関西の若手起業家と専門家が学び合う【独立起業研究会】ブログ

独立起業研究会は多くの元気な起業家と共に日本を元気にする事を目指します!      

起業した方、これから起業を目指す方、そして、それをサポートする専門家が集い合い、   

そして共に学び合い、専門家にも気軽に相談ができるコミュニティーを目指します。

関西発信で日本を元気にします!



独立起業研究会オフィシャルウェブサイト

$関西の若手起業家と専門家が学び合う【独立起業研究会】ブログ


ついに開講!無料メルマガ特別講座!
独立して成功するための7ステップを伝授します!



~独立起業研究会ブログの読者登録はこちら



人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ


-----------☆★☆セミナー情報☆★☆------------------

独立起業研究会 


★6月 定例セミナー!!


平成24年6月14日(木)19:00~20:30(18:45受付開始)


(セミナー終了後、希望者のみ懇親会あり)



セミナータイトル:「夢ビジョンと事業計画の立て方・考え方」


講師:(株)FPサポート関西 代表取締役

      なにわのビジネス立ち上げ屋 吉見淳史 先生


会場:四ツ橋日生ビル(大阪市営地下鉄四ツ橋駅徒歩3分)


詳細、お申し込みはこちらから からお願い致します!







テーマ:
9/21(金)独立起業研究会定例セミナーのごあんない

--------------------------
--------------------------------------
「独立起業研究会」の9月定例会です!!
----------------------------------------------------------------

みなさん、こんにちは!
独立起業研究会の白坂です。

さて、9月度の定例セミナーの詳細が決まりましたので
ご案内させていただきます。

≪9月定例セミナーのテーマ≫
これからの時代に求められるFCシステム&
[業界研究]異業種からの参入で成功できるか?介護ビジネスの現状と成功モデル 

≪セミナーの内容≫

◆これからの時代のフランチャイズシステムについて◆

 起業家の中ではFCに加盟して起業しようと考えている人もいれば、
今後自分のビジネスをFC展開していけないか、と考えている方もいると思います。
そういった中、FCシステムと一言にいっても、様々なモデルが存在します。
真の共存共栄を追求したFCシステムのモデルとは、果たしてどのようなFCシステムなのか?
旧来のFCモデルと、これからの時代のFCモデルの違いや、または
それを構築していくための考え方などを学んでいただきたいと思います。

 ●FCシステムの基本モデル
 ●旧来のFCシステムとこれからの時代のFCシステムの違い
 ●FC加盟する際に注意しなければいけないこと
 ●FCシステムを構築するための考え方

◆「業界研究]異業種からの参入で成功できるか?介護ビジネスの現状
と成功モデル◆


 これからの時代のFCシステムを使って、異業種からの参入や、または
退職後に独立起業をして介護ビジネスに参入し、成功している事例があります。
介護ビジネスの市場規模は今後ますます拡大が見込まれているのは
周知の事実ですが、どうも「介護は儲からない」という噂話もよく聞きます。
果たして実態はどうなのか・・・?
確かに異業種から介護ビジネスに足を踏み入れて失敗するケースも多くあるのも事実です。
だたし、一方では異業種から参入するケースや、未経験者が退職後に起業をするケース、
さらには信じられない事にサラリーマンをしながらも介護ビジネスで起業して成功しているというケースがあることを皆さんはご存知でしょうか。
一体それらの成功するケースと失敗するケースとではどこに違いはどこにあるのでしょうか。
今回はより実践的なお話として、今後の日本では市場拡大が見込まれる
「介護ビジネス」を、ぜひ様々な業界の起業家や起業家志望の皆さまに
触れていただきたいと思います。

