独立起業が成功する超ブランディング戦略・城下柳泉

独立起業を最短で成功に導く最強のブランディング。年収1000万を
稼ぎ出すビジネスモデルを3ヶ月で完成させる成功者完全育成講座。
あなたのビジネスを3ヶ月でブランディングする年収1000万プログラム

私はブランディングのプロです。

バブルがはじけて3年後1996年に私は
ブランディング専門の有限会社トッパを設立して
今年で23年目を迎えます。

私がブランディングと出会って
もう31年ほどになります。

それから私はずっとブランディングを意識し、
ブランディングに携わってきました。

その中でブランディングが成功する理由と
失敗してしまう要因も10年過ぎた頃から
分かるようになりました。

だいたい物事は10年継続すると見えて来ますよね。

私がサラリーマンの時代はブランディングと言わずCI(コーポレートアイデンティティ)と表現しました。

そのCIを分かりやすくいうと「会社らしさづくり」です。その「らしさ」を会社だけにとどめず、商品やサービスに意味を広げたものがブランディングです。

私は企業のブランディング開発の場合
シンボルマークの開発に300万頂きます。

この
300万の価値
300万の進め方
300万の話の内容

これを理解して頂いて私は
契約させてもらいます。

そして委員会を立ち上げ
社長と私、委員会と私。
この両輪でブランディング開発を行うんです。

ブランディングとは便利な言葉だから、
ブランディングを語れば
それらしく聞こえるし、
それらしく見える。

だから ブランディングの専門家のフリするのは簡単にできる。
いっぽうその専門家が本物かニセモノか見分ける。

これが普通の人には難しいんです。
私はブランディングのプロです。
ゆえに私流のブランディングの定義は

ブランディングとは、
心づくりであり(理念)
行動規範づくりであり(行動指針)
表情づくりであり(視覚統一)
個性や「らしさ」づくりであり

成し方ではなく、あり方づくりである。

これが私の3つあるブランディング原則の1つ目です。つまりブランディングはアイデンティティの確立ということなのです。(多分これ言葉を変えてマネされるんだろうなぁ)

ただ、私がこのブログでお話しするコンテンツはあくまでも独立起業する人に絞った情報を中心に展開します。

それは、
独立起業するあなたが成功するため。
独立起業するあなたの事業が継続して成り立つため。
独立起業するあなたが幸せに生きるため。
このページの情報に絞らせていただきます。

特に独立起業する心構え。
自分の商品の見つけ方。
会社の理念の作りかた。
創業時に情報をどう整理し。
どう打ち出してゆけばいいか。

そして長く継続して経営してゆくために
心がけなければならないこと。

これらのノウハウを余すことなく、
私の持っているもの全てを公開していきます。


テーマ:

 

 

どくしゃになってね…

 

経営理念と切っても

切り離せないのが、

 

 

 

行動指針です。

 

 

 

経営理念は経営者の理想を

文字にしたものですよね。

 

 

 

それは自分はこうありたい。

今は現状は違っても

高い理想を掲げ、

そこに向けて努力したい。

 

 

 

その思いを文字にしたものですよね。

 

 

 

それをいつも見ることによって

セルフイメージをカタチづくり

 

 

 

現実を理想に近づける。

これが理念なのです。

 

 

 

この理念をつくる作業は

自分の向かいたい方向や

理想的な基準に目を向ける。

 

 

 

ここにメリットがあるんです。

 

 

 

ではその思いを持ってどう動くか

どう具体的に行動するか。

 

 

 

これが行動指針なんです。

ところが大手がやるような

行動指針を作ってしまうと

失敗してしまうんです。

 

 

 

大手で働く社員は

小さな歯車にすぎない。

 

 

 

その人たちがそれぞれの

意思を持ってしまうと、

統率が取れなくなってしまう。

 

 

 

だからホワッとした

イメージ的な当たり障りのない

表現になってしまうんです。

 

これは三菱重工のCSRです。

(CSRとは企業が社会に対して

責任を果たし社会とともに

発展していくための活動です)

 

 

でもこれを中小企業や

個人事業主がやってしまったら

つかみどころがない

行動指針になってしまうんです。

 

 

 

我々、中小企業や個人事業主の

行動指針は明確で具体的で

なければならないのです。

 

 

 

あなたはどんな思いを持って、

どう具体的に行動しますか?

 

 

 

とっても大切なことなので

しっかり時間をとって文字にして下さい。

 

 

 

大手はやっぱりイメージが大切で

社会的な捉え方をしています。

 

 

 

はっきり言えばそれは

当たり障りがないということ。

 

 

 

どこの企業も似たり寄ったりで

同じ様なのことを言っているということ。

 

 

じゃあどうすればいいと

思いますか?

 

 

下の写真は私の会社

有限会社トッパの行動指針です。

 

 

でも、私の行動指針は

トンガっているでしょ?

具体的でしょ?

そして心に響くでしょ?

 

 

 

これが大事なんです。

これがあると大きな基準になるんです。

 

 

 

プレゼンの前にこれを読むと

ピッシと背筋が伸びて

 

 

 

プレゼンが真剣勝負になるんです。

そんな行動指針を作ってみてください。

 

 

 

そしてそれを公開してください。

私の場合は会社案内に印刷し

クライアントに宣言していました。

 

 

 

それでもいいという

クライアントとお付き合いする。

 

 

 

そのスタンスを保つのです。

すると精神衛生上スッキリして

気持ちよく仕事ができるのです。

 

 

 

結果的にストレスも少なくて

長続きするのです。

 

 

 

さぁ、あなたはどんな行動指針を

自分に課しますか?

 

 

 

さぁまたペンをとって

文字にしてみてください。

 

 

 

次はあまり聞かないでしょう、

事業ドメインに触れていきます。

 

 

次回は1週間後に

ブランディングの戦略上最も重要な

「事業ドメイン

について話をします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)