2010年4月4日(日)

書評:『頑張らない英語学習法』 西澤ロイ著



あさ出版様より献本御礼!!

ど も。Kentです。皆さん英語勉強してますか~?
大学時代、イギリス短期留学やらNOVAスチューデント
だったりして結構英語と触れ合っ ていた私。しかし
ながらなかなか英語の勉強は続かないもの。
でも大丈夫。素敵な一冊が発売されました。

読書の目的:自分の英語勉強法に役立つ方法をみつける
読書の目標:すぐに自分の英語勉強法に役立つ方法を
最低2つみつける。
目標T\:設定せず
※T\とはTIME×YENの略であり1T\は1時間である。


目 次:
はじめに 続かないのはあなたのせいじゃない
Prologue なぜ日本人は英語が苦手なのか?
Chapter1 「読む」で英語の仕組みを理解しよう
Chapter2「話す」のは自分のペースで!
Chapter3 今度こそ絶対身につける! リスニング
Chapter4 とことん真似する!「書く」
おわりに「なぜ英語を身につけたいのか?」を明確に

感 想:
まず最初に断定しておくと、この本は英語の長初心者
向きではないです。これは決して悪い意味ではなく、
英語をそれな りに勉強していて、様々な参考書の様々
な方法を試してみた。

しかしながら全く上達しまへんなぁ。(なぜか関西弁)


と いう方には最高の一冊だと思います。

なぜかというのを語る前に、日本の英語学習の現状を
言いますと、とにかく情報洪水のひとこ と。洪水なので、
情報が多過ぎ、様々な方法が流布され過ぎていて、具体的に
はいざ勉強しようとした時になにから手をつけて良いのかわ
か らない。

だから本当はその人にあった参考書があるはずなのに、フィー
リングで参考書を選んでしまい、その方法では上手くいかず に、
あるいは上手くいかないと思い込んで投げ出してしま。その
結果、次から次へと学習法を渡り歩きしっかりとした結果を
出せな い。

私もそんな一人でした。これはもう、良い師匠のもとで
効果ある学習法を行うしかないのですが、皆が皆、私の
ようにスー パー英語が出来て、スーパー教え方が上手い
師匠
を見つけられるわけではないでしょう。(ホント、い
つも感謝しています!!)

だ からこそ本書のような良書で良い学習法を学ぶ必要が
あるのです!!

さて、本題に入りますが、本書で語られている「頑張らない」
っ てキーワードは非常に日本人向けだと思います。ちなみに
私が良いな~と思ったのは次の3点。
1.単語のイメージ
2.もやもや翻訳
3. リスニング

それぞれ凄く良い方法が紹介されています。特に良いのは
2.のもやもや翻訳。とかく私もそうですが、話そうとす
る 時に、些細な部分にこだわってしまい話せなくなること
がよくあります。

このもやもや翻訳はようは「意味が伝われば良いじゃ ん」
という感じで知らない表現であれば知っている表現や別の
もっと簡単な自分の訳しやすい表現に置き換えて話をする
こと です。

発想の転換ですが、この方法、目茶目茶役立ちそうです。
実はリスニングやリーディングに比べて話すことは明らか
に 苦手としていたのでかなり良い方法を学べたと思います。

これは一例でその他、色々な方法が紹介されていますので
是非手にとってみ ることをオススメします。少なくとも
今まで取った英語学習本としてはピカイチの内容ではない
かとお世辞抜きに思いました。

素 敵な一冊と出会う機会を与えていただいたあさ出版様に
感謝です。

気になったポイント:
★上記3点。

著 者紹介:
西澤 ロイ(にしざわ・ろい)
英語力コンサルタント。
1977年北海道生まれ。
獨協大学英語学科卒業。
ア メリカのジョージア州に1年間の留学経験あり。
TOEIC満点(990点)、TOEFL(PBT)613点、英検4級。

まとめる と:

<無駄な頑張 りをしないために>


※この記事は楽天ブログ でもアップしています。
AD

コメント(2)