 ●介護ビジネスの現状と今後の展望
 ●失敗するケースと成功するケースの違い
 ●今注目されている介護ビジネスのFCシステムとは


≪講師紹介≫
●株式会社アークトラスト 代表取締役 山中啓視様

奈良県立郡山高等学校卒業
大阪ハイテクノロジー専門学校 柔道整復師学科 卒業
柔道整復師 取得
高校までは野球一筋で、自身も怪我に悩まされ整骨院に通うことに。そこで出会った柔道整復師に憧れ専門学校へ入学、3年間整骨院の勤務と専門学校へ通う日々を送り、資格取得後半年で店舗管理者を勤める(当時22歳)。
店舗管理者時代は、平均月商が大阪では200万円と言われる業界で月商600万円を超える整骨院を1年で作り上げる。開業資金を貯め、翌年に自らの鍼灸整骨院を開業する(当時23歳)。
この時期に、従来の従業員募集の形に違和感を覚え、安心できる自分の友人や知人の紹介によるスタッフの募集に力を入れ始める。
翌年には株式会社SENJUの取締役を勤め、開業支援プロデュースの仕事に専念。数々の開業をサポートし続ける。開業時のスタッフ面接を重ねることにより、面接に来る求職者たちの不安要素や考え方に大きな問題点を見出す。
美容を専門にした整骨院の再生を目的に転職(当時26歳
株式会社ATTECCに入社し、10店舗の統括マネージャーとして勤務。
在籍した治療院では、月商を1年間で3倍にまで伸ばし、一気に黒字化を実現。他店舗の自費治療や物販治療の教育も担当し、売上アップに貢献する。
当時勤務していた治療院の面接では、面接者が一方的ではなく、求職者と相互の意見を交換し合い、双方納得した形での採用にこだわる。採用方法を活用し離職率を一気に下げると共に、従業員満足度の向上に成功。飛躍的な売上アップにつなげる。同時期に社内の介護ビジネスに着目し積極的に全国的に介護の導入セミナーを行っているアトラ株式会社のセミナーに帯同して全国で介護ビジネスの普及に貢献する。

2012年4月、自らの経営する整骨院をもとに人材紹介・派遣会社を設立。
業界の人材雇用の革新を目標に「ジョブロック」を立ち上げる。
来期は自社でも介護ビジネスの展開を視野にいれながら整骨院事業と人材紹介・派遣事業で会社を運営しております


●アトラ株式会社 営業兼コンサルタント 山本啓太様

大学卒業後、大手求人広告の営業活動に従事
関西個人成績・NO1、チームリーダーとしてチーム成績・NO1など受賞経歴あり。
中小企業を中心に、新卒および中途採用の人材確保のサポートをする。
当時より、企業の代表者や経営陣との関わりが多く、
事業展開や新規事業に関しての相談など、業務を通して様々なビジネスモデルに接触。
当時の顧客である、アトラ株式会社の展開する‘介護ビジネス’‘整骨院ビジネス’には、以前から大きな将来性を感じており、2010年に入社を決意。
現在は、介護マーケットへの新規参入のサポートや、経営面でのコンサルタント、といったお仕事をさせて頂いております。



◆日時 平成24年9月21日(金) 19:00~20:30
 (セミナー終了後、希望者のみで懇親会を行います)

◆会場 大阪市西区北堀江1丁目1番7号 四ツ橋日生ビル4F 
    (株)FPサポート関西 セミナールーム

◆参加費 1,500円
※懇親会も参加される方は5,000円
※NPO法人独立起業研究会の会員(年会費5,000円)の方は
 セミナー受講料無料(懇親会は実費3,500円)

◆お申し込みはこちらからお願いいたします↓↓↓
http://gooseminar.jp/detail/detail_900153776.html
※管理の都合上、必ず上記の申込サイトから
 お申し込みをお願いいたします。
 facebookイベント「参加」クリックだけでは
 申込は完了致しませんのでご注意ください。

◆独立起業研究会ブログ
http://ameblo.jp/dokuritsu-kigyou/

☆独立起業研究会とは、関西の起業家を支援する!
 という趣旨で立ち上げられたNPO法人です。
 
 毎月セミナーや懇親会を開催し、関西経済の活性化に
 一役買おうと頑張っています。

☆定例会とは、独立起業研究会が毎月開催している
 月次勉強会のことです。

 起業を目指す方、起業はしたがもっともっと
 勉強したい方、起業家を応援したい方なら
 どなたでもご参加できます!

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:


気の合う仲間と飲みに行ってて、

いろいろ話して行くうちに、

よし!一緒にビジネスでもはじめようか!?

な~んて流れになって、

皆さんのように行動力がある人だったら

その事をきっかけにトントンと

ホントに会社を設立しちゃったりするかもしれません。


めちゃくちゃ燃えますよね!
楽しいでしょうねー

でも、ちょっとその前に少しだけ

心に留めていてほしい事があります。



改めまして、本日のブログは 
FP白坂
でございます。 

どうぞお付き合いくださいませ~


さて、心に留めていてほしいこと…

それは今日のテーマでもある
『ビジネスパートナーの選び方』についてです。

おそらくこの場合、

一緒にビジネスを始めようとするくらいだから、

けっこうお互いの事を知ってて

なんでも気軽に言えちゃうし

いいところ、悪いところも知ったいる事でしょう。

志も同じて、ビジョンも共有できて、価値観も近い!


この人たち、どう見ても、良き仲間ですよね!


でも、ビジネスにおいての、良いパートナーか?

と言うと…それはまた別かもしれません。



たとえば、この2人の強みや能力はどうでしょうか?


Aさんの能力・強み
①周りに人が集まるリーダー的存在!
②決断力と行動力があっていつもアグレッシブ!
③新しいものを吸収するアンテナがいつもビンビン!

