の代案がない。

かといって、このままではダメなことは明白なので、やはり賛成ということになってしまう。


欠陥というのは二通りある。


ひとつはサヨクやデモ運動首謀者が主張しているような内容。つまりは、可決にいたる手法に問題があるということ。さらに、戦争法案とまで言う気はないが、確かに『悪意をもって』政権を握った人間が『その気になれば』、無制限に自衛隊を動かすことや日本を戦争に巻き込むことも可能。


もうひとつの欠陥は、自衛隊を海外派兵するには、様々な補償の問題、軍法会議の問題、戦争責任の総括の問題など整備しなければならない問題が多いし、何より問題なのは


自衛隊には交戦権がない+ポジティブリストでしか動けない危険な軍隊である


という点だ。


つまり、現行法に基づいて海外に出れば、補給や駆けつけ警護であっても、身体をはって誰かを守り、それがかっこうの的になるという不条理が解決していないままなのだ。


さらにいえば、なぜ日本の領海領空や公海限定での自衛隊派遣でないのかも疑問。


まあ、これははっきりと答えが出ていて、アメリカが日米安保を維持する対価として求めている日本の貢献がこれまで以上に強いものを求められていて、領海領空の範囲程度ではアメリカ内部の不満を抑えられないという要請があったのだろう。


また、それくらいしないと米韓で保有している北朝鮮や中国の軍事機密を日本に渡せない、という踏み絵のような要素もある。


だからこそ、毒茸としては維新の党が出していた領域警備を合わせた法案にすることがベストだったのだが、日程的にもそうできるはずもなく。




あと、今回の法案が違憲だという主張については、はっきりと断言できる。


そういっている憲法学者や弁護士たちは、まず自衛隊の違憲性をはっきりと述べているかどうか。


さらに、憲法九条がもはや破たんしていることを認めているかどうか。


そこがないなら、そんなもんは机上の空論だ。そもそも破たんして、現在の国際法にも合致せず、戦後と現在の日本の国力や国際的な影響力をふまえれば、もはや国際法とも憲法前文とも矛盾した憲法九条と自衛隊の存在を語らずして、法案が違憲か否かは語れないだろう。


…って久しぶりに書いたのがそんな真面目な話かーいwwww


ちょっとなんやかやで更新とまってましたが…またぼちぼち再開しますん♪という告知でありました。


AD