Bさんの能力・強み
①面倒見が良くて周りから厚く慕われるボス的存在!
②フットワークが軽く思い立ったら即行動!
③アイディアマンで発想が独創的!

どうでしょうか?

結構似てるので飲みに行ったりすると
きっと価値観も似ているんでしょう~
お話はガンガン弾むでしょうね~!

お二人とも、人脈もたくさん持っていそうです。

いろんな新しい展開も生まれてきそうです。

行動力もあるのでドンドン物事も進みそうです。


さて、でもこの二人の能力、

ちょっと似過ぎちゃ~いませんか?


たとえば人の能力や強みには
以下のようなものがあります。

・分析力
・創造力
・改善力
・洞察力、判断力
・トーク、プレゼン力
・展開、応用力
・傾聴力
・人材育成力
・プラス思考力
・スピード力
・情報収集力
・調整力
・交渉力
・計画策定力
・統率力
・資料作成力
・コスト管理力
・事務処理力
・ネットワーキング力
・タイムマネジメント力
・危機管理、対応力
・適応力

などなど。。。

つまり、これらの多くの能力がある中で

一緒にビジネスをしたり、プロジェクトを進めたりする上では

できるだけ色々な能力や強みを持った仲間やメンバーで

チームや組織が構成されている方が良いと考えられます。

抜けが無いというか、少数精鋭というか。

どの能力も大切な能力となります。


このお話の二人は、ちょっと能力、強みが近すぎているので

やはり、弱い部分がどうしても出てきちゃうでしょう。


同じようなケースで起業を考える場合には

そういった事もちょっと考えてもらえればと思います。


もちろん、足らず部分を補ってもらえる

スタッフを雇えたり、外部の協力者などが

居るのであれば、いいと思います。



自分の能力や強みは何なのか?

パートナーにはどんな能力や強みがあるのか?

先程、列挙した能力にうちに

自分やパートナーに当てはまるものを

3つくらいチェックしてみてください。


それで被っていなければ

能力としてはナイスなパートナーかもしれませんね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
--------【独立起業研究会◆定例セミナーのご案内】-------- 

定例会とは、独立起業研究会(DKK)が毎月開催している
月次勉強会のことです。

起業を目指す方、起業はしたがもっともっと勉強したい方、
起業家を応援したい方ならどなたでもご参加できます!

----------------------------------------------------------------
「独立起業研究会」の9月定例会です!!
----------------------------------------------------------------

≪9月定例セミナーのテーマ≫
これからの時代に求められるFCシステム&
[業界研究]異業種からの参入で成功できるか?介護ビジネスの現状と成功モデル 

≪セミナーの内容≫

◆これからの時代のフランチャイズシステムについて◆

 起業家の中ではFCに加盟して起業しようと考えている人もいれば、
今後自分のビジネスをFC展開していけないか、と考えている方もいると思います。
そういった中、FCシステムと一言にいっても、様々なモデルが存在します。
真の共存共栄を追求したFCシステムのモデルとは、果たしてどのようなFCシステムなのか?
旧来のFCモデルと、これからの時代のFCモデルの違いや、または
それを構築していくための考え方などを学んでいただきたいと思います。

 ●FCシステムの基本モデル
 ●旧来のFCシステムとこれからの時代のFCシステムの違い
 ●FC加盟する際に注意しなければいけないこと
 ●FCシステムを構築するための考え方

◆「業界研究]異業種からの参入で成功できるか?介護ビジネスの現状
と成功モデル◆

 これからの時代のFCシステムを使って、異業種からの参入や、または
退職後に独立起業をして介護ビジネスに参入し、成功している事例があります。
介護ビジネスの市場規模は今後ますます拡大が見込まれているのは
周知の事実ですが、どうも「介護は儲からない」という噂話もよく聞きます。
果たして実態はどうなのか・・・?
確かに異業種から介護ビジネスに足を踏み入れて失敗するケースも多くあるのも事実です。
だたし、一方では異業種から参入するケースや、未経験者が退職後に起業をするケース、
さらには信じられない事にサラリーマンをしながらも介護ビジネスで起業して成功しているというケースがあることを皆さんはご存知でしょうか。
一体それらの成功するケースと失敗するケースとではどこに違いはどこにあるのでしょうか。
今回はより実践的なお話として、今後の日本では市場拡大が見込まれる
「介護ビジネス」を、ぜひ様々な業界の起業家や起業家志望の皆さまに
触れていただきたいと思います。

 ●介護ビジネスの現状と今後の展望
 ●失敗するケースと成功するケースの違い
 ●今注目されている介護ビジネスのFCシステムとは


≪講師紹介≫
●株式会社アークトラスト 代表取締役 山中啓視様

奈良県立郡山高等学校卒業
大阪ハイテクノロジー専門学校 柔道整復師学科 卒業
柔道整復師 取得
高校までは野球一筋で、自身も怪我に悩まされ整骨院に通うことに。そこで出会った柔道整復師に憧れ専門学校へ入学、3年間整骨院の勤務と専門学校へ通う日々を送り、資格取得後半年で店舗管理者を勤める(当時22歳)。
店舗管理者時代は、平均月商が大阪では200万円と言われる業界で月商600万円を超える整骨院を1年で作り上げる。開業資金を貯め、翌年に自らの鍼灸整骨院を開業する(当時23歳)。
この時期に、従来の従業員募集の形に違和感を覚え、安心できる自分の友人や知人の紹介によるスタッフの募集に力を入れ始める。
翌年には株式会社SENJUの取締役を勤め、開業支援プロデュースの仕事に専念。数々の開業をサポートし続ける。開業時のスタッフ面接を重ねることにより、面接に来る求職者たちの不安要素や考え方に大きな問題点を見出す。
美容を専門にした整骨院の再生を目的に転職(当時26歳
株式会社ATTECCに入社し、10店舗の統括マネージャーとして勤務。
在籍した治療院では、月商を1年間で3倍にまで伸ばし、一気に黒字化を実現。他店舗の自費治療や物販治療の教育も担当し、売上アップに貢献する。
当時勤務していた治療院の面接では、面接者が一方的ではなく、求職者と相互の意見を交換し合い、双方納得した形での採用にこだわる。採用方法を活用し離職率を一気に下げると共に、従業員満足度の向上に成功。飛躍的な売上アップにつなげる。同時期に社内の介護ビジネスに着目し積極的に全国的に介護の導入セミナーを行っているアトラ株式会社のセミナーに帯同して全国で介護ビジネスの普及に貢献する。

2012年4月、自らの経営する整骨院をもとに人材紹介・派遣会社を設立。
業界の人材雇用の革新を目標に「ジョブロック」を立ち上げる。
来期は自社でも介護ビジネスの展開を視野にいれながら整骨院事業と人材紹介・派遣事業で会社を運営しております


●アトラ株式会社 営業兼コンサルタント 山本啓太様

大学卒業後、大手求人広告の営業活動に従事
関西個人成績・NO1、チームリーダーとしてチーム成績・NO1など受賞経歴あり。
中小企業を中心に、新卒および中途採用の人材確保のサポートをする。
当時より、企業の代表者や経営陣との関わりが多く、
事業展開や新規事業に関しての相談など、業務を通して様々なビジネスモデルに接触。
当時の顧客である、アトラ株式会社の展開する‘介護ビジネス’‘整骨院ビジネス’には、以前から大きな将来性を感じており、2010年に入社を決意。
現在は、介護マーケットへの新規参入のサポートや、経営面でのコンサルタント、といったお仕事をさせて頂いております。



◆日時 平成24年9月21日(金) 19:00~20:30
 (セミナー終了後、希望者のみで懇親会を行います)

◆会場 大阪市西区北堀江1丁目1番7号 四ツ橋日生ビル4F 
    (株)FPサポート関西 セミナールーム

◆参加費 1,500円
※懇親会も参加される方は5,000円
※NPO法人独立起業研究会の会員(年会費5,000円)の方は
 セミナー受講料無料(懇親会は実費3,500円)

◆お申し込みはこちらからお願いいたします↓↓↓
http://gooseminar.jp/detail/detail_900153776.html
※管理の都合上、必ず上記の申込サイトから
 お申し込みをお願いいたします。
 facebookイベント「参加」クリックだけでは
 申込は完了致しませんのでご注意ください。

◆独立起業研究会ブログ
http://ameblo.jp/dokuritsu-kigyou/

☆独立起業研究会とは、関西の起業家を支援する!
 という趣旨で立ち上げられたNPO法人です。
 
 毎月セミナーや懇親会を開催し、関西経済の活性化に
 一役買おうと頑張っています。

☆定例会とは、独立起業研究会が毎月開催している
 月次勉強会のことです。

 起業を目指す方、起業はしたがもっともっと
 勉強したい方、起業家を応援したい方なら
 どなたでもご参加できます!
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

思っていることが伝わらない!と感じたことはありませんか?

こんにちは、社会保険労務士の神野(かみの)です。


私は、社会保険労務士として企業に顧問として携わらせていただいてることが多いのですが、その中で感じることがあります。



それは、「法律」や「制度」、「契約」を万全にしても、それだけでパーフェクトではない、ということ。



会社の中で大切なことは、やっぱり「人」だと思うんです。




それは、会社に携われば携わるほど。
そう思います。



その中で今年のテーマとして「人材育成」ということに主に取り組んでいこうとしています。




特に力を入れているのが「社員研修」。



コミュニケーション研修、目標管理研修、新入社員研修から、セクハラ研修など、幅広くやっています。




今日は、その中で研修の一コマを切り取ってご紹介してみようと思います。




★難しいことは書いていませんので、軽く読んでいただければと思います★




早速ですが、みなさんに一つ質問です。

「今日は久しぶりの休み。よく眠れたなぁ!」と感じるのは、何時間くらい睡眠時間がとれた時ですか?



8時間?
12時間?
それとも、6時間!?




これをお聴きすると、みなさん、本当にばらばらの解答をされます。



そう、人によって、バラバラなんですね。




それでは、「この仕事、急ぎでやってくれる!?」と言われたら、どうでしょう?
いつまでにやりますか?



5分以内?
1時間以内?
午前中?
今日中?



これも、バラバラなんですね。



人は、「自分の基準」を持っています。



その「基準」は、人それぞれです。

しかし、人は、つい「相手も同じ基準を持っている」と錯覚をしてしまいがち。



だから相手に対して、「なんで、頼んだ仕事をもっと早く仕上げてくれないの?」と感じてしまうのです。




これは、家庭内でも同じこと。

「昼から映画を見に行こう」と言っていたとします。



自分は、「昼ご飯を食べたら」見に行こうと思っていた。

だから、ご飯を食べ終えると準備をすませ、いつでも出られる状態にした。



しかし、夫(または妻)を見ると、まだゆっくりしている。


内心、「もう!早く出ようよ!」と思う。
そして、いらいらする。



こんなことは、ありませんか?




実は、相手は、「昼3時くらいから出かけよう」と思っていたのかもしれません。



もしくは、見たい映画の時間を調べていて、「4時に出れば間に合う」と思っていたのかもしれません。




普段生活をしていて、「なんで思っていることが伝わらないの?」



そう感じたことはありませんか?



そんな時、少し振り返ってみてください。




「いつ・どこで・何を・誰が・なぜ・どのように・どれくらい」




きちんと、具体的に伝えられていましたか?

もしくは、きちんと聞くことが出来ていましたか?




抽象的な表現は、いいコミュニケーションを阻んでしまうもの。



一度、「伝えよう!」と意識して、話してみてください。

相手の反応が変わるかもしれません。




それでは、また!





◆独立起業研究会Webサイト
http://dokuritsu-kigyou.biz/ 

◆独立起業研究会ブログ

http://ameblo.jp/dokuritsu-kigyou/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、司法書士の立花です。

先日、商号変更のご相談を受けた時に

よくよく聞いてみると

実は、会社分割をする必要があることが分かりました。

事業の再編についてはなかなかイメージがつかみにくいと思います。

そこで今回は事業の売却についての概要を書いてみました。


株式会社の支配株主が



会社の経営から引退したい場合。



後継者がいないけれど、事業を承継させたい場合。



何らかの事情で事業を売却したい場合。



などなど・・事業の売却を考えているとすれば



とのような方法があるのでしょうか?



 



株式会社の事業の全部を他社に譲渡する方法としては



株式譲渡があります。



また、株主総会で多数の賛成が得られるなら



株主交換、合併、事業譲渡という方法もあります。



 



上記のうち、株式譲渡、株主交換、合併は



会社の財産すべて、事業や経営権もほかに引き継ぎたいという場合に検討します。



一方、何らかの資産や事業を自分が支配する会社に残しておきたい場合や、



優良な事業のみに絞った方が、買い手が見つかりやすくなるという場合には、



会社分割や事業譲渡を活用します。



 



それぞれメリット・デメリットが存在しますので



個別の案件によって



いずれを選択するか決める必要があるでしょう。


次回以降、一つ一つ詳しくご紹介したいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
--------【独立起業研究会◆定例セミナーのご案内】-------- 

定例会とは、独立起業研究会(DKK)が毎月開催してい
月次勉強会のことです。

☆申告が必要な方はもちろん、今後のために勉強したい方にもお勧めです!
起業を目指す方、起業はしたがもっともっと勉強したい方
起業家を応援したい方ならどなたでもご参加できます!

----------------------------------------------------------------
「独立起業研究会」の9月定例会です!!
----------------------------------------------------------------

≪9月定例セミナーのテーマ≫

これからの時代に求められるFCシステム&
[業界研究]異業種からの参入で成功できるか?介護ビジネスの現状と成功モデル 

≪セミナーの内容≫

◆これからの時代のフランチャイズシステムについて◆

 起業家の中ではFCに加盟して起業しようと考えている人もいれば、
今後自分のビジネスをFC展開していけないか、と考えている方もいると思います。
そういった中、FCシステムと一言にいっても、様々なモデルが存在します。
真の共存共栄を追求したFCシステムのモデルとは、果たしてどのようなFCシステムなのか?
旧来のFCモデルと、これからの時代のFCモデルの違いや、または
それを構築していくための考え方などを学んでいただきたいと思います。

 ●FCシステムの基本モデル
 ●旧来のFCシステムとこれからの時代のFCシステムの違い
 ●FC加盟する際に注意しなければいけないこと
 ●FCシステムを構築するための考え方

◆「業界研究]異業種からの参入で成功できるか?介護ビジネスの現状
と成功モデル◆

 これからの時代のFCシステムを使って、異業種からの参入や、または
退職後に独立起業をして介護ビジネスに参入し、成功している事例があります。
介護ビジネスの市場規模は今後ますます拡大が見込まれているのは
周知の事実ですが、どうも「介護は儲からない」という噂話もよく聞きます。
果たして実態はどうなのか・・・?
確かに異業種から介護ビジネスに足を踏み入れて失敗するケースも多くあるのも事実です。
だたし、一方では異業種から参入するケースや、未経験者が退職後に起業をするケース、
さらには信じられない事にサラリーマンをしながらも介護ビジネスで起業して成功しているというケースがあることを皆さんはご存知でしょうか。
一体それらの成功するケースと失敗するケースとではどこに違いはどこにあるのでしょうか。
今回はより実践的なお話として、今後の日本では市場拡大が見込まれる
「介護ビジネス」を、ぜひ様々な業界の起業家や起業家志望の皆さまに
触れていただきたいと思います。

 ●介護ビジネスの現状と今後の展望
 ●失敗するケースと成功するケースの違い
 ●今注目されている介護ビジネスのFCシステムとは


≪講師紹介≫
●株式会社アークトラスト 代表取締役 山中啓視様

奈良県立郡山高等学校卒業
大阪ハイテクノロジー専門学校 柔道整復師学科 卒業
柔道整復師 取得
高校までは野球一筋で、自身も怪我に悩まされ整骨院に通うことに。そこで出会った柔道整復師に憧れ専門学校へ入学、3年間整骨院の勤務と専門学校へ通う日々を送り、資格取得後半年で店舗管理者を勤める(当時22歳)。
店舗管理者時代は、平均月商が大阪では200万円と言われる業界で月商600万円を超える整骨院を1年で作り上げる。開業資金を貯め、翌年に自らの鍼灸整骨院を開業する(当時23歳)。
この時期に、従来の従業員募集の形に違和感を覚え、安心できる自分の友人や知人の紹介によるスタッフの募集に力を入れ始める。
翌年には株式会社SENJUの取締役を勤め、開業支援プロデュースの仕事に専念。数々の開業をサポートし続ける。開業時のスタッフ面接を重ねることにより、面接に来る求職者たちの不安要素や考え方に大きな問題点を見出す。
美容を専門にした整骨院の再生を目的に転職(当時26歳
株式会社ATTECCに入社し、10店舗の統括マネージャーとして勤務。
在籍した治療院では、月商を1年間で3倍にまで伸ばし、一気に黒字化を実現。他店舗の自費治療や物販治療の教育も担当し、売上アップに貢献する。
当時勤務していた治療院の面接では、面接者が一方的ではなく、求職者と相互の意見を交換し合い、双方納得した形での採用にこだわる。採用方法を活用し離職率を一気に下げると共に、従業員満足度の向上に成功。飛躍的な売上アップにつなげる。同時期に社内の介護ビジネスに着目し積極的に全国的に介護の導入セミナーを行っているアトラ株式会社のセミナーに帯同して全国で介護ビジネスの普及に貢献する。

2012年4月、自らの経営する整骨院をもとに人材紹介・派遣会社を設立。
業界の人材雇用の革新を目標に「ジョブロック」を立ち上げる。
来期は自社でも介護ビジネスの展開を視野にいれながら整骨院事業と人材紹介・派遣事業で会社を運営しております


●アトラ株式会社 営業兼コンサルタント 山本啓太様

大学卒業後、大手求人広告の営業活動に従事
関西個人成績・NO1、チームリーダーとしてチーム成績・NO1など受賞経歴あり。
中小企業を中心に、新卒および中途採用の人材確保のサポートをする。
当時より、企業の代表者や経営陣との関わりが多く、
事業展開や新規事業に関しての相談など、業務を通して様々なビジネスモデルに接触。
当時の顧客である、アトラ株式会社の展開する‘介護ビジネス’‘整骨院ビジネス’には、以前から大きな将来性を感じており、2010年に入社を決意。
現在は、介護マーケットへの新規参入のサポートや、経営面でのコンサルタント、といったお仕事をさせて頂いております。



◆日時 平成24年9月21日(金) 19:00~20:30
 (セミナー終了後、希望者のみで懇親会を行います)

◆会場 大阪市西区北堀江1丁目1番7号 四ツ橋日生ビル4F 
    (株)FPサポート関西 セミナールーム

◆参加費 1,500円
※懇親会も参加される方は5,000円
※NPO法人独立起業研究会の会員(年会費5,000円)の方は
 セミナー受講料無料(懇親会は実費3,500円)

◆お申し込みはこちらからお願いいたします↓↓↓
http://gooseminar.jp/detail/detail_900153776.html
※管理の都合上、必ず上記の申込サイトから
 お申し込みをお願いいたします。
 facebookイベント「参加」クリックだけでは
 申込は完了致しませんのでご注意ください。

◆独立起業研究会ブログ
http://ameblo.jp/dokuritsu-kigyou/

☆独立起業研究会とは、関西の起業家を支援する!
 という趣旨で立ち上げられたNPO法人です。
 
 毎月セミナーや懇親会を開催し、関西経済の活性化に
 一役買おうと頑張っています。

☆定例会とは、独立起業研究会が毎月開催している
 月次勉強会のことです。

 起業を目指す方、起業はしたがもっともっと
 勉強したい方、起業家を応援したい方なら
 どなたでもご参加できます!
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。




貴社の企業参謀

石原尚幸です



今日も元気に行ってみましょう!!




今日のテーマ


『脱・銀行依存』



最近、

『脱・原発依存』に始まり、

『脱・依存』というのがひとつの

キーワードになっているようです。




サブプライムがあり、

震災がありと、

大きな変動が起きる中で、

日本経済、資本主義経済への

大いなる反省なのかもしれませんね~




思想的に難しいことは

わかりませんが、

今後の10年、20年を考えていくときに

何かに依存して生きていく

という生き方は

本当に不安定になるだろうな~

と思っています。




例えば、

これまでは安泰と言われてきた

大手会社のサラリーマン

企業そのものの存続が

危ぶまれる中で、

サラリーマンだから安泰という神話は

なかなか成り立たないのかな!?と

思います。




あと、

私がセミナー等でお話しする

『脱・銀行依存』

銀行もメガバンク時代に入り、

企業の選別を格段に強めています。



本来の形に戻った

と言えばそれまでですが、

企業に寄り添って、

地域経済を支えてくれる

という幻想は持たない方が

いいかな、と思っています。




多くの方が支えあい、

その中で生きていくのは

とてもとても大切ですが、

その時に、

支えあうことと、

依存しあうことは別物だと

思います。



その境界はとても難しいですが・・・・



それでも、

自分が自分の足で立ち、

自立して歩く



まずこれを基本とし、

その上で、

隣近所にいる人を

助けてあげられる



そんな状態が

いいのではないかな~

と私は思います。




泳げもしないのに

飛び込んでも

一緒におぼれてしまいますもんね><




今日はちょっと

思想的なお話になってしまいましたが、

脱依存、という言葉について

お話してみました。



では、また。




貴社の企業参謀

http://www.kigyou-sanbou.com/






----------------------------------------------------------------
「独立起業研究会」の9月定例会です!!
----------------------------------------------------------------

≪9月定例セミナーのテーマ≫
これからの時代に求められるFCシステム&
[業界研究]異業種からの参入で成功できるか?介護ビジネスの現状と成功モデル

≪セミナーの内容≫

◆これからの時代のフランチャイズシステムについて◆

 起業家の中ではFCに加盟して起業しようと考えている人もいれば、
今後自分のビジネスをFC展開していけないか、と考えている方もいると思います。
そういった中、FCシステムと一言にいっても、様々なモデルが存在します。
真の共存共栄を追求したFCシステムのモデルとは、果たしてどのようなFCシステムなのか?
旧来のFCモデルと、これからの時代のFCモデルの違いや、または
それを構築していくための考え方などを学んでいただきたいと思います。

 ●FCシステムの基本モデル
 ●旧来のFCシステムとこれからの時代のFCシステムの違い
 ●FC加盟する際に注意しなければいけないこと
 ●FCシステムを構築するための考え方

◆「業界研究]異業種からの参入で成功できるか?介護ビジネスの現状
と成功モデル◆

 これからの時代のFCシステムを使って、異業種からの参入や、または
退職後に独立起業をして介護ビジネスに参入し、成功している事例があります。
介護ビジネスの市場規模は今後ますます拡大が見込まれているのは
周知の事実ですが、どうも「介護は儲からない」という噂話もよく聞きます。
果たして実態はどうなのか・・・?
確かに異業種から介護ビジネスに足を踏み入れて失敗するケースも多くあるのも事実です。
だたし、一方では異業種から参入するケースや、未経験者が退職後に起業をするケース、
さらには信じられない事にサラリーマンをしながらも介護ビジネスで起業して成功しているというケースがあることを皆さんはご存知でしょうか。
一体それらの成功するケースと失敗するケースとではどこに違いはどこにあるのでしょうか。
今回はより実践的なお話として、今後の日本では市場拡大が見込まれる
「介護ビジネス」を、ぜひ様々な業界の起業家や起業家志望の皆さまに
触れていただきたいと思います。

 ●介護ビジネスの現状と今後の展望
 ●失敗するケースと成功するケースの違い
 ●今注目されている介護ビジネスのFCシステムとは


≪講師紹介≫
●株式会社アークトラスト 代表取締役 山中啓視様

奈良県立郡山高等学校卒業
大阪ハイテクノロジー専門学校 柔道整復師学科 卒業
柔道整復師 取得
高校までは野球一筋で、自身も怪我に悩まされ整骨院に通うことに。そこで出会った柔道整復師に憧れ専門学校へ入学、3年間整骨院の勤務と専門学校へ通う日々を送り、資格取得後半年で店舗管理者を勤める(当時22歳)。
店舗管理者時代は、平均月商が大阪では200万円と言われる業界で月商600万円を超える整骨院を1年で作り上げる。開業資金を貯め、翌年に自らの鍼灸整骨院を開業する(当時23歳)。
この時期に、従来の従業員募集の形に違和感を覚え、安心できる自分の友人や知人の紹介によるスタッフの募集に力を入れ始める。
翌年には株式会社SENJUの取締役を勤め、開業支援プロデュースの仕事に専念。数々の開業をサポートし続ける。開業時のスタッフ面接を重ねることにより、面接に来る求職者たちの不安要素や考え方に大きな問題点を見出す。
美容を専門にした整骨院の再生を目的に転職(当時26歳)
株式会社ATTECCに入社し、10店舗の統括マネージャーとして勤務。
在籍した治療院では、月商を1年間で3倍にまで伸ばし、一気に黒字化を実現。他店舗の自費治療や物販治療の教育も担当し、売上アップに貢献する。
当時勤務していた治療院の面接では、面接者が一方的ではなく、求職者と相互の意見を交換し合い、双方納得した形での採用にこだわる。採用方法を活用し離職率を一気に下げると共に、従業員満足度の向上に成功。飛躍的な売上アップにつなげる。同時期に社内の介護ビジネスに着目し積極的に全国的に介護の導入セミナーを行っているアトラ株式会社のセミナーに帯同して全国で介護ビジネスの普及に貢献する。

2012年4月、自らの経営する整骨院をもとに人材紹介・派遣会社を設立。
業界の人材雇用の革新を目標に「ジョブロック」を立ち上げる。
来期は自社でも介護ビジネスの展開を視野にいれながら整骨院事業と人材紹介・派遣事業で会社を運営しております


●アトラ株式会社 営業兼コンサルタント 山本啓太様

大学卒業後、大手求人広告の営業活動に従事
関西個人成績・NO1、チームリーダーとしてチーム成績・NO1など受賞経歴あり。
中小企業を中心に、新卒および中途採用の人材確保のサポートをする。
当時より、企業の代表者や経営陣との関わりが多く、
事業展開や新規事業に関しての相談など、業務を通して様々なビジネスモデルに接触。
当時の顧客である、アトラ株式会社の展開する‘介護ビジネス’‘整骨院ビジネス’には、以前から大きな将来性を感じており、2010年に入社を決意。
現在は、介護マーケットへの新規参入のサポートや、経営面でのコンサルタント、といったお仕事をさせて頂いております。



◆日時 平成24年9月21日(金) 19:00~20:30
 (セミナー終了後、希望者のみで懇親会を行います)

◆会場 大阪市西区北堀江1丁目1番7号 四ツ橋日生ビル4F 
    (株)FPサポート関西 セミナールーム

◆参加費 1,500円
※懇親会も参加される方は5,000円
※NPO法人独立起業研究会の会員(年会費5,000円)の方は
 セミナー受講料無料(懇親会は実費3,500円)

◆お申し込みはこちらからお願いいたします↓↓↓
http://gooseminar.jp/detail/detail_900153776.html
※管理の都合上、必ず上記の申込サイトから
 お申し込みをお願いいたします。
 facebookイベント「参加」クリックだけでは
 申込は完了致しませんのでご注意ください。

◆独立起業研究会ブログ
http://ameblo.jp/dokuritsu-kigyou/

☆独立起業研究会とは、関西の起業家を支援する!
 という趣旨で立ち上げられたNPO法人です。
 
 毎月セミナーや懇親会を開催し、関西経済の活性化に
 一役買おうと頑張っています。

☆定例会とは、独立起業研究会が毎月開催している
 月次勉強会のことです。

 起業を目指す方、起業はしたがもっともっと
 勉強したい方、起業家を応援したい方なら
 どなたでもご参加できます!
































いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。